ようこそGates of Dawnへ!
ここはユーロ&辺境、プログレッシブ&サイケデリックのHPです(だと思う(^^;))
音楽の楽しさ!それが全てです。
Since 2000/12/1
SORRY、Japanese Only!
アクセスカウンター
 

更新履歴です

音楽ですヨー

いろいろとオーディオ

プロフィールです

Twitter始めました

お仲間Linkです
UpDate!
2023/ 9/20 Neo Progressive Polandを更新
ポーランドのLizard。5章に分かれた
大曲を収録。ダーク・アンビエントな
シンフォ色が、ヌーヴォ・メタル・ク
リムゾン系のヘヴィ・ロックへと展開。
変則リフに乗せて妖しいキーボードが
唸り、激しいキメが入る。その中でも
ポーランドらしい沈むようなアトモス
フィアと哀感のあるメロディーが良い
ですね。
2023/ 9/18 Masters?オーストリアを更新!
オーストリア、ザルツブルグ出身の硬派
シンフォニック・ロック Blank Manuskript
シリアス・ハードなリフの上を、フルー
トの美旋律が舞い、更にそこからシンセ
サイザーが唸りを上げて、一気呵成の攻
めてくる。蕩けるようなクラシカルな詩
情が、ハードなリフに収束する等、オー
ストリアらしい緻密でストイックなアレ
ンジがかっこいいですね。
2023/ 9/16 Masters?スペインを更新!
元 Nu のベーシストが結成したLeno。引
き摺るようなグルーヴのヘヴィ・ハード
・ロックで、メロウ・ブルージーに研ぎ
澄まされたギターによる、切り裂くよう
なリフの破壊力が凄い。甘ったるいとこ
ろが無い、当時のスペインには珍しい硬
質さが魅力です。その中でいきなり出て
くる、カナリオスの Teddy Bautista に
よるコーラス・メロトロンにはびっくり
2023/ 9/13 Neo Progressive Italyを更新!
マルチプレイヤーJerry Cutillo 率いる
プロジェクト O.A.Kの4作目。 ニコラ
・テスラの生涯をテーマとしたコンセプ
ト・アルバムとなっており、ミュージカ
ル風の男女ボーカルをフィーチャーし、
大掛かりな構成で聞かせます。ロマンチ
ックなメロディーと、コロコロと変化す
る意表を突いたアレンジが楽しく、テー
マから想像する以上に親しみやすい作品
となっています。
2023/ 9/11 Masters?スェーデンを更新!
スェーデンの Atlas の唯一の作品 。
清涼感溢れる流れるようなライト・
ジャズ・ロック・シンフォで、ツイン
・キーボードとギターにより紡がれる
メロディーはムーン・マッドネスの頃
のキャメルに、少しジェネシス風味を
加えたかのようです。
2023/ 9/ 9 Masters?日本を更新!
日本期待の新鋭Evraakのデビュー・
アルバム。ひりひりとしたエキゾチッ
クな祝祭感をねっとりとした空気で包
みこみ, ヘヴィな音像の中から、濃厚な
メロディーが溢れ出てくる。プンプン
言わせるベースに、ギュワギュワでメ
ロウなギター、厚い音のサックスには、
21世紀のアイランズ期クリムゾンと
も言える、熱きプログレなブルースを
感じます。が、何と言っても、つい口
ずさんでしまうような「歌」が心に残る
ところが魅力的。
2023/ 9/ 6 特集紙ジャケに挑戦を更新
キーフ・デザインの美しい三面開き変
形ジャケットで有名なスプリング。哀
愁と気品のあるプリティッシュ・フォ
ーク・ロックですが,メロトロンの量
とセンスが半端じゃぁありません。一
番重なる時で,「フルート」+「スト
リングス」+「ブラス×2」だぞ~。
でもね,一番惹かれるのは,心の琴線
に響く詩情溢れるメロディーと歌なん
ですよね。メロトロン無しでも断然名
作ですよ
2023/ 9/ 3 Masters?ロシアを更新!
ロシアの超絶技巧トリオLost World
マルチ・ミュージシャンによるテク
ニカルでエキゾチックで豪快なサウ
ンドは、クリムゾンから21世紀型
ハイパー・プログレッシブまで一飲
み。アコースティック・パートでの
フラレックもビックリの展開や,時
としてチェンバー・ロック風になっ
たりと,やりたい放題です。
2023/ 8/31 Masters?ノルウェイを更新!
「トナカイ注意」ジャケットでお馴
染み (?) Moose Loose の 1stアルバ
ム。手数が多く賑やかなリズム隊を
バックに、ギターがオルガンが切り
込んで行くハイ・テンションなジャ
ズ・ロックです。お洒落にならない
抜身のままのジャズであり、ロック
である70年代前半の熱い音です。
2023/ 8/29 British Neo Prog.を更新!
英国新鋭Also Eden。モダンでエレ
クトロなキーボードを活かした、
キャッチーで勢いのある演奏は、
まるで「21世紀の It Bites」
2023/ 8/27 Masters?ハンガリーを更新!
ハンガリーのピラミスの3rdアルバム
ツイン・リード・ギターの流れるよ
うな美旋律ハード・ロックで、エキ
ゾチックな歌メロに絡むネオ・クラ
シカル(なんて言葉はこの頃は無か
ったが(笑))なリフがかっこいい
2023/ 8/23 Masters?スペインを更新!
バルセロナの雄Omの唯一の作品 。
Jordi Solerのギターをフィーチャー
したサイケ・ブルース・ジャズ・ロ
ックで,骨太なギター,暑苦しいサッ
クス,主張するリズム隊による演奏は
かなりの熱量。また,バンド名の如く
妙な辺境感のあるフレーズも良い。ス
ペイン屈指のジャズ・ロック作です。
2023/ 8/19 Neo Progressive Chileを更新
ツイン・ギター、ツイン・キーボー
ドの7人編成で、透明感のある都会
的な21世紀のモダン・シンフォを
聞かせるチリのAisles。ギターとキ
