特集1.Italian Rock Remaster (Page-6)
I Pooh
I Pooh / Opera Prima (Strange Days WAS-1011)
  ロマン組曲で究極の形をみるゴージャス・オーケストラ・ロックの始まりとなる、新
 生I Poohの第一弾(4th:'71年)。リッカルド・フォリの甘い歌、ロビー・ファッキネッ
 ティの哀愁のメロディー、そして超ゴージャスなオーケストラと言うサウンドがここに
 完成しました。後のアルバムのような怒涛の完成度はありませんが、初々しいメロディ
 ーに若々しい歌声と、本当に良いアルバムです。「君をこの胸に」「ペンシェロ」の2
 大ヒット曲収録!
I Pooh / Alessandra (Strange Days WAS-1012)
  総勢44人のオーケストラを配し、美しく清清しいオーケストレーションを聞かせる
 '72年の5thアルバム。「愛のルネッサンス」等の名曲もたっぷり!爽やかで「無垢の白」
 をイメージさせる音を聞かせてくれます。それにしても旧A面、旧B面のラストの盛り
 上がりは圧巻ですなぁ。
I Pooh / Parsifal (Strange Days WAS-1013)
  次作「ロマン組曲」と並ぶI Poohの最高傑作6thアルバム('73年)。前作後、メイン・
 ボーカリスト、リッカルド・フォッリが脱退しますが、その影響を微塵とも感じさせな
 いばかりか、さらにパワーアップした姿を聞かせてくれます。壁のようにそそり立つオ
 ーケストラの圧倒的な迫力とそれに挑む美しきI Poohの演奏。全ての青春の不安、悩み
 と心を掻き毟られるような哀愁を、美しく昇華させた音楽がここにあります。
I Pooh / Un Po'del Nostro Tempo Migliore
               (Strange Days WAS-1014)
  I Poohが達成したゴージャス・オーケストラ・サウンドの頂点とも言える'75年の最高
 傑作!オーケストラの、あまりにも分厚く、圧倒的でブルジョアジーな感覚は他に比べ
 るものの無いぐらいです。振り返るとふと不安を覚えるようなノスタルジックで青春の
 ほろ苦さを感じさせるメロディーと、地中海の大らかな太陽を感じさせるオーケストラ
 アレンジのバランスも見事ですね。アレサンドラが透明な白、パルシファルが荘厳な青
 なら、このアルバムには豊穣のベージュとも言える色彩感があります。特にラストの大
 曲は汲めども尽きぬメロディーの泉のような曲で、長大な楽曲の中を次から次へとメロ
 ディーがつながって行く様は、75年イタリアにおける奇跡だとさえ思ってしまいます。
 ちなみに、私が最初に同時に買ったイタロ・アルバムが、この「ロマン組曲」とPFM
 の「幻の映像」ですが、PFMには悪い事をしましたが、幾日も幾日もこの「ロマン組
 曲」ばかり聞いてました(^_^;)。

I Pooh / Forse Ancola Poesia (Strange Days WAS-1015)
  '75年リリースの8thアルバム。邦題「ミラノの騎士」、実は私がリアルタイムで始め
 て聞いたアルバムでもあります。芳醇で圧倒的なオーケストレーションを誇った前作と
 うって変わって、シンプルなバンド・サウンドを模索しているような印象を受けるアル
 バムです。透明でフォーキーなサウンドは次作以降の力強いロック・バンド的な音とも
 違って、このアルバム独特の感性でもあります。ほんの少しルカリエロのアレンジでの
 オケも残っているのもまた良いですね。






