特集.紙ジャケに挑戦 -1
  今やいろいろなレコード会社から紙ジャケが出ていますが、私のようなLP世代の郷愁を誘う
 紙ジャケの出来もさることながら、キチンとRemasterされているアルバムが多いのが嬉しいです
 ね。
どの作品も音が良く、新たな魅力を発見することもしばしば。これからもシッカリ、ジック
 リと続いて行って欲しいですね。
Universal Music(Starange Days監修)
Gentle Giant

Gentle Giant / Gentle Ginat(Universal UICY-9028)
  ジェントル・ジャイアントの記念すべき1作目('70年)。へヴィな面とフォーク的な
 面が割とストレートに分かれていて、個人的には次作Acquaring the TasteやThree
 Friends程のめり込めないアルバムだったのですが、改めて聞くと変な凝り方をしてい
 ないジェントル・ジャイアントも、また良いですね。Remasterで聴くとアレンジの凄さ
 と言うか、細かさが良くわかって、いろいろな発見がああります






(Universal UICY-94270)
  SHM−CD 2009年リマスター盤。帯は70年リリース当時のもの。実はこ
 のアルバムだけ78年に再発(お〜!)されています(帯は下のスリーフレンズと同
 デザイン)。ジャケの色合いが上の2000年リリース紙ジャケと結構違います(何故?)

Gentle Giant / Acquring The Taste (Universal UICY-9688)
  Gentle Giantの2ndアルバム('71年)。雄大なメロトロンの響きが印象的な幻想的な
 オープニングが異色ですが、幻想性とおもちゃ箱をひっくり返したような変なアレン
 ジの対比が見事な傑作アルバムです。いろいろな楽器を詰め込んだ宝物のような世界
 です。ケリー・ミネアのジェントルなヴェルヴェット・ヴォイスに心を打たれ、デレ
 ク・シャルマンの土方のおやじ声に気合いを入れられます。これも彼らならでは(笑)
 ヘイヘイ、ホーの難破歌最高!






(Universal UICY-94271)
  SHM−CD 2009年リマスター盤。帯は77年日本フォノグラムのプロフェ
 ッショナル・コレクションでリリースされたもの。監修は高見ひろし氏です。私の最
 初のGG体験はこのアルバム、この帯!だったりします。


Gentle Giant / Three Friends (Universal UICY-9689)
  彼ら唯一のコンセプト・アルバムとなった3rdアルバム('72年)。縦横無尽に飛び交
 うケリーのキーボードを中心に、最初から最後まで硬質な乗りで聞かせます。特に細
 分化されたフレーズによるラビリンスが一気に大団円を迎えるラスト2曲が最高。後
 期の大きなグルーブで聞かせるサウンドも良いですが、このアルバムでのテクニカル
 で鋭角な乗りは、これまた最高!彼らの中で最も「プログレ的なアルバム」となりま
 した。別名「イタリアン・ロックのもと(笑)」。かっこいい!!






(Universal UICY-94272)
  SHM−CD 2009年リマスター盤。帯は78年日本フォノグラムのロック・
 スーパー・コレクションのもの。このシリーズも監修は高見ひろし氏で、他にAnge,
 Robert John Godfryがラインナップにありました。

Gentle Giant / Octopus (Universal UICY-9029)
  名作4thアルバム('72年)。ジェントル・ジャイアントのアルバムの中でも評価が
 高い1枚で、Vertigo時代の4枚のまさに集大成とも言えるべき内容を誇ってます。
 ジョン・ウェザースが加入し、ロック色が増しており、叙情性も十分にあるのに、
 まともに展開しない。とってもひねくれた(褒め言葉です)GGらしさ全開のアル
 バムです。
  このアルバムまでの4枚って、なんかゴチャゴチャしていて、次作以降と比べる
 と音の詰まり具合が違うんですよね〜。あまり言及されないけど、本作で抜けるフィ
 ル・シャルマンって、何をやってるのか今一わからない(^^;)人ですが、彼の影響っ
 て実は結構大きかったんじゃないのか?と思ったりしてます。



