Marillion

Marillion / Script for a Jester's Tear
              (Toshiba EMI TOCP-67784)

  NW全盛期にあって、70年代ジェネシス型サウンドを復古させ勝利したMarillionの
 1stアルバム('83年)。ジェネシスの変なところとか、妙なところ(笑)はひとまず置い
 ておいて、しっとりとしたメロディーと構築美な展開をど真ん中直球で攻めてくる名作
 です。Fishの声がガブリエルに「似せ過ぎていて」、一部で非難の声がありましたが、
 奇を衒ったファッションや化粧で受けたけど、これはいろいろと誤解の元でしたww




(EMI 7243 8 57865 2 5)
  98年デラックス・エディション。本編Disc1は国内盤紙ジャケと同じリマスター。Bonus
 Discは、デビューEP"Market Square Heroes"から3曲(アルバム未収)、デモ2曲に、
 シングル曲1曲とMarket Square Heroesの別verと言う内容。とにかくEP"Market
 Square Heroes"がパロディーとしては秀逸すぎて大笑い。そして意外にかっこいい!アル
 バムは端正なサウンドでしたがEPではあっけらかんとしてますね。この乗りが「ポンプ」
 でした。で、一転19分超えの大曲"Grendel"で「超プログレ」も聴かせるんですよね(^^)

Marillion / Fugati (Toshiba EMI TOCP-67785)
  ドラマーをイアン・モズレイに交替しリリースされた2ndアルバム('84年)。シングル
 カットされた冒頭の2曲のような、ポップな勢いを増し、80年代型のデジタルで派手な、
 メリハリのある音になっています。全体的には1stアルバムの延長線上にありますが、手
 さぐり状態から、メロディーに深みが増し、自信のようなものが感じられる仕上がりと
 なっています。





→(EMI 7243 4 93369 2 6)
  98年デラックス・エディション。Bonus Discは、シングル曲3曲にデモ4曲。中でも
 シングル・オンリーの"Cinderella Search"がずば抜けて良い。奇を衒ったようなフレー
 ズとアレンジが持ち味のマリリオンでしたが、この曲は純粋にメロディー一本勝負の名
 曲。そしてそれは大傑作"Misplaced Childhood"へとつながっていきます。

Marillion / Real to Reel / Brief Encounter
                (EMI 7243 8 56107 2 1)

  若々しい勢いに溢れたMarillionの初のライブ・アルバム('84年)。前半が2ndアルバム
 後半が1stアルバムからの曲をメインに、勢いのあるヒット曲が続いて行きます。その中
 でシングルのみリリースの"Cinderella Search"はじわじわと沁みてくる名曲。最後はノ
 リノリの"Market Square Heroes"で締めます。あぁ、若さが一杯!!
 (97年リマスターはBrief Encouterとのカップリングです)



→Brief Encounter
  1986年にアメリカ・ツアーに合わせてリリースされたミニ・アルバム。"Lady Nina"
 "Freaks"の2曲は"Misplaced Childhood"のアウトテイク。"Lady Nina"はちょっと派
 手ですが、ちゃんとクリス・キムゼイがプロデュースをしていて、空気感は"Misplaced
 〜"と共通するものがあります。3〜5曲目は86年1月のハマースミス・オデオンでの
 ライブ。3rdアルバムから大ヒット曲"Kayleigh"、1stアルバム、2ndアルバムからは、
 タイトル曲と豪華な選曲です。

Marillion / Misplaced Childhood (Toshiba EMI TOCP-67786)
  泣く子も黙る超名作となった85年リリースの超名作4thアルバム。「過ち色の記憶」
 との邦題もつけられたとおり、「間違った幼少時代」をテーマにしたコンセプト・ア
 ルバム。派手さを抑え、よりメロディー・ラインを強調。胸に染み入る名フレーズに
 あふれる作品となりました。スケールがでかく、静動の対比も鮮やか、全編が流れる
 ように繋がっていく構成が見事ですね。私は"Kayleigh"〜"Lavender"の流れが大好き
 ですが、ファンの皆さんは同じ気持ちですよね(^^)




→(EMI 7243 4 97034 2 1)
  98年デラックス・エディション。Bonus Discは、シングル曲5曲とアルバム丸ごと
 のデモ音源を収録。シングル曲のうち"Lady Nina"と"Freaks"はアルバム・アウトテ
 イク。12inchVerの3曲はやや派手なミックスとなっています。アルバム・デモは、
 デモと言ってもほぼ完成形。"Bitter Suite"組曲が違っていますが、他はそれほど
 違いが無いかなぁ〜。

Marillion/ Clutching at Straws (Toshiba EMI TOCP-67787)
  Fish在籍時最後のスタジオ・アルバムとなった5thアルバム('87年)。前作の延長線上
 にありながらも、さらに深く沈んだ音を聞かせてくれます。派手なキメや飛び道具はあ
 りませんが、ただひたすらにメロディーを聞かせてくれます。Fishの歌やSteveのギター
 が心のひだに届くような気がする、そんなアルバムです。なお、「藁をも掴む」と言う
 タイトルは、アルコール依存症の事を意味しているとのことです。






(EMI 7243 4 98611 2 1)
  98年デラックス・エディション。Bonus Discは、シングルのみ収録の"Tux On"とシン
 グル別ver2曲、アルバム・デモ9曲収録。アルバム・デモは90%は完成しているの
 で、制作過程がわかるのが嬉しい。でもちょっと録音クオリティに問題ありかな?
Marillion / The Thieving Magpie
          
(Toshiba EMI TOCP-67793~94)
  Fish脱退を受けて急遽リリースされたFish期マリリオンの集大成ライブ・アルバム
 ('88年)。Disc1に代表曲11曲(1stから3曲、2ndから3曲、4thから4曲にシングル
 曲1曲)収録。1st,2ndの曲も、より深みが増し4thの曲とともにじっくりメロディー
 を聞かせます。それでも1stアルバムのタイトル曲ではお客さんが合唱するなど盛り
 上がり十分。Disc2は"Misplaced Childhood"全曲を完全収録で、こちらもよりパワフ
 ルに大熱演!LP時代はA面だけの収録でしたが、完全収録になって嬉しいですね。