Bulgaria   (Page-1)
 ブルガリアのバンドの特集です。ブルガリアのバンドってFSBに代表される
ように、辺境的なイメージが少なくて英米の産業ロック的な音作りのバンドが多
く、それが逆にユーロ・ファンから敬遠されがちだったように思います。それで
も70年代後期から80年代初期のアルバムは結構泣きの曲があったり、「やっ
ぱりバルカンだなぁ」と思わせる要素があったりとなかなか捨てがたい物があり
ますね。録音状態の良いアルバムが多いのもまた魅力です(^^)。
 と言うことで、ブルガリアと言えば。やっぱりとにもかくにも
FSBですが、
21世紀になり真プログレ系の超人が現れました。それがNelko Kolarov。ブル
ガリアでは売れっ子コンポーザー&キーボード奏者として活躍していますが、3
枚リリースしたソロ・アルバムでの大仕掛けの圧倒的シンフォニック・ロックが
素晴らしい。まさに驚異的アーティストです。
 もちろん
FSBも、初期2枚のToto+Yes的なクリアなプログレッシブ・ロック
から、中期・後期の、I Poohを思わせるポップでテクニカルな音楽性まで、魅力
十分に聴かせます。
Nelko Kolarov
Nelko Kolarov / Day of Wrath (UBP 039)
  ブルガリアの新鋭バカテク・キーボーダー。ジャケから受ける印象はアカ
 デミックでシリアス系かな?と言った感じですが、そこはさすがにFSBを
 生んだブルガリア、垢抜けた親しみやすいポップ性とSF的な大掛かりな仕
 掛けが素晴らしい作品でした。リフの作り方なんか(絶対に)Dream Theater
 の影響大やし、徹頭徹尾かっこいい!!全てのプログレ・ファンに聴いて欲
 しい大傑作アルバム!!!.
Nelko Kolarov / Srednoshten koncert
  ブルガリアでは多くのアーティストに楽曲を提供しているNelkoのセルフ・
 カバー・アルバム(2002)。多くの有名Vocalistをゲストに迎え,彼の透明
 なキーボードを活かした,ブルガリアらしいポップロックを聞かせてくれま
 す。感覚的にはFSBI Poohに近いお洒落なAORと言った感じですが,哀愁
 に満ちたカンタウトーレ風のバラッド・ナンバーもあって、これがまた魅力
 的。
Nelko Kolarov / Enchanted Scenes
           (MK No 54923/27042010)

  ブルガリアの超絶キーボーダーNelko Kolarov3rdアルバム(2010)
 1st
アルバムの流れを汲む,超絶技巧キーボードを活かした圧倒的なシンフォ
 ニック・ロックを聞かせてくれます。雄大なキーボードとハード・エッジなギ
 ターを中心に,男性クワイア,女性ブルガリアン・コーラスまで加え,メロ
 ディーの幅はクラシカルでヨーロッパなものからエキゾチックで中近東,アラ
 ブ的なものにまで広がり,彼の感性は自由に大きく飛翔して行きます。引き気
 味の終盤がやや意外ですが,名作1st並みの大傑作です。
FSB
FSB / Non Stop (UBP 023)
  FSBの1stアルバム。アナログ・シンセが山積みになっているジャケ
 が印象的ですが、内容的にもキーボードをフィーチャーしたスペーシーでフュ
 ージョン色のある演奏となっています。...が実はこのアルバム全8曲中2曲
 がパトリック・モラーツのカバー、3曲がGentle Giantのカバーとなっていて
 どちらかというとカバー・アルバム的なニュアンスが強いですね。まだ試行錯
 誤と言ったところかな?
