Poland Neo Progressive-1
Collage
Collage / Basnie (Inter Sonus IS-CD-002)
  90年にリリースされたCollageの1stアルバム。音的には80年代型のシンフォニ
 ック・ロックだが、流麗なギターや霧のたちこめる森の中を思わせるような音色のキ
 ーボード等、音の作り込み方が、80年代のバンドよりも深くなって行っているよう
 に思います。ある意味90年代型シンフォニックの幕開けを告げたアルバムと言える
 でしょう。完成度は次作以降には負けるものの、溌剌とした演奏と、そこはかとなく
 香るポーランドのイメージが良いですね。
Collage / Nine Songs of John Lennon (SPV 084-150032)
  '93年リリース、イマジンを始めとするジョン・レノンの代表曲をシンフォニックに
 アレンジすると言う企画アルバム。ジョンの曲をCollageがやるってのはどうにも想像
 が出来ませんが、内容はなかなかどうしてCollage独特のシンフォニック一直線でオリ
 ジナル・アルバムと遜色ない出来。WomanやGod,Imagineのようなメロウな曲にはこのシ
 ンフォニック・アレンジが良く効いています。ただし、Power to the People等激しい
 曲は、ジョン独特のメロディーの癖があまりサウンドにあっていなくて、こちらは失敗
 気味。全体的に少々企画倒れっぽい感じですな(^^;)ウーム。
Collage / Moonshine (SI SIMPly 58)
  文句無しの最高作となった94年の2ndアルバム。いきなりの壁のようにそそり立つ
 キーボードの音に圧倒されますが、クリアな音像とその迫力に、洗練されながらも力
 強さを失わないCollageの成長した姿を聞くことができます。変化に富んだ曲調に、キ
 ラキラときらめくフレーズには溜息さえも出そうです。歌詞が英語と言うこともあり、
 インターナショナルな魅力もあるのが良いですね。流れるようなメロディー感は、こ
 の後のポーランドのバンドに多大な影響を与えました。

Collage / Changes (ARS MUNDI AMS 001 R)
  カセット・テープでリリースされていたデビュー・アルバム以前の楽曲10曲に"Moonshine"
 のアウトテイク3曲を加えリリースされた'95年アーカイブ・アルバム。デビュー前の未
 発表曲は、癖の強いVocalを活かしたマリリオン影響下のサウンドが、徐々にファンタ
 ジックに洗練されていくのが、興味深いところ。小曲も多く音も薄いけど、歌詞がポー
 ランド語で聞きやすい演奏がポイント高し。"Moonshine"のアウトテイクは、とても壮
 大な出来で、アウトテイクとは思えない内容。デビュー前の曲と比べると3ステップぐ
 らいの成長ですが、いくら成長してもサウンドの個性、基本は全く普遍なのがCollage
 の素晴らしさです。




→2003年リマスター盤(Metal Mind MMP CD 0229)
  Bonus2曲に、更にヴィデオ・クリップ2曲入り。

Collage / Safe (ARS MUNDI AMS 003 R)
  Collageのラスト・アルバム(5th:'95年)。包み込むようなキーボードと流れるような
 ギターを中心とした憂いのあるサウンドは前作の延長線上にありますが、このアルバム
 では親しみやすさがやや前面に出て、(曲は長いけど)全体的にコンパクトなイメージ
 があります。この流れから言うとSatelliteは結構近いですね。しっとりした東欧的な暗
 さが良いですねぇ。6曲目のM.Gilのギターは圧巻!中間部までは前作を凌ぐ完成度です
 が、後半3曲で今一盛り上がりに欠けるのが残念。
Satellite
Satellite / A Street Between Sunrise and Sunset
             
(Metal Mind MMP CD 0199)

  ポーランドのSatelliteのデビューアルバム(2003年)。と言っても、メンバーはほと
 んどCollageと同じで音の傾向も似ています。面白いのは殆どの曲をDrumsのWojtek
 Szadkowskiが書いていることで、オーソドックスなシンフォ・サウンドの割にはリズム
 ・アレンジがかなり凝っていて、それが妙に新鮮な感覚となっています。メロディー・
