特集1.Italian Rock Remaster (Page-5)
Strange Days presents ROCK Legend Series
Le Orme

Le Orme / Collage (Universal UICY-9465)
  ELPスタイルとなった'71年の3rdアルバム。溌剌としたオルガン・ロック
 とイタリアの叙情満載の歌の魅力を活かした素朴な感じのアルバムです。奇を
 衒ったところの無い素直さがこのアルバムの魅力ですね。Live以外では聞かれ
 なくなった渋めのインプロもなかなか良いです。彼らのテーマ曲とも言うべき
 タイトルCollageはエマーソンで言えばロンドに匹敵する名曲。個人的には旧
 B−1「空への眼差し」がマスト!




←2010年リリースSHM−CD (Universal UICY-94523)
  2010年SHM−CD。2009年イタリア・リマスターを元にした決定盤。

Le Orme/ Uomo di Pezza (Universal UICY-9115)
  「フェロ−ナとソロ−ナの伝説」と並ぶレ・オルメの代表作と呼ばれる4thアルバム
 ('72年)。ELPタイプのキーボード・トリオとなっての2作目ですが、荘厳でクラシ
 カルに迫るインタープレイとアルドの素朴で陰りのある歌声は,まるで陽光きらめく
 イタリアの輝きと、その裏側にある人生の陰影のコントラストのよう。哀愁,哀愁,
 どこまでも哀愁の1枚だ。名作!






←2010年リリースSHM−CD(Universal-94524)
  2010年SHM−CD。新規イタリアン・リマスターでアコギ,ドラムスがリアルだ〜。
 前の紙ジャケでも十分満足いく音質だったけど,こちらは更に良い。これ以上何を望も
 うか?と言う国内盤リイシューです。

Le Orme / Felona e Solona (Universal UICY-9116)
  カリスマ・レーベルから英語盤(歌詞はなんとピーター・ハミル)がリリース
 される等,頂点に立ったと言える5thアルバム('73年)。フェローナとソローナと
 言う2つの星の相反する運命を描いたコンセプト・アルバムで,そのテーマの
 ためか,凝った構成と緊張感のあるインタープレイにも関わらず,全編に悲壮感
 が漂っています。胸を突き刺すようなこの感覚こそ,他のアルバムでは聞かれな
 い無二の魅力ですね。



←2010年リリースSHM−CD
(Universal-94525)
  2010年SHM−CD。新規イタリアン・リマスター。もうリアル&リアル!
 これ以上望むものはありません。ため息が出るような国内盤リイシューです。
Le Orme / Contrappunti (Universal UICY-9466)
  ツイン・キーボード編成となった7thアルバム('74)。独特のイタリア臭さと技巧
 の成熟のバランスがとても良く、初期オルメのもっとも洗練されたアルバムとなり
 ました。無調な感じのインスト・パートの不思議な透明感も良いけど、やっぱり牧
 歌的で叙情的なアルドの歌が胸にきますネ。特に流れるように進行する「5月」は
 雄大な展開と美しいメロディーが融合した大名曲。ただし,アルバム全体では少し
 前衛的になり過ぎたのか商業的には失敗。次作以降方向転換を余儀なくされます。
Jumbo
Jumbo / Jumbo(Universal UICY-9467)
  まさかこのアルバムまでが紙ジャケになろうとは、誰も思っていなかった
 Jumboの1st('72)。旧A面はフェッラの渋い歌をメインにしたブルース・ロ
 ックで、とてもプログレ・ファン向けの内容では無いけど、最近こういう横
 揺れロックがなんとなく好きになっている私ではあります(^^;)。旧B面は名
 曲"Dio E"等ブルース臭さは残しながらも、次作以降へと繋がるドラマチック
 な展開が聞かれます。ここからが出発ですね。
Jumbo / DNA (Universal UICY-9113)
  1stアルバムをさらに発展させた名作2ndアルバム('72年)。1stアルバムの
 ブルース・フィーリングはそのままに、リリカルなピアノやフルートを交え
 イタリア然としたヘヴィ・シンフォを聞かせてくれます。特に劇的な展開で
 聞き手を引っ張る旧A面全体を使った組曲「K氏のための組曲」が素晴らし
 いですね。フェッラのダミ声に絡む哀愁のフルート、そしてブルージーなメ
 ロディーが一転して爆発するエネルギー!次作のぶっ飛んだ感性とは違いま
 すが、着実に力を付けていくバンドの成長が眩しいぐらいです。
Strange Days ITALIAN ROCK Masterpiece
& Fonit Cetera Series
Il Paese dei Balocchi
Il Paese dei Balocchi / Il Paese dei Balocchi
            
