Can
  ハンマービートの代名詞Can。確かに反復系クラウト・ロックですが、ダモ・鈴木はヒッ
 ピー&フォーク系であって、このアンバランスさが独特の個性となっています。その個性の
 違いが両立しているのが
Tago Magoで、Canがダモを飛び越えているのがFuture Daysです。
 故に両方とも名盤と言われています。後期の変てこ&かっこいいワールド・ミュージック
 
Saw Delightも実は良いアルバムなんですけどね。


Can / Monster Movie (Spoon SA4)
  '69年リリースのデビュー・アルバム。とにかく全てがここから始まったぁ〜。ハンマー
 ・ビートの反復リズムの瞑想感とマルコムのもたらす原始感とでも言うよう変なギクシャク
 乗りが素晴らしい!"Father Cannnot Yell"や"You Doo Right"のリズムは理知的な暴力を煽
 動し、ひたすらかっこいい。"Mary,Mary So Contrary"や"Outside My Door"のポップさは逆
 に可愛いですね(^^)






→2005年国内盤紙ジャケ(P-Vine PCD-22201)
  ディスク・ユニオン レプリカ帯付。帯は80年代に出た時のもので、煽りは80年代の
 New Wave少年に向けてのもの(笑)





→2010年国内盤紙ジャケ(P-Vine PCD-18602)
  Blue Spec CD盤。空間が広いマスタリングで、気に入ってます。

Can / Soundtracks (P-Vine PCD-22202)
  '70年リリースの2ndアルバム。このアルバムからダモ鈴木が参加。実は私の一番好きなア
 ルバムです。しかも、特に気に入っているのがA面の小曲だったりします(^_^;)。けだるい
 Karoliのロング・トーンのギターにトコトコトコと斬新(^^;)なJAKIのタイコ、そしてそこ
 らの浮浪者のおっさんが歌っているようなダモの歌(^^;)。どれもほんま素晴らしい(^^;)。
 こういうイメージが次の"Tago Mago"の1枚目まで続きます。あ!もちろん"Mother Sky"も
 最高!ハンマー・ビートかっこよすぎです(*^_^*)。彼等のアルバムの中では一番聴きやす
 いアルバムじゃないかなぁ。




→2010年国内盤紙ジャケ(P-Vine PCD-18603)
  Blue Spec CD盤っす。音良い、ビックリ!自然でリアルだ。


Can / Tago Mago (Mute 9273-2)
  '71年リリースの代表作3rdアルバム。前作から続く乗りの旧A面はとにかく最高。1曲目
 のスピード感、2曲目のへんてこリズム、3曲目は日本語詞が最高の「オー・イェー」だぞ
 う。もうかないません。リフレインが印象的な旧B面の大曲"Halleluhwah"はダモ在籍時の
 全てが凝縮したようですネ。呪術的ハンマービートここに極まれり!ところが2枚目以降は
 一転してこれまでのCanに無い実験性を聞かせてくれます。旧C面全てを使った"Aumgn"
 はミュージック・コンクレート&民族音楽的な音響空間作品。旧D面2曲は音響空間インプ
 ロを無理やりポップソングにしたような、これまた不思議な作品ですね。とまぁ、これまで
 の集大成を行いつつ、また全然違ったアプローチを聞かせ、それでもここにある全てがCan
 であると言う、問答無用のアルバムです。




→2005年国内盤紙ジャケ(P-Vine PCD-22203)
  ディスク・ユニオン レプリカ帯付。帯デザインは71年にリアルタイムで東芝音楽工業
 から出た時のもの。なかなかの味わい。





→2010年国内盤紙ジャケ(P-Vine PCD-18604)
  Blue Spec CD盤。紙ジャケはアナログLPのゴツゴツした感じを再現していて最高っす!



Can / Ege Bamyagi (Mute 9274-2)
  '72年リリースの4thアルバム。昔は「小型のタゴマゴ」みたいと言われていました。確か
 に"Tago Mago"にある従来の浮浪者歌謡ハンマービート(笑)と旧CD面の実験的音響空間が
 ごちゃまぜに成りながらも、メンバーの演奏の自由度が上がったためか「タゴマゴ2枚分を
 1枚に放り込んで何でもありにしたような」アルバムになっていますネ。その分個人的には
 なんか聞きにくくなったように思いますが、Canで一番好きな曲"Vitamin C"が入っているの
 で良しとしましょう(^_^;)。とにかくダモさん大活躍!このアルバムからシングルカットさ
 れた"Spoon"が何故か大ヒットしました。





→2005年国内盤紙ジャケ(P-Vine PCD-22204)
  ディスク・ユニオン レプリカ帯付。こちらも東芝音楽工業時代のデザイン。







→2010年国内盤紙ジャケ(P-Vine PCD-18608)
  Blue Spec CD盤。CanにBlue Spec CDは合うなぁ

Can / Future Days (P-Vine PCD-22205)
  '73年リリースの5thアルバム。前作での「ごった煮感覚」とは全く違う音でビックリ!
 まるで「気化するヒーリング・スペイシー・ハンマー・ビート」とでも言えるような音で、
 空気に溶け込むような心地良い夢のような音が充満しています。ただし、急激にまとまっ
 て人工空間を作っていくCANの中にあって、ダモだけが溶け込めていないですね。うー
 ん、脱退も仕方無いか。それにしても「未来」がこんなに気持ちの良いものだったら良い
 ですよねぇ(^_^)。日本盤紙ジャケの出来も最高!
Can / Limited Edition ()
  "Soon Over Babaluma"リリース直前に限定15000枚でUnited Artistsレーベルからリリー
 スされたアルバム。'68年から'74年にかけてのCanの実験の断片が雑然と並んでいるよう
 なアルバムなのですが、この妙な脈絡の無さが逆にCanらしくて面白いアルバムです。旧
 A面は"Future Days"と"Soon Over Babaluma"の丁度中間のような幻想的な名曲「ゴモラ」
 や「公害の街 どこへ逃げるの〜」とダモが歌う「ドコエ」等が印象的。他の曲は変なブツ
 切り状態ですが、これもやっぱりCan。旧B面はいきなり「お経(^^;)」で始まり、民族
 音楽へとテーマを広げて行きます(E.F.Sシリーズね)。でもって、やっぱり脈絡が無
 いのですが、マルコムの歌う曲だけが鋭くロッキンしていてかっこ良かったりするんです
 ねぇ。と言う具合に限定盤もやむなしの不思議なアルバムですが、後に曲数を増やして正式
 に"Unlimited Edition"として再リリースされます。