ようこそGates of Dawnへ!
ここはユーロ&辺境、プログレッシブ&サイケデリックのHPです(だと思う(^^;))
音楽の楽しさ!それが全てです。
Since 2000/12/1
SORRY、Japanese Only!
アクセスカウンター
 

更新履歴です

音楽ですヨー

いろいろとオーディオ

プロフィールです

Twitter始めました

お仲間Linkです
UpDate!
2024/ 2/28 Masters?オーストラリアを更新!
2枚組大作としてリリースされたスペ
クトラム2ndアルバム。Disc2には、
妖しきオルガンをフィーチャーした
雄大な大曲を収録。目くるめくサイ
ケ・ポップからの、不思議リフに乗
ってのオルガン・ソロを中心に、ガ
チャ・ガチャと賑やかに展開してい
きます。
2024/ 2/25 Masters?スペインを更新!
バルセロナに戻ったLluis Llachが、
アレンジにフシオーンのManel Camp
を起用した作品。旧A面全てを使った
3パートに分かれた大曲”Itaca”を
収録。カタルーニャ語で歌うLluisの
暖かい歌声を、クラシカルなオーケ
ストラ、ピアノ、ハープシコードが
支える。その優雅で雄大なサウンド
は、スパニッシュ・ロックの隆盛期
に生まれた、まさに挑戦的な名作で
す。
2024/ 2/21 Neo Progressive Brazilを更新!
癒しの女性ボーカルが魅力的な、ブラ
ジルのギター&ボーカルのシンフォ・
デュオ Fleesh。優しい優しい、そし
て、少し妖艶なお姉さん声の女性ボー
カルをフィーチャー。キラキラと輝く
ようなキーボード群をバックに、透き
通るようなギターがどこまでも伸びて
いきます。
2024/ 2/18 Masters?チリを更新!
大ヒット作"Para los Arquelogos ~”
に続いてリリースされた Congreso 全
盛期の作品。ラテンの跳ねるリズムに
乗って、しっとりと落ち着いた歌が奏
でられます。アンデスの民族音楽がラ
テン・ジャズ・ロックと融合し、超絶
技巧なのに「癒し」を感じさせる名作
となっています。
2024/ 2/14 Masters?日本を更新!
YMOの第4のメンバーと言わる松武
秀樹のLogic System名義での初のソロ
アルバム。YMO以上にYMO的と言
える「あの音」が満載です。広がる音
色、心地良いビート、ドラマチックな
展開にプログレ的な感覚まであって、
まさに大名作!
2024/ 2/10 Neo Progressive USAを更新!
アメリカらしい大らかで派手なシンフォ
ニックを聞かせるCryptic Vision。歌メ
ロはキャッチーですが、ギターが伸び、
キーボードが跳ねる、その派手さ加減が
良いですね。
2024/ 2/ 8 Neo Progressive Italyを更新!
イタリアの不思議系キーボード・トリ
オ。カンタベリー・タッチのオルガン
も交えた軽快なジャズロック風ですが、
それがステレオラブのようなふんわり
としたエレクトロなシンセ・オルタナ
に展開。ある時はクラシカルに、また
ある時はラテンだったり
2024/ 2/ 4 Masters?カナダを更新!
PollenのVocal&Guitaristのソロ・アル
バム。Pollenをアコースティックにした
ような感覚の作品で、分厚く色彩感豊か
なギター&キーボードが入ってくると、
もうこれはほとんどPollenの世界。
2024/ 1/31 Masters?ノルウェイを更新!
ノルウェイ・シンフォの名作として知ら
れるOctopusの唯一の作品。美しいギタ
ー・メロと濃厚に音を積み上げるキーボ
ード群による正統派シンフォで、シアト
リカルで時折民謡っぽくなる、不思議な
節回しのノルウェイ語の歌が加わると更
に濃い音に。
2024/ 1/27 Neo Progressive Norweyを更新!
イタリアのAltRockレーベルからリリー
スされたPanzerpappaの6作目。ミニマ
ルな不思議メロディーが抜けの良いリズ
ムに乗って、細やかで楽しく展開してい
きます。その音はまるで「現代風ピッキ
オ・ダル・ポッツォ」
2024/ 1/24 Masters?スェーデンを更新!
スェーデン・ウルトラ・レア・ハード
唯一の作品。ずしりと重いリフを聞か
せるブルージーなハード・ロックで、
