Belarus  (Page-1)
Pesniary
Pesnyary / Olesya ()
  ペスニエリの'74年の作品。独特のコーラスで迫るВИАですが、ストリング
 ・アンサンブルをバックに従え、クラシカルなアレンジと叙情的なメロディー
 が心に染み入ります。独特の節回しのメロディーも良いですね。初期の彼らの
 代表作。
Pesniary / Gusliar (Boheme CDBMR 009170)
  ベラルーシ(以前は白ロシアと言ってました)のペスニエリの80年の最高作。
 とうとうCD化されました。
  とにかく素晴らしい、素晴らしすぎる!圧倒的な出来です。36分の大作1曲入り
 で、スリリングなストリングス、クラシカルなハープシコード、アトラクティブな
 ブラス隊。その中をペスニエリ独特のコーラス・ワークと朗々と歌うVocalが流れて
 いきます。スリリングにしてハート・ウォーム、荘厳にして流麗、全く予想がつかな
 いドラマチック・ワールドです。大傑作!!!
Pesnyary / The Belarussian Folk-Rock Group
            (Philips KK v KK 001)

  1994年リリースの過去の代表曲の再録アルバム。やはりロシアン歌謡&民謡風の
 曲が中心で、プログレと言うには程遠い出来ながら、キラキラとしたキーボードを
 バックにダークダックス風のコーラスで迫るところなんかいかにも辺境。まかり間
 違えればスーパーで流れるナツメロ歌謡みたいになってしまうような感じですが、
 そこを豪華なアレンジで誤魔化して...もとい、パワーアップして聞かせます。郷愁
 を誘うメロディーが良いですねぇ
Pesnyary / Don't Love Unlover
  ベラルーシのPesnyary2003年新譜!!なんとスタジオ盤と2002年Live盤の2CD
 でのリリースです。スタジオ盤の方は最近のPoohを思わすような溌剌としたポップ
 チューンで迫って来て、しっとりとしたコーラスを聞かせるロシアン歌謡を予想し
 ていて少しビックリ。後半はいかにもロシア風歌謡バラッドが出てきますが、若返
 ったイメージがなかなか良いです。Liveはグッとバラッド・ナンバーが増えていま
 すが、キラキラとした空間的なアレンジが良いですね。中間部ではDrumsソロも交
 えインスト・パートもチラっと自己主張しています(^^)
Pesniary / НАШИ ЛЮБИМЫЕ(Melodia MEL CD 60 00648)
  新世界レコードで見つけました。ベラルーシのペスニエリのBest。ジャケがあの名作
 と同じだったので思わずドキリとしましたが、Bestでした。
  選曲は1971年(多分デビューの年)から1985年と広く選曲されており、ポップながら
 もベラルーシの大地に木霊するかのように響く哀愁のこもったメロディーを独特のコー
 ラス・ワークで歌っていきます。キーボード・メインのバックもこれが結構テクニカル。
 こういうハート・ウォームな感覚が名作"Gusliar"に繋がって行くんだなぁと思いました。
Syabry
Syabry / ВСЕМ НА ПЛАНЕТЕ
  ベラルーシのВИАバンド,シャブリのプログレ・ファンにお馴染みの'77年のア
 ルバム。基本的には旧ソ連の典型的な歌ものコーラスВИАですが,ホーン群を中心
 としたバッキングがなかなか不思議な味わい。キーボードとヴァイオリン,ホーン
 のドラマチックな掛け合いや、強引なキメまで聞かせ,一気にプログレ色を増すパ
 ートには痺れますね(^^)
Syabry / Live Water
  '82年作。ベラルーシの雄大な大地を思わせるキーボード・オーケストレーション
 で始まり、独特のスラブ歌謡を聞かせながらもドラマチックに迫ります。哀愁のメロ
 ディーに、壮大なキーボード...ペスニエリと言い、このシャブリと言い、普通の歌
 物なんだけど、一回引き込まれたら抜け出せない良さがあります。
Syabry / Rustle,Birches
  '85年作。キラキラとしたキーボードを前面に出したベラルーシ歌謡と言った感じ
 で、ペスニエリでも聞かれた独特のコーラス・ワークが魅力です。ほんま、野暮った
 い歌謡曲風なのですが、ここまでフィーチャーして良いの?ってなぐらいにキーボー
 ドが活躍しているのですよ。ちょっとクラシカルなスラブ・メロディーも良いです(^^)
 CDは盤落としなのが残念。
7 Ocean
7 Ocean/ The Mysterious Race (Mals 270)
  ベラルーシの驚愕のキーボード・トリオの1stアルバム(2008年)。キャッチーな
 曲想とテクニカルなキーボードをフィーチャーした正統派シンフォニック・ロッ
 クながら、奇妙なフレーズの展開が意表を突きまくり。不気味でスペイシーでエ
 キゾチックながら徹底して正統派なのが,さすがベラルーシ!いかにも東欧風の
 ぶっといアナログ・シンセの音もサイコー。キャッチーさのある音はスポックス・
 ベアード,フラキンの亜種でもあり直系でもあると言えます。まぁ,凄いバンドだ。
The Worm Ouroboros
The Worm Ouroboros / Of Things that never were
                 (Fading FAD011)

  ベラルーシの新人,2013年リリースのデビュー・アルバム。時としてカンタベ
 リーな歌メロやオルガン,時としてクリムゾン型変拍子,時としてダーク・チェ
 ンバーと,振幅の広い音を聞かせますが,全体的には丁寧に作られた端正なシン
 フォニック・ロック。どこか英国的な気品を感じるのも良いですね。