Orange Power用レビュー下書き
<完成>
<下書き>
  よたろう帝国 / 冒険とうそつきの日々 (Aporia APYT-005)
  2017年リリースの2ndアルバム。ソリッドなリフと高速ソロの、絡み合う2本のギター
 を活かした、日本の正統派女性Vocalプログレです。親しみやすく、ポップで心にすっと
 入ってくるメロディーは平山照継級!さらがら、ギター・オリエンテッドなテルシンの
 ようですね。
21 Grace Nono / TAO Music & Opo
 (Musiko MRCD-259)
 フィリピンはミンダナオ島の歌姫Grace Nonoの"TAO Music('93年)"と"Opo('95年)"の2in1。"TAO Music"はドリーミングの頃のケイト・ブッシュを思わせるところもあるコンテンポラリーなガムラン・ミュージック。アダルトなジャズ・ボーカル色もあり。"Opo"の方は、より強い民族色とエキゾチックさと感じさせ、打ち込みを有効に使った斬新なアレンジをバックに力強い歌声を聞かせます。ストレートなロック色や、美しいバラッド等多様性をみせながら畳み掛けてくると事が見事。夫のBob Avesのアコギとのコラボも素晴らしいです。タイプは違いますが、なんとなくアレクシーフに似ているかな?
24 Potret / Potret II
 (Aquarius APC.AQM 9162-2)
 好調Potretの2ndアルバム('97)。1stアルバムと同じ路線ですが、より軽快によりメロディアスになって、独特の爽やかな心地良いサウンドが気持ちよいです。しっとりとしたクラシカルなバラッドも良いですヨー。個人的には彼女らの最高傑作!

 紅一点奇才Melly Goeslawを中心としたインドネシアのお洒落ポップ・バンドの1stアルバム('96)。美しいアコギにうねるリズム・セクション、そしてMellyのキュートな歌と、心地良いサウンドがご機嫌です。音の作りはブリット・ポップのギター・バンド風なんだけど、全体のお洒落さはなんとなくヨーロッパ風なところが、他にあるようで無い彼女らの魅力。全然プログレとは違いますが、一発でノックアウトされました。
  Galija / Digni Ruku (RTB 2122502)
  イギリス、アメリカ録音の前作の後、再びユーゴスラビアに帰って制作された5thアル
 バム('86年)。ストレートなロックン・ロールからアダルトなバラッドまで、80's風のデ
 ジタルな音作りを活かした、メジャー指向の「大人のロック」アルバムとなりました。ア
 ルバムからはタイトル曲が大ヒット。かなり「売れ線なアルバム」ですが、ところどころ
 で聞ける哀愁のメロディーがGalijaらしいです。
  Ruja / Pohi,Louna,Ida,Laas (VaiguViiul VV 001)
  2017年に突然リリースされたプログレ期Ruja(1976-1980年)の作品集。当時レコー
 ディングされたもののリリースされなかった1979年の幻の2ndアルバム” Pohi,Louna,
 Ida,Laas“を収録したDisc1と、同じ編成での1978年のライブ、アルバム・アウトテ
 イク等をDisc2に収録した決定盤です。
  Disc1は1979年の4曲入りEP”Ruja”の拡大版と言う趣で、スティーブ・ハウの
 化身と化したJaanus Nogistoと、ウェイクマン+ケリー・ミネア風の、繊細でテクニ
 カルなフレーズを聞かせる新加入のキーボード奏者Margus Kappelを中心に、Yes+
 Gentle Giantな構築美溢れるスリリングな音を聞かせてくれます。もちろんUrmas
 Alenderの存在感あふれる「エストニアのおっさん声」もばっちり。時折はさまれる
 コミカルなフレーズもEPと同じですね。全曲、5CD Box”Need ei vaata
 tagasi(我々は振り返らない)”に収録のテイクですが、これだけの素晴らしい財産
 は、何回でも「振り返って」未来に残したかったのですね(笑)
  Disc2収録のライブ8曲は、スタジオ・テイクは先の5CDで既出ですが、完全未
 発表のテイク。より激しくロックしている演奏のかっこよさはスタジオ盤以上です。
 更にアウトテイクとして収録されている5曲には、InSpeの巨匠Erkki-Sven Tuurの楽
 曲や、Olav Ehalaと共演したロック・オペラ”Johnny(若者の「反抗」がテーマだった
 ため、KGBの介入により10日で上演中止)”のための曲等を収録。この5曲のプ
 ログレ度はDisc1以上で、正直このアルバムの目玉はDisc2の方です(ヲイヲイ)。ほ
 んま全編、「なんでこれがリアルタイムで出なかったの?」と言いたくなるような
 凄い音なのですよ。
  はっきり言います。Rujaを聴くならまずこのCD。Rujaの頂点はここです!
  Vitamin / Vitamin (Melodia C60 19587 005)
  キーボード奏者Peeter Vahi率いるエストニアのVitaminの1stアルバム('83年)。旧
 ソ連に多いダンサブルなフュージョン・エレ・ポップで、男性Vocalの曲は中途半端
 なディスコ・チューンが多く正直言ってダサい。聞きものは女性Vocalのエキゾチッ
 クなフュージョン・バラッドとA面ラストのCamel風の泣きのシンセのインストかな?
  Vitamin/ Vitamin(2) (Melodia C60 20631 008)
  エストニアのVitaminの2ndアルバム('84年)。ガチャガチャとした親父ロックとニュ
 ートン・ファミリー風の女性Vocalディスコがメインですが、B面のオメガ風スペース
 シンフォからの荘厳なオルガン・ロックへの流れはなかなかの聴きもの。