(Strange Days WAS-1003)
  Il Paese dei Balocchiの唯一のアルバム('72)。とうとう紙ジャケになりま
 した。情熱的なバンドが多いイタリアには珍しい内省的な音作りが特徴的です。
 とりとめの無い幻想性が、気高いストリングスによって場面展開させられる、
 そういう強引さと曖昧さが魅力です。消え入りそうな愁いを帯びた歌の美しさ
 も秀逸ですが、こちらはあまり聞かれないのが個人的には残念。
Triade
Triade / 1998 (Strange Days WAS-1005)
  美しい金色のジャケに包まれたTriadeの唯一の作品('73)。この特殊ジャケ
 も見事に再現されています。派手さは無いが、端正でストイックなイメージの
 クラシカル・オルガン・ロックを繰り広げる旧A面の組曲と、ピアノ、ソリー
 ナをバックにクラシカルでドラマチックな歌を聞かせてくれる旧B面と言うよ
 うに違う個性で聞かせてくれるのが、このアルバムの魅力。特に起伏と緩急が
 鮮やかな旧B面が良いですね。B−2最高!
Delirium
Delirium / Dolce Acqua (Arcangelo ARC-7104)
  イヴァーノ・フォサーティ率いるデリリウムの1stアルバム('71)。イタリア
 の鄙びた哀愁が、軽快なピアノが楽しいロック・チューンへと展開するところ
 はいつ聴いてもスカッとします。渋い歌、軽快なジャズロック風味、そして美
 しいストリングスが万華鏡のように綯い交ぜになって現れ、かつ、トータルに
 聞かせます。それほどインパクトはありませんが、しみじみ聞かせてくれる名
 作ですね。大ヒット曲"Jesahel"をBonus曲として収録(メロディーも印象的だ
 けど、全く必然性の無いメロトロンが最高(笑))
Delirium / Lo Scemo e Il Villaggio
               
