Triana
  フラメンコ・ロックの雄Triana。ロック・アンダルシアの始祖であり、中心である彼ら
 こそがスペインのロックの震源でした。「トリアナの前にトリアナ無し」そう彼らが道を
 造り、その後を多くのバンドが通っていったのです。
  彼らは全部で6枚のアルバムを発表していますが、瑞々しい感性の1stがダントツで良い
 (と言うか1曲目がダントツ)
のを除けば、どのアルバムも独特のトリアナ節が聞けます。
  シンフォ色強い2ndやハードな3rdまでがプログレ・ファン向けと言われていますが4th以降
 も10分前後の大作は収め
られているし、メロディーは相変わらずやし、ファンには無視でき
 ないアルバムばかりです。
(追伸)
  90年代以降Trianaは復活して4枚のアルバムを発表しています(これが良いのだ!)。
 それらのアルバムも紹介しています。よろしくね(^^)。
Triana / El Patio (Fonomusic 5046617622)'75
  記念すべき1stアルバム。ここから全てが始まったのです。1曲目の「スパニッ
 シュ・ギターののつま弾きに絡むコーラス・メロトロン!!」もう反則です。唯一
 無二の世界がここにあります。彼らの1stであるだけで無く、後に多くのフォロ
 ワーを生み出すことなった革命的な名盤。哀愁のメロディーに泣いてください。
Triana / Hijos del Agobio (Fonomusic CD-1027)'77
  さらに分厚いキーボード・オーケストレーションとなった2ndアルバム。プログレ
 ・ファンの人気が高いのは実はこちらの方である。とにかく、1曲目からキーボード
 の白玉だらけ。それに絡む哀愁のメロディー。これがTrianaなのです。
 (ただし、個人的にはキーボードが勝ちすぎてメロディーが薄くなってしまったよう
  に思います。ここまでやらなくても良いのに...)
Triana / Sombra y Luz (Fonomusic CD-1094)'79
  キーボード類が後退して、かなりロック色が強くなった3rdアルバム。現金なプロ
 グレ・ファンはこのアルバムぐらいからTrianaを見放してしまったようです。でもね、
 メロディーラインはもうTriana節満開やし、ロック的なダイナミズムを増したなか
 なかのアルバムだと私は思うのです。
Triana / Un Encuentro (Fonomusic CD-1082)'80
  誰も相手にしないTrianaの4枚目。ところがドッコイ良いのだ、これが。まずジャケ
 は全Trianaのアルバム中一番出来が良いし(黒猫のジャケね)、3枚目以降雄大な
 キーボードが聞かれなくなったその分、この4枚目ではアコースティック・ピアノのセ
 ンチメンタルな響きが印象深い。もちろん、メロディーはどこをどう切ってもTrianaやし、
 アルバム全体がトータルな感じで作られていて、完成度も高い
Triana / Triana(5th) (Fonomusic CD-1089)'81
  発売当時、結構評判が悪かった5th。確かに1曲目、2曲目はトリアナである必然
 性が無い。ただし、3、4、6曲目の哀愁感はやはりトリアナそのもので、従来の
 ファンにはお勧めの名曲。
  もしかしたら、この時期彼らは新たな方向性を模索していたのであろうか?
Triana / Llego el Dia(Fonomusic CD-1088)'82
  ラスト・アルバム。このアルバムのすぐ後にメンバーの交通事故死のためトリアナ
 は解散します。3曲目やタイトル曲は7分を超える大作で、かなりの力作と言えま
 す。他の曲もどこを切ってもトリアナとしか言いようがありません。
  ただし、アレンジ的には1st,2ndの溌剌としたシンフォニック・フラメンコ路線と
 は違ってかなりシンプルになっていて、その分泣きのエレキ・ギターが頑張りすぎて
 ます。曲によってはほとんど「酒よ」の世界だなぁ(^^;)。アラメダやカイの洗練さ
 れた音と比較するとなんとも不器用な音づくり...まぁ、それがトリアナなんだよ
ね。