  それにしてもGentle Giantのカバーですが、Free Handとかはわかるけど、
 The Power & the Gloryというシングル曲までやっているのにはビックリ。私
 だってCDのBonusトラックで聴くまでは全く聴けませんでした。どうやって
 手に入れたんだこの曲?ひょっとして彼らはマニアか(笑)
FSB / II (UBP 024)
  プログレ・ファン向け最高作と名高いFSBの2nd。シンセを中心としたス
 ペイシーでゆったりした曲と、畳みかける迫力抜群のジャズ・ロック・チュー
 ンでバランス良く構成されています。特に旧B−3〜4の雄大なシンセをバッ
 クにした女性スキャットから、壮絶でテクニカルなジャズ・ロックへ移行する
 場面は、爽快かつスリリングでとてもかっこいいですね(^^)。ただし、ちょい
 とファンキーな部分もあるので、この辺が好みを分けるところかな?。
FSB / The Globe (UBP 025)
  80年発表の3rdアルバム。オリジナル盤は音質向上のため45回転でリリ
 ースされたとかで収録時間が20分あまりしかありません。
  で、内容ですがこのアルバムから5人編成となり、Vocal主体のポップなサ
 ウンドになっています。さわやかなVocalはやはり後期I Pooh風なんですが、
 ツイン・キーボードを主体としたテクニカルな演奏は前作の延長線上にあり
 ます。あと、少しばかりフュージョン色も聞かせるのは新境地でもあります。
FSB / 78 r.p.m. (UBP 026)
  4thアルバム。こちらも20分あまりしかありません。内容も前作の延長
 線にあって1曲目からいきなりキャッチーなフレーズが全開。ただ、バック
 の演奏は非常にテクニカルで当時のクロスオーバー&フュージョン系のサウ
 ンドで迫ります。メロウ、リズミカルをひきわけるツイン・キーボードのセ
 ンスも良いですね。
FSB / FSB VI (UBP 027)
  5th?アルバム。やはり同傾向のポップな音ながら、このアルバムからは
 フュージョン色が消え、プログレッシブ・ハードな音になっています。そう
 いう意味ではまさしく「後期I Pooh+TOTO」。旧B面はかなりシンフォニッ
 クでびっくり。良いですよ。
FSB / Ten Year After (UBP 028)
  10周年記念アルバム。前作B面からの流れでシンフォニック・ポップな
 音になりました。タイトル曲の名曲Ten Year Afterの再録も良いけど、他の
 曲も名曲揃い。「II」のテクニカルインスト風味がそのまま歌心のあるメロ
 ディーに溶け合ってポップになった。そんな感じのするアルバムです。名盤。
FSB / In Concert (UBP 029)
  ブルガリア国内の経済情勢の悪化のため、なかなかCD化されなかった名
 作"In Concert"がようやくCD化されました。本当に待望です。内容的には
 今までもあちこちで書いていますが、TOTOをバックにI Poohが歌うような、
 お洒落で都会的なポップ・サウンドを、これまた見事に洗練された演奏で演
 じると言った内容で、特にこのLiveではインスト・パートに充実ぶりが素晴
 らしいです。選曲的には"VI""Ten Year After"からが中心ですが、スタジオ
 盤以上の迫力はまさに彼らの最高作と言えるでしょう。
FSB / I Love You Up To Here (UBP 042)
  84年リリースの8thアルバム。今のところ最後のオリジナル・アルバムとな
 っています。音的には後期FSB特有の爽やかなメロディーを活かしたI Pooh風
 のものなのですが、80年代特有のゲート・エコーや打ち込みビシバシで、
 ちょいとやりすぎなのでは?と思えるところに、微笑ましさがあります(^_^;)。
FSB / Single Collection (UBP 043)
  デビュー前('75年)から91年までのシングルを集めたコンピレーション。
 80年代以降の曲はI Poohにも似た爽やかなコーラスと垢抜けたメロディー
 が印象的なこれぞFSBサウンドとも言うべき音なのですが、デビュー・アルバ
 ム以前の曲もVocalが入る曲は後期FSBと同傾向の曲が多くて、インスト主体
 →ポップなVocal路線と進んできた彼らにしては意外な感じがします。そして
 何よりの驚きはPFMの「セレブレーション」と「9月の印象」のカバー!
