Caravan
Caravan / Caravan & New Symphonia (Universal UICY-9066)
  名演として名高いニュー・シンフォニアとのLiveアルバム('74)。RemasterCD化の
 際にオリジナル・アルバムに収められていた5曲に、コンサート当日に演奏された他の
 5曲がプラスされた完全盤になっています。
  Bonusとしてプラスされた最初のMemory Lain,Hugh,Headloss,The Dog,The Dog..
 Hoedownは当日のウォーミング・アップ・ギグの曲目でバンドのみの演奏。その後オ
 ーケストラを加えて本編"Introduction〜The Love in Your Eye,Mirror for the Day,
 Virgin on the Ridiculous,For Richard"と続きます。「イントロダクション」から
 「瞳の中の愛」と続くのが本当の曲順だそうで、オーケストラとの掛け合い的にみると
 こちらの方が随分しっくりきます。もともとオケの音は小さめに録られてはいるのです
 が、Remasterで色彩感と言うか艶やかさが増したように思います。特に私の大のお気に
 入りの"Virgin on the Ridiculous"でのストリングスやオーボエはキャラヴァンのサ
 ウンドに完全に溶け込んで、とってもイギリス的なキャラヴァンのサウンドを一層優雅
 で美しいものにしています。そして、最後にBonus曲がもう1曲。オケと言ったらもう
 この曲で"A Hunting We Shall Go"。優雅、気品そして緊迫感!まるでこの曲のために
 あるような言葉では無いでしょうか?そして、それはキャラヴァンの音をもっとも良く
 言い表している言葉のように思います。
Caravan / Cunning Stants (Universal UICY-9067)
  絶好調Caravanの名作7thアルバム('75)。新メンバーのMike Wedgwoodを加えたパイ、
 デイブの3人のソングライターの個性を活かした、優雅で美しく、そして快活な楽曲
 群が素晴らしく、まさに後期Decca時代の最高傑作です。広がりのあるキーボードとオ
 ーケストラが印象的なデイブ作"The Show of our lives"、抜けるようなポップ・ソン
 グのパイ作"Stuck in a Hole"、エキサイティングなストリング・アレンジのマイク作
 "Lover"、美の結晶を抽出したようなパイ作の名バラッド"No Backstage Pass"等旧A面
 の個性溢れる小曲群は本当に絶品ですね。さらに旧B面のほとんどを占めるデイブ作の
 大作"The Dabsong Conshirtoe"は激しくシャープなロック・ナンバーが、モダーンなラ
 ウンジ・ジャズへ展開し、最後にブラックホールへと吸い込まれるような狂乱のリフレ
 インへと収束する渾身の一作。あれよあれよと言う間に展開し、大団円を迎えるこの快
 感!が良いですねぇ。ラストのジェフリー作のアコースティックな小曲を入れるセンス
 も最高です。こんなにポップで、こんなに優雅で美しく、こんなに奇想天外なアルバム
 他に無いよねぇ(^^)
Caravan / Blind Dog at Dt.Dunstans (Archive AIRAC-1230)
  "Cunning Stants"のヒットを受け、レーベルを移籍してリリースされた8thアルバ
 ム('76)。全体的に前作のA面の延長線上にあると言うか、ほぼ「そのまま」で(笑)
 メロディーの良い曲が多い(特にパイの曲)秀作です。ひょっとしてパイにとって
 は、この頃が一番油が乗り切っていた時期では無いか、と思わせるぐらいの充実した
 内容ですね。新加入のヤル・シェルハスも実力十分やしね。ただ残念なのは、"Little
 Oik"のメドレーの落とし所。騒ぎ過ぎと言うか、少々下品です..(^_^;)。せっかくの
 大曲の最後がこれじゃぁねぇ。と言う気がしないでもありません。でもね、昔はポッ
 プ過ぎると思ってポイしていたこのアルバム。今では3rdから4thへのKayakaの変化に
 も似ているななどと感じ、結構気に入ってます。
Caravan / Better by Far (Eclectic ECLCD 1018)
  またまたアリスタへとレーベルを変わりリリースされた9thアルバム('77)。長年
 彼らのプロデュースを行ってきたデヴィッド・ヒッチコックからトニー・ヴィスコ
 ンティへと変わっており、サウンド自体にも幾分か変化が出てきています。前々作
 からのジェントリーなカンタベリー・ポップはそのままですが、モダンで都会的な
 輪郭のはっきりした感覚が強調されています。カンタベリーのもやもや感が、夜の
 ロンドンのお洒落感に変わったようなと言えば良いのか?従来のファンにとっては
 違和感のあるアルバムかもしれません。今聞くと"Better by Far"や"Nightmare"等
 良い曲が多いのですが、当時は皆体質に合わなかったのですね(^_^;)

Caravan / The Album (Belle Antique MAR 04932)
  '80年リリースの起死回生の一発とも言える10thアルバム。前作、前々作は少し
 ポップな、と言うか「らしく無い」音になってしまってましたが、デイブ・シン
 クレアが復帰したこのアルバムは、ポップな中にもCaravanらしい優雅なカンタベ
 リー風味を感じさせる名作となっています。独特の音色のシンセやジェントルな
 ヴィオラ、幻想的なフルートはかつての名作(夜毎やCunning Stunts)を思い起こ
 させます。3,4,5曲目最高!