 ラインもCollage以上に親しみやすく、大曲が多い割には聞き易くてポップですらあり
 ます。ジャケはMarilionでお馴染みのあの人ですが、Vocalのスタイルが心なしかFish
 風なのは愛嬌ですね。
Satellite / Evening Games (Metal Mind MMP CD 0298)
  CollageのDrummer Woltek Szadkowski率いるSateliteの2ndアルバム(2005年)。今回
 からはMr.Gilは参加していませんが、Collageの流れを汲むメロディアスでヨーロッパ
 的な陰りのあるシンフォニック・ロックを聞かせてくれます。美しく歌うギター&キー
 ボードに、ドラマチックでハッとするような展開も良いのですが、シャキシャキとした
 きめの細かいリズム・アレンジが独特で、これがなんとも心地良いのです。やっぱりリ
 ーダーがDrummerだとなんか違うね(^_^)/
Abraxas
Abraxas / Abraxas
  ポーランドの新鋭Abraxasのデビュー・アルバム。良く泣くギター+Gabrielスタイ
 ルのVocalと言う、ジェネシス・フォ
ロワー系ですが、ジェネシスと言うよりハケット
 のソロの方に近いかな?いやそれ以上
に近いバンドが一つ。なんと言っても"Fact &
 Fiction"の頃のTwelfth Nightに近いのだ。
あのジェフ・マンのVocalスタイルと込み
 入った構成、そして勢いがついたときのか
っこよさ。あのイメージが90年代に何倍
 にもグレードアップした、そんなバンドで
す。70年代的な構成、80年代的なスピ
 ーディーさ、それらが全てアルバムに入っ
てます。ちなみにVocalはポーランド語です
 が、このバンドだけは英語で聞いてみたい
と思いました。
Abraxas / Centurie (Metal Mind MMP CD 0052 D)
  '98年リリースの2ndアルバム。元気なNeo-prog.と言うような感じだった1stアルバ
 ムに比べ、しっとりと叙情的な感覚が前面に出てきています。アトラクティブな面が
 減って、ギターを中心としたメロウなイメージになっています。なんとなくPallas風
 だったのがPendragon風になったような変化ですね(^^;)?
Abraxas / Prophecies (Metal Mind MMP CD 0071)
  Centurieの英語Version。やっぱりAbraxasは英語の方がメリハリが出ますね。ただ
 し、1stアルバムよりもしっとりと大陸的になったCenturieでは効果半減か?Bonusで
 "In the court of the Crimson King"が収録されていますが、高速なアレンジがなか
 なか良くて個人的には本編よりも楽しめました(^^;;;)
Abraxas / 99 (Metal Mind MMP CD 0102)
  タイトルのとおり'99にリリースされた3rdアルバムにしてラスト・アルバム。ナレー
 ションが入ったりとなにやらコンセプト・アルバムのようで、丁度1stと2ndの中間のよ
 うな感じのメロウな東欧色&大陸色と元気なNeo-prog.色をバランス良く混ぜたようなア
 ルバムに仕上がっています。Collageとともにポーランド・シーンを引っ張ってきただけ
 あって、解散が惜しまれますが、彼らの音楽性はQuidamやRiversideのといった後進バン
 ドにしっかりと引き継がれています。まさに今のポーランド・シーンを作り上げてきた
 名バンドでした。
Abraxas / Live in Memoriam (Kuznia Jk2000CD01)
  2000年1月のLive、彼らのラスト・アルバムです。スタジオ盤に見られるセンシ
 ティブなイメージは幾分後退していますが、演奏の乗りと激しさは倍増。シアトリカル
 なVocalも熱唱に継ぐ熱唱で、非常に充実したLiveとなっています。特に後半の畳みかけ
 る迫力は凄い。収録曲は1stから2曲、2ndから2曲(大曲ばかり)3rdから4曲、新曲が
 2曲(1曲は10分以上の大曲)となっています。
Annalist
Annalist / Memories (Digton DIG 168)
  Annalistの1stアルバム('95)。東欧らしいやや暗めのシンフォニック・サウンドで、新し
