Orange Power用レビュー下書き
<完成>
<下書き>
Conqueror/ Stems (Ma.Ra.Cash MRC 040 CD)
  キーボード奏者Simona Rigano嬢率いるシチリアのConquerorの5thアルバム(2014年)
 (あれ?サックスの姉妹脱退したんだぁ)。Simona嬢の歌とギター&キーボードによる
 ラビリンス系の21世紀タイプのイタリアン・シンフォです。複雑なアレンジを支える
 端正でタイトなリズム隊の切れ味も最高レベル。ところどころに現れるジェネシス風味
 も良いですね。歌のイントネーションが同郷のバッティアートそっくりですが、これは
 シチリア弁かな(笑)
Gran Torino / Fate of a Thousand Worlds
 
(Musea FGBG 4931)
 イタリア新人Gran Torinoのデビュー・アルバム (2013年)。 ジャケットから連想されるような、デジタリーで冷ややかなアトモスフィアのSF的シンフォを聞かせてくれます。メロウなギターとキラキラとしたキーボードが、ソリッドなリフによる無機質な対旋律と絡むさまは、まさに21世紀の音。同時に変拍子を活かした曲の骨格は、キング・クリムゾンの影響も大きいですね。 4ピースのインストバンドで、それ程イタリア色は濃くないですが、 緩急自在な構成で飽きさせません。
Gran Torino / The Delphic Prophecy
 (Musea FGBG 5024)

 イタリアのロマンチックなキーボード・インスト・バンドGran Torinoの7年ぶりの3rdアルバム(2020年)。甘美なトーンのロマンチックなギターと21世紀的なモダンなキーボードがバランス良く融合し、CGを見ているようなデジタルな近未来感があるのと同時に、滴るようなロマンも感じさせます。気持ちよく聴ける作品なのですが、少し一本調子なのでもう少し緩急が欲しいかな?それとこういう音には、「歌」が欲しいですね。
Imagin'aria / In un Altro Quando
 (Lizard 5490032)

 Lizardレーベルの3番。とにかくバカテクで押すバンドが多いLizardレーベルのバンドの中ではメロディー・ラインの美しさを少しは考えてくれているのが嬉しい(^_^;)。ケルト&ジプシー風のメロディーがなんとも心地よい2曲目も良いけど、メランコリックなイメージのある3曲目なんかいかにもイタリアですね。バカテクで押しながらもしっとりとしたイタリアらしさを出しているのがなんとも良い。
Imagin'aria / La Tempesta
 
(Lizard 5490152)
 イタリアのImagin'ariaの2nd。良質なバンドを輩出しているLizardレーベルからでこのアルバムもとっくに水準点を超えてます。この2ndアルバムでは1stの叙情性は少し後退してますが、その分勢いと抜けの良さが増しています。1~2曲目なんか乗りがありすぎてもう止まらないと言った感じでシンフォニック・ロックの枠を超えてます。3曲目以降叙情的な部分が出てきますが、全体的に強引な展開と滑らかな乗りがもうイタリア。シンフォ・ファンは1stを選ぶと思うけど個人的にはこの方向性でも良いと思う。
Layra / Chiaroscuro
 圧倒的な音楽性で聞かせるLayraの1stアルバム(2008年)。イタリアらしくないミステリアスでモダーンな美シンフォですが,歌だけはこってりとイタリア風なのが大きな魅力。イメージ的には「キーボード・メインで,メタル色が無い"Metropolis"ドリーム・シアター」と言えば良いかな?じっくりと聞ける名作です。ただし、CDRでのリリースなのが残念。はよ、バックアップ取っておっと。
 
Layla / Crono
 2011年リリースの2ndアルバム。よりテクニカル・ハードな面を強調しつつも,まばゆいばかりのキーボード群と情感たっぷりの歌メロの熱さがたまらない!持ち味のミステリアスな雰囲気も充分に味わえ,ハードなパートからリリカルに変化する切れ味もさすがです。前作と比べてハードさが強くなったところに、好き嫌いが分かれるかもしれませんが,完成度は確実にアップしてます,傑作!
 Lothlorien / Il Sale sulla Coda
 