 やっぱり、ルーツはここだったんか!!と妙に納得しましたです。
FSB / Ballad (UBP 032)
  FSBのバラッド集。以前、後期FSBはI Pooh+TOTOと書きましたが、バラ
 ッド集となるともうI Poohそのもの。Vocalパートを回したり、声の張り上げ
 方とかキーボードの使い方とか絶対意識してますよ、ほんま。選曲的にも
 Anthologyにも入っていない曲もあってマニア心をくすぐります(^^;)。で、最
 後の締めは絶対この曲!"Ten Year After"ね(^^)


FSB / Anthology Vol.1〜3(UBP)
  ブルガリアのFSB。まず一言。全く予想と違った音でした。ここまであ
 か抜けていてメジャーな音作りとは本当に意外!びっくりしました。
  70年代の曲はオレンジ・パワー詩にも書いてあるように、ややフュージ
 ョンがかったプログレッシブ・ロック系の音。Yes(90125)+TOTO+Weather
 Reportと言うのもうなずけます。
  80年代前半は、これがTOTOとI Pooh、後期New Trollsが合体したような
 音で、とにかく歌とハーモニーが素晴らしい。「TOTOをバックにI Poohが歌
 う」,ほんまにそんな感じのユーロ・プログレッシブ・ポップスです。つい口
 ずさんでしまうようなメロディーがスペイシーに雄大に展開します。
  80年代後半になると、同傾向のサウンドでありながら、キャッチーなメ
 ロディーがいきなりブルガリアン・ヴォイスになってしまうような無茶苦茶
 な展開の曲もチラホラ。まさかと思ってましたが、さすが本家本元こういう
 展開もあるのね(^_^;)
  Anthology全体の出来で言えば、やはり名曲"Ten Years After"を含むVol.1
 が一番良いかな。Vol.3も展開の早い曲がそろっていて聞き応えありますが、
 Vol.2はバラード系が多くて少し単調?それとエンハンスドCDの部分はきっ
 ちりとプロデュースされたビデオ・クリップが入っていて、本国ではスタジ
 アム級のウルトラ・メジャー・バンドである彼らの映像が堪能できます。
 (このクリップを見ると、各楽曲の良さがさらにわかると思います。出来が良
 いですよ(^^))
  70年代の曲目当てで購入しましたが、実は80年代のユーロ・ポップス
 路線にぞっこん惚れてしまった私です(^_^)v
Konstantin Tzekov
Konstantin Tzekov / The Wings of the Fishes (UBP 033)
  FSBのキーボーダーKonstantin Tzekovの2000年のソロ・アルバム。前
 半はまるでI Poohのメンバーのソロのように、都会的で落ち着いたAOR。
 東欧的な翳りのあるメロディーが良く、柔らかいキーボードに柔らかい声が
 乗ってお洒落に聞かせてくれます。一方、後半は幻想的なワールド・ミュー
 ジック風の組曲になっていて、キーボード主体のインストはなんとなく喜太
 郎をこじんまりとさせたような感じかな。こちらもお洒落なセンスで聞かせ
 ます。
Others
Diana Express
Diana Express / Best of (M.C. No1033A/29.07.98)
  Diana Expressの94年リリースのベスト・アルバム。プログレ&辺境ファ
 ンに有名な1stアルバムから5thアルバムまで、1〜3曲づつと満遍なく選ば
 れています。主体となるのは3rdアルバム以降のラブ・ロック調の曲で、演歌
 系の泣きのフレーズが出てくる所などさすが辺境ブルガリア。それでもシン
 フォニックに迫る曲は哀愁に満ちていて聞き応え十分。ブルガリアのバンド
 らしく録音状態も良いのもポイント高いです。
Diana Express / Gold Collection (StefKos SM0502087)
  Diana Expressの2006年リリース20曲入りベスト・アルバム。最初の15
 曲はラブ・ロック調の作風の3rd('81)〜6th(2002年)からで、3rdから6曲、
 4th('82)から2曲、5th('84)3曲、6th1曲、シングル曲2曲、未発表曲1曲
 と言う内容。同じブルガリアのFSBの後期の頃と同じような洗練された甘
 いメロディーのラブ・ロック&ポップスです。ラスト5曲は辺境ファン待望
 の1st('74),2nd('75)から。エキゾチックなメロディーが魅力的ですが、どこ
 となくもっさりとした感じがいかにも辺境。3rd以降とは音楽性が随分違って
 います。チャイルド・イン・タイムの中盤のようなかっこいいオルガンが秀
 逸な1stのラスト曲はほんま名曲です。
Shturcite
Shturcite / The Taste of Time (GMP 006)
  シュトゥルジーテの第4作目。プログレ・ハード系の泥臭い曲とエキゾチ
 ックなメロディーラインの構成がよく考えられた曲が混在していますが、や
 はりバラッド系の曲が魅力的です。そういう意味ではもっとメロディアスに