(Universal UICY-94273)
  SHM−CD 2009年リマスター盤。帯は77年日本フォノグラムのプロフェ
 ッショナル・コレクションでリリースされたもの。監修は高見ひろし氏で、他に
 VdGG、Rare Bird、Ramases、Beggars Oparaがラインナップにありました。
Tudor Lodge

Tudor Lodge / Tudor Lodge (Universal UICY-9030)
  ブリティッシュ・フォーク3種の神器チューダー・ロッジのデビュー・アルバ
 ム('71年)。私も紙ジャケを結構買いましたが、これは凄い。6面開きと言うの
 ビックリですが、とにかくジャケのあの凹凸が再現されているのには驚きました。
 で、音の方ですが、伝統的フォーク・サウンドにクラシカルな弦やフルートが絡
 み、イギリスの田園風景のような、のどかで大らかなイメージが部屋中に拡がり
 ます。どこまでもピュアで清潔な感覚が最高ですね。少し舌足らずな女声ボーカ
 ル、アン・スチュワートの歌も良いけど、マイルドな響きの男声ボーカルも味が
 ありますね(^^)。こういうハートウォームな音ほどRemasterで聴きたいですね。



(Universal UICY-93824)
 2008年リリースのSHM−CD紙ジャケ。やっぱり買ってしまいました(^^;)
 しっかり6面開きも再現されています。
Gracious
Gracious / Gracious! (Universal UICY-9032)
  Graciousのデビュー・アルバム('70年)。ジャケット表面のデコボコがきちんと再現
 されているのが嬉しいですね。昔からマニア垂涎の名作と言われてきたこのアルバム
 ですが、キーボードを多用したそのサウンドはブリティッシュ・プログレ・ファン待
 望のもの。ただし、聞き込むと結構雑多なアレンジで、思ったよりもまとまりが無い
 のですが、その分、脈絡も無く飛び込んでくるハープシコードやピアノのフレーズが
 凄く楽しいですね。そして、今回のRemasterで音の分離が良くなり、このアルバムの
 持つ音の玉手箱的な個性がよりわかりやすくなったように思います。Vocalが入ると
 Moody Blues的になるのは愛嬌か?(^^;)
Gracious / This is… (Universal UICY-93180)
  '71年に録音されていたもののお蔵入りになってしまい、翌72年になってフィリップ
 ス・レーベルからリリースされた2ndアルバム。いろいろなことをやり過ぎて、やや散
 漫な感覚があった1stアルバムと比べ、より研ぎ澄まされた集中力と迫力で聞かせる名
 作です。特に旧A面の組曲"Super Nova"で聞かせる重厚なメロトロンを軸にしたヘヴィ
 でスペイシーな展開は秀逸。ところどころで聞かせるハートウォームな持ち味も魅力的
 です。旧B面は小気味良いハード・ポップ路線ですが、メロトロンをオルガンのように
 弾きまくるマーティン・キットカットは凄すぎます!(^^;)
Beggars Opera
Beggar's Opera / Act One (Universal UICY-9690)
  クラシックのカバーを大胆に取り入れていることで知られている'70年リリースのデ
 ビュー・アルバム。このアルバムの時点ではどちらかと言うとアラン・パークのオル
 ガンがメインとなっており、マーティンの歌もリッキーのギターも控えめ。きらめく
 オルガンに乗って爽やかに疾走するバンドの勢いが最高です。オリジナルだろうと、
 クラシックそのままだろうと、そんなもん若気の至りで済ましてしまおうと言うよう
 な衒いが無さが最高。オリジナル曲の中にあるイギリスらしい気品のある優雅さも良
 いよね。Bonus曲は「らしくねぇぇ」の一言
Beggars Opera / Pathfinder (Universal UICY-9268)
  大好きなBegger's Operaの3rdアルバム('72)。1stアルバムではクラシックの
 カバーの大胆な引用で有名だった彼らですが、このアルバムでは、クラシカルな
 持ち味はそのままに、よりタイトでスリリングな曲を聞かせてくれます。そして、
 なんと言ってもVocalのMartin Griffithsのオペラチックと言うか演劇的と言う
 か、どう表現して良いかわからないような個性的な声が魅力。そこに深いエコー
 のかかったオルガンやハープシコード、ピアノが絡むところがなんとも良いので
 す。スタンダード・ナンバーのマッカーサー・パークのカバーもまるでオリジナ
 ル曲であるかのような見事なアレンジと歌いっぷりで、これも最高!!(^^)
Nucleus,Ian Carr
Nucleus / Solar Plexus (Universal UICY-9266)
  全曲Ian Carrの作曲となった3rdアルバム('71)。2つのテーマをアルバム
 全体で展開すると言うコンセプト的なものを持ったアルバムで、フリーキー
 でエキセントリックなテーマとストレートなビートを持つテーマが最後の曲
 で合体すると言うアイデアはなかなか面白い...けど、正直聞いていて良くわ
 かりません(^_^;;;)。それよりも1st,2ndの浮遊感が後退したためか、より
 いっそうドラマチックなロック色の強いアンサンブルが全面に出ているのが
 凄くかっこ良い!まさに初期の最高作ですね。
Ian Carr / Belladonna (Universal UICY-9267)
  Ian Carr初のソロアルバム('72)。音的には実質Nucleusの4thと言っても良
 い内容ですが、参加メンバーがこれまでの3作と違うためソロ名義としたのか
 な?どちらかと言うと4th以降のNucleusのようなストレートでわかりやすい曲
 想で単純にその「かっこ良さ」に痺れます。初期Necleusと4th以降のNucleus
 の掛け橋とも言えるアルバムです。話題のアラン・ホールズワースは彼にし
 ては地味な演奏ですが他のメンバーを触発しながら高揚していく演奏はさすが。

