特集.Trident Label Remaster
  もはや止まらない感じのItalian RockのRemaster。その中でもこのトリデント・レーベル
 の紙ジャケ&Remasterはほんまビックリ仰天でした。Semiramis,Bigrietto Per L'inferno,
 Opus Avantraの昔の激レア盤が紙ジャケでRemaster!しかも音はリ−!アー!ルー!で、も
 う聴いていて溶けてしまいそうになりました>わし(~_^;)。あぁ夢のようだぁ
Semiramis 

Semiramis / Dedicato a Frazz (Arcangelo ARC-7003)
  印象的なジャケで有名なセミラミスの唯一のアルバム。邪悪な雰囲気を漂わず独特
 のメロディーラインがいかにもイタリア的ですが、演奏自体はテクニカルなフレーズ
 を弾こうとしているところが、どこかミスマッチ感覚。それを強引な曲展開とMichele
 Zarrilloの抜けるような歌声で、無理やり曲にしてしまったと...うーん、イタリア
 ですねぇ(^^;)







←2011年にはSHM-CDにもなりました(Belle 111818)

Biglietto Per L'inferno

Biglietto Per L'inferno (Arcangelo ARC-7004)
  「地獄への招待状」と名前が音を良くあらわしているBiglietto Per L'inferno
 の1stアルバム。1曲目はジェネシス風で、2曲目はホークウィンド風だけど、そ
 れを骨太なギターのハードな演奏とツイン・キーボードの複雑(と言うよりはっき
 り言って「変」!)なフレージングで、強引に展開するところが快感。そして、熱
 唱また熱唱の4曲目(旧B1)、どうしてこんな展開になるかわからない5曲目(旧
 B2)と、もうイタリア人の強引な創造力には脱帽です。これぞロック界のファン
 タジスタ!





←こちらは2009年のSHM-CD(Belle 091600)


Opus Avantra

Opus Avantra / Introspezione? (Arcangelo ARC-7005)
  オパス・アヴァントラの1stアルバム。前衛と伝統の狭間で、退廃と憧憬の入り
 混じった究極の美を垣間見ることができます。それにしてもドネラの歌の儚さ、可
 憐さ、そして美しさにはいつも胸が一杯になります。演奏そのものはストリングス
 もフルートもピアノも結構雑なところがあるのですが、それがこのアルバムの危さ
 をさらに強調しているから、不思議です。唯一無二の瞬間に生まれた唯一無二の音
 楽。そして、永遠のドネラ...






←Strange Daysからの紙ジャケ(Strange Days POCE 1176)

Opus Avantra / Lord Cromwell Plays Suites For Seven Vices
                (Strange Days POCE 1177)
  オパス・アヴァントラの2ndアルバム('75年)。クラシック・ロックとアヴァンギャ
 ルドが違和感無く同居しているその独特の音楽性は健在、ほんま唯一無二の世界です。
 ドネラがいないのが残念ですが、音楽性は前作の延長線上。女性コーラスで歌われる
 美しい"Flowers on Pride"...もう、最高です。旧B面にはティソッコのカタルシスの
 テーマとなる美しい楽曲も入っていますが、攻撃的なチェンバー・ロック風味の展開
 があり、少々ダークで「歌」が入っていないところが、個人的にはアルバム全体の
 「萌え〜」に繋がらない理由かな?そういう意味ではBonus曲として「アルマンド」は
 入っているのは凄く大きいですネェ(^^)
Opus Avantra / Strata (Strange Days POCE 1178)
  紆余曲折の末リリースされた3rdアルバム('89年)。待ちに待ったリリースだったので
 日本盤が出たときには、速攻で買いに行った記憶があります。で内容ですが、出だしの
 ドネラの歌からもうオパス・アヴァントラの世界!ロマンチックな歌曲もシリアスなピ
 アノも、ストリングス、フルート、パーカッション...全てに独特の浪漫と彼らの核と
 なるロック色を感じます。タイトルどおり「夜のとばり」を思わせる幻想的なイメージ
 が強い佳作です。1stでは儚げであったドネラがえらく貫禄十分なのは、ご愛嬌ですが
 (笑)
Claudio Fucci
Claudio Fucci / Claudio Fucci (Trident TRI 1007)
  トリデント・レーベルの中でもとっても地味な存在のクラウディオ・フッキ(ロ
 ッキじゃないよ)のソロ・アルバム。ジャケを見るとどんな悪魔ロックかと思いま
 すが(笑)、内容はフッキの牧歌的な歌を中心としたカントリー&フォーク・ロック。
 かすかに感じるクラシカルな感覚がイタリアらしいですね。ハード・イタリアン・
 プログレ風の旧Aラス曲は印象的な名曲。