Medina Azahara
Medina Azahara / Medina Azahara (CBS/SONY CDCOL 32146)(1st)
  メディナ・アザーラの記念すべき1stアルバム('79年)。後のアルバムに比べると、ア
 レンジが生硬くラフな感じがします。彼らがデビューしたころは、トリアナのフォロワ
 ーがそれこそ雨後の筍のようにどんどん出てきた時期でしたが、このアルバムはその中
 にあってもありふれた出来で、アラメダと比べると一歩も二歩も置いて行かれているイ
 メージがありました。だからね、そんなバンドがその後30年もスパニッシュ・ロック
 界の盟主として君臨するなんて、当時誰も思ってなかったのですよ(^_^;)。
  とは言いながら、このアルバムはその後のスタンダード・ナンバーとなった曲ばかり
 で、今聞くと初々しさがあって却って新鮮です。ファンにとっては無くてはならない存
 在なのも事実だったりします(^_^)。
Medina Azahara / La Esquina del Viento(CBS/SONY 480894 2)(2nd)
  メディナ・アザーラの2ndアルバム('80年)。ハードでラフなイメージの強かった1st
 アルバムと比べてキーボードの比重を上げてよりメロディアスなアルバムになっていま
 す。トリアナのフォロワーの中ではメロディアス・ハード色が強い彼らですが、このア
 ルバムで、その音楽性を確立したと言えるかもしれません。
Medina Azahara / Andalucia (CBS/SONY 480894 2)(3rd)
  '82年リリースの3rdアルバム。まるでエレポップかOMDかと言うジャケになっていて
 ビックリさせられます。ジャケがジャケだけに発売当時は誰にも相手にされなかった可哀
 想なアルバムですが、内容的には前作とそれ程変化が無く、相変わらずのメロディアスな
 スパニッシュ・ハード・ロック風演歌(^_^;)を思い切りやってます。1曲目は少しレゲエ
 が入ってるかな?でも、こぶしの効いたマニュエル・マルチネスの歌が入っただけで何を
 やってもメディナ・アザーラになるんですねぇ。ただし、このアルバムから売り上げが低
 迷、彼らはCBSとの契約を打ち切られてしまいます(当時、スペイン・ロックの主流が
 トリアナ系アンダルシアン・ロックからバロン・ロッホのようなスパニッシュ・メタルに
 移って行ったのです)
Medina Azahara / Caravana Espanola (AVISPA ACD-015)(4th)
  逆風吹き荒れる中、リリースされた4thアルバム('85年)。売り上げを伸ばすためか、ゲ
 ートエコーは鳴っているは、やたらNew Waveなリズム・パターンになっているは、でかな
 り80年代型の音作りになっています。でも、メロディー・ラインは相変わらずなんです
 ねぇ....はっきり言って、全然似合ってません(笑)。起死回生の一発どころか、どう考え
 ても色物アルバム。逆風は更に強くなるのでした(爆)。なお、CDはブチブチの盤落とし、
 85年のアルバムやのに、もうマスターが無くなったのかなぁ。
  あと、このCDと同内容、別ジャケ、別タイトルの"Navajas de Carton"と言うアルバム
 もあるので、2度買いには注意しましょう。
Medina Azahara / ...en Al-Hakim (AVISPA ACD-002)(5th)
  Avispaレーベルに移籍しての第一弾5thアルバム('89年)。包み込むようなキーボード・
 オーケストレーション、アラビックなメロディーを弾くシンセにスパニッシュ・ギターの
 調べ等、メディナ・アザーラの魅力がたっぷり詰まったこれぞ起死回生の傑作アルバムで
 す。Liveでも何回も取り上げられる代表曲ばかりで、このアルバムでスパニッシュ・シン
 フォニック・ハードと言う彼らの方向性が固まったように思います。アルバム全体にいろ
 いろと見せ場があって飽きさせませんが、バラッド系の曲は特に良いですね(^_^)。(あ
 と、ジャケがまた良いのです)
Medina Azahara / En Vivo (AVISPA ACD-001)(6th)
