Israel   (Page-1)
 イスラエルの特集です。まだまだアルバム数は少ないですが、これからドンドン更新する予定です。
 イスラエルのプログレッシブ・ロックと言えば昔から
Zingareの唯一のアルバムが有名だったので
すが、それ以外にもかなり高レベルのアルバムが多数あります。特に
Sheshetのメンバーを中心とし
たアルバム群は穏やかなメロディーをジャズロック的なアレンジで盛り上げるタイプが多く、これが
なかなかはまるんですねぇ。
 ひょっとしたら本人達はプログレッシブ・ロックを演奏している気などさらさらないかも知れませ
んが、それでも私たちの心の琴線に触れてしまうのです(^^)。
Zingale
Zingare / Peace
 
(Belle 152454)

 昔からマニアの間では有名だったZingareの唯一のアルバム('77年)。彼らはイスラエルのシーンとは関係ないところでポツンとこのアルバムを発表していたらしく、このアルバムの前にも後にもメンバーの動向がわかりません。そういう事情もあってか、他のイスラエルのバンドとは違って、こちらはかなりプログレッシブ・ロックを意識した出来。アルティ・エ・メスティエリのような切れ味のヴァイオリン入りジャズ・ロックなのに、ケストレルやファンタジーのようなハートウォームなメロディーとナイーブな歌を聴かせるところが素晴らしいですね。CDのボーナス・トラックは当時のシングル曲。ヘブライ語で歌われ、なんとなくイタリアン・ラブ・ロック風の仕上がり。
Zingale / The Bright Side
 
(Best Media)
 なんと36年ぶりにリリースされた2ndアルバム(2008年)。3人組のトリオ編成ながらマルチ・プレイヤーの2人が織りなすサウンドは、究極イエスをジェネシスよりにしたかのように鮮烈!妙な弾きまくりギター&キーボードに、ガブリエルの癖を強くしたようなVocalが絡むところは強烈で、なんとも形容不能。さらにメロディー・ラインの和声と展開もみょうちくりん。パッと聴きでは美しシンフォなのに、この癖だらけの音には病みつきになりますです。なんともイスラエル!
Atmosphera
Atmosphera / The Lady of Shalott
 
(MIO 020-021)
  ZingareのVocalistが在籍していたAtomospheraの'77年未発表曲集。これがイスラエルとは信じられないようなYes直系のサウンドで、透き通るようなVocalに天から降り注ぐようなギター、そしてゴリゴリ・ベースと、Yesを透明にしたようなサウンドには本当にビックリしてしまいます。イスラエルでは珍しい正統派の音に圧倒されますね。ただし、どの曲もデモっぽいミックスで、後半の荒さが残念。きちんとデビューしていたらどれだけ凄い作品になっていたでしょうか?BonusCDはLive(映像+音源)やメンバーのソロなど。資料としてはマアマア。
Sheshet
Sheshet / Sheshet
 
(82366-2-NMCX)

