特集1.Italian Rock Remaster (Page-2)
BMG Ricordi(BMG Japan)
Museo Rosenbach

Museo Rosenbach / Zarathustra (BMG 74321 984522)
  無く子も黙るイタリアン・ロック名盤(^^)。ダミ声のVocalに雄大な壁メロトロンで
 一世を風靡しました。今聞くとそういう情熱一辺倒では無くて細部までキチンと構成
 されていて、アルバム全体が計算され尽くしているのが、あらためて良くわかります
 (^^)。ギターもオルガンもドラムスもみんなタイトでかっこいい!!
  RemasterによりKing盤のディジタル臭さが取れて、アナログ的になっています。





→日本盤紙ジャケ
(BMG BVCM-37425)
  日本盤紙ジャケ。表面のエンボス?(ザラザラ)を見事に再現していて感動もので
 す!Remasterはイタリア盤と比べ、音圧が高めで迫力満点。イタリア盤の繊細さも良
 いけど、圧倒的なメロトロンを堪能するなら、やっぱ日本盤かな?と言ったところ。
 激しさと美しさがここまで調和しているアルバムは無いぞぉぉ。
Cervello

Cervello / Melos (BMG 74321 984442)
  うほーぃ。Cervelloはなんと変形ジャケを再現しています。これは素晴らしい。実は
 OsannaよりもこのCervelloが好きな私ですが、神話的とも言える雰囲気に強引な展開、
 押し寄せるパッションの次の瞬間に流れる美しいメロディー等々、聞く度に涙が流れそ
 うになります。SaxもFluteもギターもみんな決まってますね。
  RemasterはKing Crimeのものと比べると、ディジタル臭さが減って、より木目細やか
 な音質になっています。聞いていて溶けそうになりました。





→日本盤紙ジャケ (BMG BVCM-37426)
  日本盤紙ジャケ、とても丁寧な作りのジャケットが感涙ものです。今回の日本盤に特
 徴的な高めの音圧が、怒涛の如く攻め寄せてくるCervelloの音に合っているような気が
 します。キーボードがいないのにも関わらず、このめくるめく色彩感と妖しさは一体何
 なんでしょうか?独特の節回しも心の琴線に響き渡ります。
Reale Accademia di Musica

Reale Accademia di Musica (BMG 74321 980752)
  Reale Accademia di Musicaの唯一のアルバム('72)。浮遊感のあるリバーブの聞いた
 ピアノと物憂げなVocalが独特の個性を作っています。特に旧A面2曲目の「これがイ
 タリアン・ロックだ!」と言うようなあっけらかんとした畳み込みは見事!!カタルシ
 スに浸れます。他の曲も構築的に組み立てられた曲が多いわりには、整合性よりも叙情
 性や幻想性が前面に感じられるのが良いですね。さらっと出てくるブルース・フィーリ
 ングも良いポイントになっています。
  RemasterはKing盤がキンキンとした音だったので、ようやくバランスの良い音になっ
 たと言う感じか?ジャケの汚れや間違いが旧日本盤LPと同じのはどうして(^^;;)?



→日本盤紙ジャケ (BMG BVCM-37585)
  国内盤の24Bit Remaster シリーズ第3弾。とにかくK2リマスタリングがとても
 効果的で、ドラマチックな名曲「朝」の不思議な音色のピアノの渦巻くさまや、「父」
 の重厚さが、さらにグレードアップして迫って来ます。旧A面の朝もやの中に揺らめく
 幻想的な感覚、そして勢いよく畳み掛けるピアノ。旧B面のクラシカルな厚み、その全
 ての魅力が手に取るようにわかります。

I Dik Dik

I Dik Dik / Suite Per Una Donna Assolutamente Relativa
                 
(BMG 74321 988532)

  別名「洗濯女」。エキペ84の"ID"の仕掛人マウリツィオ・ヴァンデッリがプロ
 デュースしたディク・ディク一世一代のコンセプト・アルバム(4th:'72年)。歌メロは
 ディク・ディクならではのイタリアン・ビート色のある陽光と哀愁を感じさせるもの
 ですが、ふんだんに取り入れられたキーボード群が鮮やかで、とてもドラマチックで
 す。包み込むメロトロンも最高。もちろんトータル・アルバムとしてもかなりの完成
 度です。深いリバーブのかかったピアノは本当にReale Accademia di Musicaがバック
 を務めているのでは無いかと思うぐらい似ていますが、どうも違うみたい。ヴァンデッ
 リ効果か?
  RemasterはKingのKICP盤と比べると、音量が小さくなっていますが、やけに大きかった
 音像がまともになって聞きやすくなっています。