Moody Blues

Moody Blues / Days Of Future Past (Universal UICY-9210)
  '67年リリース、オーケストラとの優雅な融合が美しい2ndアルバム。ジェントルな
 メロディーと、メリハリの効いた構成、色彩感溢れるオーケストラが一体となった名
 トータル・アルバムです。もちろん代名詞でもあるメロトロンも隠し味的ではあるけ
 どバッチリ。そして、最後に大名曲「サテンの夜」でノックアウト!








←2008年リリースSHM−CD (Universal UICY-93712)
  2008年リマスターによる広がりのある音空間が魅力。10曲ものボーナス曲と充実した
 ブックレットも良いですね。まさに決定盤です。

Moody Blues / In Search of the Lost Chord
                 
(Universal UICY-9211)
  '68年リリースの3rdアルバム。このアルバムからバンド単独の作品となりますが、
 メロトロンや多彩な楽器の導入で音の厚みは変わらず、実験性と親しみやすさが良く
 バランスした美しいナンバーを聞かせてくれます。このアルバムもトータル・アルバ
 ムとなっていますが、プログレ的と言うよりも、60年代後半のサイケな空気感が特徴
 ですネ。






←2008年リリースSHM−CD (Universal UICY-93713)
  2008年リマスターによる広がりのある音空間が魅力。ボーナス曲は9曲!

Moody Blues / On the Threshold of a Dream
                
(Universal UICY-9212)
  初の全英No1に輝く'69年リリースの4thアルバム。3作連続のトータル・アルバム
 となっており、この作品はアルバム全体でより大きな構成を感じさせる内容となって
 います。語りを交えた実験的なインスト・ナンバーで始まり、乗りの良い曲も内省的
 なバラッドも、幻想のヴェールに包み込んだトータル性は当時は大きな衝撃だっただ
 ろう。細やかな音色を丁寧に紡ぐマイケル・ピンダーのメロトロンはムーディーズな
 らでは!