 めの音ながらポンプ・ロック系の変なポップさが無いところが良い。3人編成でオーケスト
 レーションも未熟で、音の厚みにも不満があるけど、なんとなく引きつけられるものがあり
 ます。
Annalist / Artemis (ARS MUNDI AMS 002 R)
  大きく成長を遂げたAnnalistの2ndアルバム('96)。Collageをコンパクトにしたような感
 じで、決して派手では無いものの情感溢れるメロディーをしっとりと演奏しています。たっ
 ぷり入ったキーボードに隠れてわかりにくいのですが、ベーシックな部分には若々しいギタ
 ー・ポップ的なところもあって、シンフォニックでメロディアスだけど、どこか人懐こいニ
 ッチ・ポップ風の感覚が彼らならではですね。こういう感覚は次作以降でさらに顕在化しま
 す。後半の包み込むような盛り上がりが良い。
Quidam
Quidam / Quidam (ARS MUNDI AMS 005 R)
  どえらい新人が出た!と大騒ぎになったQuidamの1stアルバム('96)。女性Vocalをメイ
 ンに置いた流れるような叙情シンフォで、心の隅々にまで届くセンシティブなフレーズと
 甘い陶酔へと導くEmila嬢の歌声に心が洗われます。凝ったアレンジや仕掛けはありませ
 んが、音楽の力と美しさで聞かせます。もちろん流れるようなフレーズを聞かせるギター
 も抜群!ポーランド・シーンにとってCollageやAbraxasのデビューも衝撃的でしたが、そ
 れを加速させたのがこのQuidamでした。いつ聞いても聴き応え充分です。
Quidam / Sny Aniolon (Rock-Serwis RSCD 050)
  リズミカルでメロウな女性Vocalポップス的なサウンドへと変化した98年の2ndアル
 バム。私はこういうユーロ・ポップス系のお洒落サウンドは結構好きなんですが、ファ
 ンの間ではちょっとした騒ぎになりました。でもねEmila嬢の歌声は相変わらず美しいし、
 アクセントで入るフルートもなかなか効果的なんですよ。1stで聴かれた流れるようなギ
 ター・ソロがあまり聴かれ無くて、ハードなリフや軽快なバッキングに終始しているの
 が残念と言えば残念かなぁ。
Quidam / Baja Prog - Live in Mexico '99
                 
(Rock-Serwis RSCD 060)

  ポーランドのQuidamの99年メキシコでのLive。いきなり「アミーゴ」ときますが、客の
 乗りはラテンでも、しっかりと冷ややかでメロディアスなQuidam節は健在。例のラティマー
 かハケットかと思わせせるギターもひきまくりで、Emila嬢のVocalと良く溶け合ってます。
 気分はリゾート!でも、演奏は伸び伸び絶好調と言った感じかな(^_^;)。選曲的には1st
 からの長尺なナンバーが主体で、CamelのラヤダーやFirth of Fifthをやってます。シン
 フォニックVersionのChild in Timeも違和感が結構あるけど、なかなか良かった!
Quidam / The Time Beneath the Sky (Musea FGBG 4441.AR)
  待望の4thアルバム。前作はユーロ・ポップ色が出てきて、それはそれで良かったけ
 ど、個人的にはもう少しドラマチックに攻めてほしかったと言うのが本音でありました。
 で、このアルバムですが、かなりしっとり目の出来。しっとり、じっくりと聞かせてく
 れます。ジャケのイメージどおりと言うか、Quidamの持つメロウな面が出ています。後
 半部のギター・ソロからの集中力はやはり最高ですネ。
Quidam / SurREvival (Rock-Serwis RSCD 063)
  2005年リリースの5thアルバム。リズムセクションが交替し、なんとEmila嬢まで脱
 退してしまったそうで、思わず「やめて!」と言いたくなるジャケとともに、とって
 も不安な気持ちで聞きました(笑)。内容的には、よりモダンで乗りの良いシンフォ
 ニック・ロックとなっており、これまで以上にギター・オリエンテッドな出来。緩急、
 硬軟自在なギターを中心にロック・スピリッツ溢れる演奏を聞かせてくれます。男性
 Vocalも違和感が無いし、ポーランドらしい暗めの感覚も良し。大陸版シンフォニッ
 クU2ってな感じかな?