→ユニオンBOX特典デフジャケも入手!
I Pooh / Poohlover (Strange Days WAS-1016)
  オープニングの激しいギターの音が印象的な'76年リリースの9thアルバム。ロック色
 を強めたバンド・サウンドを確立し、この後のI Poohサウンドの原点とも言えるアルバ
 ムです。ただ、その中にも前々作「ロマン組曲」までのふと心に不安を覚えるような哀
 愁感があって、若々しいロック感との間で絶妙なバランスを醸し出しています。名曲「
 ピエール」「リンダ」収録。
I Pooh / Rotolando Respirando (Strange Days WAS-1017)
  邦題「ロマンの誕生」。オーケストラを排し、バンドのみのサウンドとなった10th
 アルバム('77)です。ハードなギターを中心にタイトなバンド・サウンドとなっていま
 すが、前作「Poohlover」以上にしっとりとした印象的なメロディーが多い佳作に仕上
 がっています。名曲「愛の地平線」「ひと吹きの夢」やライブのエンディング定番曲
 「燃え立つ青春」等、オーケストラの手を借りなくても200%ドラマチックで、ドラ
 マチックで、ドラマチックだ!(^_^)v
I Pooh / Boomerang (Strange Days WAS-1018)
  昔の日本盤の帯に「北のアバ、南のイ・プー」と書かれていたことで有名な11thアル
 バム「ブーメラン」('78)。いきなりアメリカ風の乾いたサウンドにビックリしますが、
 西海岸の乗りのお洒落な音を聞かせながら、やっぱりいつものイ・プー・サウンドを聞
 かせてくれます。全体的に明るく元気な垢抜けた曲が並びますが、哀愁の「マウトア」!
 や超ドラマチックな「リンドバーグ」など、聞かせどころもバッチリの名作です。
I Pooh / Viva (DIWM-247)
  ディスコのリズムを取り入れ同時期のNew Trollsにも通じる溌剌としたサウンドを聞
 かせる12thアルバム('79)。メロディーの美しさとアレンジの派手さのバランスが絶妙
 で、夜の空に煌く星の光を思わせるようなキーボードが、元気の良いサウンドに映えま
 す。新機軸を聞かせる名曲「歓びのプレリュード」やラストを締める「追跡の果てに」
 から「ヴィーヴァ」の流れは秀逸!

I Pooh / Hurricane (DIWM-248)
  80年にI Poohが全世界向けにリリースした英語Versionのコンピレーション。全て既発
 の曲ですが、メリハリの効いたかなり派手目なアレンジに変更されており、こういうゴー
 ジャス系のアレンジは結構I Poohにあっていますね。選曲はPoohloverから1曲、「ロマン
 の誕生」から5曲、「ブーメラン」から3曲で、「ロマンの誕生」のしっとりとした風味
 を引き継ぎながらも、よりメリハリのある溌剌としたポップ・ロックを聞かせています。








