特集2.Japanese Rock Legend & Progressive Rock Legend
 ●ジャパニーズ・ロック・レジェンド・シリーズです。私の青春の1ページです。確かにあの時
  私は同じ場所にいて、同じ空気を吸っていました。(^_^;)
 ●2011年9月、10月に最新リマスター&紙ジャケで再リリースされました!
  第一弾(KING KICS-91691〜91700)、第二弾(KING KICS-91701〜91711)
 ●2013年9月〜11月、最新リマスター&紙ジャケの第三弾〜第五弾リリース!
  第三弾(KING KICS-91931〜91940)、第四弾(KING KICS-91941〜91950)
  第五弾(KING KICS-91951〜91961)
Novela

Novela / 魅惑劇 (King KICS-2881)
  '80年リリース、Nexusレーベルの記念すべき第一弾となるノヴェラの1st
 アルバム。24Bit Remasterですが、全体的に音が滑らかになり、Vocalメロ
 ディーが自然に聞き取れるようになって、改めて曲の良さを再確認しました。
 確かに最初の2作はテクニック的にしんどい部分がありますが、溌剌とした
 元気の良さが魅力的です。ただし、「怒りの矢を放て」が入っていないのが
 残念。


←2011年紙ジャケ&リマスター (King KICS-91691)
  中低域が厚いマスタリングで、ロック的なグルーブ感が増しています。旧
 A面のハード・ロック小品が結構良かったりする。もちろん名曲「レティシ
 ア」「少年期〜時の崖」「魅惑劇」は迫力増大!借り物のフレーズが多いた
 め、玄人筋には評判が悪いところもありましたが、天才メロディー・メーカ
 ー平山照継の才能の煌めきは永遠です。
 
Novela / In the Night (King KICS-91692)
  ヒットしたデビュー・アルバムの勢いに乗ってリリースされた2ndアルバ
 ム('80)。全体的な構成は旧A面がHR,旧B面がプログレ大作と、前作
 と変わっていないが,HR曲はよりアレンジに工夫を凝らしたうえでシャー
 プさを増し,旧B面の「回想のかけら」はVocalのアンジー氏自らがベスト
 と言う歌声を軸に,壮大なドラマを聞かせてくれます。また、オリジナルL
 P時のミックスバランスの悪さが今回のリマスターで解消されているのがと
 ても嬉しっすね(^^)

Novela / Sanctuary (King KICS-2882)
  '84年リリースの4thアルバム。こちらも待望のRemaster!!メンバー・チェンジに
 よりタイトなリズム・セクションを得た彼らですが、引き締まったその演奏で演じら
 れるのは、ヨーロッパ的でまるで玉手箱をひっくり返したような多彩で豊穣な感覚
 の楽曲です。1曲1曲に異なった夢が詰まっているような、そんなアルバムです。最
 後の「黎明」には、昔、元気付けられました。





