大韓民国 (Page-1)
HE6

HE6 / Go Go Sound '71 (BMRC-0007)
 韓国ロック界の大御所Kim Hong-Tak率いるHE6の名作4thアルバム('71)、第1集
 &第2集を2in1でCD化です。エコーの効いたオルガンにブルージーなギターで、
 妖しげなインストを繰り広げる第1集の渋いブルース・ロックも良いですが、何
 といっても更にブルース・サイケ度が上がった第2集が素晴らしい。CANもビ
 ックリのリフレインで迫るところのアングラさ加減なんか、もう少し洗練されれ
 ば、ほとんどTago Mago級だぞ!でも、決して洗練されないところが良いんですけ
 どね(^_^;)。旧B面の大曲が聞きもの!
HE6 / Beatiful Doll (ORC-1813)
  HE6の5thアルバム('72)。たなびくペラペラ・オルガンに、へにょへにょギ
 ター、そして哀愁の歌謡コーラスと来てもうド辺境!いやぁ、辺境物はこうで
 なくちゃと言う極め付きの出来です。止まってしまいそうな干からび感が最高
 の「青い影(韓国語!)」も良いですが、オルガン、フルートのインタープレ
 イへと突入する14分の大曲がやはり聞きもの(かな?)
Linus
Linus / Linus (Enec-035)
  韓国のレア・ヘヴィ・ロック。ヘヴィなギターを中心としたメロウ&ヘヴィ
 な音ですが、やけに甘いメロディーが甘くなりすぎて、アジアン歌謡風になる
 ところがなんとも言えまへん。丁度'70年代前半の日本のロックにも近い感じか
 な?安っぽいキーボードの音色とアングラなイメージ、そして韓国語の響きが
 ほんま良いですね。辺境ど真ん中です。
N.EX.T
N.EX.T / The Return of N.EX.T Part 1 The Being (SKC DYCD-1027)
  韓国が誇るシンフォニック・メタルN.EX.Tの代表作(2nd:'94年)。1stアルバムは
 歌謡ロック&アイドル路線だった彼らですが、この2ndから本領発揮。こってりたっ
 ぷりと入ったキーボ−ドにつつまれて展開する、ずしりとヘヴィなシンフォ・メタ
 ルを聞かせてくれます。韓国語で歌われているのですが、メジャーな音作りのせいか
 それ程、地域性は感じないですね。ハードコアなリフと邪悪なボ−カルを華麗なキ
 ーボードは包み込む、その高い完成度は見事なぐらいのプロフェッショナルな超一流
 の出来です(でも、どうもVocalの声がわたしゃ、合わないのですが)