特集3.祝!French Rock 紙ジャケ
  フレンチ・ロックの紙ジャケも多数リリースされています(^_^)。PulsarやShylockのような
 メジャー・バンドはもちろんですが、意外とマニアックなところも出ていて嬉しい限りです(^^)

Pulsar
Pulsar / Pollen (Belle 121933)
  フレンチ・シンフォニック・ロックの代表バンドPulsarの1stアルバム('75年)。さ
 わさわとしたストリングシンセが、いかにもアンニュイなフランス風味。'この1stア
 ルバムは、後の作品に比べるとプリミティブで、若干ラフな作りですが、その分、リ
 リカルな甘さが前面に出ています。意外と(失礼)ファンも多いんですよね。
Pulsar / The Strands Of The Future (Belle 121934)
  更にパワーアップした2ndアルバム('76年)。当時、リアルタイムで日本盤がリリース
 され、松本零士氏のイメージ・イラストまで付けられていた伝説の作品です。1stアル
 バムの延長線上にあるフレンチ・アンニュイ・シンフォですが、ロック的なダイナミズ
 ムを活かして大がかりに畳み掛けるところが素晴らしいです。特に、雄大に迫るキーボ
 ード(メロトロン使用率も高し)がねぇ、魅力的なんですよね(^^)
Shylock
Shylock / Gialogues (Belle 091559)
  シャイロックの1stアルバム('77年)。繊細なキーボードとフリップ・トーンの
 ギターによるつづれ織りのようなフレーズの絡みが魅力のフレンチ・シンフォで
 す。ストリング・シンセによるさわさわとした空間が、とてもアンニュイでフラ
 ンス的。メロディー全体の流れがあまりなく、少しパッチワーク的になっていま
 すが、胸キュン・フレーズの連発で聴かせる、不思議な魅力のアルバムです。
Shylock / Ile De Fievre (Belle 121936)
  ベーシストを加え4人編成となった2ndアルバム('78年)。基本的な音楽性には
 変わりがありませんが、リズムがよりタイトになり、ロック的な感覚がパワーア
 ップしています。特にオープニングのタイトル曲とB面ラスト曲は、まさにシャイ
 ロックの到達点と言うべき素晴らしいもの。クリムゾン風のパーカッション・イ
 ンプロの小品は、面白いけど、ちょっととっ散らかってるかな?
Sandrose
Sandrose / Sandrose (Belle 071301)
  フレンチ・ロック随一の名作と名高いサンドローズの唯一の作品('72年)。シャウトする
 ローズ嬢の歌が好みを分けるかもしれませんが、ジャン・ピエール・アラルサンのギター
 は泣き,メロディーは哀愁,哀感の全てを集めたかのように咽ぶ。そして,それをメロト
 ロンが全て包み込んで行きます。ひょっとしたら「お涙頂戴アルバム」かもしれませんが、
 このアルバムに関しては「それが良いんだ」としか言いようがありません。もう究極です。
 オープニングのアコギが聞こえるだけで痺れる"Vision",メロトロンがたまらない"Underground
 Session",そして「亡き彼女」が偲ばれる"To Take Him Away"。全てが心の奥に届いてい
 きます。
Arcane,Crypto Label
Mona Lisa
Mona Lisa / Grimaces (Belle 091641)
  2ndアルバム('75年)。沈んだ雰囲気だった1stアルバムと変わって、元気で溌剌とした勢い
 のある演奏を聞かせてくれます。ドミニクを中心としたシアトリカルな音楽性もここに完成!
 演奏面で少々不安はありますが(笑)、アトラクティブな構成で最後まで一気に聞かせます。
Mona Lisa / Le Petit Violon De Mr. Gregoire
                  (Belle 091642)

  解散、再始動を経てリリースされた3rdアルバム('77年)。新メンバーのギタリストを
 中心により派手でメリハリのある音を聴かせてくれます。特にドミニクの歌が絶好調で、
 甘い歌声で、たっぷりと胸キュン・メロディーを聞かせてくれます。B面全てを使った組
 曲も変化に富んだ素晴らしい出来です。