Sweden   Neo Progressive-1
Anglagard
Anglagard / Hybris
 (Mellotronen Mello 004)

 スェーデンから突然現れたAnglagardの1stアルバム('93)。深い翳りを帯びたメロディーを超絶技巧で展開していくところはまさに新世代のシンフォニック・ロックと言った感じ。当時、このアルバムがリリースされて、急にシーンが活気付いたようなところがあって、世界中で次から次へと新人バンドが現れてきました。今思えばこのアルバムが一つのブレークスルーになっただろうなぁ。(そう言えば「メロトロンネン・レーベルっていったいなんや?」「メロトロンの大阪弁ちゃうか」と言う冗談が仲間内で流行ってました(^^;))
Anglagard / Epilog
 (HYB CD 010)

 大胆なメロトロンの導入に硬質かつシンフォニックなアレンジで度肝を抜いたAnglagardの2ndアルバム('94)。ドンドン展開していって帰ってこない(^_^;)曲構成は1stアルバムと同じですが、それをテクニックで無理やり捻じ伏せるアプロ−チは90年代以降のプログレッシブ・ロックの一つの流れになりました。で、Anglagardの場合はそれに北欧独特の暗く沈む哀愁感が絡むんですね。これが良いのです(^_^)/。展開しすぎてどの曲も全部似たような感じになっているのが、少し残念ですが。やっぱり唯一無二の音であり、バンドでした。(ジャケ怖い(^_^;))
Anglagard / Buried Alive
 
(Musea FGBG 4167.AR)
 2枚の作品を残して惜しくも解散してしまったAnglagardの'94年Progfestでのライブ・アルバム。'94年のProgfestの参加バンドの中でもダントツの出来だったという演奏をしっかりと記録しており、北欧の木々の中を木霊するような幽玄な響きと冷ややかなナイフで切りつけるようなスリリングな激しさを余すことなく聞かせてくれます。どんどん展開していって帰って来ない(^^;)独特の曲展開ですが、それはフレーズとフレーズの単なる組み合わせでは無く、Anglagardと言う生命体の生の証であったことが、このライブでの冷たく燃える炎の中に表れています。
Anekdoten
Anekdoten / Vemod
 
(Virta 001)
 Anglagardとともに、ネオ・プログレの可能性を大きく拡大したAnekdotenのデビュー・アルバム('93年)。チェロ、メロトロンを導入したヘヴィ・ギター・ロックですが、漆黒の闇を感じさせる染み入るような叙情性と、クリムゾナイズされたヘヴィネスが、デビュー時にして圧倒的でした。
Anekdoten / Nucleus
 (Arcangelo ARC-1002)
 '95年リリースの2ndアルバム。1stアルバムの延長線上にある北欧的叙情性とヘヴィネスに、オルタナ・グランジからの影響を感じさせる、ラウドでノイジーな感覚を交え、ヴィンテージ感と同時代性を両立させた、更に進化した姿を聞かせてくれます。それにしても、冷たい氷のようなメロトロン最高!聞く毎にゾクゾクさせられます!
Anekdoten / From Within
 (Arcangelo ARC-1049)

