Haikara
Haikara / Haikara (Arcangelo ARC-8049)
  72年リリースの1stアルバム。2ndアルバムの目眩む圧倒的な展開には負け
 ますが、独特の妖しいメロディー感覚は既に全開状態で、普通のロック風の
 曲でも妙に「濃い」印象を受けるところが彼ららしいところ。妙に色彩感の
 あるサックスなんかLizard,Island期のCrimsonを変にしたような感じで、こ
 ういうところって2001年作の5thアルバムでも健在だもんねぇ。業の深さを
 感じさせます(^_^;)。ジャケが何よりアルバムを物語ってます、いやほんま。

Haikara/ Geafar (Arcangelo ARC-8050)
  '74年リリースの2ndアルバム。1stの延長線上にあるリザード・クリムゾ
 ン型クラシカル・へヴィ・ブラス・ロックは更に複雑になって大全開!!。
 旧B面の大曲での爆発は凄いぞ。旧A面のサイケ・ロックン・ロールや不思
 議フィンランド・ポップも十分怪しい!独特のグルーブのベースを中心した
 妖しいSaxや独特の声質の女性Vocalが織りなす世界にはただただ唖然としま
 す。濃いーーけど、一度波長があったら抜け出せませんよーー。





→(Ektro 006 cd)
 最初にリリースされたCD。トリミングがなんか変だ(^^;)

Haikara / Iso Lintu (Rocket ROK-131)
  2ndアルバムのセールス不調によりレコード会社を移籍してリリースされ
 た3rdアルバム('75年)。ポップな方向性になっていますが,クラシカルな
 叙情性や不気味へヴィな管楽器の使い方はハイカラそのもの。かえって無理
 やりな60's的なポップ・センスとの奇妙なアンバランスさが,このアルバム
 でしか聞かれない変なニッチ・ポップを作り出しています。ジャケも意向に
 反して無理やりバンド写真にされたらしいけど,絶対に売れそうも無いゲテ
 モノジャケになっているのがたまりまへん(おまけにリーダーは抵抗して目
 をつぶってます(笑))
Haikara / Domino (Meta-021CD)
  98年に突然リリースされたHaikaraの4thアルバム。メンバーはリーダー&
 コンポーザーでもあるVesa Lattunen以外は変わっていますが、彼の持つ独
 特のメロデイー感は健在。ただし、2ndアルバムのあの妖しい雰囲気はそれ程
 感じられなくて、アコースティックな雰囲気のある爽やかなものになってい
 ます。HaikaraらしいメロディアスなSaxが良いですね。
Haikara / Tuhkamaa (Mellow MMP 414)
  活動を再開したのか突然リリースされた4thアルバムに続いてHaikaraの
 5thアルバム(2001年)がリリースされました。若干、明るい印象を受けた前
 作に比べ今回はチェロやサックスをフィーチャーした彼ら独特のメロディ
 アスな怪しさが復活しており、独特のメロディー・ラインと合わせ、
 Haikara節を堪能できます。怪作2nd程の迫力はありませんが、ファンには堪
 えられないアルバムですね。