←2008年リリースSHM−CD (Universal UICY-93714)
  2008年リマスターによる広がりのある音空間が魅力。ボーナス曲は9曲!
Wolf

Wolf / Canis Lupus (Universal UICY-9061)
  カーブド・エアを脱退したダリル・ウェイが結成したウルフの1stアルバム('73年)。
 ジョン・エサリッジ、イアン・モズレーら錚々たるメンバーがが参加したスーパー・
 バンドなのですが、まだまだ若かった彼らが最初に評価を確立したのがこのウルフと言
 えるかもしれません。特に火花散るインタープレイからダリルの天にも昇る美しいヴァ
 イオリンへと繋がる旧B面の流れが最高!「悲しみのマクドナルド」の美旋律にはうっ
 とりしちゃいます。旧A面は逆に渋めのVocal曲が中心ですが、デク・メセカーの頼り
 ない歌に、「英国の渋さ」を感じる私です。あと"Go Down"でのエサリッジのアコギが
 また最高です!痺れます!




→SHMーCDもゲットしちゃいました(Universal UICY-93826)
  Bonus曲2曲収録。73年の歌入りシングル曲です

Wolf / Saturation Point (Universal UICY-9063)
  よりテクニカルなインスト曲中心となった2ndアルバム('73年)。のっけからエサリ
 ッジのギターとウェイのヴァイオリンにがバトルする"The Ache"でぶっちぎり,ラス
 トまで高いテンションを維持しながら突っ走ります。エサリッジのハード・ドライ
 ヴィンなギターに、艶かしいアコギ,もちろんウェイのヴァイオリンの美旋律も絶品!
 ファンの間では「静の1st」「動の2nd」として両作とも人気が高いアルバムです。唯
 一のVocal曲"Two Sisters"は相変わらず渋い出来ですが,実は私のお気に入りだった
 りします(笑)。




→SHMーCDもゲットしちゃいました(Universal UICY-93827)
  Bonus曲はこちらも73年のアルバム未収録シングル曲2曲と"Two Sisters"のシン
 グル・ヴァージョン。


Wolf / Night Music (Universal UICY-93369)
  Vocalistにジョン・ホジキンソンを迎え制作されたラストアルバム('74年)。弱かった
 「歌」の面が強化されましたが、ヴァイオリンとギターを軸にしたテクニカル・ロック
 はここでも絶好調。歌、ギター、ヴァイオリンが火花を散らして駆け抜けて行くのは、
 快感ですな(^^)。特に1曲目は最高。旧B面は少し歌物風になりすぎて評価が分かれそ
 うですが、ホジキンソンの声が大好きな私はこちらも気に入っているのでした。







→SHMーCDもゲットしちゃいました(Universal UICY-93828)
  このアルバムはBonus曲は無し。ちょっと残念(^_^;)
East of Eden
East of Eden / Mercator Projected (Universal UICY-9035)
  '69年リリース East of Edenのデビュー・アルバム。ヴァイオリン入りブルース・
 ロックから叙情的なフォーク&トラッド、サイケ・トリップ・ミュージックまで、ごっ
 た煮にした独特の音を聞かせてくれます。とにかく、音がアンダーグラウンドでひたす
 ら妙な「アングラ感」で攻めてきます。旧B面の叙情から一気に畳み込むところは白眉
 な出来ですが、こちらもやっぱりアングラに締めたりします(笑)
East of Eden / Snafu (Universal UICY-93370)
  '70年リリースの2ndアルバム。フリージャズ色に、ミュージック・コンクレート等
 より多彩な内容となっています。結構ごった煮風で、訳の分からないアングラ・サウ
 ンドなのですが、ビシッと一本芯が入っているように聞こえるのはプロデューサーの
 デヴィッド・ヒッチコックの手腕かな?1stの叙情性も捨てがたいけど、完成度ならや
 はりこのアルバム。
T2
T2 / It'll All Work Out In Boomland
                