 私のイスラエルNo.1バンドSheshetの唯一のアルバム('77年)。ライトなジャズ・ロック風味の中を美しいフルートが舞っていきます。全体を通して淡いイメージがあって、それがとても良いですネ。どことなくカンタベリーを思わせるのはギターの音色がフィル・ミラーに似ているからかな?テクニックも抜群でアルバム冒頭から最後まで一気に聞き込めます(^_^)。なお、2007年リリースのリマスター盤にはBonusCDとして幻の2ndアルバムのデモを収録。1stの延長線上にありながらも,ちょっと硬派な感じになって,チェンバー・ロック風やワールド・ミュージック風のアプローチを聞かせるなど,音楽性の幅も広がっています。
 このバンドからはこの後VocalのYehudith Ravitzが多数のソロアルバムを発表しているのを始め、フルートのShem Tov Levyもイスラエルシーンの中心として頑張っています。イスラエルのシーン全体を見ても非常に重要な作品です。
Shem Tov Levy
Shem Tov Levy / In the Mood
 (Phonokol 4257-2)
 イスラエル・ロックのキーマンの一人Shem Tov Levyの1stソロ・アルバム('76年)。No Name('75年)とSheshet('77年)制作の間に制作されており、両グループで聴かれる華麗なフルートを活かした爽やかソフト・ロックになっています。叙情的なフレーズを活かした軽やかなジャズ・ロックはそのままPre-Sheshetな音ですね。ラスト曲のシャープなジャズロックがとてもかっこ良し!
 なお、オリジナル・ジャケットは白黒印刷とのこと(これはCDのジャケット)
Shem Tov Levy / Sham Yesh
 Sheshetでお馴染み、イスラエルのフルート奏者Shem Tov Levyさんの2017年新譜。オリエンタルでミステリアスな美メロを活かし、黄昏た歌を中心に聴かせてくれます。シャープなリズム隊をバックに、優雅に舞うShemさんのフルートも美しいですね(^^)
 
Yehudith Ravitzy
Yehudith Ravitzv / Yehudith Ravitz
 
(NMC 82365-2)

 Sheshetの女性Vocalistの1stアルバム('79年)。ややジャージーでアダルトな雰囲気のVocalアルバムで、ちょっと聞くとシャンソンのようにも聞こえます。Sheshetの香がところどころ漂っているのも良いですね(^^)。
No Names
No Names / No Names
 (AAD 94104-2)

 イスラエル・シーンきっての名アーティスト、Shem Tom Levy,Shlomo Gronich,Shlomo Ydovが結成したスーパー・バンドの唯一作('76年)。長年イスラエルNo1ロック・アルバムとして知られてきました。巷ではイスラエルのジェントル・ジャイアントと言われていましたが、全然そんなことは無くて、どちらかといえば穏やかなメロディーをジックリ聞かせるタイプ。ただし、そこはスーパーバンドだけにバッキングの巧妙さ、突然テクニカルになり畳みかけるアレンジの妙、そして美しすぎるフルート等。聞けば聞くほど凄さが伝わってきます(^^)。アルバム中のいろいろな仕掛けや遊びも面白いしね。
Shlomo Gronich
Shlomo Gronich / Why didn't you tell me!?
 (Phonokol 046-2)
 イスラエルのアラン・ソレンティ?Shlomo Gronichの壮絶な1stアルバム('72)。深いエコーのかかったピアノ、ストリングスをバックにややアンニュイな感じのVocalが流れるところはなんとなくフランス風かなと思いますが、一転してファズ・ギンギンのベースをバックに過激な展開をするともう大変!特に声が歪むまで歌う(がなる?)ラストの曲は一体何?Opus AvantraとReale Accademia Di Musicaをバックに発狂したアラン・ソレンティが歌うと言えば良いのか?必聴と言えば良いのか、絶対聞いてはいけないと言えば良いのか(^^;)Bonus曲も同年作で、アヴァンギャルドで妖しく過激なこれまた強烈な内容!!ゲップ!
Shlomo Gronich / Cotton Candy
 (Hedarzi 14897)

 '82年リリースの4thアルバム。ロマンチックなソングライター風の歌物で、ラグタイムやワールド・ミュージック風などかなり多彩な内容となっています。ヘブライ語の響きがなんとなくフランス語に似ているので、フレンチ・ポップス風にも聞こえたりします。しっとりとしたバラードがなかなか良いですね。最後の曲はMagmaのMDKを思わせ、これだけ全然アルバムから浮いていますが、完成度は素晴らしく、この曲だけでも必聴と言えます。それにしても不思議な内容のアルバムです。
Fourteen Octaves
Fourteen Octaves / Fourteen Octaves
 
(AAD 94107-2)