(Lizard 5490082)
 '98年にリリースされたLothlorienの唯一のアルバム。Deus ex Machinaタイプの癖のあるVocalとビシビシ決めるリズムが、とてもLizardレーベルらしいのですが、美しいフルートを配した、クラシカルで暖かい引きの叙情も特徴的で、それ程緊張せずに(笑)、気持ち良く聞けるのが良いですね。ところどころにPFM風のメロディーが散りばめられているのもムフフです。この頃のLizardレーベルは良いバンドがいっぱいいました!
 Malaavia / Danze D'incenso
 (Ma.ra.Cash MRC 002)
 イタリア新人バリバリの新譜(2004年)。キーボードとベース&Vocal2人のユニットで、端正なシンフォニック風味ながら、トラッドの香り漂うしっとりとした歌メロが印象的です。吹きすさぶフルートや心に染み入るヴァイオリン等70年代風のヴィンテージな感覚を聞かせながらも、ワールド・ミュージック等の新しい感覚が漂っているのが印象的。切れの良いリズムも心地良いですね。Osanna,NCCP,La Torre dell'Alchimista等多彩なメンバーがゲスト参加していることからも彼らの音楽性の幅が窺えます。
 Malibran / Oltre L'ignoto (Mellow MMP 409)
  Malibranの4thアルバム(2002年)。いきなりBancoを思わせるキーボード・ラビ
 リンス全開でビックリしますが、タイトなリズムセクションに乗って進む楽曲は
 まさに近年のタイトなLiveでのBancoを思い起こさせます。全体的にはジェネシス
 からの影響を受けたメロディアスなサウンドなのですが、広がりのあるエンジニ
 アリングと相まって、実にプロフェッショナルな仕上がりとなりました。今まで
 の「曲は良いけど、演奏がペラペラで」と言う弱点は皆無。まさに最高傑作です。
Narrow Pass / A Room of Fairy Queen's
 
(Musea FGBG 4658.AR)
 ギタリスト&キーボード奏者Mauro MontobbioのプロジェクトNarrow Passのデビュー・アルバム(2005年)。Mauroの伸びやかなギターを活かした鮮やかなシンフォで、あふれ出る瑞々しさに圧倒されます。この爽やかさはどこかNew Age系の「癒し感覚」もあって、これもとてもセンス良し。そして、女性Vocalをフィーチャーした曲がまた堪らなく最高です。これは名作!
Narrow Pass / In This World and Beyond
 
(Musea FGBG 4809)
 マルチ・ミュージシャンと女性Vocalのユニットの2ndアルバム(2008年)。ため息が出るような美しい歌声と,心洗われるような瑞々しいアコースティック・パートからジェネシスいやハケット風ギターがうなるシンフォニック・パートへのドラマティックな展開が圧倒的!少しケルト色を聞かせるところも良いですね。1stも桁外れでしたが本作も凄い。ずばり,ルネサンス+ハケット風!
Narrow Pass / A New Day
 (Musea FGBG 4883)

 ギター&キーボードのMauro Montobbio率いるNarrow Passの3rdアルバム(2014年)。Mauroの弾くハケット風のギターをフィーチャーしたパステル・カラーのシンフォを聞かせてくれます。女性Vocalの出番は少し減ったけどトニー風のシンセまで出てくる爽やかシンフォが最高です。アコギとフルートの絡みはスティーブ&ジョン・ハケット風だなぁと思っていたら,本物のジョン・ハケットが参加していました(^^;)
Notabene / Notabene (Mellow MMP 486)
  イタリア新人、2005年新譜。美しいヴァイオリンをフィーチャーした、邪悪&
 メロディアスなイタリア特有のサウンドを聞かせます。クエラ・ヴェキアの1st
 をアップデイトしたような感じと言えば良いかな?トロンボーン?を活かした不
 思議なアレンジも好印象。何よりメロディーが良く、曲が良い!ただし、テクニ
 ックはど素人で、リズムバラバラ、チューニングひどいと言う状況。良い曲が多
 いだけに何とかならんかったんかいな?
Notabene / Sei Lacrime D'anbra (Mellow MMP 496)
  印象的なメロディーを聞かせたデビュー・アルバムから2年。更に成長して帰ってき
 たNotabeneの2ndアルバム(2007年)。オープニングが結構ラウドな感じになっていて、
 少しがっかりしましたが、だんだんと持ち前の歌心が前面に出てきて一安心(^^;)。中
 間部以降はメロディーのリリカルさと捻ったアレンジのラビリンスが有機的に結合し、
 聴き応えのあるアルバムとなりました。特に後半の組曲2連発が圧巻!あとはもう少し
 演奏力を(笑)
21 Grace Nono / TAO Music & Opo
 (Musiko MRCD-259)
 フィリピンはミンダナオ島の歌姫Grace Nonoの"TAO Music('93年)"と"Opo('95年)"の2in1。"TAO Music"はドリーミングの頃のケイト・ブッシュを思わせるところもあるコンテンポラリーなガムラン・ミュージック。アダルトなジャズ・ボーカル色もあり。"Opo"の方は、より強い民族色とエキゾチックさと感じさせ、打ち込みを有効に使った斬新なアレンジをバックに力強い歌声を聞かせます。ストレートなロック色や、美しいバラッド等多様性をみせながら畳み掛けてくると事が見事。夫のBob Avesのアコギとのコラボも素晴らしいです。タイプは違いますが、なんとなくアレクシーフに似ているかな?
24 Potret / Potret II
 (Aquarius APC.AQM 9162-2)
 好調Potretの2ndアルバム('97)。1stアルバムと同じ路線ですが、より軽快によりメロディアスになって、独特の爽やかな心地良いサウンドが気持ちよいです。しっとりとしたクラシカルなバラッドも良いですヨー。個人的には彼女らの最高傑作!