→ユニオンBOX特典デフジャケも入手!
I Pooh / Stop! (DIWM-249)
  '80年代に入ってますます絶好調なI Poohの14thアルバム('80)。全体的には"Viva"の延長
 線上にありますが、垢抜けた軽やかな感覚が加わっており、ソリッドでスピード感のある演
 奏と相まって一皮向けた印象があります。べたべてしたところが無くなり、若々しい力強さ
 で押すこの感覚は80年代のI Poohの特徴ですが、それでも独特の親しみやすいメロディーは
 彼らならではですね(^_^)。名曲「あなた色のうた」「インカ帝国へ」収録。
I Pooh / Buona Fortuna (DIWM-250)
  若さはじけるお洒落な作品となった'81年リリースの15thアルバム(邦題「美しい幻想」)
 ソリッドで明るい曲調は前作と同じで、まるで双子のようなアルバムに仕上がっています。
 哀愁に彩られた'70年代のアルバムも絶品ですが、前向きな明るさのある「Stop」とこの
 アルバムも私のお気に入りだったりします。「美しい幻想」「苦しみを乗り越えて」「永遠
 に向かって」等、ライブでもおなじみの名曲が最高!なお、キングの新井健司さんがライナー
 を書いておられますが、彼の肉声に近い文章を読んだのは初めてで、当時学生だった私も昔
 のことが思い出されて感慨深いものがありました。彼と高見ひろしさんがいなかったら、日
 本中で、いや世界中で「今」これだけイタリアン・ロックが聞かれていなかったでしょう。
 改めて尊敬と感謝の念をこめてここに書きとめます...「ありがとうございました」
I Pooh / Palasport (DIWM-255/6)
  I Pooh全盛期(って、今も全盛期?(^^;))のドトーのLive('82)。もう迫力満点で1曲
 目を聞いたら、絶対に最後まで聞いてしまいます。PoohはPoohlover以降ドンドン曲調が
 明るくなっていきますが、その完成型がStop〜Buona FortunaとこのPalasport!若々しい
 歌声とエネルギーに手に汗握りますよ−−。収録曲は前半が主にStop〜BuonaFortunaから、
 後半部に初期のこってり甘い名曲メドレーが続きます。そして「パルシファル!」...充
 実です。「君をこの胸に」...感涙です(^_^)。
I Pooh / Tropico del Nord (DIWM-251)
  「星へのパスポート」で待望の来日公演を行った'83年リリースの名作。カリブ海
 のモンセラット島でレコーディングされたこともあり、南国的な開放感のあるしな
 やかな暖かさを感じさせてくれます。新たに導入したフェアライトも効果的で、前
 作でのややハード・ポップよりの音からより繊細で広がりのある音を聞かせてくれ
 ます。かっこいい「東ベルリンからの手紙」透明な「星へのパスポート」見事なア
 カペラを聞かせる「アカペラ」そしてトロピカルなタイトル曲「北回帰線」等、個
 性的な名曲がばっちり聞けます(^_^)
I Pooh / Aloha (DIWM-252)
  カリブでの「北回帰線」に続いてリリースされたハワイ録音の「3部作」第2弾
 ('84年)。ジャケがジャケなので、さぞかしトロピカルだろうと思っていたらさにあ
 らず。やっぱりいつものI Poohでした。そのかわり流れる空気の開放感と言うかア
 ルバム全体にゆったりとした穏やかな感覚がありますネ。前作からのエレクトリッ
 クな80年代色もこの頃の個性です。
I Pooh / Asia non Asia (DIWM-253)
  今度はアジアをテーマにした3部作第3弾('85年)。ジャケの「筆と抵抗」も凄いセ
 ンス(^^;)ですが、日本の風俗街(歌舞伎町)で撮った中ジャケはもうイスから転がり
 落ちそうになるぐらいの衝撃です(^^;;;;;)。内容的には前作と同傾向の洗練されたイ
 タロ・ポップで、フェアライトを駆使したキラキラとした音作りやゲート・エコーの
 ビシバシ感がいかにも80年代です。全体的にアジア感覚はそれ程ありませんが、タ
 イトル曲の「アジアってこんな感じだったけ?」的なアレンジはなかなか面白いです
 ね(^^;)
I Pooh / Giorni Infiniti (DIWM-254)
  イタリアに帰って制作された80年代を代表する名作('86年)。ディジタル楽器を駆
 使しながらも(90125バンド風のオーケストラ・ヒットやシモンズが懐かしい)、I Pooh
 独特の美しいメロディーが全開で、ある時はドラマティックにある時はサックスをフィ
 ーチャーしてアダルトに、と多彩な個性で聞かせてくれます。全体的には落ち着いた感
 覚が強いかな?タイトル曲は現在でもライブで歌われている名曲!!!。トリの名曲
 "Goodbye"でのVocal回しも良いですね。特殊変形ジャケットの再現が喜ばしい!
BMG Ricordi Remaster
Lucio Battisti
Lucio Battisti / 3CD Box Set
  例の24BitRemasterシリーズです。で、これが3枚組のBoxセットなのです
 が、Amore e Non Amoreだけはこれでしか入手できないと言うとんでもない
 セットになっています。(どういう商売戦略だ..プンプン(^^;))
Lucio Battisti / Lucio Battisti (BMG 74321 761892)
  Lucio Battistiの1stアルバム('69)。実は初めて聴きます。もちろんLucio
 節全開ですが、結構派手目のイタリアン・ポップスに仕上がっており、当時の
 サイケ・ブームの影響もあってか、カラフルなアレンジが楽しめます。気に入
 りました(^^)
Lucio Battisti / Emozioni (BMG 74321 761882)
  '70年リリースの2ndアルバム。1stでのサイケなアレンジを残しつつも、彼の
 持ち味でもある英米のロック&フォークからの影響を色濃く出した独特のイタリ
 アン・ポップスが聞けます。この後の彼の音の原型になったと言えるアルバムと
 いえるかもしれません。
Lucio Battisti / Amore e Non Amore (BMG 74321 872242)
  PFMのメンバーとAlberto Radius,Dario Baldan Bemboがバックを収めた問題作
 (3rdアルバム、'71年)。バックの演奏もかなりメンバーの個性が出ており、昔か
 らイタロ・ファンの間では有名なアルバムでした。ただし、内容的には、かなり
 渋めのロック系のサウンドで、それまでの2作に比べると凄く地味な出来。イン
 スト・ナンバーが多数収められているのも、彼のアルバムとしてはやはり異色で
 す。 
Lucio Battisti / Vol.4 (BMG 74321 917902)
  バッティスティの4枚目の作品('71)。最初の2曲がいきなりロック色の強い演
 奏でビックリしますが、過去の曲を再度収録していたりと全体としては寄せ集め的
 な感覚が強いアルバムです。全体的な統一感は全くありませんが、激しいロックか
 らイタリアン・ポップスにSSWまで、音楽の幅を広げようと模索するバッティス
 ティの姿にはやはり惹かれてしまいます。名曲"Pensieri e Parole"収録。次作か
 らいよいよ自分のレーベルNumero Unoを作って、さらに彼の挑戦は続きます。
Lucio Battisti / Umanamente Uomo:Il Sogno
              