(Universal UICY-9035)
  デッカ・レーベルに残されたT2唯一のアルバム('70年)。基本的にはスリー・ピー
 スのハード・ブルース・ロックですが、英国らしい陰りのあるメロディーで人気のアル
 バムです。ただし、ギターは一本調子で、展開も今一工夫が足りないと言うもので、リ
 リース時の酷評も頷ける内容。しかしながら、英国らしさの中で漂うB級まっただ中の
 いなたさが何とも言えない味があるんですよねぇ。特にメロトロン入りの2曲目とブラ
 ス隊が頑張る3曲目が良いですね。旧B面の大曲も不可思議な味わいに満ちてます。
Zakarrias
Zakarrias / Zakarrias (Universal UICY-93188)
  デラム・レーベル屈指のレア盤として有名なオーストラリア出身ザカリアスの唯一
 のアルバム('71年)。ザカリアスがベーシストと言うこともあってか、ブンブン来るベ
 ースが前面に出た作風になっていますが、その割にはアコースティックで端正な仕上
 がりになっているところが面白い作品です。渋かっこいくて、不思議感覚のところが
 良いですね。時折入るクラシカルなストリングスが、なんとなく脈絡が無くて、とて
 もデラム的です(笑)。
Aard Vark
Aard Vark / Aard Vark (Universal UICY-9514)
  いきなりのヘヴィなオルガンで有名なAardvarkの唯一のアルバム('70)。全体
 的にはイギリスらしい陰影に富んだメロディーを聞かせるコンパクトなオルガン
 ・ロックで、初期キャラバンにも通じる優しい歌メロが魅力。旧B面ではサイケ
 なグルグル、色彩感全開で、効果音やギミックを織り交ぜた演奏ははプロデュー
 サーのデヴィッド・ヒッチコックのならでは出来。もう少しセンスと音楽性の広
 がりがあれば9 Feet Undergroundになっていたかな?
The World of OZ
The World of OZ / The World of OZ (Universal UICY-9519)
  '69年デッカ・レーベルからのリリースのサージェント・ペパー影響下のサイケ・
 ポップ。"With a little help we can work out"と言う歌詞が出てきたりと、あの頃
 のあの音が好きな人(私か(^_^;))にはマストの1枚。オーケストラを活かし、カラ
 フルなサウンドを聞かせますが、大げさに展開するのでは無くメロディーそのものを
 ポップに楽しく聞かせてくれるところが良いです。バンド名、アルバム名のとおりの
 親しみやすいソフト・ロック&ポップ。
Esperanto
Esperanto / Danse Macabre (Universal UICY-9264)
  多国籍のメンバーで構成されたロック・オーケストラEsperantoの2ndアルバ
 ム('74)。激しく畳み掛けてくるアクロバッティブな2台のヴァイオリンとヴィ
 オラ、チェロが凄まじい1曲目が素晴らしいですが、他の曲もメランコリック
 にドラマティックに展開し最後まで聞き手を離しません。優雅で美しく絡む合
 うストリングス・パートはイタリアのRDMの名作"Contaminazione"にも通じ
 ますが、こちらの方が全体的に暗い印象がありますね。ただし、暗い中にもク
 ラシカルな美しさがあって、それが言いようの無い妖しさを醸し出しているん
 ですねぇ。名作!
Esperanto / Last Tango (Universal UICY-9265)
  Vocalを強化した最終作3rd('75)。大スペクタクルなアレンジのエリナー・
 リグビーの圧倒的なカバーで幕をあけます。新加入の男女Vocalがなんとも
 パワフルで、インスト・パートと互角に張り合っており、そういう歌と演奏の
 バランスでは最高の完成度のアルバムとなりました。ただ、前作のインストに
 比重をおいた演奏が好きな人には少々不満が残るかもね。(Vocalも少々ソウ
 ルフルでバンドのイメージと微妙なすれがあります)
Rick Wakeman
Rick Wakeman / The Six Wives Of Henry VIII (Universal UICY-9261)
  リックの記念すべき1stアルバム('73)。本当は幻の1stがあるらしいの
 ですが、やっぱこれが1stでしょう。ロマンチックでゴージャスで、ちょ
 っとユーモアを感じさせる音楽を当時の名器ミニ・ムーグ、メロトロン、
 ハモンドC−3を駆使して演じていきます。今聞くとヴィンテージ・キー
 ボ−ドの嵐で、なんとなくモタっとした感じがありますが、当時はこれが
 最先端で凄くかっこ良かったのでした。それにしても凄まじいばかりのテ
 クニックであります。
Rick Wakeman / Journey to the Centre of the Earth
               
