特集3.祝!French Rock 紙ジャケ
  フレンチ・ロックの紙ジャケも多数リリースされています(^_^)。PulsarやShylockのような
 メジャー・バンドはもちろんですが、意外とマニアックなところも出ていて嬉しい限りです(^^)

Pulsar
Pulsar / Pollen
 (Belle 121933)

 フレンチ・シンフォニック・ロックの代表バンドPulsarの1stアルバム('75年)。さわさわとしたストリングシンセが、いかにもアンニュイなフランス風味。'この1stアルバムは、後の作品に比べるとプリミティブで、若干ラフな作りですが、その分、リリカルな甘さが前面に出ています。意外と(失礼)ファンも多いんですよね。
Pulsar / The Strands Of The Future
 (Belle 121934)
 更にパワーアップした2ndアルバム('76年)。当時、リアルタイムで日本盤がリリースされ、松本零士氏のイメージ・イラストまで付けられていた伝説の作品です。1stアルバムの延長線上にあるフレンチ・アンニュイ・シンフォですが、ロック的なダイナミズムを活かして大がかりに畳み掛けるところが素晴らしいです。特に、雄大に迫るキーボード(メロトロン使用率も高し)がねぇ、魅力的なんですよね(^^)
Shylock
Shylock / Gialogues
 
(Belle 091559)
 シャイロックの1stアルバム('77年)。繊細なキーボードとフリップ・トーンのギターによるつづれ織りのようなフレーズの絡みが魅力のフレンチ・シンフォです。ストリング・シンセによるさわさわとした空間が、とてもアンニュイでフランス的。メロディー全体の流れがあまりなく、少しパッチワーク的になっていますが、胸キュン・フレーズの連発で聴かせる、不思議な魅力のアルバムです。
Shylock / Ile De Fievre
 (Belle 121936)
 ベーシストを加え4人編成となった2ndアルバム('78年)。基本的な音楽性には変わりがありませんが、リズムがよりタイトになり、ロック的な感覚がパワーアップしています。特にオープニングのタイトル曲とB面ラスト曲は、まさにシャイロックの到達点と言うべき素晴らしいもの。クリムゾン風のパーカッション・インプロの小品は、面白いけど、ちょっととっ散らかってるかな?
Sandrose、Jean Pierre Alarcen
Sandrose / Sandrose
 
(Belle 071301)
 フレンチ・ロック随一の名作と名高いサンドローズの唯一の作品('72年)。シャウトするローズ嬢の歌が好みを分けるかもしれませんが、ジャン・ピエール・アラルサンのギターは泣き,メロディーは哀愁,哀感の全てを集めたかのように咽ぶ。そして,それをメロトロンが全て包み込んで行きます。ひょっとしたら「お涙頂戴アルバム」かもしれませんが、このアルバムに関しては「それが良いんだ」としか言いようがありません。もう究極です。オープニングのアコギが聞こえるだけで痺れる"Vision",メロトロンがたまらない"Underground Session",そして「亡き彼女」が偲ばれる"To Take Him Away"。全てが心の奥に届いていきます。
Jean Pierre Alarcen / Jean Pierre Alarcen
 
(Belle 071302)
 サンドローズ解散後、ミッシェル・ザカ、フランソワ・ベランジェのバックを経てリリースされた待望の1stソロ・アルバム('77年)。ゴングのシャマールやガズーズにも通じるような、賑やかでミステリアスな音数の多いジャズ・ロック(クロスオーバー?)サウンドをバックに、アラルサンの憂いを帯びたギターが鳴り響くという独特のサウンドが特徴的です。一方、旧A面、B面ラストは幻想的なオーケストラ曲で締められていますが、ジャズ・ロックがクラシカルなオーケストラへと繋がってもいささかも違和感が無いのが絶妙。後半、少しマグマ色が出てくるのが嬉しいですネ(^_^;)
Asia Minor
Asia Minor / Crossing the Line
 
(Belle 091517)
 フランスを代表するシンフォニック・ロック・バンド、アジア・ミノールの1stアルバム('79年)。フランス在住トルコ人等で結成され、フルートが印象的なミスティックな音を聴かせてくれます。幻想的なアトモスフィアの中で忙しくなく攻めてくるリズムの乗りがまた面白いですね。歌詞は英語ですが、エキゾチックなトルコ語の曲も2曲収録。叙情的な2ndアルバムに対し、「幻想」を聴かせる一枚となりました。
Asia Minor / Between Flesh & Divine
 