(BMG 74321 896012)

  自らのレーベルNumero Unoからの第1弾(5th)。フォルムラ・トレでもお馴染み
 の名曲「夢のまた夢」を収録していることでも有名なアルバムです。トレ人脈の
 メンバーを従え、かなり内省的でシンガソングライター寄りの出来ですが、哀愁
 のこもったメロデイーを切々と歌う姿に思わず引き込まれます。アルバム全体に
 フォルムラ・トレに通じる香りがあるのも良いですね。
Lucio Battisti / Io Mio Canto Libero (BMG 74321 761872)
  Il Volo人脈をバックに従えた6作目。内容的にはIl Volo的と言うより、Formula 3
 的でLa Grande Casaの中の曲と一緒に聴いても違和感が無いぐらい共通性があるよ
 うに思います。それでもギター1本の弾き語りでは、男の哀愁を漂わすようなルチ
 オの歌に魅入られてしまい、プログレ的かどうかは別次元の説得力を感じることが
 出来ます。ギターの弦がピックではじかれるのがありありとわかるようなリアルさ
 が素晴らしい。
Lucio Battisti / Il Nostro Caro Angelo
               (BMG 74321 821232)

  Il VoloのGanni Dall'aglio,Bob Callero参加の73年作(第7作目)。と言って
 も、それ程Il Volo風では無くて、曲調は従来の路線にあります。ただ、柔らかい
 キーボードが加わり、少し透明感が増しているかな?これはGian Piero Reverberi
 参加の影響かもしれません。この透明感が次作Anima Latiaへと繋がっていきます。
 最後の曲の盛り上がりは素晴らしいですね。
Lucio Battisti / Anima Latina (BMG 74321 917892)
  幻想的なオープニングが印象的な74年の大傑作。透明感溢れるキーボードに
 細かくリズムを刻むラテン・パーカッションは、まるでIl Voloを思わせますが、
 前作までと違って意外にもIl Volo系のミュージシャンはGianni Dell'aglio一人。
 でも、この感じは絶対にIl Voloだよなぁ。そして、カラフルなブラス・セクシ
 ョン!彼のアルバムの中では一番インスト部が充実しているアルバムで、アル
 バム全体がトータルな幻想性に包まれているのが、なんとも言えません。もちろ
 ん、彼の歌も最高!2曲目の女性Vocalとのデュエットも良いゾ。

前ページへ

次ページへ