Triana / Triana 92(Fonomusic CD-1122~1123)
  うわ!再結成かと思いましたが、タイトルに騙されました(笑)。別に新譜でも何
 でも無くBESTでした、未発表曲も無し。ただ、スペインでの彼らの曲の評価と言うか
 どの曲が受けているか知るには絶好のアルバムだと思います(^_^;)。
  で、このアルバムの選曲...
Disco 1
 1)Abre la Puerta (Triana 1st)
 2)Se de un Lugar (Triana 1st)
 3)Sentimientos de Amor (Hijos del Agobio 2nd)
 4)En el Lago (Triana 1st)
 5)Hasta Volver (Sombra y Luz 3rd)
 6)Hijos del Agobio (Hijos del Agobio 2nd)
Disco 2
 1)Llego el dia (Llego el dia 6th)
 2)Quero Contarte (Sombra y Luz 3rd)
 3)Tu Frialdad (Un Encuentro 4th)
 4)Sombra y Luz (Sombra y Luz 3rd)
 5)Por el Camino (Triana 5th)
 6)De una Nana Siendo Nino (Llego el dia 6th)
  結構、長い曲が多い。10分を超す曲が2曲もある。1st、3rdから3曲の選
 曲で、4th、5thからは1曲ずつ。なんとなく納得出来るような、出来ないよう
 な...(^_^;)
  通して聞くと、やはり1st,2ndの厚塗りキーボード・シンフォニック路線がプログ
 レ・ファン向けだけど、意外なほど曲想が変わってません。ただ、この曲想で泣きの
 エレキ・ギターだと吉幾造になってしまいますな、ほんま(^_^;)。
Triana / Se de un Lugar(Fonomusic 5046761792)
  2004年リリースのBest2枚組CD+DVD。新たにリマスターされた代表曲満載のBest
 アルバムもボリューム満点ですが、何よりも貴重なのはDVDの方。デビュー前の若々し
 い映像から38,000人を前にしたマドリッドでのコンサートの様子まで、今まで見ることが
 出来なかった彼らの貴重な姿を見ることができます。スパニッシュ・ロック、フランメン
 コ・ロックと呼ばれた1st,2nd期から、ハードなロック・サウンドに傾いた3rd期、シンプ
 ルなピアノを活かした4th期、かなりポップな味付けの5th期と彼らの歴史と音楽指向の変
 遷が人目でわかります。(年々機材が豪華になっていくのも、面白いですね)で、最後は
 Jesus de la Rosaの交通事故死の模様。新聞記事、グチャグチャになった車、6,000人を集
 めた葬式等、涙無しでは見られません。でもね、全編に収録されたJesusの素顔を見ること
 ができて本当に良かったと心の底から思うのでした。Adios,Jesus de la Rosa!

"En el Lago"を歌う
Jesus de la Rosa('75)

"Abre la Puerta"を歌う
Jesus de la Rosa('79)
Triana(II)
Triana / Un Jardin Electrico(OMNI Records TR-004)
  オリジナル・メンバーのドラマーJuan Jose Palacios"Tele"を中心に結成された新生
 Trianaの1stアルバム('97年)。バックを若手で固めてますが、これがド・シンフォニッ
 クな出来。おまけに凄くタイトでまるで「メディナ・アザーラをバックに従えたトリア
 ナ」ってな感じ。

  ほんま、全然期待してなかったんですが、もう出てくる声がまさに「あの声」でメロ
 ディーは「あのメロディー」です。まさにシンフォニック・プログレ・ハード版トリア
 ナ。
Triana / En Libertad+Canciones Ineditas (Pies CDPI 001)
  新生Trianaの2枚組2ndアルバム('98年)。と言いながら、CD1の"En Libertad"は
 前作"Un Jardin Perdido"からの4曲に新曲を加えた変則的なもの。新生Trianaの特色
 である広がりのあるキーボードをバックにシンフォニックなアレンジで押してきます。
 良い!
  CD2の"Canciones Ineditas"は83年に死去したJesus de la Rosaが残したカセッ
 ト音源をJuan Jose Palaciosら残りのメンバーで完成させ、'85年にアルバム"Tengo que
 Marchar"としてリリースされていたもの。言うなればTriana版"Free as a Bird"。前作
 に新ヴァージョンで収録された名曲"Rock de la Calle Feria"等、少し短めなのが残念だ
 けど、しっかり感性されてリリースされただけでも奇跡的と言えるかもしれません。
Triana(III)
Triana / Un Camino por Andar (Fods 38285)
  '97年の新生Trianaに参加していたJuan Reinaが制作したTrianaの2008年新作。残念な
 がら新生Trianaのリーダーだったオリジナル・メンバーのJuan Jose Palacios"Tele"も
 亡くなってしまい、オリジナル・メンバーはいなくなりましたが、この音はまさに
 「Triana」そのもの。こぶしのまわし方、メロディー感等、音は洗練されていますが、こ
 れはアラメダでもメディナ・アザーラでも無く本当にTriana!。もう感涙ものです。ここ
 まで気合いをこめて作り上げたJuan Reinaの才能と熱意にはほんま敬意を表したいですね。
 オルガンとアナログシンセが鳴り響き、メロウなギターが流れるように舞っています。
 JesusやJuanが生きていたら、今のトリアナはきっとこんな音だったに違いありません。最
 後の曲はJuan Jose Palaciosのドラム・ソロで彼に捧げられています。感動の1枚。
Others
V.A. / Homenaje a Jesus de la Rosa (Fonomusic FM-5000)
  トリアナのトリビュートと言うか、自動車事故で亡くなったJesus de la Rosaへの
 オマージュ。もうトリアナの名曲がずらりと並んでいて、それをモダンなアレンジで
 Alameda,Medina Azaharaを始めとする様々なミュージシャンが演奏していきます。全
 体的に結構ハードなアレンジが多いかな?それでもあの翳りに満ちた哀愁のメロディ
 ーはどんなアレンジにも光輝いています。Medina AzaharaのAbre la Puertaは超かっ
 こいいアレンジで、これはもうはまりすぎ(^^)