ダガダガと派手に鳴るドラムスと、纏
わりつくようなギターとベース、粘っ
こいボーカルが最高過ぎ!
2024/ 1/21 Masters?スペインを更新!
2枚組としてリリースされたスペインの
Flying Caravanのデビュー・アルバム。
キャメルやピンク・フロイドを思わせ
る、お酒落な女性ボーカル・ジャズ・ロ
ック系アーバン・シンフォです。聞きも
のはIzaga嬢のキュートな歌声!とにか
く彼女の歌が全てを持っていくんだよね
これはたまらない。
2024/ 1/17 Neo Progressive Swedenを更新!
Landberkの現在までのラスト・アルバム
持ち前の暗く沈むメロディーとメロトロ
ンにより作られるエモーションに、ネオ
・サイケデリックな暗さのあるリフレイ
ンが混ざり合い, よりシンプルなメロディ
ーの繰り返しの中で暗闇に誘います
2024/ 1/13Masters?スイスを更新!
Clepsydraの20年ぶりとなる5thアルバム
持ち前のシアトリカルなVocalと癖のある
メロディーに、21世紀らしい抜けの良
いシャープなリズムと近未来的ダークな
曲想が加わり、ポンプ・ロックを現代に
アップデイトしたような音で迫ります。
2024/ 1/10 Masters?日本を更新!
アメリカから留学から帰国したジュン
上久保が、東芝EMIのスタジオで一人で
作り上げたタイトルどおりの奇跡の作品
きしむギター・リフに、唸るオルガン、
そしてぬっとりとした日本語の歌がとて
もアングラでかっこいい。まさに超ド級
のヘヴィ・ブルース・ロックだ!
2024/ 1/ 7 Neo Progressive Hungaryを更新!
You and Iの3rdアルバム。さらにロッ
ク色が強くなっており、ハンガリーの
Ionaと呼ばれたトラッド&ケルティッ
クな魅力はそのままに、よりダイナミ
ックに、よりドラマチックになってい
ます。面白いのはフレーズのところど
ころにかなりYesの影響を感じるとこ
ろですね!。
2024/ 1/ 4 Masters?ウクライナを更新!
着実に新譜をリリースする Karfagen。
ファンタジー感が増した、きめ細かい
展開の21分の大曲を中心とした、2部
構成の長大な組曲を収録。煌びやかな
キーボードをフィーチャーし、ずしり
とヘヴィなリフを絡めながら、重量感
のあるゴージャスなシンフォ・サウン
ドで迫ります。
2023/12/31 Masters?ノルウェイを更新!
Pluto ことマルチプレイヤーの Petter
Espen Guthe のデビュー・アルバム。
そよそよとしたキーボードの上を、優
しく伸びやかに鳴くギターは、ノルウ
ェイのキャメルとも言えるサウンド。
そして、冷たく凍えるような空間に鳴
り響く幻想シンフォは、Kaipa や Kerrs
Pink も連想させます。
2023/12/27 Neo Progressive Polandを更新
ポーランド・プログレのクリスマス・
オムニバス・アルバム。さすがの完成
度のAlbion等、どのバンドも聞きどこ
ろ多いが、何と言ってもオープニング
のMilleniumが「きよしこの夜」で、
お馴染みの曲をしっかりとポーランド
・プログレにしてて驚き!
2023/12/23 Masters?旧チェコスロヴァキアを更新!
2009年リリース、Blue Effectのオ
リジナル・アルバム8枚にボーナス・
ディスクとしてシングル曲集を加えた
8枚組ボックス・セット。そのうちシ
ングル曲集には69年から89年まで
の16曲を収録。初期の、暗いクリー
ムのようなアート・ロック。歌を前面
に出したシングル曲ながら、アルバム
曲にも引けを取らない中期の曲。そし
てNew Wave&エレポップ路線でも不思
議なBlue Effectと言う感じの80年
代の曲、皆それなりにBlue Effectして
いてじっくりと聞けますね
2023/12/21 Masters?スペインを更新!
ロック・アンダルシアの新鋭2021年新
作。CBS時代のメディナ・アザーラを柔
らかくしたような感覚の、アンダルシ
アンなメロディーが魅力的なシンフォニ
ック・プログレ・ハードを聞かせてくれ
ます。
2023/12/16 Neo Progressive Italyを更新!
情念溢れる名作となったIl Bacio della