 印象的なソロを出しているYoni Rechterと元ApocalypseのAvener Kennerの双頭バンドの唯一作('75年)。基本的にはYoniのソロにも共通するコロコロと良くなるピアノをフィーチャーしたジャージーな歌物ですが、ストリングスが入ったりテクニカルに展開したりと曲中の仕掛けも多く、プログレ・ファンにも納得の内容となっています。
Yoni Rechter
Yoni Rechter / Intentions
 
(Hed Arzi 14810)

 元Fouteen OctavesのYoni Rechterが満を持してリリースした1stソロ・アルバム('79年)。ブリティッシュ・タイプのSSWで、オケに絡むポップ風味が心地よいです。エルトン・ジョン、ポール・マッカートニーのバラードやR.ワイアット、R.シンクレアさん風の枯れた味わいを思い出しました。
Kaveret
Kaveret / Poogy Tales
 
(Hed Arzi 14376)

 イスラエルNo1ロック・バンドKaveretの1stアルバム('73年)。哀愁の歌メロと爽やかなコーラスによるソフト・ロック・プログレの名作です。オルガンやエレピを活かしたハイセンスで緻密なジャズ・ロック風の味わいがたまりませんな。ずばりWigwam meetsカンタベリー。CDにはBonus曲が5曲追加でこちらもペット・サウンズ風でなかなか良いです。
Kaveret / Poogy in Pita
 (Hed Arzi CD 14419)
 Kaveretの2ndアルバム('74年)。前作の延長線上にある哀愁の歌とコーラスのソフト・ロックです。前半は歌がメインですが、後半は中近東風のエキゾチックなメロディーが出てきたりと摩訶不思議な凝った展開で聞かせます。ところどころに仕掛けられたユーモアのセンスも良いですね。ボーナス曲は4曲で、デモ2曲とライブ2曲。
Kaveret / Crowded in the Ear
 (Hed Arzi CD 14541)
 Kaveretの3rdアルバム('75年)。凝ったインスト部は隠し味的にし、「歌とメロディーの魅力」で勝負する王道ソフト・ロックになっています。最もプログレ的なアルバムは1stアルバムですが、残した3枚のアルバムはイスラエル・ロック史に燦然と輝きます。ボーナス曲は5曲で、うち4曲がライブです。
Others
Tamouz
Tamouz / The Orange Season is Over
 (NMC 81095-2)

 Tamouzの唯一のアルバム。とにかく1曲目の軽快でメロディアスなCamelを思わせるナンバーが良い。抜けるような爽やかなキーボードも良いし、イスラエル語のVocalも良い味出しています。他の曲は若干レベルが落ちますが、1曲目だけでもイスラエルのトップ・クラスのバンドだと言えるでしょう。
Apocalypse
Apocalypse / Apocalypse
 (NMC 65271-2)

 Apocalypseの唯一のアルバム。ブルージーなロックン・ロールはそれ程魅力は感じませんが、ややジャズ風の叙情的なバラッド・ナンバーがGood!数曲ゲストの女性Vocalが歌っている曲はさらに魅力的です。プログレッシブ・ロック風の展開はあまりありませんが、イスラエルのバンド特有のこういうモダーンなバラッドがこのバンドの持ち味だと思います。
Matti Caspi
Matti Caspi / Matti Caspi
 (NMC 80208-2)

