Norwey   (Page-1)
Ruphus
Ruphus / New Born day (PAN PACD 012)
  ノルウェイのRuphusの1stアルバム('73年)。ブルージーなリフのメロディ
 アスなハード・プログレですが、ファンタジックな叙情性を交え、細かいア
 レンジでテクニカルに展開するところがなかなかオツ。うなるギターとオル
 ガンをバックに歌う、姉御系シャウトVocalとジェントルな男性Vocalのバラ
 ンスも良いですよね。
Ruphus / Ranshart (PAN PACD 017)
  前作以降3人のメンバーが脱退するという大幅なメンバーチェンジの後、
 リリースされた2ndアルバム('74年)。前作からの元気の良い音楽性を引き継
 ぎながらも、サウンドの幅を広げ、よりメロディアスな音を聞かせてくれま
 す。優しい声の男性Vocalが歌う人懐こい歌メロを活かした、北欧らしいロ
 マンチックさと勢いのある演奏のバランスが素晴らしいですね。特に清々し
 いフルートに導かれる旧B−1の泣きのギターと唸るオルガン、そして、そ
 れを冷ややかに包み込むメロトロン!!1瞬2瞬と息を呑んでしまいます。
 まさにノルウェイ・ロック史に残る名作ですネ。
Ruphus / Let Your Light Shine (PAN PACD 026)
  テリエ・リピダルがプロデュースを行い、ジャズ・ロック・テイストが増した3rdア
 ルバム('75年)。と言うか、オルガンはエレピに変わってるし、ギターは弾きまくって
 ゴリゴリのジャズ・ロックになっていて、これじゃぁまるで別のバンドやんけ(^_^;)
 (リピダルも参加してECM風の冷たいジャズロックもやってます)。1stのシャウト姉御
 も復帰して気持ちよく歌ってますなぁ。ただし、スピード感溢れる演奏は結構評判が良
 くて、ドイツのBrainレーベルからもリリースされることになったのでした。いわゆる
 出世作ですな。で、それは良いけど前作のロマンはどこ行ったんだぁ(^^;;;)
Ruphus / Coloured Dreams & Hidden Schemes
  Coloured Dreams & Hidden Schemesは2CDで1枚目はBest。2枚目はアンリ
 リース物です。一般的には2ndが最高作と言われている彼らですが、「ハード・シン
 フォ→クロスオーバー→フュージョン」と表面的な音楽性を変えながらも、結構一貫
 したものを感じます。それはこういうBESTで数曲づつ聞くと顕著ですね。シング
 ル・オンリーの「Flying Dutchman Fantasy」が良い
Popol Vuh
Popol Vuh / Popol Vuh(Polydor 843 175-2)
  ストレンジ・デイズを読んで思わず購入しました。ウィグワムと並ぶポール・マ
 ッカトニー直系のメロディーを持つバンドとくればほっておく訳にはいきません(^_^)
  この'72年リリースのデビュー・アルバムは確かにポール・マッカトニー系のメ
 ロディー満載で、私好みユーロピアン・プログレッシブ・ポップス。おまけにここ
 ぞとばかりに鳴り響くメロトロンが凄い(ほとんど反則(笑))。後半のハードな演
 奏の集中力も抜群です。良いですよぉ。
Popol Vuh / Quiche Maya (Polydor 843 174-2)
  1stの延長線上にある2nd('73年)。1曲目がいきなりソウルフルになっていてビ
 ックリしましたが、全体的にややポップさが増しているものの、叙情的なパート
 でメロトロンが鳴り響いたりしてPopol Vuh節健在。かなりレベルが高いバンドで
 すね。(^^)
  それにしても、このバンド、ジャケとバンド名でえらい損をしてますな、ほん
 ま(^^;)。次作から改名して大正解。
Popol Ace / Stolen from Time (Universal 843 173 2)
  Popol Aceと改名しての第一作目('74)。音的にはPopol Vuh時代と変わっていま
 せんが、新たに導入したストリング・シンセの包み込むような音色をバックに、
 より洗練された演奏を聞かせてくれます。構成もかなり凝っており、後期Wigwam
 にも似た流れるようなシンフォニック・ポップを聞かせてくれます。Popol Vuhの
 1stのようなハッタリの効いたメロトロンは出てきませんが、ズバリ彼らの最高傑
 作と言えるでしょう。ジャケも良い感じやね。
Popol Ace / Curly Sounds (Universal 017 629 2)
  4年ぶりにリリースされた改名後第2作目('78)。4年の歳月が彼らを変
 えたのか、随分ダンサブルでキャッチーな音になっています。歌をメインに
 し、ストリングスやブラスを入れたゴージャスなポップスとなっていて、こ
 れはちょいとオーバープロデュースのし過ぎですね。バンド的な音が聞けな
 いのが残念。
Aunt Mary
Aunt Mary / Janus (Vertigo 842 971-2)
  Deep PurpleとBancoが合体したような言われているAunt Maryの最高作3rdアルバム
 ('73年)。基本はやっぱりパープル型ハード・ロックですが、細かいパッセージを入り
