Uzbekistan  (Page-1)
Yalla
Yalla/ Three Water-Soueces (Melodia C60-16641-2)
  旧ソ連&共産圏のスーパースター、ウズベキスタンのYallaの1stアルバム('82年)
 ВИАバンドらしく70年代歌謡曲風の歌ものアルバムです。が、そんな「歌謡曲
 風味」にいきなりスペイシーなシンセやインド音楽やハード・ロック風に展開する
 その「辺境感」がこのアルバムの聴きどころ。時折聞かれる中央アジア風のエキゾ
 チックな節回しにもゾクゾクきます。特に抹香臭いメロディーとゴージャス生スト
 リングスで迫るB面ラスト曲は最高!
Yalla/ Grand Collection (GCR 085)
  2003年にリリースされたYallaのベスト・アルバム。'83年の2ndアルバム以降の作品
 から16曲が選曲されており、アジア&スラブなエキゾチック・メロディーのВИА
 作となっています。が、突然スペイシーでエレクトロニカになったり、生ストリングス
 が入ってゴージャスになったりと、辺境感は半端無いぐらい凄い。一部の曲でギリシャ
 風の楽器&メロディーが出てくるところは意外。80年代なリズム感覚があるのも個人
 的にはポイント高いですね。あ!聴いてるうちにドラムン・ベースまで出てきた(^^;)
From.uz、X-Religion
From.uz / Audio Diplomacy ()
  元X-Religionのキーボード奏者Albert Khalmurzayev(Al-Bird)率いるFrom.uzのライ
 ブDVDに続いてリリースされた2ndアルバム(2007年)。2005年タシケントでのスタジ
 オ・ライブをCD+DVDとしてリリースです。とにかく全員超絶テクニックの持ち主
 で、弾きまくりギター&キーボードに、タイトで手数の多いリズム隊が、LTEのよう
 なメタル・ジャズ・ロックから最近のクリムゾンのような硬質なプログレまで、やり放
 題やってます。が、ウズベキスタン出身の割には無国籍フレーズの強引な羅列ばかりで、
 「凄いけど辛く長い74分間」でした。チリのMylodonレーベルのテクニック羅列バン
 ドがパワーアップしたような感じと思えばよいでしょうか?なお、DVDは指先とか良
 く映り、無味乾燥な曲でもフレーズのメインとなる楽器がキチンとわかっよりて面白い
 内容。サーカスを見るようなもので、「見ないと面白さが伝わらないバンド」なのでし
 ょうか?
From.uz/ Overlook (10T 10031)
  Fromuz(From Uzべキスタン)の3rdアルバム(2008年)。 クリムゾナイズ変拍子リフの
 テクニカルなキメの連続で迫るポスト・ロック系ジャズロックです。チリのバンドに多
 いフレーズの順列、組み合わせ的なところも無いわけではありませんが,豊かになった
 音色と透き通った雰囲気で最後まで聞き手を離しません。トータルに作られたアルバム
 構成も含めて魅力アップ!
X-Religion
X-Religion / Dances on Gobelins (Mellow MMP 440)
  ウズベキスタンのX-Religionの1stアルバム(2003年)。先にキーボードのAl-Birdの
 ソロ・アルバムが出ていましたが、このアルバムはそれ以前の1999〜2001年にかけて
 録音されていたもの。内容はAl-Birdのキーボードを中心にしたシンフォニック・キ
 ーボード・トリオで、いかにもロシア風の冷たくも不思議な感覚の弾きまくりキーボ
 ード・ロックが堪能できます。なんとなくLittle Tragediesを骨格だけにしたような
 感じで、音色は単調なのですが、フレーズを選ぶセンスが良いのか、思いのほか飽き
 ること無く最後まで聞けます。ただし、ネックは一本調子のリズムセクション。終始
 ドカドカと言った音のDrumsには思わず「勘弁してくれ!」と言いたくなりました(^^;)
Al-Bird / Sodom & Gomorra XXI (Musea FGBG 4435.AR)
  X-Religionとして活動していたマルチ・プレーヤーAlbert Khalmurzayev(Al-Bird)
 のソロ・アルバム(2001年)。タイトルにもあるように滅亡した都市ソドムとゴモラを
 テーマにしたアルバムで全1曲50分弱となっています。曲は4つのパートと20の
 サブパートに分かれ、暗いメロディーの幻想的なパートから、バンド形態の激しいア
 ンサンブル(それでもメロディーは暗い)まで、なかなかメリハリの効いた仕上がり
 です。
Flight 09
Flight 09 / Human Nature (Mals 046)
  ウズベキスタンのドリシア系シンフォ・メタル2005年新譜。広がりのあるキーボー
 ドをフィーチャーしたシンフォニック・メタルで、テクニカルでドラマチックな演奏
 は水準以上です。ただし、Vocalの歌い方が下品で、そのせいかバンド全体が下品な
 感じがするのがちと残念。本当はメロディアスなバンドなんだろうけど、そんな感じ
 も消えてしまってます。うーむ。