(Arcangelo ARC-7105)
  リーダーのイヴァーノ・フォッサティが抜け、残されたメンバーで制作され
 た2ndアルバム('72年)。とにかく雄大に唸るメロトロンが印象的で、もうこの
 音だけでわたしゃ満足!ってな1枚だったりします。ただし、内容的には明る
 いジャズ・ロックあり、妖しげなオザンナ風楽曲あり、叙情で落としながらも
 チンドン系メロディーが鳴ってたりと、いろいろ実験的にやりたいのはわかる
 けど、少々バラけ過ぎの感強し。完成度は置いといてメロトロンが聞きたい!
 と言う人向け(笑)
Delirium / Viaggio Negli Arcipelaghi Del Tempo
               (Arcangelo ARC-7106)
  残した3枚のアルバムの中でもっとも高い完成度誇る3rdアルバム('74年)。
 イタリアンな叙情から強烈なジャズ色まで、デリリウムらしい雑多なエネルギ
 ーを凝縮させたサウンドは見事ですね。サックス、フルート吹きまくりで、意
 味も無く突然現れるオザンナ・クラスのオーケストラもまた最高!です。
Raccomandata Ricevuta Ritorno
Raccomandata Ricevuta Ritorno
  / Per... Un Mondo di Cristallo
(Strange Days WAS-1004)
  Fonit Cetra特有の邪悪な雰囲気を持つラコマンダータの唯一の作品('72)。
 伸びる声のVocalにクリムゾン直系のサックス&フルート、そしてヘヴィなギ
 ター...とイタリア暗黒色&叙情色で染めたそのサウンドはオザンナを思い起
 こさせます。丁度オザンナを小粒にしてこざっぱりとしたような感じかな?ど
 の曲も良い出来ですが、爆発力よりもまとまり重視のところが良くも悪くも彼
 らの個性かな?中心メンバーはバンド解散後Samadhiに加入します。
Garybaldi
Garybaldi / Nuda (Strange Days WAS-1008)
  イタリアのジミヘンことバンビ・フォサッティ率いるガリバルディの1stア
 ルバム('72)。ズルズルと引き摺るようなギターがいかにもですが、ブルージー
 に成りきれずイタリア風のメロディアスさが出てくるのが、なんとも微笑まし
 いところ。そして、何よりも素晴らしいのは旧B面を使った組曲「ブレーシャ
 のモレット」で、暖かく優しいメロディーが一気に激しいギター、オルガンの
 応酬へとドラマチックに展開するところが最高!あまり知られていない曲です
 が、イタリアン・ロック史上に残る名曲です。3面開き変形ジャケを再現(^^)
Garybaldi / Astrolabio (Strange Days WAS-1009)
  Fonit Ceteraへと移籍し、さらに自在な音を聞かせる2ndアルバム('73)。LP
 片面を使った全2曲入りで、幻想的な旧A面、ライブ録音の旧B面と言う思い切
 ったアルバムです。旧A面は甘いメロディーのジミヘンと言ったけだるい幻想的
 な曲ですが、突如はじけるイタリア的な激しさは前作からの流れを感じます。旧
 B面はライブと言うだけあって、ほとんどジミヘンと化したインタープレイがか
 っこいい。弾きまくるギター、オルガンにトーキング・ボーカルともうそのもの
 ですが、結構いけていて飽きさせないですね。
Alluminogeni
Alluminogeni/ Scolopendra (Strange Days WAS-1006)
  Fonit CeteraのLPQシリーズでリリースされた1stアルバム('72年)。リーダー
 のパトリツィオ・アルミニオの弾くオルガンを中心としたキーボード群と情熱的な
 イタリアの歌が魅力的な好作です。シンフォニックなイタリアン・バラッドが印象
 的な旧A面。ある時は攻撃的,ある時は荘厳なオルガンとへヴィなギターが引っ張
 る旧B面。どちらも聞き応え充分。
Ricordi D'infanzia
Ricordi D'infanzia/ Io Uomo (Strange Days WAS-1007)
  フォニット・チェトラきってのレア・アイテムとして知られる唯一の作品
 ('73年)。ギターとオルガンが唸るブリティッシュ・ハード・タイプの音に、
 情熱の塊のようなイタリアンな歌が重なるところが,マストな内容。へヴィで
 時にクラシカルな演奏と、甘〜いメロディーのコントラストがとても魅力的で
 す。
I Califfi
I Califfi / Fiore di Metallo (Strange Days WAS-1010)
  歌メロを活かしたイタリアらしい音を聞かせるカリフィの唯一のアルバム('73)。
 1曲1曲はコンパクトな作りですが、いかにもイタリアと言うような明るく美しく
 溌剌とした演奏がなかなか良くて、実は私のお気に入りのバンドです。歌を聞かせ
 たかと思うと次の瞬間には一気に走り出すかっこ良さ、もうイタリアです。ジャケ
 が地味〜なため損をしていますが、ほんまとことんイタリアしているバンドで、ア
 ルバムです。
Prosession
Procession/ Frontiera (Belle 091629)
  取っ手付き変形ジャケットのレア盤として有名な1stアルバム('72年)。美しいアコ
 ギとソリッドでメタリックな激しいギターリフの対比が印象的です。プログレと言う
 よりもHRと言うべき音ですが、旧A面ラストでいきなり出てくるメロトロンが反則
 的なほど印象的。また,ジャンフランコ・ガザの切々と歌い上げるVocalはイタリア
 ン・ロックの中でも最高と言えるだけの美声。ほんま痺れます。
Procession/ Fiaba (Arcangelo ARC-8056)
  「硬質HR+メロトロン」で有名な1stアルバムをリリースしたプロセッションの
 2ndアルバム('74年)。大幅なメンバー・チェンジがあり,音楽性もサックスやフルー
 トが活躍し,まるでアコースティックなオザンナと言ったような,少しシンフォ色の
 ある軽快なジャズロックへと変わっています。でもね,プロセッションはジャンフラ
 ンコ・ガザのハイトーン・ヴォーカルさえあれば、どこまで言ってもプロセッショ
 ンなんですよ。ほんまガーザ最高!若くして亡くなったのが残念だ。チッタに来て欲
 しかった。
Others
Metamorfosi
Metamorfosi/ ...e Fu Il Sesto Giomo (Belle 091628)
  Vedetteレーベルからリリースされた1stアルバム('72年)。この時点ではギターを入
 れた5人編成で、しっとりとした哀感のあるクラシカルなヘヴィ・ロックを聞かせて
 くれます。特に熱唱するJimmyさんのVocalが圧倒的で,彼の歌の味わいがメタモルフォ
 −シの強い個性となっています。コンセプト・アルバムとなった2ndアルバムよりも音
 は軽いけど,音楽性の幅が広くファンも多い作品ですね。なお,旧B面1曲目に「広島」
 をタイトルにした曲あり。
Metamorfosi / Inferno (Belle 091602)
  ダンテの「神曲」をモチーフにしたコンセプト・アルバムとしてリリースされた
 2ndアルバム('73年)。ギターが抜け,キーボード・トリオ+Jimmyさんとよりキーボ
 ードの比重を強めた音作りとなっています。とにかくオルガン,ピアノ,シンセ等の
 キーボードてんこ盛りで,それとともにJimmyさんも熱唱に次ぐ熱唱でこたえ「イタ
 リアの熱さここにあり」と言った出来栄えです。実は大掛かりなコンセプトの割に
 は,単調なリフの繰り返しパターンも多いのですが,次々と畳み込んでいく「勢い」
 は他に並ぶものが無いですな。理屈抜きの勢い一発!これがイタリアン・ロックだ!
Panna Fredda
Panna Fredda/ Uno (Belle 132189)
  Metamorfosiと同じVedetteレーベルからリリースされた唯一のアルバム('71年)。
 MetamorfosiのDavidさんのような男性的でおおらかな歌声とVirtigoレーベル風の渋
 いブルース・ロックにクラシカル・イタリアンな響きを加えたサウンドは,なんと
 いうか「とてもVedetteな音(笑)」。歌声やリフがところどころMetamorofosi風に
 なるのもツボです。CDはシングル4曲と未発表曲5曲をボーナス曲として収録。

前ページへ

次ページへ