ようこそGates of Dawnへ!
ここはユーロ&辺境、プログレッシブ&サイケデリックのHPです(だと思う(^^;))
音楽の楽しさ!それが全てです。
Since 2000/12/1
SORRY、Japanese Only!
アクセスカウンター
 

更新履歴です

音楽ですヨー

いろいろとオーディオ

プロフィールです

Twitter始めました

お仲間Linkです
UpDate!
2022/ 5/28 Masters?スペインを更新!
オリジナル Triana のメンバーだった
Lole と Manuel が、Triana脱退後に
結成したフラメンコ・デュオ
の2ndア
ルバムは、オープニングとラストに
驚きの大曲を配置。オープニング曲
は、子供のコーラスで始まり、シン
フォニックなキーボードが入って、
フラメンコからの雄大なロッカ・バ
ラッドになる大曲。ラスト曲はその
イメージを受け継ぎながらも、途中
からコンガ&コーラスを加えた呪術
風な音へと展開。アフリカン?なイ
メージまでも感じられて予想がつか
ない
2022/ 5/25 Masters?日本を更新!
北海道のアネクドテンと評判のメガ
ヌロンの1stアルバム。ブルージー
なヘヴィ・リフに氷のようなメロト
ロンが乗り,渦巻くような暗い情景
を聴き手の提示する本格的北欧風シ
ンフォです。そして,何と言っても
胴鳴りがするようなドラムスを中心
とした,ズシリと重く,それでいて
抜けの良いバンドのグルーヴにうっ
とり。
2022/ 5/19 特集French Rock 紙ジャケに挑戦を更新
フレンチ・シンフォ随一のレア盤、
テレパンドルの唯一のアルバム。メ
ロトロンにこだわり抜いたキーボー
ド奏者の方向性が反映されたアンニュ
イ・メロトロン・ロック(笑)で、
テクニカルなリズム隊の上に、もや
もやとしたキーボードが乗り、時に
メロトロンが鳴り響くと言う何とも
不思議な、そしてフランスらしいア
ルバムです。
2022/ 5/ 4 Neo Progressive Italyを更新!
Tacita Intesaの2ndアルバム。大ら
かなイタリアの歌心を感じる、陽光
溢れる多幸感のあるシンフォですね。
ですが、フレーズの屈折率は半端な
く、それが変態的でとてもかっこい
い!これはまさに「イタリアのバス
クのスポーツ」
2022/ 4/30 Masters?ジャーマン・シンフォニック&ハードを更新!
Janeの代表作となったトータル・コ
ンセプト・アルバム「天地火水」。
無駄な音を極力なくし、ピーター・
パンカのスクエアなリズムの上を、
官能的なヘスのブルージーなギター
が流れていきます。端正で凛とした
たたずまいに心惹かれますね。
2022/ 4/25 Neo Progressive Polandを更新!
圧倒的な傑作となったProageの3rdアル
バム。壁のようなディストーション・
ギターに、エキゾチックなシンセサイ
ザーが絡むプログレ・メタルですが、
心の襲を触るようなダークでメランコ
リックなメロディーが素晴らしく、最
後まで飽きさせずに聞かせます。
2022/ 4/20 Masters?日本を更新!
ピカレスク・オブ・ブレーメンの、
に完成度が上がった最高傑作2ndアルバ
ム。YAMAHAのドラム・マシーンを導入,
音作りがより緻密になっています。激し
くメタル的になったギター・リフに, 甲
高いボーカルが絡み、決してお洒落には
ならないエキゾチックで得体のしれない
感覚が魅力です。
2022/ 4/17 Masters?オーストラリアを更新!
方向性の違いにより解散したセバスチャ
ン・ハーディ-の, マリオ・ミーロ,ト
イヴォ・ピルトにより結成された後身バ
ンド。大曲指向ではでは無くなりました
が, コンパクトな中にも持ち味はたっぷ
りと。オープニングではクラシカルなピ
アノに導かれ, ギターが鳴きまくるライ
ト・シンフォへと繋がり, 広がりのある
最新キーボードと シャープなリズム隊
を軸とした, 少しクロスオーバー色のあ
るサウンドを聞かせます。
2022/ 4/ 7 My熱中アルバムを更新
2022/ 4/ 3 Neo Progressive Italyを更新!
驚異のイタリア新人、待望の1stフル・
アルバム。クラシカルなヴァイオリン
と女性Vocalによる叙情メロディーを、
まるでバンコかイル・バレット・ディ
・ブロンゾかのように畳み込む、突き
抜けたイタリアン・プログレを聞かせ
ます。
2022/ 4/ 1 Masters?スペインを更新!
ヴェネズエラ出身のロベルト・サンタマ
リア(Key)率いるAmarokの1stアルバム。
ピアノとグローケンに導かれ、ジャケッ
トのような夢見るファンタジー・サウン
ドを聞かせてくれます。トラッド風の小
品がゆったりとマイク・オールドフィー
ルド的世界へと展開するところはなかな
