Australia (Page-1)
Sebastian Hardie
Sebastian Hardie / Four Moment (Avalon MICY-1115)
  セバスチャン・ハーディーの記念すべき1stアルバム!もう、泣く子も黙る大名盤です。
 とにかくひたすら泣きまくるギターに壁のようなメロトロンと来たらもうたまりません。
 名曲Four Momentsのめくるめく展開、Rosannaの美しさ、Openingsでのインタープレイの
 素晴らしさ。これだけ揃うと他に何もいりませんねぇ。溜息が出ます。そして、リリース
 当時の邦題が「哀愁の南十字星」。この邦題が全てを現していたなぁとつくづくと思うの
 です。
Sebastian Hardie / Windchase (Avalon MICY-1116)
  2ndアルバム。さすがに1stアルバム程の強烈な曲は無いけれども、マリオ・ミーロの
 七色のギターは健在。美しくも儚い、そしてかっこいい。それでいて、ヨーロッパのバ
 ンドと違ってベタベタとしたところが無くて、カラっとした印象が強いのが、オースト
 ラリア出身の彼ら独特の個性ですね。で、当時の邦題は「風の唄」、こちらもオースト
 ラリア大陸を吹く風のようなこのアルバムの印象を見事に伝えているような気がします。
Rainbow Theatre
Rainbow Theatre / Fantasy of Horses (Free Record FR 2010)
  Rainbow Theatreの2ndアルバム('76)。実は個人的にオセアニアNo.1バンドで
 す。サックス、トランペット、オーボエ、ヴァイオリンを始めとする総勢14人
 もの大編成のバンドで、メロトロンに導かれて始まるこのアルバムはクリムゾン
 のリザードやアイランドを思わせる美しくも怪しい作品です。ゴリゴリとしたベ
 ースを軸にスピーディーに展開される曲に絡む多彩な楽器群が、なんともカラフ
 ルですね。
Others
Ayers Rock / Beyond (Mushroom D19762)
  Ayes Rockの2ndアルバム(75年)。乾いた感覚のジャズロックで、ところどころ
 に入るエスニックなフレーズがいかにもオーストラリアらしい。ソロ回しとか、
 かなりオーソドックスなクロスオーバー・サウンドです。ストリングを導入した
 後半が聞き物。
The Cleves / The Cleves (Vicious Sloth VSC009)
  マニア垂涎のレア・アイテム、Clevesの唯一のアルバム(70年)。女性Vocal
 を全面に出したサウンドは、丁度1stアルバムの頃のEarth & Fireといった感じ
 ですが、ポロポロと良い味を出しているオルガンが、調子の良い時のトニー・
 ケイみたいでClevesの個性を出しています。
Aragon / Mouse (Apollon APCY-8246)
  ネオ・プログレを精力的にリリースしていたオランダのSIレーベルから、リリー
 スされたAragonの3rdアルバム。30曲70分と言う大作トータル・アルバムで、典型
 的なネオ・プログレ系の音ながら、個性的(ゲディー・リーとフィッシュを足して、
 アクを強くしたような感じ)なVocalistを中心にシアトリカルな面を前面に出していま
 す。個人的には、Drumsが打ち込みなのと音の薄さが今一残念。