 バラッド主体の構成の方が良かったかもしれませんが、こういうバタバタし
 たところがあるのが、辺境の醍醐味だと思います、うん(^_^;)。
Shturcite / Rider
  Shturciteの'85年のアルバム。プログレッシブ・ハードと言う触れ込み
 でしたが、どちらかと言えばポップでキャッチーな産業ロック風味。5曲
 目と7曲目のバラッド・ナンバーが凄く良いのですが、これは例のバラッ
 ド・ベストに収録されていたのでした。FSBぐらいメロディが良ければもっ
 と楽しめたのにナァ。
Shturcite / 30 Years (070193)
  ブルガリアのシュトゥルジーテの新録6曲と'97年のLiveを含む現在のと
 ころの最新作('98年)。新録の6曲は後期FSBに通じるようなお洒落なA
 ORといたないおやじロック(味のある産業ロックと言いたいけど(笑))が
 混ざったような感じで、まぁ「シュトゥルジーテが年を取るとこうなるだろ
 うなぁ」と言う出来。でも3曲目のしっとりとしたバラッドはピカイチで
 す。Liveはどちらかと言うとバラッド名曲選的な選曲なのですが、なんか
 枯れていて、なかなか原曲が思い出せませんでした(笑)。
Shturcite / Best Ballads '68-80 Vol.1&2 (GMP 011&012)
  バラッド・ベスト。マスタリングが新しくなってThe Taste of Timeから
 の曲も迫力が増しています。全体的に80年代後半の曲が多めでやはりベ
 テランの味と言うか完成度も高いですね。こういう選曲になるとブルガリ
 アと言うか東欧のバンドはエキゾチックさとメロディーの濃さが前面に出
 てきます。Shturciteを聴くのならやはりこのバラッド・ベストが最適かな?
 (ただし、同傾向の曲が多くて今一メリハリが無いのが残念ですが...(^^;))
Signal
Signal / Between Heaven and Hell (ARA CD 062)
  シグナル全盛期の1枚と言える'94年リリースの9thアルバム。「天国と地獄」をテ
 ーマにしたトータル・アルバムで,哀愁のメロディーを活かしたプログレ・ハードな
 音作りが心に響きます。ブルガリア語のイントネーションを活かした泣きのメロディ
 は"Wind of Change"の頃のスコーピオンズか,90年代に復活したオメガかと言うぐ
 らい。それどころか,完成度はこちらが上かも?良いアルバムです。
Signal / The Best of Signal (UBP)
  エキゾチックなメロディーとソリッドなリフが特徴のメロディアスなハー
 ド・ロックを聞かせる彼らの'94年リリースのベスト・アルバム。。同年代
 のバンドとしてスペインのMedina Azaharaらがいますが、独特の節回しなど
 結構似ているものがありますねただし、こちらはブルガリア特有の洗練され
 た冷ややかな感覚があって、不思議と垢抜けた感じがします。なんとなく
 NWBHMを思わせるようなところもあるのが私好みだったりします。
Signal / Flowers Golden Ballads (UBP 014)
  '98年リリースのオーケストラを交えた新録バラッド・ベスト。もともと
 洗練されたメロディアス・ハード系の音が持ち味の彼らですが、今回は新録
 と言うことで洗練度はさらにアップ。ハード色は極力押さえ、まろやかなバ
 ラッド集に仕上がっています。ただし、あまりにも綺麗綺麗な出来なので、
 個人的にはもう少しメリハリがあっても良いかなとも思ってます。
Signal / Signalistica (UBP)
  シグナルの1999年のアルバム。ハードな音作りの中にも叙情的なメ
 ロディーが活きていて、歌がグンと入ってくるところはもうイタリアン・
 ラブ・ロック並の情熱を感じます。ブルガリアらしい録音状態の良さもま
 た良い。
  ヴィデオ・クリップも貴重な話が一杯ですが、観客の熱狂度もまた凄い
 ものがあります。
Factor
Factor / Selected (UBP)
  ユーライア・ヒープを思わせるハード・シンフォのFactorのBest。感覚
 的にはユーゴのバンドのイメージに近い音でエキゾチックな「泣き」で攻
 めるところはほとんどDrugi Nacinです。同じくらい哀愁がこのバンドに
 もあります。
  Bestと言いながら曲によって結構ばらついていますが、良い曲はとこと
 ん良い!3曲目、8曲目なんかもう最高(^_^)
Factor / Do nocregen yac (MK 7844/14062000)
  メロディアスなハード・ロックが持ち味のFactorの今のところの最新ア
 ルバム。最初の出だしが最近のI Poohみたいな感じですが、すぐにハード
 色が出てくるところが彼ららしいところ。全体的にハード・ロック乗りの
 I Poohみたいな感じですが、垢抜けたお洒落な産業ロック風のプロフェッ
 ショナルさがいかにもブルガリアですね。
B.T.R.