かのもの
2022/ 3/31 Neo Progressive Italyを更新!
つのパートに分かれた4つの組曲を収録
し、圧倒的大作となったUbi Maiorの3rd
アルバム。陰りの深いヴァイオリン、ク
ラシカルなピアノ、ハープシコードが叙情
メロディーを奏でる中で、骨太なワウ全開
のギター・リフが唸り、イタリア語の歌
は粘っこく歌いこまれます。
2022/ 3/30 Masters?アルゼンチンを更新!
アルゼンチン・シンフォニック・ロック
を代表する名作と名高いBananaの2ndアル
バム。繊細なコーラスとアルゼンチンら
しい「引きの叙情」を活かしながらも、
オルガン、シンセのキーボード群を中心
としたタイトで小気味良い展開が、爽や
かかつ鮮やかです。
2022/ 3/26 British Neo Prog.を更新!
IQのスタジオ第8作。会心のアル
バムです。バンクス風のオルガン、
メロトロンに典型的な変拍子パターン、
そしてGabrielやFishを可愛くしたよ
うなPeter NichollsのVocalと、従来
のIQの個性のまま、より円やかに
よりドラマチックになったサウンドは
完成度抜群。
2022/ 3/15 Masters?USAを更新!
キーボード奏者Tom Doncourtと元
AnglagardのMattias Olssonsとの連名
作としてリリースされたCathedralの
3rdアルバム)。突発性肺線維症よ
りTomは2019年に死去。Mattiasの手
で遺作として完成させられた作品で
す。Tomのソロ・アルバムの延長線
上にある、イマジナリーなキーボー
ド・アルバムとなっています。
2022/ 3/13 Masters?日本を更新!
ネガスフィアを追加。マルチ・マス
ターから新たにリミックスされたCD
は、全ての音がリフレッシュ!特に
「バンドの一体感」はまるで別物に
なっています。リーダー川崎のキー
ボードを軸としたファンタジックな
シンフォですが、UKやAsiaを思わ
せるハイソな音づくりと80'sなデジ
タル感覚がとてもお洒落です。
2022/ 3/ 4 Neo Progressive Italyを更新!
Mobius Stripの1stアルバム。 サッ
クス, フェンダー・ローズ, オルガ
ンが引っ張る、軽やかカラフル・ジャ
ズ・ロックで、スタイル的には4th
の頃のソフト・マシーン。だけど,メ
ロディーは明るく美しいし, リズム隊
は賑やかで上手いし、ラテン乗りも少々
2022/ 3/ 3 Masters?ギリシャを更新!
アルバニタキのアレンジャーとしても
知られ、今やギリシャを代表するコン
ポーザー&キーボード奏者となった
デメトリス・パパヂミトリューのデ
ビュー・アルバム。キラキラと美しい
エーゲ海を思わせる「陽光シンセ・
サウンド」が心に染みます
2008/11/23 Mau2応援コーナー新設!
My熱中アルバム!
Dave Bainbridge / To The Far Away
(OPENSKYCD0054)
 Iona のリーダー&ギタリストの2021年最新ソロ・アルバム。Dave がギター、キーボードをマルチに演奏。美声女性ボーカルをフィーチャーし、清らかな空と海、そして風を感じるような雄大なシンフォニック・ロックを聞かせます。波のように押し寄せていく Dave の流れるようなギターとケルトなメロディーは、オマドーンの世界に続いているかのよう。ドラムスやイリアン・パイプに Ionaのメンバーもゲスト参加。マイク・オールドフィールド・ファンはマストな一枚です。
My 熱中アルバムの過去LOGはこちらをクリックしてね。
特集
特集1.Italian Rock Remaster
  2001年、イタリアBMGからミレニアム記念に24Bit Remasterシリーズがリリースされました。
 廉価盤と言うことで、CDの作りは今一しょぼいものの音はリアルで素晴らしいです。第一弾の
 PFM、Bancoに続いて、その後どんどんRemaster化されてます!!この調子で他の名作も
 Remasterされたら実は財布がカラっぽになるけど、あぁ、あれも欲しい、これも欲しい(^_^;)
 →
Italian Rock Remaster 1,2,3,4,5,6,7
特集2.紙ジャケに挑戦
  紙ジャケにも挑戦中です(^_^)。私のようなLP世代の郷愁を誘う紙ジャケの出来もさることなが
 ら、キチンとRemasterされているアルバムが多いのが嬉しいですね。ボチボチ更新していくのでよ
 ろしくぅ。
 →紙ジャケに挑戦1
特集3.French Rock紙ジャケに挑戦
  フレンチ・ロックの紙ジャケも多数リリースされています(^_^)。PulsarやShylockのような
 メジャー・バンドはもちろんですが、意外とマニアックなところも出ていて嬉しい限りです(^^)

