My熱中アルバム過去LOG(Page-27)

260 Collage / Over and Out
 
(MYSTIC MYTCD 442)
 ポーランド・シンフォの雄、Collageのなんと27年ぶりの新作6thアルバム(2022年)。重厚なキーボードと、ガチャガチャ、ドカドカと手数が多いドラムスを軸に、雄大で宇宙が動くような強力なシンフォを聴かせてくれます。その一方で、新加入のフィッシュ風のボーカリストを活かしたポンプ・ロック風のパートもあり。21世紀のテクノロジーでのポンプ・ロックはなかなかかっこいいな。新加入のギタリストも心地良いフレーズを奏で、ラストではギルモア風のプレイがバーストします。これは何回でもお替わりができる名作だなぁ。 (2023/3/1)
261 Crimson Jazz Trio / Crimson Songbook
 
(Jun Dream IACD11086)
 イアン・ウォーレス率いるトリオによるキング・クリムゾンの名曲カバー集第一弾(2005年)。「21世紀〜」「キャットフード」「スターレス」「風に語りて」「レッド」等の名曲を、オーソドックスなジャズ・アレンジでカバー。ムーディーな感覚のありがちなカバーかと思いきや、超一流のプレイヤーの「本気」がいきなり爆発。唖然とするようなパッションで迫り、聴き手を圧倒します。もうかっこ良過ぎ。ロバート・フリップが絶賛したのも頷けるような超名作です。 (2023/6/14)
262 Arkitekture / Rationalis Impetus
 (Arcangelo ARC-1184)

 「韓国のアネクドテン」として大評判の、映画監督として活躍するキム・サンマン率いるアーキテクチャーのデビュー・アルバム (2022年)。哀しき音色のヴァイオリンと、黄昏れたサッ クス&フルートが、壁のように流れ出るメロトロンとともに激流となる。その一方で、極少ない楽器で奏でられる引きのパートの詩情が、胴鳴りがするドラムスと、ブンブンうねるベースの絡みへと、移り変わる様は奇跡のようです。テーマが奏でられた後の予想もつかせずに自在に展開するが、全編にヒリヒリとした叙情が溢れ出ているのがたまらないですね。そして、印象的なメロディーの連続にインスト・バンドだったと言う事も忘れてしまいます。これは凄いアルバムだ! (2023/7/15)
263 I Am The Manic Whale / Bumper Book of Mystery Stories
 ネットやSNSで「物凄い傑作」と評判のIATMH の2023年4thアルバム。ジェネシスのような「まどろみ感」で始まり、それがクイーン風コーラスを挟んでヘヴィに展開。叙情から一気に緊張へと向かう、その緩急が素晴らしい。充実の歌とコーラスからの、キレの良い場面展開へ。鳴き渡るギター、気品のあるオルガン、そよそよと流れるメロトロンは、まるで「エレガントなスポックス・ベアード」とも言えるよう。さらに、ネオアコ風の爽やかメロディーも出てきて、これはスタクリッジ、10CC、XTCにも通じる、英国からしか出てこない音ですね。メロディーの存在感が抜けているまさに最高傑作です。 (2023/11/23)
264 Riverside / ID.Entity
 
(InsideOut 196587531829)

 新ギタリストをメンバーに加え、制作された7thアルバム (2023年)。いきなりデジタルでエレクトロなオープニングに驚かされるが、それがそのままソリッドに展開。この人カテクノな感じがまたかっこいい。それでも、薄曇りのポーランド色もしっかりとあって、幻想性の中、突っ走るその生命力が凄い。どこまでも広がるキーボードと、ザクザクなギター・リフが聞き手を包み込み翻弄する。これぞまさしく新生 Riverside の「ロック」な名作ですね。(2024/3/26)

次ページへ