Quidam / Alone Together (Rock Serwis RSCD068)
  好調ポーランド・シーンの牽引車とも言えるQuidamの6thアルバム(2007年)。内容的
 にはポーランド・シンフォの王道なのですが、黄昏の哀愁だけでは無く、走り出した
 時のロック感がまた素晴らしいのです。心地良いグルーブと親しみやすい歌メロ、そ
 して、自然体で効果的に盛り上げるアレンジも見事です。短い曲であっても、中にき
 ちんとドラマが感じられますね。前作から参加した男性Vocalも良い声してるしてま
 すね(^_^)。やっぱり一味違います。
Lizard
Lizard / W Galerii Czasu (ARS MUNDI AMS 008 R)
  ポーランドのLizardの1stアルバム('97)。ポーランドらしいクリアで柔らかい幻想性
 と、CrimsonやUKの1stを思わせるようなテクニカル&シンフォニックな展開のバランス
 がとても素晴らしいですね。タイトでテクニカルなリズムセクションに乗って飛び交う
 キーボード&ギターが美しくも心地よいです。
Lizard / Psychopuls (Metal Mind MMP CD 0235)
  ポーランドのLizardの7年ぶりの2ndアルバム(2004年)。9つのパートに分かれ
 たトータル・アルバムになっています。前作ではCrimson & UK風味のメロディアス
 なシンフォニック・ロックをやっていましたが、本作ではよりCrimson度が上がっ
 ており、Red&Disipline期のCrimsonを聞きやすくして、スカッと抜けたかっこ良さ
 を前面に出した音作りとなっています。全体的にヘヴィな感じもありますが、アル
 バム全体を占める集中力と緊迫感に最後まで引っ張られて行きます。それでも「凄
 い作品」と言うよりも「良い作品だね」と言った感じに仕上がっているのは、いか
 にも最近のポーランドのバンドですねぇ。
Lizard / Tales from Artichok (Metal Mind MMP CD 0350)
  快調に新作をリリースするLizardの2005年新譜3rdアルバム。前作でゲスト参加し
 ていたヴァイオリニストが正式加入しており、よりサウンドの幅を広げています。
 Vincent,Salvador,Pablo(誰かわかるよね?)の3人を主題にしたトータル・アルバ
 ムで、乗りの良いリズム・セクションをバックに、ポーランドらしい広がりのある
 穏やかなイメージを聞かせる前半部、ややダークな展開となる後半部、どちらも良く
 作りこまれています。1stの頃のような細かいフレーズの絡みはあまり聞かれなくな
 りましたが、全体を大きなイメージで聞かせるアルバムに仕上がりました。
Millenium,Framauro
Framauro / Etermedia (Lynx FR01CD)
  ポーランドの新鋭バンドの第一作目('98)。所謂Neo.Prog系の音ですが、キャッチー
 でモダンな乗りの中にもスペイシーな感覚とポーランドらしい湿度感のある叙情を感じ
 させてくれます。CamelやHackettタイプのメロウなギターもまたポーランドらしいです
 ね。彼らはこのアルバムをリリース後Milleniumと改名、現在のポーランド・シーンを
 引っ張る存在となっています。
Millenium / Millenium (Lynx LM02CD)
  ポーランド新人。以前にフラマウロとしてアルバムを出していたバンドがミレニアム
 と改名したそうです。いかにも安易な命名ですが、内容はこれが正統派シンフォ、ペン
 ドラゴン系かな?ヴォーカルがポーランド語でメロディーがまた良い。特に後半部の集
 中力溢れる展開はかなりの完成度です。Quidam,Abraxasと比較しても遜色ありません。最
 近のポーランドのバンドはほんまに良いですね(^^)。
Millenium / Vocanda (Lynx LM05CD)
  Milleniumの2ndアルバム(前身のFramauro時代から数えると3枚目)。交通事故で死に
 そうになったビジネスマンが生死の境に経験した事をコンセプトにしたトータル・アルバ
 ム。テーマそのものはいかにもチープな内容なのですが(^^;)、アルバムの出来は今まで
 の最高作とも言うべき内容で、マリリオンのMisplaced Childhood等を思い出させるよう
 に、曲間の切れ目無しに緩急、静動自在に進行していきます。抑えめのオープニングから
 徐々に盛り上がり、後半の集中力溢れる展開に繋がるのが見事!。
Millenium / Reincarnations (Lynx LM07CD)
  ポーランドのMilleniumの3rdアルバム。前身のFuramauroから数えて4枚目のアルバム
 になります。典型的なシンフォニック・ロック・サウンドの彼らですが、U2にも通じ
 るような垢抜けたフレージングは、彼ら独特の個性ですね。メロディアスであっても、
 お涙頂戴にならずにロック的なかっこよさが感じられるところが良いですね。
Turquoise
Turquoise / Turquoise (ARS MUNDI AMS 027 R)
  話題のポーランドの新人デビューアルバム(2001年)。とても優しい声の女性Vocalをフ
 ィーチャーしたシンフォニック・ロックで、ゆったりとメロウな中にも適度なメリハリ、
 ドラマチックさがあり、ジックリと浸れます(^^;)。アコースティックな感覚もあって、
 言うなれば「癒し系シンフォ(^_^;)」。エキゾチックなメロディーもまた良し!
