Bolivia (Page-1) 
Wara
  オレンジパワー誌で紹介されて以来、ボリビアにプログレッシブ・ロックがあるかどうかはいろいろ議論があったの
 ですが、今回目出度くWaraの1stアルバムがCD化され、「やっぱりボリビアにもあった」ことがわかりました。それど
 ころかその内容が良いこと。いやぁビックリしました。
  Waraの他の作品は、1stとはがらりと変わって変なフォルクローレで、これをプログレと呼ぶのは無理があるので
 すが、辺境中の辺境サウンドがマニア心を射止めます(^^;)。ただ、我が国で発売されているフォルクローレのアルバム
 と言うのは、ウニャラモスにしてもエルネスト・カブールにしても超絶技巧の名手ばかりで、フォルクローレ版マクラ
 フリンかディメオラかと言う感じなんですが、当然向こうの国には「それほど超絶でない」バンドもいるわけなんです
 ね。今回、技巧とか名人芸とかとは違うフォルクローレを聞いて初めてそれがわかりました(笑)。やはり、なんにし
 ても現地盤を聞かとアカンですね。ただ、WaraはWaraでこれがまた別の意味で普通じゃないのですが...(^^;)

Wara / El Inca (Discos Heriba CD 513)(1st)
  Waraの伝説の1stアルバム。ヒープ調のVocal、バカロフ風のストリングスにヘヴィで邪
 悪な演奏と来たら....!!!!
  もうこの音は初期New Trollsじゃないですか!まるで「頬をぬらす滴」とコンチェルト・
 グロッソが合体したような音の1曲目。コンチェルト・グロッソのB面がまともになった
 ような(^_^;)2曲目以降。メロディーも良いし、歌も旨い。なお、この正規Discos Heriba
 盤はマスター・テープからのCD化で、音も良くなって最高です(ジャケが変わったのが残
 念ですが)



→ Wara / El Inca (S-N 18)
  妖しいレーベルSamplerから出ていたCD。オリジナルのジャケットはこちらに近いです
 が、盤落としで少々ブーミーなのが残念。と言いつつ、もともとのオリジナルLPの音っ
 てこんなんだったかもね?(オリジナルLP盤はミントなら外車が買えるほどの値段がする
 そうです)
Wara / Maya (Discolandia CD-13822)(2nd&3rd)
Wara / Paya

  “Hichhanigua Hikjatata"(今、見つけられなければならないもの)シリーズの第1作目
 "MAYA"と第2作目"PAYA"の2イン
1。全19曲タップリ70分以上入ってます。
  全体的な印象はもろフォルクローレでド・フォルクローレなんですが、MAYAの前半部の組曲
 は楽器こそフォルクローレながら、Vocalの歌い方がカンタウトーレ調で不思議
な雰囲気であ
 る。しかも、雰囲気が暗い。おまけにBASSの乗りが全くフォルクロー
レのグルーブと違う
 と言うわけでボリビアン・カンタウトーレ風の独特の雰囲気に
なっています。
  その後、MAYAの後半部は延々とフォルクローレが続いて、PAYAの前半部も同じ感じ。しかし
 ながら、PAYAの後半部になるとDrumsが入るは民族楽器のストロークの上にシン
セのソロが乗る
 はと、特に16曲めなんぞは南米を代表する名曲であると言いたい。
畳みかける民族楽器に丁
 度スピネッタのような雰囲気のVocalそしてシンセ・ソロ。こ
れは完全にプログレです。凄く
 かっこいい。インヴィジブルの3rdの曲と比較しても全
くヒケをとりません(^^)。
Wara / Quimsa (Discolandia CD-13977)(4th)
  Waraの4thアルバム('78)。1曲目がユーライア・ヒープの"The Park"を完パクして
 しまったフォルクローレ組曲で、ボリビアの土着フォルクローレの間にあの叙情的な
 名曲をはさんでしまったと言う怪作。一体全体これは何?でも意外といけます。他の
 曲も相変わらずの暗〜いフォルクローレです。ますます快調?(^_^;)
Wara / Pusi (Discolandia CD-13977)(5th)
  Waraの5thアルバム('82)。かなりバランスの良い歌ものフォルクローレアルバム
 に仕上がっています。前作みたいな変な暗さも無いし、結構聴きやすいアルバムで
 すね。最後の曲は10分以上の大作ですが、土着的と言うより祭囃子のような感じ
 の曲です。