ーボードがキメ細やかな美メロを奏
で、その上をキャッチーなメジャー
感のある歌メロが流れていきます。
2023/ 8/17 Masters?ベルギーを更新!
Cosのリーダー Daniel Schellの古
楽チェンバー・プロジェクト。日本
のダンスリー・ルネッサンスのよう
な 「古楽風の室内楽」ですが, 男
女ボーカルを活かし、ところどころ
に感じる新しさと捻ったセンスはや
っぱり Cos 風。また,エキゾチック
な感覚は元祖ワールド・ミュージッ
クとも言えるかも?
2023/ 8/15 Masters?日本を更新!
トリプル・キーボード+ドラムスと言
う編成でリリースされたMouse on the
Keysの1stフル・アルバム。オープニン
グから突進力のあるドラムスが全開。
アコースティック・ピアノによるスリ
リングなリフに、コロコロと綺麗な美
旋律が乗るさまは、まさに「日本のブ
ルー・モーション」!
2023/ 8/12 Neo Progressive Argentinを更新!
コレクターズ・アイテムとして知られ
るアルゼンチンの新人Anima。丁寧に
組み立てられた演奏と女性Vocalの歌
がとても良い。
2023/ 8/ 9 Masters?ポルトガルを更新!
Tantraの逆さアナグラムでリリースさ
れた2020年作。渦巻くメロトロン系キ
ーボードの上を、剥き出しのアナログ・
シンセが鳴り響く、ミステリアスでロ
マンチックなハケットさん風シンフォ
です。うなりをあげるMannelさんのギ
ターが素晴らしいぃぃ
2023/ 8/ 5 Masters?ノルウェイを更新!
Wobblerの4作目。持ち前のヴィンテ
ージな感覚を取り戻したような仕上が
りで、オルガン、アナログ・シンセ、
ハードなギター・リフを中心としたヘ
ヴィな音に絡む、冷たいメロトロンが
なんとも言えません
2023/ 8/ 2 Neo Progressive Brazilを更新!
ブラジルのCalix。相変わらずの、歌
を大切にしたハートウォームなシン
フォを聞かせてくれます。本作では
さらに21世紀型近未来音響ロック
風なところもあり、よりアップデイ
トされた音になっていますね。歌詞
はポルトガル語
2023/ 7/29 Neo Progressive Italyを更新!
モダンな感性とイタリアらしい熱さで、
勢いのあるシンフォを聞かせるイタリ
ア新人のOverture。透明にすっきりと
抜けるキーボードに、 情熱的で時にメ
タル風となるギターが切り込み、フル
ートは可憐に舞う。 そこに濃厚な歌が
加わり、熱を帯びて一気に畳み込んで
いく、その勢いがとてもイタリアン。
2023/ 7/26 Masters?日本を更新!
YMOの3人がとても乗ってる最高
傑作と名高い「テクノデリック」ウル
トラボックス,トーキング・ヘッズの
影響を受けながらも,民族音楽,サイ
ケから音響系まで重層化された音空間
が圧巻。
2023/ 7/24 Masters?スペインを更新!
スペインはバロセロナの女性ボーカル
・シンフォのHarvest。翳りのある美
声&美旋律なその音は、スペインと言
うよりも英国あるいはポーランド風。
ゴシックな感覚さえも感じさせ、まる
でAll About Eveがシンフォニック・
ロックをやったようなサウンドです。
2023/ 7/22 Neo Progressive USAを更新!
USネオ・プログレッシブ・ロックの
メタファーのメンバーが、 元アングラ
ガルドのドラマー、マティアス・オル
センと組んだIsobarの2ndアルバム。無
機質でダークなメロディを、ジェント
ル・ジャイアントを髣髴とさせる緻密
なアレンジで、スペイシーに飾り付け、
抜けるようなビートで聞かせます。
2023/ 7/19 特集French Rock 紙ジャケに挑戦を更新
フレンチ・ジャズ・ロック大名盤Dun。
フレンチ・ジャズ・ロックと言うとな
んかアンニュイ(^^;)な感じではっきり
しないバンドが多いのですが、このDun
の極めて構築的なアレンジに、ビシビシ
と決まるリズム・セクションはほんま
かっこいいの一言なのです。
2023/ 7/15 My熱中アルバムを更新
2023/ 7/12 Masters?ノルウェイを更新!
ノルウェイのジャズ・ロック・スーパ
ー・グループの唯一作 。のっけからキ
レの良いリズムに乗って、ミステリア
スなジャズ・ロックが始まる。ギター
は熱く、ヴァイオリンも熱く、エレピ
は浮遊し、ベースはブンブンと雄弁だ!
2023/ 7/ 8 Neo Progressive Swedenを更新!
1曲約60分と言う鬼のような組曲
"Garden of Dream"を収録したFlower
Kingsの1999年作。彼らの傍若無人さ
(笑)はとどまるところを知りません。
で、これが聴くのにパワーがいるかと
言うとそうでは無くて、組曲も3分ぐ
らいの小曲集と言った感じで、歌を中
心として場面展開も多く、とても聴き
やすい仕上がりです。
2023/ 7/ 5 Masters?ジャーマン・シンフォニック&ハードを更新!
より端正なプログレ・シンフォを聞か
せるネクターの2ndアルバム。旧A面を
費やした16分のタイトル曲は3rdの頃
のYesのようなソリッドで骨太、そして
華麗なシンフォニック・ロックで、そ
の完成度にはビックリ!
2023/ 7/ 1 Masters?スペインを更新!
バルセロナのシンフォ・バンド。あっ
けらかんとした感覚の、「バスクのス
ポーツ」にも通じる21世紀のプログレ
です。色彩感豊かなギターとシンセ、
キャッチーな歌メロが、予想もつかな
いドラマチックな展開に映えます。
2008/11/23 Mau2応援コーナー新設!
My熱中アルバム!
Arkitekture / Rationalis Impetus
 (Arcangelo ARC-1184)