 1999年リリースの3rdアルバム。ヘヴィで勢いのあるテクニカルなサウンドが持ち味の彼らですが、このアルバムで魂の震えるような生命力を一つ一つの音に宿すのに成功しました。心揺さぶられるとはまさにこのこと。彼らがインタビューで言っていた「サイケデリックな方向性」とは、こういうことだったのですね。彼らの集大成とも言える素晴らしい1枚。
Anekdoten / Gravity
 (Arcangelo ARC-1061)
 待望の2003年新譜。前作から約4年ぶりのアルバムになります。前作"From Within"で一皮も二皮も向け、その音に魂の震えるような生命力を宿すことに成功した彼らですが、このアルバムではよりナチュラルに、よりストレートな表現へと変化しています。持ち前の沈むような暗い感性、ヘヴィでテクニカルな演奏、そして包み込むようなメロトロンは従来と変わりありませんが、より開放的な、前向きな感覚があって、非常に聞きやすいアルバムです。プログレ云々よりも音楽の力が素晴らしい(^_^)(メロトロン使用頻度過去最高とな...)
Others
Sinkadus
Sinkadus / Aurum Nostrum (Cyclops CYCL 048)
  シンカドスの1stアルバム('97)。アングラガルドをメロディアスにしたよう
 な感じで、複雑な構成の割に
口ずさめるようなメロディーがあるのが良い。
 (アングラガルドなんか展開しっぱな
しで、メロディーがなかなか覚えられな
 いもんなぁ(^^;))。
ただ、難を言えば録音状態と演奏技術だよなぁ...楽曲の
 難易度が高すぎると言う
のもありますが、危なかしくて空中分解しそうな演奏
 にはハラハラドキドキさせられます(^_^;)。テクニックをもう少し磨いてね。
Sinkadus / Circus (Avalon MICY-1097)
  Avalonレーベルから国内盤もリリースされた2ndアルバム('99年)。Anglagard直
 系のとことん展開する強引なシンフォながら、より叙情的で深みを帯びたメロディ
 ーが魅力。フルート、チェロ、メロトロンの旋律が北欧の暗い冬に木霊します。ガ
 チッと締った演奏は更にドラマ性を増し、前作を遙かに上回る大傑作アルバムとな
 りました(^_^)
The New Grove Project
The New Grove Project / Fool's Journey (New Grove NGMCD-9601)
  スイス在住のVocalist Ingemar Hjertqvistの楽曲を、ギターにロイネ・ストルト、
 キーボードにパー・リンド、そしてドラムスが元EnglandのJode Leighが参加して作り
 上げた一大シンフォニック・ロック('97年)!ファンタジックに泣くギター(トーンが
 伸びるね〜)オルガン、ピアノも絶好調(もちろんメロトロン入り)。場面が切り替
 わると、色彩感まで一気に変わってしまうぐらいの鮮やかさなアレンジが最高!パー・
 リンドのプレイは彼の中でもベストのものじゃないかなぁ。そして、何よりも凄いと言
 うか驚きなのは20年近くシーンから離れていたJodeのプレイがあのEnglandの「あの乗
 り」「あの音」そのままだったこと!!もうたまりまへん!奇跡です!全体的にフラキ
 ンを明るく心温かくしたような音は、個人的にはフラキン以上の愛聴盤です。
The New Grove Project / Brill (New Grove NGMCD 0402)
  スイス在住のVocalist Ingemar Hjertqvist 率いるシンフォ・プロジェクトの2nd
 アルバム(2005年)。前作はRoine StoltのメロウなギターとPar Lindhのキーボードの
 バックで元EnglandのDrummer Jode Leighが「あの音で」叩きまくると言う、フラキン
 +イングランドをファンタジックにしたようなアルバムでしたが、今回はRoine不参加
 Jodeは1曲のみと言う布陣。前作よりもさらに複雑で暗く激しい音作りで、勢いのある
 演奏はさすがですが、変にうるさい録音状態のDrumsを始め、楽曲の完成度の割には聞
 いていて気持ちが入っていかない(いけない)のが残念。
Zello
Ritual / Ritual (Belle 96270)
  リリース時にかなり話題となったスェーデンのRitualのデビュー・アルバム
 ('96年)。ミュージカル畑出身のフレディー・マーキュリーを思わせるVocalに
 キャッチーで明るいコーラス、それでいて演奏はシンフォニック、でもリズム
 はラウドと言うハイパーな音楽性が特徴です。そういう新しい方向性を試みな
 がらも、親しみやすい、爽やかでトラディショナルなメロディーがとても魅力
 的です。この路線で行けば、それこそムーン・サファリ並の人気が出たかもし
 れませんが、実際はそうなりませんでした(^^;)
Ritual / Superb Birth (LOMCD-2)
  Ritualの2ndアルバム('99)。1曲目の歪んだDrumsの音が象徴するように
 かなり捻じれたようなハードな音になっています。確かに音の傾向は1stと
 それほど変化していませんが、1stでの煌びやかな展開は影をひそめ、グラ
 ンジ風と言うか産業ロック風のVocal主体のコンパクトな音で迫って来ます。
 より詩やメロディーに重点を置いた結果かもしれませんが、ちょいとシンド
 イと言うのが本音だったりします。
Ritual / Think Like a Mountain
          
(Tempus Fugit 6 93723 65602 1)
  待望の3rdアルバム(2003年)。これまでどおりのシンフォニック・ハード路線
 ですが、よりクリアーで賑やかな音になっています。全体的に音質が向上して、
 空間の広がりを感じることができるようになりました。シンフォニック・ロック
 的な圧倒的な展開はありませんが、コンパクトな中にもまとまりのある演奏を聞
 かせてくれます。変なエスニック風味もアクセントには良し。
  彼らの3rdアルバムまでの音楽性を追ってみると、1stがMusea,2ndが自主制作,
 3rdがInsideOutと言うレーベルの変遷そのままの音楽性の変化だったりしますが、
 プログレファンにはやっぱり1stだろうなぁ。聞きやすさでこの3rdと言うのもあ
 りますが...(個人的に2ndはちょっと、、、)
Zello
Zello / Zello
 (APM 9614 AT)