Medusaの4枚目の作品。オープニング
からハードなギター・リフで強引に始
まり、濃厚イタリアンなヘヴィロック
へと展開。そこからの光と影が入り混
じるようなイタリアンな歌へと繋がり
ます。とにかく熱唱に次ぐ、熱唱!。
その妖しいメロディーがたまらない。
2023/12/13 Masters?ベルギーを更新!
名シンセサイザー奏者Walter
Christian Rotheのデビュー作。ロマ
ンチックなメロディーとダイナミッ
クな音作りは、このデビュー作の時点
で群を抜いています。更に素晴らしい
のはB面の叙情的な女性ボーカル曲で、
その物悲しいメロウ・シンフォニック
さは最高中の最高!
2023/12/10 Masters?日本を更新!
惜しくも解散してしまったミズキ・ダ
・ファンタジアのラスト・アルバムに
して最高作。ミズキの圧倒的な歌と、
美しいピアノ, ふんだんにフィーチャ
されたオルガン&シンセサイザー&メ
ロトロンが、抜けるようなリズムの上
で舞い上がる, 前向きなエネルギーが
詰まった一枚です
2023/12/ 7 British Neo Prog.を更新!
Pallaの2011年作。"The Sentinel"の
続編として制作されており,目の覚め
るようなSF的スペクタクル・シンフォ
を聞かせてくれます。HM色のあるリ
フから泣きのフレーズまで聞かせるギ
ター,豊かな音色と意表を付くフレー
ジングのキーボード,ゴリゴリ・リッ
ケンのベースと、Pallasの総力が結集
された大傑作です
2023/12/ 2 Masters?ポルトガルを更新!
折からのワールド・ミュージック・ブ
ームの中で、Brigada Victor Jaraの総
力を結集して制作された2枚組大作7th
アルバム。男女ボーカルによる穏やか
歌やヴァイオリンとピアノによる、ポ
ルトガルらしいサウダーデを感じさせ
る美旋律を聞かせる一方で、,ヴァル
ティナのようなチャキチャキ・コーラ
スや、チャルメラ・サックスを交えた
ドンチャカなリズムで賑やかに迫る。
ヴァリエーション豊かな「音の百貨店」
のような作品だ
2023/12/ 1 HP開設 23周年!
2023/11/23 My熱中アルバムを更新
2008/11/23 Mau2応援コーナー新設!
My熱中アルバム!
I Am The Manic Whale / Bumper Book of Mystery Stories
 ネットやSNSで「物凄い傑作」と評判のIATMH の2023年4thアルバム。ジェネシスのような「まどろみ感」で始まり、それがクイーン風コーラスを挟んでヘヴィに展開。叙情から一気に緊張へと向かう、その緩急が素晴らしい。充実の歌とコーラスからの、キレの良い場面展開へ。鳴き渡るギター、気品のあるオルガン、そよそよと流れるメロトロンは、まるで「エレガントなスポックス・ベアード」とも言えるよう。さらに、ネオアコ風の爽やかメロディーも出てきて、これはスタクリッジ、10CC、XTCにも通じる、英国からしか出てこない音ですね。メロディーの存在感が抜けているまさに最高傑作です。
My 熱中アルバムの過去LOGはこちらをクリックしてね。
特集
特集1.Italian Rock Remaster
  2001年、イタリアBMGからミレニアム記念に24Bit Remasterシリーズがリリースされました。
 廉価盤と言うことで、CDの作りは今一しょぼいものの音はリアルで素晴らしいです。第一弾の
 PFM、Bancoに続いて、その後どんどんRemaster化されてます!!この調子で他の名作も
 Remasterされたら実は財布がカラっぽになるけど、あぁ、あれも欲しい、これも欲しい(^_^;)
 →
Italian Rock Remaster 1,2,3,4,5,6,7
特集2.紙ジャケに挑戦
  紙ジャケにも挑戦中です(^_^)。私のようなLP世代の郷愁を誘う紙ジャケの出来もさることなが
 ら、キチンとRemasterされているアルバムが多いのが嬉しいですね。ボチボチ更新していくのでよ
 ろしくぅ。
 →紙ジャケに挑戦1
特集3.French Rock紙ジャケに挑戦
  フレンチ・ロックの紙ジャケも多数リリースされています(^_^)。PulsarやShylockのような
 メジャー・バンドはもちろんですが、意外とマニアックなところも出ていて嬉しい限りです(^^)