 くませて、一筋縄で行かずに次々と強引に場面展開するところが快感です。それでいて
 歌メロにはなんとなくスタクリッジのようなニッチ・ポップ風味もあるんですよね(^^)
 バンコ的な細かいキーボード・ワーク(ラビリンス一歩手前ぐらいか(笑))が全開の旧
 B−3が特に良いですね。名作です。
Host
Host / Pa Sterke Vinger (PAN PACD 003)
  ツイン・リード・ギターを活かした硬質でメロウなハード・ロックを聞かせるホスト
 の1stアルバム('74年)。シャープなリズム・セクションに乗って勢いを増して畳み込む
 A面も素晴らしい出来ですが,ウィッシュボーン・アッシュを彷彿とさせるような美し
 いツイン・リードに心を奪われる10分近いタイトル曲"Pa Sterke Vinger"はほんま最
 高!ため息が出ますネ。さすが,ノルウェイNo.1メロウ&ハード!と言われるだけ
 あります。
Host / Hardt mot Hardt (PAN PACD 004)
  メンバーチェンジ後リリースされた最高作と名高い2ndアルバム('76年)。1stでのツ
 イン・リードがギター+キーボードとなり,疾走するシャープなリズムセクションの
 上を複雑に絡み合いながら美しいメロディのプログレ・ハードを聞かせます。前作に
 は聞かれなかったアコースティックな感覚もまた魅力。そして,それが一気に激しく
 展開するという静動の対比・場面展開の鮮やかさがこれまた快感。まさに最高作です。
 ストリング・アンサンブルをバックに歌う旧B2曲目も違和感が無く良い出来です。
Saft
Saft / Saft (Polydor 2382.009)
  ノルウェイらしい硬質なメロウ・ブルース・ロックとアコースティックでポップな感
 覚のバランスが印象的な1stアルバム('71年)。ボトムの効いたヘヴィなギターをバック
 に華麗なピアノ,オルガンを聞かせるナンバーで始まり,アコースティックで素朴なバ
 ラッドで締める旧A面。ビートルズ的なポップ・メロディーをアコースティックに聞か
 せる旧B面。音楽性の幅がちょっと不思議な感じですね。
Saft / Horn (Polydor 2923.005)
  1stアルバムの延長線上にありながらも,より軽快でポップな面を聞かせる2ndアルバ
 ム('71年)。ヘヴィ&テクニカルな面も聞かせるが,それ以上にルーズでブルース&ポッ
 プな感覚が渋〜い。エレピの不思議な浮遊感も独特です。それ程印象に残るアルバムで
 は無いけど,「渋〜い,緩〜い」感じが良いかな?と思っちゃいます。
Flax
Flax / One (PAN PACD 018)
  Flaxの唯一のアルバム('76年)。ノルウェイらしいハード・ロックですが,前半での
 キーボードのセンスが変わっていて,シンセ,メロトロン,オルガン等入れたい放題
 弾いるのが不思議な感覚です。特に冷たいメロトロンが鳴り響く1,2曲目はHostと
 Kerrs Pinkの良いとこ取りをしたような感じで,いかにもノルウェイしていますネ。
 後半はパープルをよりヘヴィにしたようなハードロックで一気に突っ走ります。前半
 と後半で曲の傾向が違っていて、アルバム全体にバラツキがあるのがなんとなく残念
 (かな?)
Akasha
Akasha / Akasha (APM 9507)
  昔から鳴り響くメロトロンで有名なコレクターズ・アイテムだったアカシャの唯一
 のアルバム('77年)。とは言え、確かにメロトロンや前面に出てくるシンセなどはプ
 ログレ・ファン向けと言えますが、もやもやとしてはっきりしないメロディーに、更
 にもやもやして、何をやりたいのかわからない構成など、今一パッとしない出来です
 ね。LPはそれに拍車を駆けるように音も悪くて「もやもやの3乗」でした(笑)
  で、CD化に際してはRemasterでかなり音質がアップしており、随分以前と違う印
 象を受けます。が、「もやもやの2乗」になったぐらいかな(爆)
Kerrs Pink
Kerrs Pink / Kerrs Pink (Musea FGBG 4027.AR)
  Camel風の柔らかなシンフォニック・ロックを聞かせるKerrs Pink1stアルバム('80
 
)。いきなりの演歌風のフレーズにずっこけますが,全体的には良く歌うギターを中心
 とした素直な音のシンフォ・ロック。派手さはありませんが,北欧の不思議な節回しを活
 かしたメロディーは聞く程に良さが滲み出てきます。また,フルートの絡ませ方もなんと
 なくCamel風でこれも味がありますね。
Kerrs Pink / Mellom Oss (Musea FGBG 4069.AR)
  '81年リリースの2ndアルバム。ですが,旧A面(1〜6曲目)3rdアルバムのメン
 バーによる'92年の再録で,旧B面はRemix Versionになっているとのこと。オリジナ
 ル・ヴァージョンを聞いたことの無い私にはわかりませんが,噂によれば結構感じが
 違うらしいですな、うーん。で,内容ですが,旧A面は前作の路線を更に臭くしたよう
 な悶絶の北欧演歌ロック()。再録で楽器が新しくなり,テクニック的にも上達して
 いるので,メロディとのアンバランス感がなんとも「その方面の向け(^^;)」。一方
 で、美しい女性Vocalが映える旧B面の大曲は正統派シンフォで聞き応え十分!
