Atoll
Atoll / Musiciens-Magiciens (Arcangelo ARC-7007)
  鮮やかなジャケットが印象的なデビュー・アルバム('74年)。フレンチ・シアトリ
 カルの流れを汲む音ながら、ブリティッシュ・タイプのタイトさのあるサウンドは
 この時点で既に完成の域に達しています。ゴリゴリとした感触が3rdの頃のYesを思
 わせますが、ギターとキーボードが織り成す色彩感は格別ですな。2ndの妖しさや完
 成度はありませんが、溌剌とした演奏は気持ちよいですね。
Atoll / L'araignee-Mal (Arcangelo ARC-7008)
  私の目をヨーロッパへと向けさせたAtollの2ndアルバム('75年)。タイトなリズム
 の中を右から左から湧いて出てくるフランス語の「うねり」それが嵐になり私を微塵
 に吹き飛ばしてしまいます。1stや3rd,4thは究極の頃のYesをフランス風にしたよう
 な感じでしたが、この2ndはジャズロック風味、Crimson色もあってかなり異色な出来
 です。でも、やっぱり凄い!!
Atoll / Tertio (Arcangelo ARC-7009)
  よりシンフォニック&タイトになった3rdアルバム('77年)。吸い込まれるように広
 がるキーボードに、テクニカルに決めるギター、そして吼えるアンドレ・バルザー!
 美しくも洗練された楽曲が、ドラマチックに展開して行きます。もう、全てがかっこ
 いい。前作とかなり違う音で戸惑いますが、このカラフルさは唯一無二です。「パリ
 は燃えているか」等名曲多数の傑作アルバムです。
Atoll / Rock Puzzle (Arcangelo ARC-7010)
  '80年リリースの4thアルバム。コンパクトに、ポップになったサウンドが賛否を分
 けたアルバムですが、硬質なロック色と複雑で目くるめくアトールならではの展開は
 健在で、旧A面のブラスを入れたゴージャスなアレンジなんか、結構面白くて良いア
 ルバムだと思うんだけどなぁ。Tertioの流れを汲む旧B面も良い味出しています。で
 も実は一番好きなのは、宇宙をクルクルと飛んでいくような、ご機嫌な「スマルト・
 キッチー」。クリスチャンのギターも絶好調やし、ほんま大好きな曲です、ワン!!
Atoll / L'ocean (King 292E 2056)
  クリスチャン・ベヤのプロジェクトとして突如リリースされた5thアルバム('89年)。
 かなり打ち込みが目立っており、軽くポップなサウンドですが、美しく印象的なメロ
 ディーを聞くと、Tertioからの流れをくむAtollそのものの音なのですよん。また、新
 加入のVocalistの声が私的には好きなタイプで、クリスチャンのギターと良く合ってい
 るんですよね。ダイナミックさが無く、今一忘れ去られたようなアルバムですが、個
 人的には結構好きなアルバムです。
Atoll / Tokyo C'est Fini (King 292E 2075)
  "L'ocean"リリース直後の来日公演を収録したライブ・アルバム。選曲的には"L'ocean"
 からの曲が中心で、昔ほどのパワーは感じませんが、端正な演奏にはついつい引き込ま
 れます。「トンネル」や「夢魔」、「パリは燃えているか」は貫禄ですが、打ち込みが
 目立った"L'ocean"の曲も躍動感があってスタジオ盤以上の出来です。ベアのドライヴィ
 ングするギターがかっこいいですね。昔、半分付き合いで買ったアルバムですが(どう考
 えても怪しい来日であった)、なかなか良いアルバムだと思います。
Atoll / Illian,J'entends gronder la Terre
                
(Mesea FGBG 4531.AR)
  驚きのAtoll2003年新譜!クリスチャン・ベヤと前作にも参加していたVocalistが主体
 で製作されており、音的には前作Oceanと同傾向の音です。専任キーボーダーがいないの
 で、結構打ち込みが入っていますが、予想以上にロック色強い出来なのが意外と言えば意
 外。幾分お洒落なイメージはいかにもフランスのバンドと言った感じですが、タイトなリ
 ズムに乗って展開されるカラフルで華麗な音はやっぱりこれはAtollとしか言いようがあ
 りません。中盤のロマンチックな叙情は新境地かな。少しケルトが入っているかもしれま
 せん。それにしてもベヤのギターワークは鮮やかですな。さすがです!