→オリジナル・ジャケです

Caravan / Back to Front (Belle Antique MAR 04933)
  なんと!リチャード・シンクレアまでが復帰してオリジナル・キャラヴァンが復活
 してしまった11thアルバム('82)。前作でカンタベリー・タッチのジェントルなポップ
 サウンドを確立したキャラヴァンですが、リチャードが加わるともうカンタベリー度は
 200%です。リチャードのヴェルヴェット・ヴォイスをフィーチャーした前半はまさ
 にリチャード・サイドと言った内容で、ポップな中の優しいメロディーとうねるベース
 ラインにノックアウトされます。一方、後半はパイのサイドなっていて、まるで夜毎の
 頃のようなポップさと緊張感を一体化したような音を聞かせてくれます。初期のような
 ジャージーなインタープレイは聞かれませんが、まさにDecca期以降の最高傑作です。
 抜けの良いソロを聞かせてくれるメル・コリンズの起用も大ヒット!





→以前のCDのジャケ(Kingdam CDKVS 5011)です

Caravan / Live at the Fairfield Halls,1974 (Decca 8829022)
  Best Of Caravan Liveとしてリリースされていた1974年Fairfield HallsでのLiveが
 待望のCD化。アナログ盤では収録時間の関係で"The Love in your Eye"の後ろに配
 置されていたアンコール曲"Hoedown"もきちんと最後に収録され、コンサートの流れを
 より自然な形で楽しむことができます。同時期のニュー・シンフォニアとのLiveから
 オーケストラをとったような感覚ですが、オケ無しでも音の厚さは変わらず、逆にス
 ピード感はこちらが上と言ったようにまさに全盛期の充実の選曲と演奏です。





→アナログ盤のジャケです
 (Caravan / Live (Kingdom 426002)

Caravan / Cool Water (HTDCD 18)
  Caravan再結成のきっかけとなった'77年録音の未発表音源集。最初の7曲はBack To
 Front録音時のリチャード・シンクレアを入れたメンバーによるもので、かなりシンプ
 ルなアレンジですが、逆にメロディーの良さが良くわかりますね。滑らかで乗りの良
 い曲が並びます。後半はパイ以外はイアン・モズレー等Caravanのメンバー以外とのコ
 ラボで、凄腕メンバーのシャープな演奏が特徴。従来のCaravanとはちょいと違います
 が、パイのVocalが入るとやっぱり「あの世界」に。この面子でのCaravanもありかな?
 と思うぐらい充実した内容です。
Caravan / The Battle of Hastings (Canyon PCCY-00832)
  13年ぶりに復活したCaravanの再起第一弾('95)。もうどこをどう切っても、
 ジェントリーなCaravanミュージックで、都会的な洗練されたところがあった80
 年代の作品に比べ、田園でゆったりと羽を伸ばしているようなアコースティック
 なたおやかさが魅力です。ポップなメロディーの中に、パイの優しさがたっぷり
 詰まっています。もちろん、デイブやジェフリーも好調です(^^)
Caravan / All Over You (Pony Canyon PCCY-0972)
  '96年リリースのセルフ・カバー集。1stからWaterloo Lilyまでの曲のアコース
 ティック・ヴァージョンを収録した前半部は、優雅でとってもカンタベリーなアレ
 ンジを活かした美しい出来で、Caravanの楽曲のメロディー美しさを改めて確認で
 きます。問題はやけに打ち込みリズムが目立つハードなFor RichardとMemory Lain,
 Hugh〜Headloss。For Richardは違和感が消えないし、逆にMemory〜は原曲とそれ
 程変わらない...うーん、あまり効果が感じられない疑問なアレンジですね。この
 アルバム前半だけOK(^^;)
Caravan / The Unauthorised Breakfast Item
              
(Exlectic ECLCD 1001)
  2003年リリース待望のCaravanの新譜です。間にAll Over You2作があったも
 のの、純然たる新譜としては'95年の"The Battle of Hastings"以来となります。
 内容的にはパイがインタビューでも語っていた通り、若手ギタリストのダグ・ボ
 イルのギターを前面に出したものとなっており、表情豊かで生き生きとしたギター
 がサウンドに勢いと若さを与えています。軽快なCaravanサウンドはいつもどお
 りですが、今回はかなりギター・オリエンテッドでポップかつスピ−ディーな音
 になっています。