 北欧の「ヴァイオリン+キーボード・トリオ」の新鋭シンフォバンドの1stアルバム('96年)。全体的にはUK+カンサスと言う感じですが、メロディーラインにトラッド風味が入っていたり、ヴァイオリンの音色が胸キュンとなるぐらい美しかったりと、いかにも北欧的なところが彼らの個性ですね。あと、特筆すべきは録音の良さでキーボードのうなりや抜けるようなリズムセクションがとてもハイファイに録れてます。1級品の1枚!
Zello / Quodlibet
 (Musea FGBG 4278.AR)
 スェーデンのZelloの2ndアルバム('98年)。ヴァイオリン入りトラッド・ロックが、いきなりキャッチーなUSプログレ風に展開すると言う独特の音楽性はますます絶好調。タイトなリズムの上をヴァイオリンとキーボードが気持ちよくフレーズをたなびかせます。キャッチーながら北欧の木々の中を木霊するような冷え冷えとした感覚がとても魅力的。25分を超える組曲"Zwcia"は大力作。ジャケットがとても印象的ですが、少々音楽性とあっていないのが残念ですなぁ(^^;)
Twin Age
Twin Age / Lialim High (Altair TA9702)
  スェーデンの新星Twin Ageの2ndアルバム('97)。Camel風、Genesis風のファンタジ
 ックなシンフォニック・ロックで、スェーデンのバンドらしい冷ややかな感覚と包み
 込むような優しさが魅力です。'90年代型のメリハリの効いたサウンドは、ポンプ・ロ
 ックを通ってきた音作りですが、しっとりとメロディーを聞かせながら、聞き手を彼ら
 の音世界に誘います。Vocalの声が普通のおじさん声なのと、ドラムスがラウドなとこ
 ろに改良の余地はありますが、かなりのレベルのバンドです。
Twin Age / Moving the deckchairs (Record Heaven rhcd 31)
  大曲主義を止めよりコンパクトになった3rdアルバム(2000年)。長尺のギター、シン
 セ・ソロを排し、持ち味の歌メロを前面に出しており、抜けの良いポップさまでも出て
 きています。ところどころKayak風だったり、Pallas風だったりして、かなり聞きやすい
 音ですね。プログレ・ファンには少しはずしたかもしれませんが、、独特の冷ややかな
 感覚と優しさは普遍なので、個人的には好きなアルバムです。
Simon Says
Simon Says / Ceinwen
       
(BISHOP GARDEN RECORDS BGR 02.1995.01 RM)

  '95年リリースのデビュー・アルバム。スェーデンの新人バンドですが、音の傾向はジェ
 ネシス風、と言うか私的には現代に蘇るCATHEDRAL(もちアメリカのね)と言った感じ。グリ
 グリと硬質なベースに変なところで変に展開するキーボード(メロトロン系)と言うわけ
 で、思わず聞きながら手を握ってしまいます。特に2曲目は秀逸ですねぇ。ただ、全体的
 に冗漫なところや、もろに捨て曲みたいなところもあって、全53分が40分ぐらいに凝
 縮されてたら言う事無かったのになぁぁと残念に思います。これからがとても楽しみなバ
 ンドでっせ!
Simon Says / Paradise Square (Galileo GR007)
  スェーデンのSimon Says待望の2ndアルバム(2002年)。1stアルバムが良かっただけに、
 待ちに待ってました。1stアルバムは1曲だけもうノックアウトだぁぁ!!と言うほど
 素晴らしい曲があったのですが、このアルバムは全曲粒揃いで、歌うギター、バンクス
 調のオルガン、そして最高の広がりを見せるメロトロンと、ジェネシス系(と言うかハ
 ケット系?)のバンドですが、音楽の引き出しが多いので聞いていて飽きが来ません。
 なお、Simon Saysというのは、そういう名前の子供のオモチャのことだそうです。
Simon Says / Tardigrade (SPV 452512 CD)
  とうとうSPVからリリースされた3rdアルバム(2008年)。ハケット調の良く歌うギター
 に、バンクス風オルガン、シンセ(音色がまた泣けます)、そして、ここぞと言う時に
 響き渡るメロトロン、とジェネシス影響下にあるサウンド・パーツを独自解釈、聞き手
 をニヤリとさせながらも、さらにパワー・アップしたシンッフォニック・ロックを聞か
 せてくれます。強引に展開したかと思えば、じっくり引いて聞かせ、「え!ここでこん
 な仕掛けが!」と言う意外性も持っています。途中の3〜5分ぐらいの小曲にもう一工
 夫あったら大傑作でした。
Manticore
Manticore / Time to Fly (Laser's Edge LE 1020)
  アメリカのLaser's Edgeレーベルからリリースされた唯一のアルバム('93年)。基
 本はYES系構築美シンフォですが、そこにELP風シンセとジェネシス風メロト
 ロンからみ、更に変拍子で押すと言う典型的90年代型シンフォです。適度なヴィ
 ンテージ感を洗練させたサウンドには聞き所も多いのですが、AnglagardやAnekdoten
 のような後進バンドの持つ「ブットンダ感じ」が無くて、青臭くこぢんまりとまと
 まっているのが少々残念。と言っても、どこかと言って悪いところは無いんですけ
 どねぇ(強いて言えばVocalistの声か?(笑))