 →French Rock 紙ジャケ 1
Gate of DawnはMau2を応援します(^_^)/
  井上銀河率いるMau2は久々に現れた我が国の本格シンフォ・バンド。その歴史は70年
 代から30年
にも及び、2006年にようやく傑作1stアルバム"Voyagers"をリリースしまし
 た。スピード感と爽やかさを
持つその音は、まさに王道かつ斬新。そしていよいよ9年の時を
 経て、2014年4月 2ndアルバムをリリース!

Mau2 / Voyagers (Aqua Planet APRM-040529)
  井上銀河率いるMau2のデビュー・アルバム(2006年)。バンドの歴史は'77年
 から30年にも及び,何回かのメンバー・チェンジを経て,ようやくのデビュ
 ーとなりました。典型的なシンフォニック・ロックですが,そのスピード感と
 ジャケの世界に通じる爽やかさは,他の日本のバンドにあるようで無い感覚。
 良い意味で'80年代からのJ-Prog.の色も感じさせながら,ど真ん中直球のシン
 フォの割には,不思議と新鮮な感じがします。また,変化球アレンジもビシッ
 と決まって必然的!。1曲目の20分なんかあっと言う間だったもんね。途中
 のアコギのみバックで7分間歌いきる表現力にもビックリ!少し,アマチュア
 っぽさが残っていますが,デビューした頃のフラキン級と言ってしまいましょ
 う。応援しまっせ!!(^^)
Mau2 / Another Heaven (Aqua Planet Records APRM140123)
  名古屋のMau2が9年の歳月をかけて完成させた2ndアルバム(2014年)。いき
 なりドリーム・シアターをシンフォニックにしたような激しいサウンドに圧倒
 されますが、爽やかさと情念がテクニカルにせめぎ合うその音は、「これ
 Viennaの4thアルバムだよ」と言われても信じてしまいそう。いや、心に染み
 入る親しみやすいメロディはそれ以上だ!日本のプログレッシブ&シンフォニ
 ック・ロックの王道とも言えるサウンドでありながら、圧倒的色彩感のその音
 は2010年代においても説得力は十分。本作もど真ん中直球プログレッシブ
 ・ロック!しかもキレキレの快速球だ!!
手持ちUP終了(^_^)/
  手持ちUPが終了したコンテンツです。変に偏ったところもありますが、まぁそこはそれ。やっぱ
 妖しげな辺境系にはゾッコンなんですね
My Favorite

  Stormy Six(Italy)
  Triana (Spain)
  Discus(Indonesia)

Masters! Masters?
 ウズベキスタン
 カザフスタン
 ジョージア(グルジア)
 アルメニア
 コロンビア
 コスタ・リカ
 パナマ
 南アフリカ
 ニュー・ジーランド
 シンガポール
Presented by パードレばばんこ
@nifty ID : gcg01710
1