←2011年紙ジャケ&リマスター (King KICS-91693)
  こちらも中低域が厚いマスタリングで、ロック的なグルーブ感が増してい
 ます。ダブル・ドラゴンの迫力が凄い!
平山照継、Teru's Symphonia
平山照継 / ノイの城 (King KICS 2896)
  平山照継の1stソロアルバム。今も続く彼の物語趣味が色濃く現れている、まさにテル
 シンの原点も言うべきアルバム。ノヴェラのリズム隊のソリッドな演奏が全体を引き締
 めています。ニャンニャニャンは恥ずかし過ぎるけど、プログレと言うよりもシンフォ
 ニックな出来栄えのこのアルバム、当時の日本にはあるようで無かった音ですねぇ。昔、
 良く聞きました(Liveも見たナァ(^^;))
Teru's Symphonia / Egg The Universe (King KICS-91695)
  Novela解散後、本格的に始動したテルズ・シンフォニアの1stアルバム('88年)。平山
 のマーラー等の交響曲に対する研究成果がはっきりと現れており、分厚いキーボード・
 アンサンブルが見事です。80年代的なドラムスとフレットレス・ベースのグルービー
 な乗りのミスマッチもまた個性的。そして、マグレーナの時以上に表現力を増した徳久
 嬢の歌声の存在感も最高。シンフォニーから軽やかなポップ・チューンまで計算しつく
 された楽曲が収められた傑作です。個人的にはCDのみのBonus曲だった「世捨て人の
 うた」が大好きだったりします。
Gerard
Gerard / Irony of Fate (King KICS 2883)
  Gerardの3rdアルバム。1st,2ndは前にRemasterされているので、今回は3rdのみの
 Remasterです。2ndから5年ぶりのアルバムとなった訳ですが、ヴィエナ、デッド・
 チャップリン、アース・シェイカーを経て、藤村のVocalとギターの存在感が増してい
 ます。ただし、アルバム全体で言うと、ギターがハード・エッジになったのとは対照的
 に、「引き」の部分がかなり増えています。聴かせるパートが増えたとも言えます。バ
 ンド全体で賑やかに畳みかける、いわば「躁状態のプログレ」が持ち味のGerardとし
 ては結構異色な出来だと思います。
五十嵐久勝
五十嵐久勝 / パズル (Bridge120)
  アーバン・ダンスの成田忍の全面バックアップにより製作された初のソロ・アルバ
 ム('84)。テクノ&ニューウェーブ風のバッキングに、アンジーの歌が乗るのはミス
 マッチかと思いましたが,所謂,ニューロマ系のお洒落サウンドに仕上がっていて,
 センス抜群でかっこいい仕上がり。しかも、成田のアレンジもやりたい放題でぶっとん
 でるんですよねぇ。80年代の再評価の今聞くと,当時の英欧勢すら超えていてビック
 リします。パルス・ビート全開の前半,例え様の無い展開の後半ともスゲエ。平沢進,
 泉陸奥彦,石田長生等のゲストも豪華。
Vienna
Vienna / Overture (King KICS-2894)
  いわゆるスーパー・グループViennaの1st。オリジナル・リリースって88年だったの
 ですね。ついこの間のような気がするんだけどナァ。で、この1stアルバムですが、当時
 大いに失望したので、このRemasterを入手する気は無かったのですが、今聞くと結構聞け
 ますね。結局期待が大きかったのかなぁ。アウター・リミッツ+茶々丸的な音楽になるだ
 ろうと思っていたら、ほんまそのとおりの音が出たのは良いけど、リズムセクションの音
 がゲート・エコーかけすぎで、おまけに永井さんの個性出ていないし、なんかギクシャク
 した音だナァと思いました。今でもその印象は変わらないけど、それ程ひどいアルバムで
 も無いナ...とそんな感じです。

Vienna / Step Into... (King KICS-2895)
  で、同年(88年)リリースの2ndアルバム。音楽性が多彩になって、アレンジもよりス
 リリングになっています。何よりメンバーの個性が素直に出ていて、かつ新機軸を感じ
 られるのが良いです。やっぱり、期待は裏切らないけど予想は裏切る、そんなアルバム
 が良いのですよ。変にオオゲサにならず締まった印象があるものポイント高し!名盤だ
 と思います。このアルバムと次作のLive"Progress"は今でも私の大の愛聴盤です(^_^)。






←2011年紙ジャケ&リマスター (King KICS-91697)
  中低域が厚いマスタリングで、ロック的なグルーブ感が増しています。今回のリマスター
 で一番ぶっ飛んだのがこのアルバム。美しさと凶暴さ、テクニカルさとポップさがタイト&
 タイトな演奏の中で疾走しています!茶々丸の伸びる歌声の魅力もあらためて確認!
Ain Soph
Ain Soph/ 妖精の森 (King KICS-91700)
  Nexusレーベルの第二弾としてリリースされたアイン・ソフのデビュー・アルバム
 ('80年)。実は解散〜再結成のバタバタの中で制作されたアルバムで新加入の服部ま
 せいと他のメンバーの相性も良くなく、最悪の近い環境でのレコーディングだった
 とのこと。それでも完成した音は、カンタベリー風ながらどこか無国籍な印象もあっ
 て、このアルバムでしか聞けない不思議なジャズロックとなっています。妙に高いテ
 ンションもまた魅力。組曲「妖精の森」のどっぷりシンフォニックは、お涙頂戴と言
 われるかもしれないが、誰が何と言おうと絶対の名曲!

Ain Soph / 帽子と野原 (King KICS 2897)
  オリジナル・メンバーの藤川が復帰し、Neo Progressive Revolutionシリーズの1
 枚としてリリースされた2ndアルバム('86年)。タイトルとジャケでニヤリとさせられ
 ますが、音を聞くともっとニヤリ。どこかで聞いたことがあるようなジェントリーで
 英国風なメロデイーが満載で、それが流れるように滑らかなアレンジで演奏されてい
 きます。優しいシンセの音、流麗なギター、これがアイン・ソフなんだよなぁ。彼ら
 の本来の魅力が発揮された待望の作品です。





←2013年紙ジャケ&リマスター (King KICS-91941)
  渾身の2013年リマスター!自然で心に染み入る音が最高!!