Wara / Oriental & Pheska (Discolandia CD-LE-504)(6th&7th)
  6thアルバム"Oriental"と7thアルバム"Pheska"の2in1CD。"Oriental"は例の
 "Hichhanigua Hikjatata"シリーズでは無くて、全然別のテーマによるもの。全編イ
 ンストで、イージー・リスニングのスタンダード・ナンバーのカバーがメインの不
 思議なアルバム。フォルクローレ色もあまりなく、なんとなくスーパーのBGMの
 ような出来です。
  "Pheska"は"Hichhanigua Hikjatata"シリーズの5作目でアイマラ語で数字の5を
 意味しています。4作目で明るい曲調の歌物フォルクローレに方向性を変えた彼ら
 ですが、本作品もその延長線上にあり、大らかに歌い上げるメロディーはなかなか
 のもの。特に旧B面にあたる後半が良いですね。
Wara / Sojta (Discolandia CD-28)(8th)
  ケーナ奏者のロランド・エンシーナス、菱本浩二を迎え、ややロック色を増した
 7thアルバム。フォルクローレ色が強いバックは相変わらずですが、歌の感じがカン
 タウトーレ的になってきて歌物としての魅力が上がっています。後半はロック的だ
 けど3rdの後半部みたいなプログレ色は希薄。良くも悪くも中庸な感じが増してい
 ます。それでもリフレインが印象的な5曲目なんかフォルクローレかと思っていた
 らPhillip Glassの曲だったりして、やはりWaraだなぁ(^_^;)と思った次第です。
Wara / Paqallqu (Inbofon CDI-30106)(9th)
  Waraの8thアルバム('97)。印象的なメロディーを活かした歌もの的なアルバムです。
 前半はかなりフォルクローレ的ですが、ロックバンド風の構成の後半はカンタウトーレ
 的でもあります。菱本浩二さん大活躍ですね。
  ちなみにボリビアの人々がインカ帝国に征服される以前に使ってた言葉をアイマラ語
 と言いますが、アイマラ語での数の数え方が、1“Maya”、2“Paya”3“Quimsa”、
 4“Pusi”、5“Pheska”、6“Sojta”、7“Paqallqu”となっています。“Hichhanigua
 Hikjatata"のシリーズはこのアイマラ語のタイトルなので、シリーズ何作目かわかるよ
 うになっています。(
El Incaがあるので+1をするとWaraのアルバムは通算何枚目も
 わかるのですよん。)
Wara / Wasitat Jirisinasawa (Deposito Legal 4-4-124-1)(10th)
  ボリビアのWaraの2001年の作品(9th)。Waraのグループ結成30周年記念アルバムです。
 で、内容ですが、これがあの1stアルバム"El Inca"の再録Versionとなっており、暗くハー
 ドな印象が強かった1stアルバムの楽曲が、キーボードやヴァイオリン、オーボエをふんだ
 んに入れ、カラフルで実にシンフォニック&クラシカルなアレンジで蘇っています。1stア
 ルバムの時は入っていなかったフォルクローレの楽器の導入もいかにも南米風。それが1st
 の持つハード・プログレッシブ的な印象を残しながらさらに多彩な印象になっているのが、
 素晴らしい。辺境ファン大必聴!!!これを聴かなくて何を聴く。
(2002 8/17)
  今、気がつきました。このCDはマルチメディア仕様になっていまして、動くWaraが見ら
 れます。内容はこのアルバムのLiveなのですが、テイクはLiveテイクやし、1曲目の"Realidad"
 なんか、もうこれはヒープかニュー・トロルスでしょうってな演奏でもう卒倒もの。2曲目の
 "Wara"は1stアルバムに近いヘヴィ・オルガン・ロックだもんね。ビックリするぐらい正統的な

 演奏です。昔からWaraを追っている私には夢のようなCDでした(^^)。いや〜ほんま。(8/23)
Wara / Oruro (Deposito Legal 4-4-58-02)(11th)
  Waraの2002年新譜。ジャケにTradicionalとあるようにフォルクローレ路線に戻っ
 ていますが、かつての暗めの路線では無くなって、かなりモダンで明るいアレンジ
 になっています。でもね、内容はかなりフォルクローレしているので、プログレ・
 ファンには少しきついかな?