 →French Rock 紙ジャケ 1
Gate of DawnはMau2を応援します(^_^)/
  井上銀河率いるMau2は久々に現れた我が国の本格シンフォ・バンド。その歴史は70年
 代から30年
にも及び、2006年にようやく傑作1stアルバム"Voyagers"をリリースしまし
 た。スピード感と爽やかさを
持つその音は、まさに王道かつ斬新。そしていよいよ9年の時を
 経て、2014年4月 2ndアルバムをリリース!

Mau2 / Voyagers (Aqua Planet APRM-040529)
  井上銀河率いるMau2のデビュー・アルバム(2006年)。バンドの歴史は'77年
 から30年にも及び,何回かのメンバー・チェンジを経て,ようやくのデビュ
 ーとなりました。典型的なシンフォニック・ロックですが,そのスピード感と
 ジャケの世界に通じる爽やかさは,他の日本のバンドにあるようで無い感覚。
 良い意味で'80年代からのJ-Prog.の色も感じさせながら,ど真ん中直球のシン
 フォの割には,不思議と新鮮な感じがします。また,変化球アレンジもビシッ
 と決まって必然的!。1曲目の20分なんかあっと言う間だったもんね。途中
 のアコギのみバックで7分間歌いきる表現力にもビックリ!少し,アマチュア
 っぽさが残っていますが,デビューした頃のフラキン級と言ってしまいましょ
 う。応援しまっせ!!(^^)
Mau2 / Another Heaven (Aqua Planet Records APRM140123)
  名古屋のMau2が9年の歳月をかけて完成させた2ndアルバム(2014年)。いき
 なりドリーム・シアターをシンフォニックにしたような激しいサウンドに圧倒
 されますが、爽やかさと情念がテクニカルにせめぎ合うその音は、「これ
 Viennaの4thアルバムだよ」と言われても信じてしまいそう。いや、心に染み
 入る親しみやすいメロディはそれ以上だ!日本のプログレッシブ&シンフォニ
 ック・ロックの王道とも言えるサウンドでありながら、圧倒的色彩感のその音
 は2010年代においても説得力は十分。本作もど真ん中直球プログレッシブ
 ・ロック!しかもキレキレの快速球だ!!
手持ちUP終了(^_^)/
  手持ちUPが終了したコンテンツです。変に偏ったところもありますが、まぁそこはそれ。やっぱ
 妖しげな辺境系にはゾッコンなんですね
My Favorite

  Stormy Six(Italy)
  Triana (Spain)
  Discus(Indonesia)

Masters! Masters?
 ウズベキスタン
 カザフスタン
 ジョージア(グルジア)
 アルメニア
 コロンビア
 コスタ・リカ
 パナマ
 南アフリカ
 ニュー・ジーランド
 シンガポール
Presented by パードレばばんこ
@nifty ID : gcg01710
1