(Universal UICY-9262)

  オーケストラと競演した2nd('74)。しかも、Liveです。自らのバンドを
 従え、ロマンチックながらもロック色のあるサウンドは、オーケストラや
 合唱隊との交じり具合がええ感じで、SF的なテーマに妙にマッチしてい
 ます。実はバックの演奏は今なら差し替えをバンバンされてしまうような
 演奏なのですが、当時のリックの勢いに聞かされてしまうんですよねぇ。
 まさに「時の人」と言った感じです。
Rick Wakeman / The Myths & Legends Of King Authur
  and the Knights of the Round Table
(Universal UICY-9263)
  最初のブラスセクションのテーマを聞いただけで涙が出そうになってし
 まう大傑作3rdアルバム('75)。アーサー王伝説と言う壮大なコンセプトに、
 リックのとことんロマンチックなサウンドが絡み合い、豊穣な音楽が全編
 に響き渡っています。雄大なオーケストラ、力強いロック・バンドに絡む
 超絶技巧のリックのキーボード。やっぱリックはこれぐらい大袈裟じゃな
 いとね!と思ってしまいます。あと個人的には元WarhorseのAshley Holt
 (Vocal)の参加も嬉しいところ。彼の声大好きなのだ!
Rick Wakeman / Lisztomania (Universal UICY-9294)
  映画リストマニアのオリジナル・サウンドトラック('75)。ほとんどの曲が
 リストとワーグナーの曲のアレンジですが、どこをどう切ってもリック・ウェ
 イクマンとしか呼びようの無い仕上がりになっているのはさすが。ロジャー・
 ダルトリーとリックの競演と言うのも今考えると凄いですが、全体的には散漫
 な印象を受けます。
Rick Wakeman / No Earthly Connection
                (Universal UICY-9295)

  待望の初CD化。'76年リリースの5thアルバム。音的にはアーサー王からの
 流れを汲む大掛かりなプログレッシブ・ロックなのですが、よりバンド的な音
 になりロック的なグルーブを強く感じさせます。リックのソロと言うよりアン
 サンブルをより重視したバランスのとれたアルバムと言えます。ただし、惜し
 むらくはバック・ミュージシャンの力量が今一な事で、もう少しマシな人間は
 いなかったんかいな?と思ってしまいます。その中にあって、Ashley Holt(元
 Warhorse!!)は彼にとってもベスト・パフォーマンスでハスキーで男らしい歌声
 ながらロマンチックな響きのある歌声でアルバムを引っ張っていっています。
Rick Wakeman / White Rock (Universal UICY-9296)
  名作の呼び声高いインスブルック冬季オリンピックの記録映画のサントラ('77)
 ほぼリック一人による録音で、縦横無尽に駆け回るリックのキーボードを最初から
 最後まで存分に堪能することが出来ます。前作がアンサンブル重視の出来だったた
 め、「リックのキーボードをもっと聞きたい!!」と言うファンには格好のアルバ
 ムとなりました。当時出たばかりのポリフォニック・シンセサイザーの音がアルバ
 ムの印象をゴージャスなものにしています。
Rick Wakeman / Rick Wakeman's Criminal Record
               
(Universal UICY-9301)
  A&M時代最後のソロ・アルバム('77)。丁度Yesに復帰して「究極」をリリースした
 頃で、旧A面はYesからもクリス・スクワイアとアラン・ホワイトが参加しており、
 ヘンリー8世をヴァージョン・アップしたような緊張感溢れる音を聞かせてくれま
 す。オーケストラを大々的にフィーチャーした旧B面の大団円も良いけど、やっぱ
 このリズム・セクションとの絡みは最高です。アルバム全体に「究極」の香りが漂
 っているのが個人的には嬉しいところです。

次ページへ