 紅一点奇才Melly Goeslawを中心としたインドネシアのお洒落ポップ・バンドの1stアルバム('96)。美しいアコギにうねるリズム・セクション、そしてMellyのキュートな歌と、心地良いサウンドがご機嫌です。音の作りはブリット・ポップのギター・バンド風なんだけど、全体のお洒落さはなんとなくヨーロッパ風なところが、他にあるようで無い彼女らの魅力。全然プログレとは違いますが、一発でノックアウトされました。
  Galija / Digni Ruku (RTB 2122502)
  イギリス、アメリカ録音の前作の後、再びユーゴスラビアに帰って制作された5thアル
 バム('86年)。ストレートなロックン・ロールからアダルトなバラッドまで、80's風のデ
 ジタルな音作りを活かした、メジャー指向の「大人のロック」アルバムとなりました。ア
 ルバムからはタイトル曲が大ヒット。かなり「売れ線なアルバム」ですが、ところどころ
 で聞ける哀愁のメロディーがGalijaらしいです。
  Ruja / Pohi,Louna,Ida,Laas (VaiguViiul VV 001)
  2017年に突然リリースされたプログレ期Ruja(1976-1980年)の作品集。当時レコー
 ディングされたもののリリースされなかった1979年の幻の2ndアルバム” Pohi,Louna,
 Ida,Laas“を収録したDisc1と、同じ編成での1978年のライブ、アルバム・アウトテ
 イク等をDisc2に収録した決定盤です。
  Disc1は1979年の4曲入りEP”Ruja”の拡大版と言う趣で、スティーブ・ハウの
 化身と化したJaanus Nogistoと、ウェイクマン+ケリー・ミネア風の、繊細でテクニ
 カルなフレーズを聞かせる新加入のキーボード奏者Margus Kappelを中心に、Yes+
 Gentle Giantな構築美溢れるスリリングな音を聞かせてくれます。もちろんUrmas
 Alenderの存在感あふれる「エストニアのおっさん声」もばっちり。時折はさまれる
 コミカルなフレーズもEPと同じですね。全曲、5CD Box”Need ei vaata
 tagasi(我々は振り返らない)”に収録のテイクですが、これだけの素晴らしい財産
 は、何回でも「振り返って」未来に残したかったのですね(笑)
  Disc2収録のライブ8曲は、スタジオ・テイクは先の5CDで既出ですが、完全未
 発表のテイク。より激しくロックしている演奏のかっこよさはスタジオ盤以上です。
 更にアウトテイクとして収録されている5曲には、InSpeの巨匠Erkki-Sven Tuurの楽
 曲や、Olav Ehalaと共演したロック・オペラ”Johnny(若者の「反抗」がテーマだった
 ため、KGBの介入により10日で上演中止)”のための曲等を収録。この5曲のプ
 ログレ度はDisc1以上で、正直このアルバムの目玉はDisc2の方です(ヲイヲイ)。ほ
 んま全編、「なんでこれがリアルタイムで出なかったの?」と言いたくなるような
 凄い音なのですよ。
  はっきり言います。Rujaを聴くならまずこのCD。Rujaの頂点はここです!
  Vitamin / Vitamin (Melodia C60 19587 005)
  キーボード奏者Peeter Vahi率いるエストニアのVitaminの1stアルバム('83年)。旧
 ソ連に多いダンサブルなフュージョン・エレ・ポップで、男性Vocalの曲は中途半端
 なディスコ・チューンが多く正直言ってダサい。聞きものは女性Vocalのエキゾチッ
 クなフュージョン・バラッドとA面ラストのCamel風の泣きのシンセのインストかな?
  Vitamin/ Vitamin(2) (Melodia C60 20631 008)
  エストニアのVitaminの2ndアルバム('84年)。ガチャガチャとした親父ロックとニュ
 ートン・ファミリー風の女性Vocalディスコがメインですが、B面のオメガ風スペース
 シンフォからの荘厳なオルガン・ロックへの流れはなかなかの聴きもの。