Gentle Giant

Gentle Giant / Gentle Ginat(Universal UICY-9028)
  ジェントル・ジャイアントの記念すべき1作目('70年)。へヴィな面とフォーク的な
 面が割とストレートに分かれていて、個人的には次作Acquaring the TasteやThree
 Friends程のめり込めないアルバムだったのですが、改めて聞くと変な凝り方をしてい
 ないジェントル・ジャイアントも、また良いですね。Remasterで聴くとアレンジの凄さ
 と言うか、細かさが良くわかって、いろいろな発見がああります






(Universal UICY-94270)
  SHM−CD 2009年リマスター盤。帯は70年リリース当時のもの。実はこ
 のアルバムだけ78年に再発(お〜!)されています(帯は下のスリーフレンズと同
 デザイン)。ジャケの色合いが上の2000年リリース紙ジャケと結構違います(何故?)

Gentle Giant / Acquring The Taste (Universal UICY-9688)
  Gentle Giantの2ndアルバム('71年)。雄大なメロトロンの響きが印象的な幻想的な
 オープニングが異色ですが、幻想性とおもちゃ箱をひっくり返したような変なアレン
 ジの対比が見事な傑作アルバムです。いろいろな楽器を詰め込んだ宝物のような世界
 です。ケリー・ミネアのジェントルなヴェルヴェット・ヴォイスに心を打たれ、デレ
 ク・シャルマンの土方のおやじ声に気合いを入れられます。これも彼らならでは(笑)
 ヘイヘイ、ホーの難破歌最高!






(Universal UICY-94271)
  SHM−CD 2009年リマスター盤。帯は77年日本フォノグラムのプロフェ
 ッショナル・コレクションでリリースされたもの。監修は高見ひろし氏です。私の最
 初のGG体験はこのアルバム、この帯!だったりします。


Gentle Giant / Three Friends (Universal UICY-9689)
  彼ら唯一のコンセプト・アルバムとなった3rdアルバム('72年)。縦横無尽に飛び交
 うケリーのキーボードを中心に、最初から最後まで硬質な乗りで聞かせます。特に細
 分化されたフレーズによるラビリンスが一気に大団円を迎えるラスト2曲が最高。後
 期の大きなグルーブで聞かせるサウンドも良いですが、このアルバムでのテクニカル
 で鋭角な乗りは、これまた最高!彼らの中で最も「プログレ的なアルバム」となりま
 した。別名「イタリアン・ロックのもと(笑)」。かっこいい!!






(Universal UICY-94272)
  SHM−CD 2009年リマスター盤。帯は78年日本フォノグラムのロック・
 スーパー・コレクションのもの。このシリーズも監修は高見ひろし氏で、他にAnge,
 Robert John Godfryがラインナップにありました。

Gentle Giant / Octopus (Universal UICY-9029)
  名作4thアルバム('72年)。ジェントル・ジャイアントのアルバムの中でも評価が
 高い1枚で、Vertigo時代の4枚のまさに集大成とも言えるべき内容を誇ってます。
 ジョン・ウェザースが加入し、ロック色が増しており、叙情性も十分にあるのに、
 まともに展開しない。とってもひねくれた(褒め言葉です)GGらしさ全開のアル
 バムです。
  このアルバムまでの4枚って、なんかゴチャゴチャしていて、次作以降と比べる
 と音の詰まり具合が違うんですよね〜。あまり言及されないけど、本作で抜けるフィ
 ル・シャルマンって、何をやってるのか今一わからない(^^;)人ですが、彼の影響っ
 て実は結構大きかったんじゃないのか?と思ったりしてます。



(Universal UICY-94273)
  SHM−CD 2009年リマスター盤。帯は77年日本フォノグラムのプロフェ
 ッショナル・コレクションでリリースされたもの。監修は高見ひろし氏で、他に
 VdGG、Rare Bird、Ramases、Beggars Oparaがラインナップにありました。
Gentle Giant / In a Glass House (drt RTE 00351)
  シャルマン兄弟の長兄フィルが脱退。レーベルもWWAに移籍しての5thアルバム('73
 
)。従来からの緻密なアレンジはそのままに、音がすっきりと整理されロック・ビート
 が前面に出たサウンドがかっこいいですね!ここまで来るともはや快感(^_^)。また、親
 しみやすい感覚はポップですらあります。後に米・カナダで人気を得ますが、その礎とな
 った作品です。Bonus曲は1曲でインタビュー・ツアー時のお馴染みデュッセルドルフ公
 演のもの('76年9月23日)。
Gentle Giant / The Power and The Glory (drt RTE 00352)
  絶好調Gentle Giantの6thアルバム('74年)。5人編成になっての2作目です。めく
 るめくキーボード・ラビリンスを中心とした、ブレークあり、切り込みありの超緻密
 なアレンジを、ジョン・ウェザースの大きなうねりのようなグルーブのリズムに乗せ
 て、勢いのある演奏を聞かせてくれます。初期の過剰なものが整理され、ロック・バ
 ンドらしいガッツが出てきていて、これがまたかっこいい!!ズンズン来る乗りのオ
 ープニング曲が良いですねぇ。