(Belle 091518)
 アジア・ミノールの名作2ndアルバム('80年)。専任ベーシスト&キーボード奏者が加入、リズムがタイトになり、よりドラマチックに叙情性が際立つ仕上がりとなりました。「幻想」の1st、「叙情」の2nd、どちらも素晴らしい作品ですが、特にこの2ndアルバムはユーロ・ロックを代表する名作だと思います。
Step Ahead
Step Ahead / Step Ahead
 (Belle 121971)
 美しいジャケットが印象的なステップ・アヘッドの唯一の作品('82年)。ハケット風ギター&イエス風ハイ・トーンVocalを活かした正統派美旋律シンフォで、英詞で歌われ、タイトでかつ親しみやすい音づくりながら,どこかフランス的な幻想性があるのが良いですね。。大手RCAからリリースされ,当時3万枚も売れたとのこと。
Arachnoid
Arachnoid / Arachnoid
 (Belle 101732)

 フレンチ・シンフォ随一のレア盤として知られるアラクノイの唯一のアルバム('79年)。ややクリムゾン風のギターにもやもやとしたキーボード、そしてシアトリカルな歌と、まさにフランスからしか出てこない音。全体的に感じられるダークな感覚は他のフランスのバンドには無い、不思議な個性であります。名付けてダーク・アンニュイ・フレンチ・シンフォ。特に13分に及ぶオープニング曲が圧倒的です。
Arcane,Crypto Label
Mona Lisa
Mona Lisa / L'escapade
 (Belle 091640)
 フレンチ・ロックを代表する名バンドMona Lisaの1stアルバム('74年)。名作4thアルバムのような派手な展開はありませんが、フランチ・ロック特有のそよそよと流れるストリング・キーボードに乗って、アンニュイで暗く沈んだシンフォを聞かせてくれます。その中でドミニクのAnge直系のシアトリカルな歌は、やはりバンドの顔ですね。ちょっと可愛らしくて、良く通る声が良いです(^^)
 
Mona Lisa / Grimaces
 (Belle 091641)
 2ndアルバム('75年)。沈んだ雰囲気だった1stアルバムと変わって、元気で溌剌とした勢いのある演奏を聞かせてくれます。ドミニクを中心としたシアトリカルな音楽性もここに完成!演奏面で少々不安はありますが(笑)、アトラクティブな構成で最後まで一気に聞かせます。
Mona Lisa / Le Petit Violon De Mr. Gregoire
 (Belle 091642)

 解散、再始動を経てリリースされた3rdアルバム('77年)。新メンバーのギタリストを中心により派手でメリハリのある音を聴かせてくれます。特にドミニクの歌が絶好調で、甘い歌声で、たっぷりと胸キュン・メロディーを聞かせてくれます。B面全てを使った組曲も変化に富んだ素晴らしい出来です。
Mona Lisa / Avant Qu'il Ne Soit Trop Tard
 
(Belle 091643)
 フレンチ・ロック史に残る名作となった4thアルバム('78年)。とにかくハイテンションな作品で、語りで始まるオープニングから、フランスが嵐のように押し寄せる2曲目「ペスト」の息をつく間も無いような展開で始まり、叙情&幻想が一転して激しい濁流に飲み込まれるようなスリリングさには溜息が出るばかりです。
Carpe Diem
Carpe Diem / En Regardant Passer le Temps
 
(Belle 071273)
 フランス的としか言いようが無い溶けるようなリリシズムを感じさせるCarpe Diemのデビュー・アルバム('75年)。も〜〜や〜〜と広がるキーボードに、キラキラと煌くギターは,まさに白日夢シンフォと言うようなものですが,このデビューアルバムでは,きちんとしたメリハリとアルバム全体にドラマ性が感じられ,それがこのアルバムを頭一つ抜けた作品にしています。その中でも2曲目のVocalが入る部分の繊細さは,彼ら以外に出すことのできない唯一無二の感覚です。
Pentacle
Pentacle / La Clef Des Songes
 (Belle 101731)
 アンジュのクリスチャン・デカンのプロデュースで制作された唯一のアルバム('75年)。アンジュと同郷と言うことで、音楽性も直系ですが、こちらはより爽やかでしっとり。メロデイーも親しみやすくて、とても聴きやすいですね。フレンチ。ロックにはお馴染みのElka String Ensembleのそよそよとした音が心地よいです。
Atlantide
Atlantide / Atlantide
 (Belle 152484)