 いくら辺境ファンでも、ジャケだけを見て買う人はいない(笑)と思いますが、内容も予想通りのフォーク系のソングライターでした。なんでこのアルバムがいわゆるプログレ・ファン向けだろうと思ってたら、やはり出てきましたねぇ>メロトロン。そういうことですか?でもあまり使っていないのが残念だなぁ。一部、カンタウトーレ風の歌唱もあります。
Natural Gathering
Natural Gathering / Origins (SI 31144)
  アコギ、シタール、ヴァイオリンをフィーチャーしたエキゾチックな泣きを聞かせ
 てくれるNatural Gatheringの'79年の作品。聞き様によってはイスラエル歌謡のよう
 にも聞こえますが、ぞくぞくする様な異国情緒に彩られた哀愁にノックアウトされま
 す。パガーニの1stを思わせる民族ロック風のB面がとっても良いです。全体的には
 トルコのCem Karacaに近いか?
Danny Ben-Israel
Danny Ben-Israel / Bullshit 3 1/4 (MIO -016)
  イスラエルのサイケ・バンドDanny Ben-Israelの70年のアルバム。ギンギンのファ
 ズ・ギターが時代を感じさせますが、ヘブライ語で歌われる妙にメロディアスな内容
 が心の琴線に響きます。サイケ・ロックらしい取りとめの無い展開の中にも、人懐こ
 いメロディーが満載で、こういう音には目がありません>わし(^^)。1000枚限定再発
 の超レア盤とのこと。
Eviatar Banai
Eviatar Banai / Eviatar Banai (Hed Arzi 15829)
  イスラエルのマウロ・ペローシとして知られているEviatar Banaiの1stアルバム。
 確かになんとも言えない暗い歌はペローシのようでもありますが、バスク語のように
 響くヘブライ語を聞いているとバスクのGorka Norrのような哀愁も感じさせます。そ
 の他、サティ風なピアノをバックにしたアンニュイな楽曲やバッティアートのような
 エレポップ風味まで、何が出てくるかわからない面白さもあって、なかなか良い出来
 です。歌ヘタだけど。
Neo Prog.
Trespass
Trespass / In Haze of Time (Mals 088)
  話題のTrespassの1stアルバム(2001年)がジャケも新たに再リリースされました。2nd
 アルバムはトレースのようなストイックさが感じられたましたが、この1stアルバムは緩
 急の加減が良い具合で、もう少し多様で懐の深い感じがします。クラシカルで端正な感覚
 をベースに、その上をメロウなギター&フルート、引き倒すオルガンが走り抜けます。そ
 してアナログ・シンセの温かい音がまた印象的なんですよね。
Trespass / Morning Lights
  イスラエルのキーボード・トリオ2006年の2ndアルバム。クラシカルでバロッキーな
 フレーズがのっけから全開で、まさにこれはイスラエルのトレース!スピードに乗って
 弾きまくるところなんかほんまかっこいいですよん。ヴィヴァルディのカバーも良いし
 ね。ただ、残念なのは全体的に音がラウドな感じがするところで、こういう傾向の音な
 ら、もう少し繊細さがあっても良かったかなぁ。
Lord Flimnap
Lord Flimnap / Point of View
 (ES034)

 Lord Flimnapの'89年にリリースされた唯一の作品のCD化。基本的にはキーボード・トリオなのですが、一番の彼らの売りは詩情豊かな歌。まるでBJHやファンタジーのような、アコギやピアノを活かしたそのメロディーはとてもセンシティブで絶品です。一方、激しく展開するパートでは、プログレ系からイスラエルらしいややブルージーな感覚まで、オルガンやギターの鬩ぎあいを聞くことができますが、ただし、こちらはテクニック面の弱点がそのまま出ているのが残念なところ。当時、メンバーは15〜16歳だったと言うのが驚きです(ほんまかいな)。
Changes
Changes / Changes
 
(Jazzis 1022)
 イスラエルのキーボード・トリオ'93年の作品。柔らかい音色のシンセを中心としたシンフォ・フュージョンです。一聴するとシンフォ系のバンドに聞こえますが、、フレットレス・ベースのグルーブや手数の多いドラムスなど、実際はかなりジャズよりの感覚が強いですね。特に後半はジャズ色強し!
Artland
Artland / Between the Sky and Earth
 