  メディナ・アザーラの人気を決定づけた大名作Liveアルバム('90年年)。初期の集大成
 とも言える内容で、分厚いキーボードをバックに昔とかわらぬ、いや遥かにパワーアッ
 プした演奏を聞かせます。いきなり全開の"Al-Hakim...Otro Lugar"も良いですが、次か
 ら次へと繰り出される名曲に大感激です(2回もメドレーあり)。しかも、私の大好き
 な1stから6曲も入っていて、ラス前にやる1曲目なんか、観客が大合唱していたりし
 て、感涙ものです。情熱と迫力、哀愁と勢いの名アルバムまさに最高傑作です。

Medina Azahara / Sin Tiempo (AVISPA ACD-004)
  スペインで大ブレークを果たすことになった6thアルバム('92年)。シングル曲(モデュ
 ロスのカバー)がチャート・トップになりアルバムも大ヒット。バロン・ロッホとのダブ
 ル・ヘッド・スペイン・ツアーや単独でのアメリカ・ツアー,そして,アルゼンチンのレ
 インボーことRata Blancaとの闘牛場でのコンサート等,数々の伝説を残すもととなった
 作品です。前作で聞かれたスペイシーでエキゾチックなキーボードを効果的に使ったアン
 ダルシア・シンフォな感覚以上に,ストレートなメタル色が表面に出た作品となっており,
 そのため,我が国ではプログレ・ファンからそっぽを向かれ,メタル・ファンにはそれ程
 インパクトが無いと言う,とても微妙な結果となりました。うーむ,残念。



→2006年リリースRemaster盤 (AVISPA ACD-081)
  2006年リマスター盤。曲順が変更になり,大ヒット曲"Todo tiene su fin""をオープニ
 ングに,続いて"Ninos""Solo y sin ti"と曲の流れが凄く良くなりました。リマスターで
 中低域に厚みが増し,スピードのあるメタリックな曲でも軽さが無くなり,ドラマチック
 に聞こえます。Bonus曲として'93年録音のアンプラグド・ヴァージョン4曲を追加。また
 日本向けにわざわざレコーディングした"Ninos"の英語ヴァージョンも収録されています。
 なお、DVDも付いていますがこれはDVD"En Concierto"から"Sin Tiempo"の曲のみを抜粋
 したものです。
Medina Azahara / Donde Esta la luz (AVISPA ACD-021)
  好調メディナ・アザーラの7thアルバム('93年)。前作のスペインでの大ヒットを受け,
 我が国でもリリースされました。前作のストレートなメタル路線を継承しながらも,エキ
 ゾチックでポップなメロディー感とシンフォニックで包み込むようなキーボード・ワーク
 が前面に出ており,再びプログレ・ファンにも訴えかけることができるようなアルバムと
 なっています。乗りが良いのにシンフォニックでメロディアスと言う,彼らの良さが出た
 好作ですね。またアラビア系の楽器の導入等,新しい試みも魅力。このアルバムから再び
 モデュロスのカバー"No Quiero Pensar en ese Amor"が大ヒットしました。
Medina Azahara / Tanger (AVISPA ACD-038)(11th)
  スパニッシュ・アンダルシアン・ハード・ロックの雄メディナ・アザーラの11thアルバ
 ム('98年)。今回のテーマはスペインの地中海を挟んだ向かい側の街タンジール。アラビ
 ックなメロディーを広がりのあるキーボードとソリッドなギターで奏でます。曲中に挿入
 されるサズー等の民族楽器の響きも効果的。録音も良く、ほんま作品を出す毎に良くなっ
 ていってますね(^_^)。
Medina Azahara / Baladas (AVISPA ACD-043)
  メディナ・アザーラのAviapaレーベル移籍10年を記念してリリースされたバラード
 Best。"...en Al Hakim"以降の5枚のスタジオアルバムから選曲されていますが、
 全曲リマスターされていて古いアルバムの曲はベールが4枚ぐらい剥がれたようなリア
 ルな音になっています。
  写真満載のブックレットにはAvispaで発表した28枚!のシングルの写真やTour記録