 76年にクリプト・レーベルからリリースされたAtlantideの唯一のアルバム。アトランティス大陸をテーマにしたトータル・コンセプト・アルバムですが、とにかく「そのまんまイエス」なリスペクト・フレーズ(笑)連発でファンの失笑と怒りを買いました。良く聴くとフランス語を活かした爽やかフォーク・ロックで、綺麗な歌メロが印象的なのですが、少々「やり過ぎ」てしまいました。なお、実際はバンドでは無く、コンセプト・アルバムのためのプロジェクトだったそうです。
Heldon,Richard Pinhas
Heldon / Allez-Teia
 (Captain Trip CTCD-532)
 メロトロンが唸る"In the Wake of King Fripp"が収録されていることで有名な2ndアルバム('75)。前作での凶暴さはやや薄くなり、まるで"Evening Star"のような叙情性のあるアトモスフィアを聞かせてくれます。スキゾ時代からの盟友Georges Grunblattの作曲したフランスらしいアンニュイな小品も、このアルバムならではの色合いを加えています。
 
Heldon / It's Always Rock'n'Roll
 
(Captain Trip CTCD-533~4)
 2枚組大作となった3rdアルバム('75年)。初期クラスターのようなエレクトロニクス・サウンドから前作でも聞かれたFripp & Eno風インプロ、そして凶暴なクリムゾナイズド・チューンまでかなり幅広い演奏を聞かせています。ただし、後期のような全てが渾然一体となったような感じでは無く、なんとなく雑然と並んでいるところにとりとめの無さを感じます。結構、面白いアルバムなんですけどね。ラストのジャンミ・トリュオン参加の大曲での、次作以降のヒント(ぐらいかな(笑))となるリズム・アプローチが印象的です。
Heldon / Agneta Nilsson
 
