特集.Trident Label Remaster
  もはや止まらない感じのItalian RockのRemaster。その中でもこのトリデント・レーベル
 の紙ジャケ&Remasterはほんまビックリ仰天でした。Semiramis,Bigrietto Per L'inferno,
 Opus Avantraの昔の激レア盤が紙ジャケでRemaster!しかも音はリ−!アー!ルー!で、も
 う聴いていて溶けてしまいそうになりました>わし(~_^;)。あぁ夢のようだぁ

Semiramis / Dedicato a Frazz (Arcangelo ARC-7003)
  印象的なジャケで有名なセミラミスの唯一のアルバム。邪悪な雰囲気を漂わず独特
 のメロディーラインがいかにもイタリア的ですが、演奏自体はテクニカルなフレーズ
 を弾こうとしているところが、どこかミスマッチ感覚。それを強引な曲展開とMichele
 Zarrilloの抜けるような歌声で、無理やり曲にしてしまったと...うーん、イタリア
 ですねぇ(^^;)







←2011年にはSHM-CDにもなりました(Belle 111818)


Biglietto Per L'inferno (Arcangelo ARC-7004)
  「地獄への招待状」と名前が音を良くあらわしているBiglietto Per L'inferno
 の1stアルバム。1曲目はジェネシス風で、2曲目はホークウィンド風だけど、そ
 れを骨太なギターのハードな演奏とツイン・キーボードの複雑(と言うよりはっき
 り言って「変」!)なフレージングで、強引に展開するところが快感。そして、熱
 唱また熱唱の4曲目(旧B1)、どうしてこんな展開になるかわからない5曲目(旧
 B2)と、もうイタリア人の強引な創造力には脱帽です。これぞロック界のファン
 タジスタ!





←こちらは2009年のSHM-CD(Belle 091600)


Opus Avantra / Introspezione? (Arcangelo ARC-7005)
  オパス・アヴァントラの1stアルバム。前衛と伝統の狭間で、退廃と憧憬の入り
 混じった究極の美を垣間見ることができます。それにしてもドネラの歌の儚さ、可
 憐さ、そして美しさにはいつも胸が一杯になります。演奏そのものはストリングス
 もフルートもピアノも結構雑なところがあるのですが、それがこのアルバムの危さ
 をさらに強調しているから、不思議です。唯一無二の瞬間に生まれた唯一無二の音
 楽。そして、永遠のドネラ...