Pablo el Enterrador
Pablo El Enterrador (Belle 111894)
  アルゼンチンが生んだ至宝Pablo El Enterradorの1st('83年)。ラテンの優しさと陰
 に溢れたメロディーを繊細なキーボードとギター、タイトなリズムセクションが紡いで
 いきます。明るい陽光が降り注ぐイメージが、一転して哀愁へと切り替わる時の感情の
 ほとばしり。そういう唯一無二の瞬間がこのアルバムには収められています。

Pablo El Enterrador / 2 (PRW 035)
  復活パブロ、待望の2ndアルバム('98年)。ヤマハCPの繊細なアルペジオと優しく
 も憂いに満ちたラテンのメロディーは健在。まさにこれぞパブロ!途中、ミルトン・
 ナシメントのカバー(これがほとんどサグラドな仕上がり)をはさんで、後半はLa
 Barcaに通じるプログレ・パワーポップになります。パブロの過去と現在を繋げる好
 盤ですね(^^)





2013年リマスター盤 (ViajeroInmovil PABLO045VIR)
  98年3月27日のライブをボーナス曲として収録。1stアルバムの名曲が蘇りま
 す。
La Barca
La Barca / La Barca ()
  Pablo el EnterradorのギタリストJose M.Blancが結成したLa Barcaのデビュー作
 (2004年)。Joseは何故かキーボードに専念していますが、今日的にアップデイトされ
 洗練された空間に、アルゼンチン独特の「引きの叙情」が木霊します。一瞬ニ瞬とあ
 のフレーズ、あのメロディーを思い起こさせる展開もあって、大のパブロ好きの私に
 はほんま涙物の1枚です(^_^)。
La Barca / Eclosion()
  元PabloのギタリストJose Maria Blanc率いるLa Barcaの2ndアルバム(2011年)。
 Pablo直系の哀愁メロによるパワー・ポップと言ったサウンドで、一聴すると意外に
 ラウドな音づくり。ただし、「あの哀愁メロディー」は健在で、聞こえた瞬間に胸
 キュン(^^)。21世紀アルゼンチン・ニッチ・ポップとしても一級品です。