 「韓国のアネクドテン」として大評判の、映画監督として活躍するキム・サンマン率いるアーキテクチャーのデビュー・アルバム (2022年)。哀しき音色のヴァイオリンと、黄昏れたサッ クス&フルートが、壁のように流れ出るメロトロンとともに激流となる。その一方で、極少ない楽器で奏でられる引きのパートの詩情が、胴鳴りがするドラムスと、ブンブンうねるベースの絡みへと、移り変わる様は奇跡のようです。テーマが奏でられた後の予想もつかせずに自在に展開するが、全編にヒリヒリとした叙情が溢れ出ているのがたまらないですね。そして、印象的なメロディーの連続にインスト・バンドだったと言う事も忘れてしまいます。これは凄いアルバムだ!
My 熱中アルバムの過去LOGはこちらをクリックしてね。
特集
特集1.Italian Rock Remaster
  2001年、イタリアBMGからミレニアム記念に24Bit Remasterシリーズがリリースされました。
 廉価盤と言うことで、CDの作りは今一しょぼいものの音はリアルで素晴らしいです。第一弾の
 PFM、Bancoに続いて、その後どんどんRemaster化されてます!!この調子で他の名作も
 Remasterされたら実は財布がカラっぽになるけど、あぁ、あれも欲しい、これも欲しい(^_^;)
 →
Italian Rock Remaster 1,2,3,4,5,6,7
特集2.紙ジャケに挑戦
  紙ジャケにも挑戦中です(^_^)。私のようなLP世代の郷愁を誘う紙ジャケの出来もさることなが
 ら、キチンとRemasterされているアルバムが多いのが嬉しいですね。ボチボチ更新していくのでよ
 ろしくぅ。
 →紙ジャケに挑戦1
特集3.French Rock紙ジャケに挑戦
  フレンチ・ロックの紙ジャケも多数リリースされています(^_^)。PulsarやShylockのような
 メジャー・バンドはもちろんですが、意外とマニアックなところも出ていて嬉しい限りです(^^)