Turquoise / Po Drugiej Stronie (ARS MUNDI AMS 033 R)
  2003年の2ndアルバム。しっとりとした陰影のあるシンフォニック・ロックを聞かせて
 くれます。ポーランド独特の湿度感が魅力的です。1stアルバムでは麗しい女性Vocalが
 特徴的でしたが、この2ndでは何故か男性Vocalの比率が増えていて、思わず「何故だぁ
 ぁぁ」と言ってしまいたくまりますが、Fishを綺麗にしたような声なので、それ程違和
 感はありませんでした(^^;)。流れるようなギター・ワークはCamelの世界にも通じます
 ね。3曲目、6曲目、最高!
Turquoise / Future (ARS MUNDI AMS 041)
  ポーランドのTurquoiseの3rdアルバム(2006年)。どうもギターとドラムスのユニ
 ットになってしまったようですが、変幻自在のギターを中心としたメロディアスな
 シンフォ・サウンドは健在で、今回はこれまで以上に濃厚な出来となっています。
 ズシリとボトムの効いた音作りと「お姉さまVocal(笑)」がとても良くって、熟して
 発酵しそうなぐらいの鮮やかな色彩感が最高です。
Osada Vida
Osada Vida / Three Seats behind a Triangle (ESCD 002)
  またまた出てきたポーランドの新人3rdアルバム(2007年)。ポーランドらしい陰りのあ
 る幻想美を聞かせてくれますが、オーソドックスに攻めると思わせながら、変なキメと
 ブレークで、不思議な感覚のシンフォを作り上げています。メタルが入ったギターに絡
 む少々ピコピコのキーボードも変、ポーランドらしさを残しながらも、なんか「無いタ
 イプ」ですねぇ。これは面白いです(^_^)。ただし、Vocalの声は個人的には嫌いな部類だ
 な(笑)
Osada Vida / The Body Parts Party
               
(Metal Mind MMP CD 0599 DG)
  ポーランドの新人の中では一際変わったサウンドを誇るOsada Vidaの4thアルバム
 (2008年)。捻くれたフレーズが混じる雄大テクニカル・スペイシー・シンフォ路線
 は前作と比べると、少々まともになったような感じですが、歌が入ると何故かラウド
 なギター・ポップになって攻めたりと、まともなようで変、変なようでまともなOsada
 Vidaサウンドが炸裂しています。ラストはムード・ジャズ風味から繋がる正統派シン
 フォですが、彼らがやると、普通にやっても「妙」なのが不思議です(笑)。
Osada Vida / Uninvited Dreams (Metal Mind MMP CD 0675 DG)
  絶好調ポーランド音響シンフォOsada Vidaの5thアルバム(2010年)。冷たい音響系の音は
 より鮮やかになり、変なリズムに読めない展開と思えば王道のシンフォ畳み込みへ突進し
 たりと、自在な感性に舌を巻きます。おまけにメロトロンまで鳴り響いてるですねぇ。恐れ
 入りました。後半の音響系スパニッシュ・ヘヴィ・ロックがまた最高にかっこいいです。
Riverside
Riverside / Out of Myself (AP 515174 2)
  ポーランドの新人2003年デビュー・アルバム。最近のポーランドのバンドに共通し
 たCamel風のメロウな音ながら、暗く重い陰りのある音は、まさに黄昏のシンフォニ
 ック。内容的には在り来たりのシンフォニック風だけど、流れるようなギターに絡む、
 広がりと迫力のある音の渦と、演奏に込められた情念に、ついつい最後まで引き込ま
 れてしまいます。これぞ「音楽のエネルギー」。傑作!!