 も載っていて凄く丁寧な作りです。資料としても貴重。デジパック限定盤とのこと。
Medina Azahara / XX (AVISPA ACD-044)(12th)
  2000年リリースの12thアルバム。結成20周年のアルバムでタイトルは「XX(20)」
 どうもキーボード奏者が抜けてしまったようで、そのせいか叙情性は若干後退して今ま
 で以上にアップテンポなナンバーが並んでいます。また、近作で目立ったアフリカのミュ
 ージシャンとの競演も今回は無し。結果的にややヘヴィでソリッドなアルバムに仕上がり
 ました。
Medina Azahara / Tierra de Libertad(AVISPA ACD-050)(13th)
  Medina Azaharaの13thアルバム(2001年)。前作ではキーボードが抜けて持ち味の空間
 的な広がりが無くなってしまったのですが、本作では相変わらずキーボードがゲストな
 がら、包み込むようなキーボード群が復活しており従来からのファンとしては嬉しい限
 りです。タイトでヘヴィな演奏、お馴染みのスパニッシュ(こぶし効かせまくり(^^))
 メロディーに絡むスペーシーなキーボード!これがMedina Azaharaです。
Medina Azahara / Version Original (CD + DVD)(14th)
                    (AVISPA ACD-060)

  毎年12月に新譜をリリースする(^^;)メディナ・アザーラの2002年新譜。今回は
 CD&DVDと言うファン垂涎の仕様になっており、動くメディナ・アザーラを目に
 することが出来ます。CDの方は今までアルバムに収録してきたカバー曲集+新曲(
 2曲)となっており、Trianaの1st A-1の超かっこいいカバーをはじめ、Triana2曲,
 Modulos3曲(Plenitudからも収録)、Migeul Rios1曲(これも名曲)からストーンズ
 の「黒く塗れ」まで、全曲見事にメディナ・アザーラ風になっています。特に「黒く
 塗れ」なんか、あのメロディのバックにアンダルシアなフレーズまでかぶせるし、そ
 こまでやるか〜と言った感じ。逆にDVDはMTVスペイン版ってな感じで、モスク
 やロケ地での口パク、演フリであまりにも予想通りの内容(^^;)。Liveは完全にメタ
 ル・バンドでした(音と映像のギャップが激しい(^^;))。Makingが一番面白かったか
 な?タンジールの町は情緒タップリでしたね(^^)
Medina Azahara / Aixa (AVISPA ACD-065)(15th)
  年末恒例のMedina Azaharaの15thアルバム(2003年)。今回はなんとオケ入りで、クラ
 シカルと言うよりも妖しい感じのアレンジがMedina Azaharaのエキゾチックな感覚と絶
 妙に溶け合っています。と言いながら、オケ入りは最初の2曲のみで、残りの曲はいつ
 もの彼ら。ただし、メロデイーの良さ、疾走感、キーボードを中心としたアレンジの広
 がりは最近の彼らのアルバムの中では最高の部類。と言うか聞けば聞くほど最高傑作で
 は無いかとさえ思います。これだけ曲が良いと「オーケストラも2曲ぐらいで良いよねぇ
 」とさえ思ってしまうぐらいの充実作です。ラストはオメガもカバーしたスコーピオン
 ズの"Wind of Change(Vientos de Cambio)"でバッチリ締めます(^_^)。
Medina Azahara / La Estacion de los Suenos (AVISPA ACD-075)
  またまた年末恒例のMedina Azaharaの16thアルバム(2005年)。前作でゲスト参加だっ
 たキーボーダーが正式メンバーとなり、ソリッドなアンダルシアン・メタルにたっぷり
 とエキゾチックなキーボード群が被さって行くという、前作からの絶好調さはさらに勢
 いを増し、今回も素晴らしい作品となりました。泣くギター、泣くキーボード、泣くメ
 ロディーと究極のワン・パターンだけどどの曲も味わい深いんですよねぇ。前作も最高
 傑作か?と思いましたが、今回も聞けば聞くほど最高傑作です(^_^)