Colombia (Page-1)
The Speakers
Los Speakers / La Casa del sol Naciente (Discos Sambuco)
 コロンビアのLos Speakers(The Speakers)の2ndアルバム。ビートルズやストーンズの
 カバー中心で、メロウなギターやオルガンをバックに、効かせ過ぎってなぐらいにビン
 ビンにエコーを効かせています。ゆるゆるリズムの脱力サティスファクションを始め、
 聞けば聞く程力が入らなくなる恐ろしいアルバムです(笑)。ちなみにアルバムタイトル
 はアニマルズの「朝日のあたる家」。スペイン語の「悲しみをぶっとばせ」は結構良い。
The Speakers / Tuercas,Tornillos y Alicates
 The Speakersの最高作と言われている3rdアルバム。英国のビート・バンドのカバー
 主体だった前作と比べ、オリジナル曲や南米のラテン風味のポップ・カバーへと
 方向性を変えています。エコー・ビンビンのムーディーな感覚は前作とあまり変わら
 ないのですが、よりロック色が強まりバンドとしての一体感が出てきています。ただ
 し、ビートルズの「Paperback Writer」のカバーは本家も凍り付いてしまうぐらいの
 ヘタクソ・コーラスを主体とした脱力カバーで、この感覚やっぱ真似できまへん。
The Speakers / En El Maravilloso Mundo de Ingeson
  コロンビアのSpeakersの5thアルバム。ラテン風の優しいメロディーのサイケ・
 サウンドで、まるでブラジルのムタンチスの初期の頃を思わせるような「何でもあ
 り」の音が魅力的です(^^)。なんか南米のサイケ・バンドに、今後はまりそうな予
 感の私です(^^;)
Genesis
Genesis / Genesis (GUESSCD012)
  SpeakersのギタリストHumberto Monroyを中心に結成されたコロンビアのGenesisの2nd
 アルバム('72年)。いやぁ、これでGenesisと言うバンド名は3つめです、結構あるもん
 ですねぇ。内容的にはSpeakersからのほのぼの感を引継ぎながらも、チリのLos Jaivasに
 通じるようなアンデス・メロディーを活かした浮遊感と色彩感のあるラテン・サイケにな
 っています。呪術的なリフレインには異境の地に飛ばされますが、後半のしっとりとした
 アンデスの叙情が胸にしみます。
Jaen Kief
Jaen Kief / Las hadas no vuelan mas/I.Vagas Nubes
                 (Musea FGBG 4649.AR)
  プログレ系と言えばThe Speakersと言うサイケ・バンドしか知られていなかった
 南米はコロンビアから、とうとう現れた本格的シンフォニック・ロック・バンド2006
 年デビュー作。コロンビアと言えば赤道近く、どんな暑苦しいシンフォかと思いきや、
 ジャケのような幻想的なイメージを、ギターやキーボード、フルート、サックスが、
 ひんやりとした森の中を彷徨うような感覚を散りばめながら作り上げて行きます。そ
 して、男女Vocalの歌へと展開すると、いきなりラテン&アンデス乗りの暑さが出て
 くるところが個人的にツボ!やっぱ南米はこうでなくちゃ!と言う快作。
Jaen Kief / Las hadas no vuelan mas/II.Elagua de frente
    
              (Musea FGFG 4766)
  コロンビア唯一の本格シンフォ系Jaen Kief2ndアルバム(2006)1stの続編
 として制作されており,ひんやりとしたインストと,情熱的でラテン・フレーバー
 の溢れる男女Vocalの歌とのバランスが絶妙。エキゾチックなメロディーとパーカ
 ッシブな乗りがまた南米なんだなぁ。全曲が切れ目無くつながり,ラストにむけて突
 っ走るところも良いですネ