Espiritu
Espiritu / Crisalida (Microfon 2-484729)
  アルゼンチンのYes? Espirituの1stアルバム('75)。と言いながら、それ程Yesには
 似ていなくて、構築的で情熱的なパートとアルゼンチンらしい「引き」の魅力を持っ
 た叙情的なパートのバランスが素晴らしい傑作アルバムです。爽やかな印象のVocal
 がYes的と言えばYes的。この1stでは手癖七癖の強引なギターが評価を分けますが、
 この横車を押すような無理やりなフレージングが若い頃のSteve Howeみたいと言われ
 ればそうかもネ(^^)。
Espiritu / Libre y Natural (Mardel-X MRD-2002)
  アルゼンチンのYesと言われているEspirituの2ndです。透明感溢れるVocal、弾き
 まくるギターそしてゴリゴリとしたベース、ジャケのような空に突き抜けるような爽
 やかさが全編を占めていて、まさにアルゼンチンのYesここにありと言った感じ。特
 に旧A面後半からB面にかけての畳みかけ、集中力は素晴らしく、聴く者をグイグイ
 と最後まで引っ張って行きます。ほんま良いぞ。アルゼンチンではパブロと並んで別
 格だなぁ。
Espiritu / Fronteras Magicas (Grandil 001)
  アルゼンチンのEspiritu復活作(2003年)。オリジナル・メンバーはギタリストだ
 けになっていて、残りは若手になっています。従来のYes色は薄れたものの、昔と変
 わらない優しいイメージのシンフォニック・ロックは健在で、心地の良いリズムに
 乗って、南米風の暖かなメロディー・ラインがどこまでも広がっていきます。柔ら
 かなキーボードをバックに展開されるパストラルな世界は絶品!。まさにパブロに
 匹敵する出来。3rdと並ぶ最高傑作かもしれません。
Espiritu / En Vivo 2004 (Grandil 002)
  新アルバム"Fronteras Magicas"のリリースを受けて行われた再結成Espirituの、
 2004年ブエノスアイレスでのライブ・アルバム。"Fronteras Magicas"の曲を中心に
 1st〜3rdまでの代表曲をやっていてファンにはたまらない内容です。'70年代は爽
 やかなイメージがありましたが、このライブは最新アルバムのようなカラフル感の
 あるシンフォになっています。ライブならではの勢いや長尺なソロ・パートは魅力
 ですが、スタジオ盤の緻密さが後退しているのが残念。