Others
Amarok
Amarok / Amarok (ARS MUNDI AMS 029 R)
  ポーランドのアマロックの1stアルバム(2001年)。マルチ・プレーヤー&Vocalの
 2人組ユニットなのですが、多くのゲストを向かえバンド的なグルーブを保ってい
 ます。バンド名からやはりMike Oldfield系の音を想像しますが、ギタ−はもう少し
 ウェットで、どちらかと言うとギルモア風?1曲目なんか結構フロイドしてます。
 中ほどから、ハージェスト・リッジ、オマドーン風のリズムが入って来て、やはり
 ルーツはこうなんですね(^^)。冷ややかな感性が良いです。
Amarok / Neo Way (ARS MUNDI AMS 031 R)
  ポーランドのマルチ・プレイヤーのプロジェクトの2ndアルバム(2003年)。牧歌
 的でそよ風が流れるような爽やかシンフォですが、曲によっては適度にポップな
 感覚を持たせ、最後まで飽きさせずに聞かせます。ギターのフレーズはマイク・オ
 ールドフィールド風で、アコースティックな響きを重視する作風は日本のアストー
 リアスにも通じるものがあります。CamelのColin BassがVocalでゲスト参加してい
 ます。
Amarok / Metanoia (Ars Mundi AMS 036 R)
  Amarokことマルチ・プレーヤーMichal Wojtasの3rdアルバム(2004年)。独特の
 オールドフィールド・トーンのギターは健在で、相変わらず滑らかなフレーズを
 聞かせてくれますが、全体的な音の傾向はかなりの変化が見られます。まるで
 Deep Forestのようなエスニックかつダンサブルな打ち込みを多用し、時折ハー
 ドな音の壁を作り迫ってくるそのサウンドはこれまでのAmarokと随分違いますね。
 Deep Forest meets Oldfield...ちょっと違うか?
Anamor
Anamor / Imaginacje ()
  ポーランドの新人デビュー作(2003年)。丁度デビュー当時のQuidamに似たような
 サウンドで、流れるような華麗なフレーズのギターに広がりのあるキーボードを中
 心とした柔らかい感覚のシンフォニック・ロックです。女性Vocalの感じも本当に
 Quidam風で、唯一違うのは彼女がメガネ娘であることか(^_^;)。ちょいと、ジェネ
 シス風7拍子が「まんま」だったり、5曲目は有名スタンダードナンバーにそっく
 りだったりと、いろいろ問題点はありますが、全体的には素晴らしい出来ですネ。
Albion
Albion / Remake (Lynx LM 017 CD)
  好評な2ndアルバムを受け、2006年に'94年リリースの1stアルバム"Survival Games"と
 それを'95年にリメイクしたポーランドのみリリースの"Albion"のリマスター・カップリ
 ング・アルバム。"Survival Games"の方は女性Vocalをメインに歌詞が英語と言うことも
 あって、初期マリリオンからアクを取ってメロウにした感じかな。女性VocalがFishを意
 識しているのが妙に色っぽくて、そそられます(笑)。"Albion"は音がキラキラとし、
 演奏もメリハリがついて聞き易くなっていますね。女性Vocalのアクが無くなって、まるで
 ジュリアンヌ・リーガンのようなのにはビックリしました。曲を入れ替えた後半は陰りの
 あるメロディーを一気に畳み込む勢いがあります。完成度は明らかに"Survival Games"よ
 りこちらが上で2ndアルバムに通じるものがあります。Bonus曲は'97年作がメインで歌
 詞もポーランド語になっていますが、少々ポップになっています。
Albion / Wabiac Cienie (Lynx LM 015 CD)
  11年ぶりにリリースされたAlbionの2ndアルバム(2005年)。暗く冷たい空間に
 優しいメロディーが広がると言う最近のポーランド独特の感覚で迫ります。時折聞
 かせるポップなフレーズもなかなか良し。女性Vocalもなかなか可愛いですネ。奇
 抜なアレンジが無くても、メロディー・ラインの魅力だけでアルバム全体をを最後