(MMI 011-2)
 テル・アビブのシンフォ・ジャズ・ロック・バンドのデビュー作(2001年)。全体的にはキラキラとしたカラフルで明るいジャズロックなのですが、ところどころで感じられるヘヴィ&ダークさがワンポイントで効いています。クリムゾン系かもしれませんが、意外とベースはLTEだったりと、ドリシアからの影響も見逃せません。打ち込みリズムとの絶妙な絡みもセンス抜群
Melechet
Melechet / In Between
 イスラエルからの本格的新人シンフォ・バンドMelchetの1stアルバム(2006年)。リリカルなキーボードや流れるようなギターを活かした端正な演奏は典型的シンフォニック・ロックなのですが、パレスチナ風のエキゾチックなメロディーや、ところどころに導入されるストリングスに女性スキャットの取り入れ方等、イスラエル風?とも言えるような独特の感性はなかなかのもの。中間部ではまどろむような展開もあり。それにしてもヘブライ語の歌って、いつ聞いてもフランス語に聞こえますね(笑)
Double Space
Double Space / Windings
 Sheshetがカンタベリーに行った様なインテリジェンスを感じさせるDouble Spaceの2006年の作品。ジェントリーな歌は一瞬二瞬とカンタベリーになりますが、鄙びたセピア色の感覚はイスラエル独特ですね。全体的にはジャズをベースにしたとても音楽性の幅の広いバンドで、音楽的素養の広さ、深さが自然とカンタベリー風になった...そんなの素敵な音を聞かせてくれます。
Sympozion
Sympozion / Kundabuffer
 
(Thousand THR 01)
 21世紀になってからもリリースが活発なイスラエルの新人バンド。その中でも最高とも言えるのがこのSympozion。1stアルバム(2005年)はジェントル・ジャイアントもビックリするような、細分化したフレーズを丹念に紡ぐ爽やかな音作りが持ち味。それにSheshet風のフルートが絡むところなんかもう絶品です。美しい響きのギターやキーボード等、キラキラとした光のフレーズが舞い降りてきます(^_^)
Solstice Coil
Solstice Coil / A Prescription for Paper Cuts
 イスラエルからの新人シンフォニック2005年デビュー・アルバム。ミステリアスな感覚の分厚い音のシンフ・ォニック・ロックで、ダーク・ポストな感覚は、イスラエルと言うよりポーランド風?そういう意味ではとても今日的な音作りです。ほんま隙の無い立派な出来のアルバムですが、イスラエルと言った感じが全くしないのが個人的には残念ですね。
Rockfour
Rockfour / Return to the Snail (Hed Arzi 15818)
  イスラエルのRockfourの3rdアルバム('96年)。ライブ盤を挟んでリリースされた次作
 の名作"Supermarket"のようなメロトロンやシンセを導入した目くるめくポップ・サウン
 ドにはまだまだなっていませんが、深いエコーのかかったノスタルジックなサイケ・ポ
 ップは実に個性的。60年代ビート風でもあり、GS風でもあり、この音はやはりスト
 レンジ・デイズ誌系。歌詞がヘブライ語なのも良いですね。
Rockfour / Supermarket (Third Ear ES015)
  ストレンジ・デイズ誌でも紹介されていましたが、イスラエルのRockfourの名作5th
 アルバム(2000年)。ビートルズ直系のメロディーとアレンジ・センスに絡むメロトロン!
 まるで60年代後半のサウンドを現代的に再構築したような音作りで、かなり意表をつく
 展開の連続に驚かされます。でもって、これが2000年作と来ます。一言で言えばイス
 ラエルのクラトゥーかな?
Rockfour / One Fantastic Day (Third Ear ES020)
  イスラエルのRockfourの6thアルバム(2001年)。ビートルズやパイロット直系の
 メロディーは本作でも冴えていて、メロトロンの使用もなかなかのもの。実は最近
 イギリスのバンド(ブリット・ポップ系ね)の間でメロトロンを導入が流行ってい
 るのですが、このRockfourの使い方もブリット・ポップ的。前作に比べOasis的な
 サウンドの厚さが増しています。