Philippines (Page-1)
Freddie Aguilar
Freddie Aguilar / Anak (Vicor VCD-K-071)
  フィリピン、ロック&ポップス界のスーパー・スター フレディー・アギ
 ラの大ヒット・アルバム。我が国でもカラオケの定番曲になっている名曲Anak
 (息子)を含む14曲入りで、どの曲も彼の憂いを帯びた歌声と圧倒的なオー
 ケストレーションで聞き手に迫ります。力強さと儚さ、そして哀愁、その歌
 のパワーは並ぶものがありません。最初に彼の曲をTVで聴いたとき魂が揺
 さぶられるような思いがしました(日本語Versionは演歌になってしまいまし
 たが)。あえてプログレファン向けに言えば、フィリピンのルーチョ・バッ
 ティスティとも言えば良いでしょうか?。哀愁の歌に涙してください。
Juan de la Cruz
Juan de la Cruz / Up in Arms (Shadoks Music 013)
  '72年リリースのJuan de la Cruzの1stアルバム。次作以降贅肉を削ぎ落と
 したヘヴィな音になった彼らですが、5人組時代のこのアルバムはオルガン
 やサックスをフィーチャーしたハード&メロディアスな正統的なブリティッ
 シュ・ロックをやっています。メロディアスな歌からブルージーなインター
 プレイへの流れがパターンも豊富で良いですね。Bonus曲は"Live and in
 Concert"から6曲収録。
Juan de la Cruz / Himig Natin (Vicor BCD-170)
  スピード・グルー&シンキに在籍していたJOSEPH SMITHが参加していることで
 有名なJuan de la Cruzの2nd('73)。フィリピンのみならず世界の辺境を代表する
 (^_^;)スリー・ピースのヘヴィ・ハード・ロックの名作で、ハードな中にも変幻
 自在なプレイを展開するギター、ベース、ドラムそれぞれがとてもプロフェッシ
 ョナル。テクニカルなんだけど、全てのフレーズに歌心があって、無茶旨いです。
 はっきり言ってメジャー・クラスの一級品です。ラストのタイトル曲はイタリ
 アン・ロックを思わせる名バラッド。
Juan de la Cruz / Maskara (Vicor BCD-165)
  従来のヘヴィ・ハード・ロック路線に、ピアノやオーケストラを加え多彩な
 感覚を聞かせる4thアルバム('75)。ハード・ロック的な破壊力と美しいバラッド
 ・ナンバーのバランスが良くて、やっぱりこちらも一級品の出来。引き締まった
 演奏がかっこ良い!タゴログ語の使用曲が増え、辺境度がアップしているのが
 個人的にはナイス(^^;;;)
Wally Gonzalez
Wally Gonzalez / Tunog Pinoy (Vicor VCD-SA-011)
  Maskaraリリース後、Juan de la Cruzの活動休止中に、リリースされたギタリ
 ストWally Gonzalezの1stソロ('77)。Maskaraの音楽性をさらに進歩させたような
 内容で、ヘヴィなギター・サウンドにオルガンやシンセが絡んでくるその音は、
 スピード・グルー&シンキや陳信輝のソロ、Foodbrain等を彷彿とさせます。意外
 にメロディアスな感覚があるのもグッド!
Wally Gonzalez / Wally on the Road (Vicor VCD-SA-012)
  前作と同傾向の2ndアルバム('78)。スピーディーでヘヴィなロックナンバーの
 かっこよさは、まさにJuan de la Cruz譲りで、キーボードをフィーチャーし、
 多彩性を広げたアプローチも大成功です。8曲目なんかどことなくプログレ風味
 もあるもんね。前作を含め、まさにJuan de la Cruzの5th,6thと言うべき2枚。
The Dawn
The Dawn / The Ultimate OPM Collection
                 (EMI 07243-536722-25)
  '87年〜'94年の7枚のアルバムから選曲されたベストアルバム。EMIからの
 リリースと言うバリバリのメジャー・バンドです。で、その音ですが1st"The Dawn
 ('87)"〜3rd"Beyond the Bend('89)"の頃は英語で歌っていることもあって、まさに
 英国ポンプ・ロックそのもの。スカスカで妙にガレージっぽいところなんか、ジェ
 フ・マンがいた頃のTwelfth Nightです。そっくりと言うほどではありませんが、
 ここまで雰囲気が似たバンドをわたしゃ初めて聞きました。'90年代に入って音が
 洗練されて来ると、普通のポップ・ロックになりますが、通して聞くと音にはちゃ
 んと一貫性があるのも良いですね。普通のシンフォ・ファン向けではありません
 が、Twelfth Night大好きのわたしゃ、目茶気に入りました(^_^)。
Asin
Asin / Asin (Vicor BCD-157)