 まで聞かせることができる、それだけの力量があるバンドです。じっくり浸れます。
After
After / Endless Lunatic (Oskar 1027 CD)
  Quidamのメンバーが参加しているポーランドの新人2005年デビューアルバム。近
 年のポーランドのバンドの特徴でもある、滑らかなで美しいギターを中心としたメ
 ロディアス・シンフォで、ある意味典型的とも言える出来。ミステリアスな雰囲気
 と暗く影のあるサウンドがとてもポーランドらしいのですが、若干カラッとした湿
 度感があるのが彼らの個性。短めの曲が多く、コンパクトな仕上がりなのですが、
 メロディーもアレンジも良いので、つい引き込まれていきます。
After / Hideout (Oskar 1038 CD)
  2008年リリースの2ndアルバム。より陰影に富んだ曲調となっていますが、全体的には
 メロディアスなギターを中心に分厚いグルーブで迫る「東欧風ラウド系シンフォ?」と
 言った感じ。音の壁の中にずっしりとした「陰り」を聞くことができます。BPMが上が
 る7曲目からの突進力が特に素晴らしく快適!
Openspace
Openspace / Openspace (Lynx LM 19 CD)
  2007年デビュー・アルバム。スペーシーな感覚と泣きのギターがポーランドらし
 いが,結構,はっきりとした輪郭を感じる音で、ハード&テクニカルに、意外性を
 感じさせながら展開するところが魅力です。アナログ・シンセ風の音をメインにし
 た「いなたい感覚」があるのは最近のポーランドらしくなくて,逆に新鮮でもあり
 ます。
Mindfields
Mindfields / One (Lynx LM 26 CD)
  ポーランドらしい陰りのあるシンフォ・サウンドを聞かせる2007年デビュー・ア
 ルバム。親しみ易いメロディーとリズムを軸に漣のように広がるキーボードをバッ
 クにギターが泣きます。各曲の間に演奏されるアコースティックなインターリュー
 ドも良い味を出していますネ。ただし,歌が入るとU2のような「ロック感覚」も
 出てきて,あくまでも彼らの力点は「ロック・バンド」であることがわかります。
Moonrise
Moonrise / The Lights of a Distant Bay (Lynx LM 29 CD)
  Kamil Konieczniakなるマルチ・ミュージシャンの一人シンフォニックのデビュー・
 アルバム(2008年)。ポーランドらしいメロウで陰りのある伝統のシンフォだけど、ハー
 ドからメロウまでの音楽性の振幅の中に不思議とすずやかな感覚があるのが個性ですね。
 ただし、一人でギター、キーボード、リズムセクションもこなし、Vocalも入れてバンド
 的な音にしているのは良いけど、どうしてもギター、キーボード中心の音作りで意外性
 が見えてこないのが残念。全体的に良く出来たアルバムで、歌メロの美しいラスト曲
 のドラマチックな盛り上がりは秀逸です(^_^)
Anyway
Anyway / Chambers (Metal Mind MMP CD 0074 D)
  ポーランドの新人1stアルバム('99)。New Wave&Pomp風と言うか、ポップでかな
 り新しめの音で迫ります。乗りの良い曲は少し売れ線を意識しすぎで、ポップ過ぎ
 るような気がします。バラッド系のナンバーはぐっとシンフォニックになりますが、
 何の変哲も無いようなポップさだけを中心とした音は私には少し辛いかな?
Ankh
Ankh / …Bedzie Tajemnica (Rock Symphony RSLN 026)
  何故かブラジルのRock Symphonyレーベルからリリースされたポ−ランドの新人バン
 ド。ヴァイオリンをフィーチャーしたいかにも東欧らしい陰りと重さを持つ曲から、や
 やポップな曲まで、小曲を間に挟んで各曲が繋がっていきます。おまけにクリムゾンの
 21世紀はやるは、おなじみグリークはやるはでいかにもドプログレ・バンドなんです
 が、ちょいとやりたい事が多すぎて全体の印象が散漫?全体的な雰囲気と個々の曲の出
 来は良いんだけどね