Folque
Folque / Kjempene pa Dovrefjell (PAN PACD 015)
  ノルウェイを代表するエレクトリック・トラッド・ロック・バンドFolqueの名作2nd
 アルバム('75年)。マディー・モートンに似た美声のLisa嬢の歌が素晴らしく,圧倒的
 な美旋律に心を支配されます。ダルシマー,バンジョーが軽快に鳴り響き,リズム・セ
 クションがバシッと切れる力強いトラッド・ロックを全編で聞かせ、まさに圧倒的な出
 来。なお,歌詞はノルウェイ語ですが,やはりどこかスプリガンズに似てますね。
Folque / Vardoger (PAN PACD 016)
  好調Folqueの2ndと並ぶ傑作3rdアルバム('77年)。本作も眼鏡のLisa嬢が最高の歌声
 を聞かせてくれます。独特の節回しの美旋律トラッド・メロディーに力強いリズムが絡
 み,6分以上の大作を3曲収録したりとバンドの勢いも頂点に達し,隙の無い名作とな
 りました。男性Vocalの歌もありますが,迫力充分なのでまぁ良いか(笑)。
The Smell of Incense
The Smell of Incense / All Mimsy were the Borogoves
                   (South Side 4280)
  '94年リリースのデビュー・アルバム。ジャケからは素朴なフォーク・ロックを連想
 させますが、出てきた音はサージェント・ペパー〜夜明けの口笛吹き風カラフル・サイ
 ケ!それがポップに舞いながらオリエンタルなジャーマン・アシッド風になったり、ゴン
 グもビックリのシンセ・グルグルが出てきたりと、ほんまこっちは目が点状態です。歌
 詞に「ルーシー・イン・ザ。スカイ」がそのまま出てきたり、「星空のドライブ」のカ
 バーをしたりとかなり本格的ですね!話題のメロトロンはこのアルバムでは、ちょっと
 抑え気味でストロベリー・フィールズ風です。
The Smell of Incense / Through the Gates of Deeper Slumber
                (September Gurls SGCD 15)
  あっとビックリ!メロトロンが鳴り響く2ndアルバム('97年)。いきなり25分にも及
 ぶ組曲で始まり、冷たく響くメロトロン、うずまくシンセ、鳴り響くシタールが混然と
 なったラーガ・ロックからシンセ・トランスに展開、締めはコーラス・メロトロンに包
 まれて穏やかに終わると言う、もう想像を超えて笑ってしまいそうな出来です。2曲目
 以降はマーチング・チルドレン期のアース&ファイア風だったり、おもちゃ箱ポップだ
 ったり、サイケ、ニッチ・ポップ大好きの私にとって堪らないアルバムとなりました(^^)/
The Smell of Incense / Of Vllases and Dottles
                           (September Gurls SGCD 34)
  10年ぶりにリリースされた3rdアルバム(2007年)。いきなりのハードなギターから
 優雅でクラシカルな室内楽へと展開し、「ぐるぐる度アップ!」と一瞬思いましたが、
 全体的にはコンパクトにまとまった女性Vocalフォーク・ポップに仕上っています。と
 は言え、相変わらずシタールはギューンとなって、シンセはキュルキュル、とどめのメ
 ロトロンと仕掛けはタップリで嬉しい限り。前作ほどの圧倒的な感覚はありませんが、
 「女性Vocalファンならこっち」と思わせるだけの完成度はさすがです。
Kirkelig Kulturversted Lavel
Iver Kleive / Himmelskip
  Ketil Bjornstadやカリ・ブレムネスでお馴染みのKirkelig Kulturversted
 レーベルから。やっぱ教会のレーベルだけあってこの作品はパイプオルガンと
 ギターのデュオ作品となっています。
  で、厳かな音が出てくると思いましたら、結構モダンでセミクラシカルな
 甘めのメロディーもある音でした。(まぁ癒し系ともイージーリスニングとも
 言えるなぁ)