  なお、オルーロとはリオと並ぶ南米最大のカーニバルで知られるボリビア中部の
 鉱山町のこと。どうもそのカーニバルがこのアルバムのテーマのようです。
Wara / Takhisar Kutkatasa (Discolandia DVD-L-023)
  2006年6月25日,26日の首都ラパスでのライブを収録したDVD。で、
 これが素晴らしい出来!You Tubeにアップされているような映像とは違い、ステー
 ジも明るく。カメラ・ワークもバッチリです。選曲も1st"El Inca"から9th
 "Paqallqu"までほぼ満遍なく14曲。最初はフォルクローレ風で始まりますが、
 フォルクローレやっててもロック乗りがあったり、フォルクローレ乗りから一気に
 ロック乗りに変わったりと自在でヴァリエーション豊かなワラの魅力がタップリ味
 わえます。 キーボード・ソロから、日本人の福西さんを2ndケーナに迎え、ケーナ
 ×2、サンポーニャの9人編成の華麗な合奏へと畳み込む3rd"Paya"からの
 "Encontrarte"なんか鼻血もの。もちろん歌も良し。あと"Paqallqu"収録の"Nacimiento
 de la Energia"の幻想的な始まりからフォルクローレ・ロックへの展開、そして、
 続いてプログレ・ハードな1stの"Wara"へと流れる見事さ。もう熱演に次ぐ熱演!
 その他にもステージでダンスを披露したり,テレキャスター風エレキ・チャランゴ
 を弾いたりとエンタメとしても楽しめます。ワラがFiccion(融合)を目指したバンド
 だというのが良くわかるDVDです。とにかく、かっこいい!! 収録曲は1stから
 1曲,2nd 2曲,3rd 1曲,5th 2曲,7th 2曲、8th 2曲,9th 3曲と言う内容。
(追伸)
 オルーロのカーニバル等が収録されたBonus映像も最高でっせ。
Renovacion Wara
Renovacion Wara (Discolandia CD-LE-14094)
  Waraのギタリストが結成した新バンドの2002年新譜。最初の3曲は完全に普通の
 フォルクローレですが、4曲目以降はキーボードやギター、ドラムスを導入したロ
 ック風味のフォルクローレになっています。Ken Hensleyの曲を取り上げたり、かな
 り新しい試みをしているのですが、Waraのような「はずれた」感じがしないのが不
 思議です。普通にやってもWaraはなんとなく「変」なのに、こちらのWaraはいろい
 ろやっても「普通」なんですねぇ。何故だろうか?
Others
Los Kjarkas
Los Kjarkas / Sol de Los Andes (Lauro LCD 0318)
  ボリビアのLos Kjarkasの2000年の作品。プログレ系のアルバムと言うことで入手した
 のですが、このアルバム完全なフォルクローレです(^^;)。全然プログレ色も、ロック色
 も無いゾー。でも、全編しっとりとしたバラッドで占められており、じっくりと哀愁の
 メロディーに浸れるところが、不思議と良いですね。一言で言えばバラッド・フォルクロ
 ーレかな?...なんか良いんだよなぁ。
Inti
Inti / Entre Culturas (Discolandia CCD-55)
  ボリビアのInti。タイトルはBetween Cultureの意味だそうで、世界各国の音楽から
 さまざまな影響を受け、それを南米風フォルクローレに溶け込ませています。でもね、
 このバンドムチャクチャ暗いぞぉぉ。なんでアンデスのバンドがここまで暗いんやぁぁと
 思わず唸ってしまいます。ロック的な部分はほとんど無いけど、この暗さと強引な展開
 がプログレ・ファン向けかな?何故かノルウェイまで行って録音した曲も含まれていま
 す。摩訶不思議な作品。