  フィリピンを代表するフォーク・トリオの1stアルバム('78)。英国風の洗練され
 フォーク・ロックで、女性ボーカリストLolita Carbonの少女と少年の間を揺れ動
 くようなあどけない、初々しい歌声に胸キュンです。タガログ語の曲のエキゾチッ
 クさもグッド。どの曲もメロディーが良くて、自然と口ずさんでいたりします。
 それにしても「あの曲」が出てきたのにはビックリしました。
Asin / Himig ng Pag-ibig (Vicor BCD-158)
  フィリピン・フォークを代表する名作と名高い2ndアルバム('79)。アレンジに
 工夫をこらし、より幻想性が増したその音はとてもドリーミーです。フィリピン
 のメロウ・キャンドルと言われるのも良くわかりますね。ただ、個人的にはメロ
 キャンよりもPilzレーベルの素朴さ、幻想性に近いような気がしていますが。
Asin / Himig Kayumanggi (Vicor BCD-111)
  さらに洗練された音を聞かせる3rdアルバム('80)。ドラムスやキーボードを入れ
 ロック色を増しながらも、クラシカルな感覚を出したりと多彩な音のよりプロフェ
 ッショナルな音へと変化しています。その分、ある意味普通のポップス風にもなっ
 ていて、決して凡庸では無いものの、Asinでなくてはならない何かを感じにくく
 なっているのも事実。
Asin / Sinta Himig Kayumanggi 2 (Vicor SCD-159)
  前作をさらに洗練させ、欧米風と言っても良いようなサウンドとなった4thアルバ
 ム。タガログ語の歌はやはりエキゾチックですが、全体的にはフィリピン色は希薄
 で個人的にはあまり魅力を感じなくなったのも事実。あの"Sorrento"をやっていた
 りとどことなくカンツォーネ風のアルバムでもあります。
Asin / Anak(息子) (RCA RD-1007)
  日本国内盤シングル。なんと当時('78)出てたんですねぇ。曲は杉田次郎でも
 お馴染みのフィリピンの国民的歌手フレディー・アギラの大ヒット曲。「おま
 えが〜、うま〜れた〜とき〜、とうさん、かあさんたちは〜〜」と歌うあの曲
 です。日本では今では演歌になってしまっていますが、この曲が最初に紹介さ
 れた(確か何かの報道番組だったように記憶していますが)、アギラの力強い
 歌声と心を引き裂くようなメロディーにビックリさせられた記憶があります。
 このAsinのカバーは1st収録曲と同じで(B面はA面1曲目)、Lolita Carbon
 の舌足らずな歌と美しくもダイナミックなバッキングがとても魅力的。あと、
 タガログ語の歌詞やその訳なんかもついていてなかなか貴重ですね。でも「Asin、
 本名Lolita21才、160cm,43kg、フィリピンでは数少ないシンガーソングライ
 ター」と言う謳い文句は何?Lolitaをかわいこちゃん歌手として日本で売り出
 そうとしていたのがミエミエだぞぅ(本当はLolitaを含む3人組なのです)
V.A.
V.A. / Pinoy Rock (Vicor VCD-SA-001)
  Vicor Records40周年記念としてリリースされたフィリピンのロック・バンドの
 オムニバス。全18曲とかなりのボリュームですが、Juan de la Cruzが8曲、Joey
 Smithが2曲と彼ら中心の内容です。内容的にはミドル・テンポの軽快を通り越した
 軽めのポップ・ロックばかりで、ほとんどフィリピン歌謡に近い内容。Juan de la
 Cruzの名作2nd,3rdの音を期待したらずっこけます。その中で2曲収録のJudasの哀
 愁の歌がとても良くて、この曲のみが収穫と言えますねぇ...残念(^^;)
Pinikpikan
Pinikpikan / Atas (008 TAO Music)
  フィリピンはミンダナオ島のガムラン・ロック・バンドPinikpikanの1stア
 ルバム('99年)。とにかく元気一杯で、リズムが跳ね、ロック・ビートがうね
 ります。超パワーの歌姫マリア・カロリーナ・ロドリゲス・ベロもこのアルバ
 ムではまだ若干線が細くて可愛い感じ。全体的にゴリゴリとしたお洒落になら
 ない尖がった感覚があるのが良いですね。とにかくご機嫌です。最後の曲のブ
 ットビ具合は凄いですよ。
Pinikpikan / Obra Encantada (009 TAO Music)
  Pinikpikanの2ndアルバム(2001年)。もう買った時から、未だ興奮が止みま
 せん! Krakatauにカルメン・マキが加入したような音と聞いていましたが、
 まさに「マキオズ meets クラカタウ!!」。いや、「マキ&サラマンドラ
 meetsクラカタウ」と言った方が近いかもしれません。 とにかく、あまりの
 エネルギーに圧倒されています。女性ヴォーカリスト、マリア・カロリーナ・
 ロドリゲス・ベロの迫力が凄すぎ。 ミンダナオ・ガムランに乗せてドライブ
 する太っといギターも超かっこいい!卒倒しそうです。