→日本盤紙ジャケ (BMG BVCM-37584)
  国内盤の24Bit Remaster シリーズ第3弾。中低音域が太く、迫力が増しています。
I Dik Dik / Storie e Confessioni (BMG Japan BVCM-35446)
  再びビート・ポップ&ラブ・ロック路線へと戻った5thアルバム('75年)。ニール・ヤン
 グやエルトン・ジョンらのカバーが6曲に、オリジナル曲が5曲と言う構成ですが、どの
 曲も哀愁のメロディーとストリングスを中心としたゴージャス・アレンジで聞かせ、とて
 もイタリアらしい出来。うーん、これぞイタリアン・ラブ・ロック!オリジナル曲の濃さ
 を中和するような、カバー曲の中庸さも良いバランスです。プロコル・ハルムのカバーで
 はやっぱりオルガンがたなびいているのにはニヤリ(^^;)。哀愁メロメロの名曲「田舎の
 物語」収録。
Hunka Munka
Hunka Munka / Dedicato A Giovanna G. (BMG 74321 984482)
  Dik Dikのキーボーダーのソロ・アルバム('72)。プログレ風の曲とラブロック風の曲が
 半々あるようなイメージの作品ですが、オルガンを弾いて終わったと言う感じのプログレ
 風の曲よりイタリアの情熱ここにありと言った歌を聞かせる曲の方が個人的には好み。そ
 うは言っても歌を聞かせる曲もロックンロールやホンキートンク有りと今一感覚が一定し
 ないのが残念なところ。それでも4曲目「竹の大聖堂」はプログレ風味とイタリアの歌の
 良さが見事に融合した名曲で、この曲だけでもアルバムを買う価値はあります。
  RemasterはKingのK32Y盤と比べると、ディジタル臭さが無くなって聞きやすくなってい
 ますが、ヒスノイズはやっぱり目立ちますね。マスターが原因かナァ
Libra

Libra / Libra (BMG 74321 980682)
  Libraの75年の1stアルバム。サントラ・バンドとして有名だったので購入予定
 では無かったのですが、結構いけると言うことでフラフラと(^^;)購入。で、聞い
 てびっくり!!味わいのあるイタリア語のVocalに、しっかりとしたテクニックに
 支えられた演奏。ところところジャズ&フュージョン・フレーバーを感じますが、
 演奏が白熱してきて、一気に畳掛けてくるところなんか、これぞイタリアの情熱!
 !と言う感じでかっこいいぃ。いままで過小評価され過ぎていた名盤。ほんま良
 い!(^^)



→日本盤紙ジャケ (BMG BVCM-37507)
  日本盤紙ジャケ、今回の紙ジャケ・シリーズ(イタリアも含めて)の最大の成果
 とも言える再発です。まさに評価を最も見直した1枚と言えるでしょう。イタリア
 の叙情がたたみ込みジャズ・ロックへと突進するところなんか、かっこいいの一言!
Rocky's Filj
Rocky's Filj / Storie Di Uomini E Non (BMG 74321 981602)
  Rock's Filjの唯一のアルバム('73)。最初は全然チェックしてなかったのです
 が、「実はかなり良い」との情報を得て慌ててゲット!で、聞いてビックリ!と
 にかく1曲目のいきなり畳掛けのSax&Guitarが良い!ウルウル...この勢いがイ
 タリアだよなぁ。で、Vocalが入るとこれがまた熱唱&叙情でまたイタリア的!2
 曲目以降は若干単調になりますが、終始SaxとGuitarのユニゾン&たたみ掛けで迫
 って来て、この思い切りの良さが最高です(^^)。
Living Music
Living Music / To Allen Ginsberg (BMG 74321980712)
  '73年、Ricordiからの唯一のアルバム。姉御Vocalをフィーチャーした
 メロディアスでブルージーなサイケ・フォークで、シタールも入ってイン
 ド風味だったりと、イタリアと言うより70年代初期の北欧とか南米に多
 いタイプの音ですな。歌詞が英語と言うこともあって、あまりイタリアっ
 ぽく無いです。
Nuova Idea
Nuova Idea / Clowns (BMG 82876 544072)
  Nuova Ideaの3rdアルバム('73)。アリストンと言う中堅レーベルからリリース
 されたせいか、我が国での知名度はそれ程高くないバンドですが、キーボードと
 ギターのカラフルでスリリングな「いかにもイタリア」と言ったサウンドは、聞
 く程に味があって、ほんまかっこいいバンドです。端正なフレージングからのい
 きなり畳み込みとか、後半の児童合唱とか「イタリアン・ロックの良いとこ取り」
 みたいなところがあって、私の大のお気に入りです。その分、強烈な個性があま
 り感じられないところが弱点と言えば弱点か?
  Remasterは以前のMellow盤と比べたら音の厚み、美しさとも雲泥の差です。素
 晴らしい。
Claudio Rocchi
Claudio Rocchi / Viaggio (BMG 74321 985082)
  Claudio RocchiのStormy Six脱退後の初のソロ・アルバム('71)。基本的にはギタ
 ー引き語りものですが、マウロ・パガーニのフルートやヴァイオリンを交えて幻想
 的な音を演出しています。気だるい感覚がいかにも70年代的?
  RemasterはVinyl Magic盤と比べる音の輪郭がはっきりしていて、凄く良くなって
 います。
Claudio Rocchi / Volo Magico N.1 (BMG 82876 544092)
  メロトロンが鳴り響くA面の大曲が有名な2ndアルバム。いつもの如くもやもや
 としたフォーク風の音は、イタリアと言うより黒森の果てPilz系の音。で、歌が
 入るとやっぱりイタリアになるのがミソです(^_^)。幻想と混沌のA面も良いけど、
 シミジミと歌を聴かすB面も忘れないように。
  Remasterはペラペラとした音のVinyl Magic盤と比べると、音の厚みから響きま
 で随分と良くなっています。

前ページへ

次ページへ