South Africa (Page-1)
Canamii
Canamii / Concept (Fresh FRESHCD 166)
  南アフリカで唯一と言っても良い正統派シンフォニック・ロックを演奏するCanamiiの
 唯一の作品('77)。南ア EMIのエンジニアをしていたPhilip Nel(キーボード)とClaire
 Whittaker嬢(Vocal)が中心となって制作されたアルバムで、アナログ・シンセのこってり
 としたカラフルな音色と、舌足らずな歌声のClaire嬢のコケティッシュなVocalを活かした
 歌が魅力。休む間もなく展開するキーボード組曲の濃さに「本気度」を感じます。そして、
 若干の素人臭さ...これぞ辺境シンフォの醍醐味ですなぁ。
Freedom's Children
Freedom's Children / Astra (Gallo CDRED 619)
  南アフリカの代表バンドFreedom's Childrenの名作2rdアルバム。歪んだ
 ファズ・ギターとVocal、そして唸るオルガンが、サイケデリックな空間に
 鳴り響きます。そうまさしく60年代後半のイギリスのあの音!(もう少し
 インプロ・パートが長かったらジャーマンになってしまう(笑))それでいて、
 フレーズは妙にメロディアスだったり、クラシカルだったりするのが、ファ
 ンの心を揺さぶります。(^_^)
Freedom's Children / Galactic Vibes (Fresh CD 126)
  南アフリカのFreedom's Childrenの4thアルバム('71)。ブリティッシュ
 風のブルース・ロックなのですが、変なエレクトロニクスを鳴らして妙に
 サイケかつメロディアスに迫るところが魅力で、特に旧B面が変で最高。
 旧A面には16分近い大作があって期待させられますが、ほとんどがドラ
 ム・ソロで終わるなんて辺境過ぎて泣けてきます(^_^;)
Others
The Abstract Truth
The Abstract Truth / Silver Trees (HMP CD-002)
  Caravanの思わせるようなサウンドで有名なAbstract Truthの1stアルバム('70)。
 確かにCaravanの1stを明るくしたような感じで、霧の向こうからたなびくオルガン
 が聞こえてくるようなパートは、まさにカンタベリーの曇り空の音。フルートやサ
 ックスを取り入れたジェントルな感覚も良いですね。
Hawk
Hawk / African Day (Fresh CD 106)
  Hawkwの'71年の1stアルバム。南アフリカのバンドってアフリカと言いながら、
 ブリティッシュ・タイプのバンドが多いのですが、このHawkは違います。なんと
 言ってもアルバムタイトルからしてAfrican Day(^^;)。1曲目から気合の入った
 タイコでドコドコと攻めて来て、これはとんでもないアフリカン・ロックだぁぁ
 と思っていたら、すぐにメロディアスなブリティッシュ風になりました(^^;)。
 こういうメロディアスな感覚とアフリカン・タイコの絡み具合が絶妙で、これぞ
 南アフリカァァと言いたいですね。1曲目はジャズ・ロック風の展開を含む17
 分の大曲。
Hawk / Africa She Too Can Cry (FRESH CD 137)
  カリスマレーベルから英国でリリースされた'73年3rdアルバム。同名のアルバムが
 前年に南アフリカでリリースされていますが、こちらは1stの組曲と2ndからの曲を集
 め再録音したもの。やや下品な親父Vocalを中心とした、メロディアスなブルース・ロ
 ックはいかにもブリティッシュ・タイプですが、聞き物はやはり1stにも収録されてい
 たAfrican Day組曲!アフリカン・パーカッションを効果的に聞かせながら、独特の叙
 情性を持った構成曲のメロディーに惹かれます。1st,2ndと比べ音圧を感じさせるミッ
 クスでメジャーな仕上がりとなりましたが、個人的には深くエコーがかかって、広がり
 と辺境色を感じさせる1stの方が好みかなぁ。
Tale
Tale / Elysium Field (BaronHouse TMGCD2)
  Mr.シリウスが絶賛する南アフリカの新人Taleの98年の2ndアルバム。ジェネシスや
 ピンク・フロイドの影響を感じさせながらも、実にプロフェッショナルで多彩な出来と
 なっています。暗めのキーボードが全編を埋める中、様々なスタイルの曲が玉手箱のよう
 に現れてきます。アルバム全体に何かテーマがあるような気がしますが、この辺は良くわ
 かりません(^_^;)。
  ただし、個人的には全体的にもう少しスピーディーに展開して欲しかったなと言うのが、
 本音ではあります。
Clout
Clout / 20 Greatest Hits (CDCLOUT 1)
  77年から80年にかけて大ヒットを飛ばした南アフリカ出身のガールズ・ロック・
 バンド。アバがレインボウをバックにと言われていますが、まぁそのとおりです(^^;)
 お姉ちゃんロックで元気で曲がポップで...で、それでどうなのと言いたい?「何故、
 俺はこのCDを聞いてんだぁ」と悩みました。