 →French Rock 紙ジャケ 1
Gate of DawnはMau2を応援します(^_^)/
  井上銀河率いるMau2は久々に現れた我が国の本格シンフォ・バンド。その歴史は70年
 代から30年
にも及び、2006年にようやく傑作1stアルバム"Voyagers"をリリースしまし
 た。スピード感と爽やかさを
持つその音は、まさに王道かつ斬新。そしていよいよ9年の時を
 経て、2014年4月 2ndアルバムをリリース!

Mau2 / Voyagers (Aqua Planet APRM-040529)
  井上銀河率いるMau2のデビュー・アルバム(2006年)。バンドの歴史は'77年
 から30年にも及び,何回かのメンバー・チェンジを経て,ようやくのデビュ
 ーとなりました。典型的なシンフォニック・ロックですが,そのスピード感と
 ジャケの世界に通じる爽やかさは,他の日本のバンドにあるようで無い感覚。
 良い意味で'80年代からのJ-Prog.の色も感じさせながら,ど真ん中直球のシン
 フォの割には,不思議と新鮮な感じがします。また,変化球アレンジもビシッ
 と決まって必然的!。1曲目の20分なんかあっと言う間だったもんね。途中
 のアコギのみバックで7分間歌いきる表現力にもビックリ!少し,アマチュア
 っぽさが残っていますが,デビューした頃のフラキン級と言ってしまいましょ
 う。応援しまっせ!!(^^)
Mau2 / Another Heaven (Aqua Planet Records APRM140123)
  名古屋のMau2が9年の歳月をかけて完成させた2ndアルバム(2014年)。いき
 なりドリーム・シアターをシンフォニックにしたような激しいサウンドに圧倒
 されますが、爽やかさと情念がテクニカルにせめぎ合うその音は、「これ
 Viennaの4thアルバムだよ」と言われても信じてしまいそう。いや、心に染み
 入る親しみやすいメロディはそれ以上だ!日本のプログレッシブ&シンフォニ
 ック・ロックの王道とも言えるサウンドでありながら、圧倒的色彩感のその音
 は2010年代においても説得力は十分。本作もど真ん中直球プログレッシブ
 ・ロック!しかもキレキレの快速球だ!!
手持ちUP終了(^_^)/
  手持ちUPが終了したコンテンツです。変に偏ったところもありますが、まぁそこはそれ。やっぱ
 妖しげな辺境系にはゾッコンなんですね
My Favorite

  Stormy Six(Italy)
  Triana (Spain)
  Discus(Indonesia)

Masters! Masters?
 ウズベキスタン
 カザフスタン
 ジョージア(グルジア)
 アルメニア
 コロンビア
 コスタ・リカ
 パナマ
 南アフリカ
 ニュー・ジーランド
 シンガポール
Presented by パードレばばんこ
@nifty ID : gcg01710
1