Ain Soph/ 海の底の動物園 (Made in Japan MCD 2921)
  デビュー前の代表曲を再録した3rdアルバム('91年)。「海の底の動物園」「ブライ
 アン・スミス〜(オリジナルver)」「駱駝に乗って」「メトロノーム7/8」がスタジオ
 録音で初めて収録された作品となります。タイトなリズムに乗って奏でられるカンタ
 ベリー・メロディーに心が蕩けますが、そこに「神戸の気品」が加わっているのが彼
 らの魅力。ただ、ちょっとディジタル臭さがあって、音が綺麗すぎるのがちょっと気
 がかり。





2005年リマスター盤(Poseidon PRF-029)
  中低域が厚くなりアナログ感が増したリマスター盤。この音こそまさに全盛期のア
 イン・ソフの音!!これぞ決定盤。ちなみにジャケもリマスター(笑)されています(
 デザインはドラムスのTaiqui氏)

Ain Soph/ 5つの方針と9つの展開 (Made in Japan MCD 2925)
  新曲を中心にレコーディングされた4thアルバム('93年)。バンドによる5つの大曲
 とメンバーのソロによる4つの小品の全9曲を収録(アルバム・タイトルに繋がりま
 す)。ちょっと無国籍風な感覚がしますが、持ち前の透明感と美しくも火の玉が出る
 ようなインタープレイは健在です。この後、5thアルバムも完成間近でしたが、阪神大
 震災で被災しリリースが延期されています。近年はライブ活動を再開しているアイン・
 ソフですが、ニュー・アルバムのリリースを願わずにはいられません。





2005年リマスター盤(Poseidon PRF-030)
  より音がまろやかで力強くなりました。こちらも決定盤。もちろんデザインはドラ
 ムスのTaiqui氏