(Captain Trip CTCD-535)
 '76年リリースの4thアルバム。前作までの様々なアプローチが凝縮され、後期の名作群の礎となった作品です。凶暴なギターに交わる組織化されたシンセ・シーケンスなど、典型的なHeldonサウンドが確立しつつあります。ココ・ラッセルを迎えた旧B面全てを使用した大作は、ドラムスとマシーンの融合にもアプローチしており、まさに爆発前夜と言った感じです。ここではココのドラミングが横乗りのグルーブのため、今一融合し切れていませんが、このアンマッチ感は個人的に結構好きだったりします。そして、ココの代わりに天才フランソワ・オジェの出番となるわけです。
Heldon / Un Reve Sons Consequence Speciale
 (Captain Trip CTCD-536)
 エルドンの黄金時代の幕開けを飾る5thアルバム('76年)。シンセと対峙できる唯一の天才ドラマーと言われたFrancois Augerを迎え、凶暴なカオスとも言うような不定形ながら全ての音が必然!と言う未曾有の作品となりました。「フリップ&ブラッフォードの2人になったクリムゾン」と比喩されたりしますが、クリムゾンを超え、インダストリアルを超え、その音は遥かに孤高です。他に比べるものが無い名作&怪作ですね、いやほんま。
Heldon / Interface
 (Captain Trip CTCD-537)
 さらに快進撃を続けるエルドンの傑作6thアルバム('78年)。カオスを聞かせた前作と比べ、ジャーマン・ロック的なシンセ・ミュージックに近づいた音作りとなり、音が整理され聞きやすくなっています。美と暴力の結晶とも言えるような整然としたコスモスが生まれつつありますネ。フリップナイズされたピナスのギターに、切れ味最高のオジェのドラムス等、まさに充実の1枚です。
Heldon / Stand-By
(Captain Trip CTCD-538)
 まさに究極の作品となった7thアルバム('79年)。ジャーマン・エレクトロニクス風の典型的なシンセ・サウンドながら他に比べるものの無いぐらいの緊張感を持つ「ボレロ」に、ピナスのギターが唸り、オジェのドラムスが炸裂するHeldonの最高傑作タイトル曲「スタンド・バイ」と、まさにこれぞHeldonの極致とも言うべき音を聞かせてくれます。組織化された理性的な凶暴性の到達点。
Richard Pinhas
Richard Pinhas / Rhizosphere/Live,Paris 1982
 (Captain Trip CTCD-561)
 '77年リリースの1stソロ・アルバム。丁度,Heldonの溶鉱炉とInterfaceの間の時期にリリースされました。旧A面の無邪気でチープなシンセ・サウンドは昔は評価すらされませんでしたが,今聞くと「チープはチープなりに結構センス良いでないかい?」ってな感じです。旧B面は待望のフランソワ・オジェとのコラボ。少し音が薄いような気もしますが,緊張感が増して聞き応え充分。完成度は低いけど"Interface"の元とも言えるような内容です(お湯をかけて3分待つと"Interface"になるかも(笑))。とは言え,ピナスのギターがどこにも出てこないのはやっぱり納得がいかないですね。Bonus曲はこちらがメイン・イベントかもしれない'82年のボビノでのライブ。パガノッティらの凄腕ミュージシャンをバックに,「これが聞きたかった」ピナスのギターが唸ります。テンションが高い演奏に痺れますが,"L'ethique"リリース時と言う事もあってか,妙な変さもあり、不思議な感覚です。
Richard Pinhas / Chronolyse
 (Captain Trip CTCD-562)
  '78年リリースの2ndアルバム。実際はHeldonの溶鉱炉と同時期に録音されていて実質的な1stアルバムと言えます。「デューン:砂の惑星」を題材に,前半はピナスのムーグ・ライブとなっていて、昔は「なめとんのか,われ!」的な評価でしたが,今聞くとローファイでなかなか心地よかったりします(^_^;)。後半(旧B面)はフランソワ・オジェとの初セッションとも言われる30分にもわたる大曲。フリップ風ギターにメロトロン,そしてシンセに絡むオジェのドラムスと役者勢ぞろい。結構インプロが入っていて,手探り状態なのがわかりますが,それがまた初々しくて良いですね。後半になる程演奏が熱くなっていって,アレンジに統制が取れているHeldonと違い,「このまま行っちゃえ」的な乗りがまた良いですね。
Lard Free
Gilbert Artman's Lard Free
 (Captain Trip CTCD-610)
 ジルベール・アルトマン率いるラード・フリーのデビュー・アルバム('73年)。一言で言えば暗〜いジャズ・ロック。もうベース・ラインなんか独特で、とってもアングラな感じがします。しかも、アングラはアングラでもいきなり凶暴と言うか無茶苦茶で脈絡の無いギターが入ってきたり、初期エルドン風のエレクトロニクスが出てきたりと、フランスらしいはっきりしない「アンニュイさ」があるところがまた「らしい」ところ。でも結構好きです>わし(^_^)
Gilbert Artman's Lard Free
  / I'm Around About Midnight

 (Captain Trip CTCD-611)
 ラード・フリーの2ndアルバム('75年)。前作とメンバーが全然変わっていますが、何と言ってもHeldonのリシャール・ピナスの加入が大きい。全体的には前作のようなアンニュイな暗〜いジャズ・ロックなんですが、そこに切り込むピナスのフリップナイズされたギターのかっこいいこと!シャープ過ぎて惚れ惚れしますな(^^)。この「アンニュイさ」と「シャープさ」のバランスがこのアルバムの最大の魅力です。そして、旧B面の渦巻くエレクトロにクスが次作へと繋がっていきます。
ZNR
ZNR / Traite de Mecanique Populaire
 (Belle 182872)
 「一般機械学概論」と題されたZNRの名作2ndアルバム('79年)。とげとげしかった前作と比べ、リコメン系の中では珍しい、ゆったりと落ち着いた心地良いアルバムとなっています。、ロック版サロン室内楽という趣ですが、ちょっとポップで、ちょっとアヴァンな感覚を、1〜3分ぐらいの小曲の繋がりの中で、様々な音楽性で聞かせてくれるのが良いですね(^^)