DDR   (Page-3)
Karat
Karat / Karat (BMG 7432 122 6112)
  記念すべき1stアルバム。割と普通のロックン・ロール系の曲が多いのですが、独
 特の節回しは既に出来上がっています。数曲収録されたバラッド系のナンバーがやっ
 ぱり良いですね(^^)。CDはBonus曲5曲収録。

Karat / Uber Sieben Brucken (BMG 7432 119 3042)
  超名曲アルバトロスが収められた2ndアルバム。なんと言っても名曲"Albatoros"が
 素晴らしい。切々としたドイツ語の響き、ダイナミックで息をのむ展開、そしてエキ
 ゾチックなオーケストレーションと何もかもが完璧と言わざるを得ません。旧東ドイ
 ツと西ドイツを合わせても、これ程までの高みに達した曲は無いと断言出来ます。他
 の曲はハードロックあり、ブルースありとイメージもバラバラですが、今聞くと辺境
 乗りで聴けてしまうから不思議です。




Karat / Albatros
(Teldec 8.24087)

  Karatの2nd"Uber sieben Bruckenの西ドイツ盤。 実は東ドイツ盤オリジナル盤とこ
 のアルバムは曲が1曲だけ違っていて、このアルバム方は1stの名バラッド"Konig der
 Welt"に変わっています。収録曲的にはこちらの方が完成度は上かな?(^^;)
Karat / Schwanenkonig (BMG 7432 125 5452)
  3rdアルバム。今までと同傾向のサウンドですが、演奏もより滑らかになって、余裕
 が出てきます。さすがにアルバトロスほどの曲は収められていませんが、後半のスペイ
 シーなバラッド・ナンバーなんか良い曲だと思います。彼らのバラッド・ナンバーだけ
 を集めたBestが出たら最高やのになぁ。
Karat / Die sieben Wunder der Welt (BMG 7432 165 1952)
  83年リリースの5thアルバム。ゲート・エコー、ビシバシで随分音楽性が
 変わった感じがしますが、野暮ったいロックを聴かせる本質はあまり変わって
 いないですね。彼ら独特のドラマチックな曲が聴けないのが個人的には今一。
Karat / Funfte Jahreszeit (BMG 7432 165 1952)
  さらにピコピコ度が上がった86年リリースの7thアルバム。ただし、この
 アルバムの方は叙情的で印象的なメロディーを持つ曲が多くて、アルバトロス
 級の曲はありませんが、曲の良さに いつの間にか聞き入ってしまいます。
Karat / Tanz mit Mir (BMG 7432 123 8722)
  95年Live。全16曲70分にもわたるLiveでデビューから彼らの代表曲が収められた
 充実Liveアルバムです。スタジオ・アルバムはなんとなく生硬い感じがぬぐい切れないの
 ですが、Live特有の乗りの中で、彼らの音楽の本質が良く現れています。Omegaのキスタデ
 ィオンでのLiveに匹敵する内容です。名曲アルバトロスも入ってます。
(主な収録曲)
2.3rd-1
4.3rd-9
6.6th-1
8.3rd-6
9.2nd-8
10.6th-4
12.6th-2
13.2nd-9
14.6th-5
15.2nd-2
16.2nd-3
Karat / Die Geschenkte Stunde (BMG 7432 122 8062)
  お次は95年のスタジオ盤。なんとなく硬い感じがした初期の頃と違って
 メロディーもアレンジも演奏も滑らかになって、ミドルテンポの心地よい乗
 りが良いです。さすがアルバトロス級の曲はありませんが、バラッド・ナン
 バーはやはり良いですね。
Karat / Das Konzert (BMG 7432 185 5492)
  次は2000年のLive!!今回はLive部分は9曲45分程度と若干ボリュームダウ
 ン。その代わりにCD-ROMトラックにLive映像が収められています。内容的にはいつ
 ものKaratですが、やはり彼らはLiveにこそ真価が発揮できるような気がします。し
 かし、2002年になってKaratのLiveが見れるとはなんか信じられないですね。
(主な収録曲)
  1.3rd-9
  2.2nd-8
  3.7th-5
  6.7th-8
  7.6th-7
  8.5th-1
  9.2nd-11
Veronika Fischer & Band
Veronika Fischer & Band / Veronika Fischer & Band
                  
(BuschFunk 8022-2)

  Panta Rhei解散後、自身のバンドを組んだVeronika Fischerの1stアルバム('75)。
 ジャケットで見る限り落ち着いた歌を聞かせる人かなと思っていたら、結構乗り乗り
 のはじけたキャラクターの人でした。乗りの良い曲はロックンロール・タイプですが、
 シットリと歌い上げるバラッド・ナンバーがお姉さんタイプで良かったりします。
Veronika Fischer & Band / Goldene Brucken
                    (BuschFunk 8023-2)