DADA
DADA/ DADA (King KICS 91944)
  Nexusレーベルからのメジャー・デビュー・アルバム('81年)。いきなり派手なシンセ
 の「パーペチュアル・モーション」で始まるこのアルバムの印象は,ずばり"Spiral"〜
 "China"の頃のヴァンゲリス。パナラマのように広がるシンセ・ミュージックが圧倒的で
 す。泉のアヴァンギャルドでノイジーなギターも他の類似バンドには無い個性ですね。
 小西作の楽曲では後に参加するP-Modelにも通じる硬質さも。
美狂乱
美狂乱 / Parallax (King KICS 2886)
  日本のプログレッシブ・ロックを代表する名作、美狂乱の2ndが24BitRemasterさ
 れました。クリムゾン・フォロワーとして知られている彼らですが、このアルバムで
 はクリムゾンの影響を昇華させ、とてつもない極みに達しています。特に旧B面全体
 を占める組曲「乱」は、ロックの範疇を遙かに超え、チェンバー、シリアス...etcど
 うにも表現できないような、摩訶不思議さ、混沌そして美しさを備えた名曲です。こ
 の曲はほんまクリムゾンを超えてるんじゃないかな?
 他の曲もRemasterで迫力がかなりUP、これは買いじゃぁぁ!
Kenso
Kenso / Kenso (King KICS 2898)
  Kensoの記念すべきメジャー・デビュー作。個人的にこのアルバムが一番良く聞いた
 ような気がします。前作IIは名曲揃いの傑作でしたが、どうもあの暗めの録音状態が
 好きでは無くて「なんとかならんかなぁ〜」と思っていたところにリリースされたこ
 の3rdアルバムに当時ノックアウトされました。ジャケにイメージされるような近未来
 的で、どこかお洒落でどこかノスタルジーを感じさせるようなサウンドがなんとも心
 地よいです。実は16chで宅録された音源がRemasterでどこまで音質が向上するか興味
 津々だったのですが、見事にリアルなサウンドへとグレードアップしており、元々の
 録音の素晴らしさを改めて認識しました(^^)
Kenso / 夢の丘 (King KICS 2887)
  Kensoの到達点とも言える91年リリースの6作目。超絶技巧のメンバーが
 揃い微塵の隙も無い演奏が繰り広げられています。ただし、そういう技巧的
 な面のみが強調される彼らですが、このアルバムの持つ妙な静けさと言うか
 メロディーやフレーズの奥底から染み出る静寂感(不安感?)がこのRemaster
 盤からさらに感じ取る事ができるようになった気がします。
  実は宅録に近い作品をRemasterしても、あまり変わらないような気がして
 いたのですが(^_^;)、リアルさが凄くアップしていてほんまビックリしました
 (^^)
Pageant
Pageant / 夢の報酬 (King KICS 2899)
  一晃さんが抜けての初アルバム。一晃さんには悪いけど演奏力の高いメンバーを迎え
 て永井さんの持つ歌唱力と曲の良さが素直に表現されたアルバムになりました。広がる
 キーボード、メロディアスなギター...ヨーロピンな香りに包まれた洗練されたPageant
 の魅力が存分に味わえます。以前のPageantにドップリつかった私にとってはBassのフ
 レージングが少しアンマッチなんですけど、アルバム全体のちょいど良いアクセントに
 なっていて印象に残りますね。
Asturias
Asturias/ Circle in the Forest (King KICS 91937)
  '88年にキングのクライム・レーベルから突然リリースされた1stアルバム。それま
 でのクライム&Made in Japan系から想像ができない傾向の作品だったので,当時驚
 いた記憶があります。基本的には一人多重録音ながら,当時,流行しつつあったNew
 Age Musicを思わせる癒し系のフレーズに,マイク・オールドフィールド・タッチの
 メロデイーが絡むと言うそのサウンドの色合いが素晴らしい。マルチ・ミュージシャ
 ン 大山曜のメロディー・メイカーとしての才能が爆発しています。
Asturias / Brilliant Streams (King KICS 91938)
  1stアルバムが好評を博し,順調にリリースされた2ndアルバム('90年)。1stアルバ
 ムではやや方向性にバラツキがみられましたが,シンセや打ち込みの音色等がカラフ
 ルになり、よりシンフォニック・ロック色の強い作品となっています。津田さんの新
 月ギター,花本さんの新月シンセも痺れますが,アルバム全体にトータルな勢いがあ
 るところが良いですね。もちろん大山節も健在で,さらに充実。
Asturias / Cryptogam Illusion (King KICS 91939)
  '93年リリースの3rdアルバム。2ndアルバムの延長線上となる音ですが,大シンフォ
 ニック・ロック作だった前作と比べ,小曲中心でしみじみと聞かせる作品となってい
 ます。ただし,大山節とも言えるメロディーの色合いは唯一無二で、ヴィオラやチェロ
 をフィーチャーしたクラシカルに迫る新たな試みも良いですね。「いやこれはオマドー
 ンでしょう」と言うようなM−8からファド風の女性Vocal(上野洋子!)ナンバーのラ
 スト曲への流れが特に聞きもの。
Starless
Starless / 銀の翼 (King KICS 2884)
  SophiaやStarlessを売り出そうとして、見事にずっこけたNeo Progressive
 Revolutionシリーズでリリースされた彼らの1stアルバム。今思い出すとみんな
 彼らにプログレを期待してたもんなぁ。このアルバムはメロディアスな関西風
 ハード・ロックです(Novela色強いけど)。、ライナーにも書いてあるけど、
 デビューがもう5年遅ければ、バンド・ブームに乗ってかなりメジャーな存在
 になったと思います。メロディーも良いしね。実は10年ぐらい前,会社の後輩
 に聴かせたら、皆「凄くかっこいい」とたまげてました。
Black Page
Black Page / Open the Next Page (King KICS 2885)
  こちらも同じくNeo Progressive Revolutionシリーズでリリースされた
 Black Pageの唯一のアルバム。その後のメンバーの活躍はおいといて、実力
 あるミュージシャンが余裕持って作り上げたそういうアルバムに仕上がって
 います。実はリリース当時はBlack Pageの持つ「激しさ」や「えぐさ」が希
 薄になっていて、かなり出来映えに不満があったのですが、今こうやって聴
 くと、洒落た都会的なセンスが美しいメロディーに良く映えています。それ
 がRemasterで聴くと良くわかりますね(^^)。
Providence
Providence / 伝説を語りて (King KICS-91948)
  80年代から90年代にかけての日本のプログレッシブ・ロックを代表する、
 札幌のプロビデンスの1stアルバム('90年)。変すぎる変拍子をものともしな
 い轟音リズム・セクションとカラフル・へヴィな音空間を演出するキーボー
 ド,そして圧倒的歌唱力で歌い上げる女性Vocal(久保田陽子!)により,複
 雑なアレンジと美しいメロディーが核融合を起こした奇跡のアルバムです。
 なんと来日中のアトールのクリスチャン・ベヤまでがゲスト参加!
Providence / 蝶湖夢楼の一夜 (King KICS-91949)
  看板Vocalist久保田陽子脱退のため,完成まで6年の歳月がかかった2nd
 アルバム('96年)。塚田、杉山以外のメンバーは一新されているが,新Vocalist
 菅原の大人びたお姉さん声とソリッドなギターを活かしたよりハード・エッ
 ジな音を聞かせてくれます。が,カラフル・へヴィなキーボードと塚田円独
 特の節回しは健在。切れ味を増した音が圧巻です。特に20分近いタイトル
 曲のメロトロンが凄いんだぁ
!(^^)