B.T.R. / B.T.R. (PolySound PS970719 001-1)
  98年リリースの4thアルバム。結構メタル色が強い。というか、ほと
 んどメロディック・メタルである。やっぱし、制作年が新しいと言うこと
 も関係しているのかもしれませんが、結構西側の音になっていてビックリ。
 バラッド系の曲がグッド。
B.T.R./ 7 Banagu (Polysound PS 983222 055-1)
  ベスト・セラーとなった'98年リリースのミニ5thアルバム。タイトルど
 おりのバラッド曲集で,全編にわたってB.T.R.らしい甘く,爽やかなロッ
 カ・バラッドを聞かせてくれます。ブルガリアのバンド特有の、西欧風の洗
 練された音ですが,ブルガリア語の歌は東欧の風情がたっぷり。 アコース
 ティック系からメタル・バラッドまで幅広く音楽性も魅力。代表曲
 "Спасение(Salvation)"収録。
B.T.R. / Meshti (Polysound PS 994626 080-1)
  '99年リリースの6thアルバム。2ndアルバムが大ヒットした彼らですが
 (3rdはバラッド・ベスト)、このアルバムも2ndアルバムの延長線上にあ
 りながらも、さらにメリハリの効いた完成度の高いアルバムに仕上げられ
 ています。叙情的な曲の広がりやハードな曲の乗り等どの曲もメロディが
 良くてアルバム全体にまとまりがありますね。
B.T.R. / The Game (VR 200203-2)
  またもや充実作となった2002年リリースの7thアルバム。絵に書いたよう
 なメロディック産業メタルですが,それ程、臭メタルにならない洗練された
 音が特徴か?そして,ブルガリア語の節回しによるエキゾチックな東欧感が
 没個性にならない味わいを醸し出しています。21世紀らしいエレクトロな
 音作りも良いですね。
Ahat
Axat / Pohodat (Harbour Island HIR 2003 001 CD)
  ブルガリアのメロディアス・メタル・バンド2003年の作品。ソリッド
 でメロディアスな典型的なメタル・サウンドですが、カラフルでスピー
 ド感溢れる音は、非の付け所無し。テクニックも申し分ないしね。エキ
 ゾチックさは全然ありませんが、ブルガリアらしい垢抜けた音が、サウ
 ンドにマッチしています。
Elite
Elite / Confused World (UBP 017)
  Eliteの新譜。このバンドもブルガリアらしい、あか抜けた感性があり
 ます。最初の数曲はメロディアスなハード・ポップなのですが、中〜後
 半にかけてハード・ロック的なテイストが強くなります。その中でもバ
 ルカンのエキゾチックさが強く出た5曲目、12曲目は異色な出来なが
 らも、辺境ファンを思わず唸らせる佳曲です。
Music Station
Music Station / Shaping (UBP 041)
  ブルガリアのUBP Internationalが強力にプッシュしているプログレッ
 シブ・ハード・ロック・バンドの2003年バリバリの新譜。Dream Theater
 が引き合いに出されますが、彼らはもう少し緩めの演奏で、その分メロ
 ディアスな部分を前面に出しています。1曲目、2曲目の組曲での目く
 るめく展開はそれなりに良いのですが、後半は少々単調な展開で、もう
 一工夫欲しいような気が...それと、シンフォ系お約束の7拍子シンセの
 フレーズとかは彼らの方向性とは違うような気がします。
V.A.

Vol.1

Vol.2
V.A. / Rock Ballads Forever Vol.1
          
(PolySound PS993890 068-1)
V.A. / Rock Ballads Forever Vol.2
          
(PolySound PS995430 083-1)
  ブルガリアのバンドのバラッド・ベスト。BTR、Signal,Factor、
 Shturciteと言った有名どころから、良く知らないバンドまで、どの曲も
 ただ綺麗なだけでは無く、構成がよく考えられたドラマチックなナンバ
 ーが収められています。
  しかし、ほんまレベルが高い!ビックリしまっせ!