  Veronika Fischer & Bandの4thアルバム('79)。全曲を書いているキーボーダー
 の色が濃く出た出来で、アルバム全体をトータルで聞かせ、どの曲もメロディアス
 ・ハードな色を持ちながらドラマチックに仕上げています。キーボード&シンセも
 たっぷりフィーチャーされているので、プログレ・ファンにもお勧めです。
Panta Rhei
Panta Rhei / Panta Rhei (BuschFunk 8042-2)
  KaratのリーダーHerbert DreilichやVeronika Fischerが参加していたPanta Rhei
 の71年から74年までのコンピレーション。2曲目まではオーケストラをバックにした
 カラフルで美しいバラッド・ナンバーなのですが、全体的にはブラスセクションをフ
 ィーチャーした渋いハード&ブルース・ロックと言った感じ。KaratやVeronika
 Fischer&Bandのルーズなロック乗りに比べると意外な程タイトな演奏で、しかも
 HerbertやVeronikaがメインでは無く、大所帯のバンドの演奏力を前面に出した内容
 なんですよね。みんな旨いのでついつい引き込まれます。
Klaus Renft Combo,Renft
Klaus Renft Combo / Klaus Renft Combo (BuschFunk 8030-2)
  後にRenftと改名する旧東ドイツのバンドの'73年のアルバム。基本的にはブリティ
 ッシュ・ビート風のごった煮サウンドで、ロックンロールあり、サイケ・ポップあり
 と70年代と言うよりも60年代後半の音と言った方が近いかも。ところどころKinks
 だったり、プロコルハルムだったりしますが、ドイツ語の響きを活かして叙情的に迫
 る曲には胸が踊ります。
Renft / Renft (BuschFunk 8031-2)
  Klaus Renft ComboからRenftに改名してのアルバム('74)。サイケ風味を残して
 いたKlaus Renft Comboと比べるとグッとハード・ロック寄りになっています。ハ
 ードな曲とメロディアスな曲を交互に聞かせていくところは典型的な'70年代型ハ
 ードと言った感じですが、こうして聞いてみるとやっぱしメロディアスなバラッド
 ・ナンバーが頭一つ抜けているような気がします。ドラマチックで凝った展開をす
 る6曲目はなかなかの名曲。
Klaus Renft Combo / Als ob Nichts Gewesen War()
  主要メンバー3人により25年ぶりにリリースされた3rdアルバム('99年)。ドイ
 ツ語の歌が良い味を出し、もっさりとしたおやじロックになっています。AOR
 と言うには田舎臭いですが、年季の入った大人の音を聴かせてくれます。でも、
 これはもはやプログレじゃぁ無いなぁ(^^;)
Klaus Renft Combo / Hits+Raritaten()
  デビュー以前の曲を含む、'71年〜'75年のシングル&未発表曲集。'71年 2曲
 '72年 7曲、'73年 3曲、'74年 2曲、'75年 3曲の17曲入りで、1stアル
 バムに近いごった煮ブルース・ロックな曲が多いですね。2ndアルバムのような哀
 愁の叙情バラッドは含まれていないが、トラッド&フォーク調の曲がなかなか良い。
 それとオルガンが唸るヘヴィ・ロックの72年作の"Zwischen Liebe und Zorn"。こ
 の曲は無茶良いですね。
Bayon
Bayon / Die Suiten (BuschFunk 0076-2)
  Bayonの71年,74年,76年,81年,86年に録音されたSuiteI〜Vをまとめた作品。
 1曲目いきなりPilzレーベルの作品を思い起こさせる味わいのあるオルガンが
 たなびくロック・チューンが出てきて「これは大当たり!」とビックリしたの
 ですが、後の曲になるほど、生真面目なアカデミック室内楽アンサンブルのよ
 うになってしまって興味も半減。71年頃の曲のみでのフルアルバムが聞きたい
 にゃぁ。
OST Rock in Klassik
V.A. / OST Rock in Klassik (Buschfunk 02222)
  東独ロックの名曲集をロマン派クラシカルなゴージャス・アレンジで再現した企画アル
 バム(2007)。プログレ・ファンにお馴染みのKarat、Puhdys、Veronika Fischer、Werther
 Lohse(Lift)、Dirk Michaelis(Karussell)から、当時人気だったロックバンドまで、ほぼ
 東独ロックのスターが集まった一大イベントです。聴きどころは断然Karatのアルバトロス
 ですが、他の「普通のロック」な曲でも、美アレンジでドラマチックに迫り、どの曲も原
 曲以上の完成度です。ドイツ語にこだわり抜いた旧東独ロックの素晴らしさを再発見です
 ね。

前頁へ