Prefab Sprout
Prefab Sprout / Swoon (Sony EICP 1276)
  記念すべき1stアルバム('84)。トーマス・ドルビーがプロデュースした次作
 以降の洗練された感覚はありませんが、青春の爽やかさとほろ苦さを感じさせ
 るメロディーにうっとりと浸れます。なんとなく不器用な仕上がりですがPaddy
 の青臭いVocalやWendyの妖精のようなウィスパーVoice、そして、やっぱり美し
 いメロディー!彼ら独特の唯一無二の個性は既に出来上がっていますネ。全て
 がここから始まりました。なお、アナログ盤は彼ら唯一のダブル・ジャケット
 です。
Prefab Sprout / Steve McQueen (Sony EICP 1244)
  '85年リリースの出世作2ndアルバム。アズテック・カメラ、スミス、スタ
 イル・カウンシルを思わせる爽やかなネオアコ・サウンドが心地よいです。
 トーマス・ドルビーのストイックなシンセ・アレンジもグッド!無茶気に入
 りました。ブリティッシュの香りが漂いますね。ジャケ(タイトルも(笑))
 は最初「?」でしたが、音を聞くと納得できます。青春の1枚

Prefab Sprout / From Langley Park to Memphis
                  (Sony EICP 1245)

  スティービー・ワンダーやピート・タウンゼントらの大物ゲストが参加した
 3rdアルバム('88)。かなりメリハリの効いたアルバムに仕上がっており、ロック
 ・バンドとしてのPrefab Sproutを感じさせます。青春の爽やかな風を感じさせ
 ながらも、ゴージャスな雰囲気もあると言う不思議なバランス感覚がとても心地
 よいですね。






←Wendyが帯で隠れてしまったので載せました(笑)(Sony ESCA 7685)
Prefab Sprout / Protest Song (Sony EICP 1277)
  2ndアルバムリリース後、ドルビーから離れて制作された3rdアルバムになる
 予定だったけどならなかった4thアルバム(録音は'85,リリースは'89)。ドル
 ビーが関わっていないせいか、生のバンドの魅力を真空パックしたような感覚
 のアルバムですが、ごつごつした感覚を感じながらも段々と円熟していく、そ
 ういう上り坂のバンドのリアルさ感じることができるアルバムです。リリース
 の経緯からか今一マイナーなアルバムですが、絶頂期のバンドの極上のポップ
 ・ソングを味わうことができます。

Prefab Sprout / Jordan The Comeback (Sony EICP 1278)
  大傑作5thアルバム('90)。60分にもおよぶ超大作組曲とも言えるアルバム
 で、最初に聞いたときはミドルテンポの曲が多くて、テンション低いなぁと思
 ってたけど、映像的とも言える美しいメロディーにいつの間にか虜になりまし
 た。じわじわと効いて来ます。ディズニーから50年代〜60年代のポップス、
 20世紀初めの歌曲の影響を受けたバラエティに富んだ曲をトーマスドルビー
 の押さえたアレンジが引き立てます。




→ Prefab Sprout / Jordan:The Comeback (Kitchenware KWLP14)
   とうとうアナログ盤まで買ってしまいました。本当は大作なので2枚組じゃな
  いかと思ってたのですが、しっかり1枚組でした。アナログ盤は内袋付きで、歌
  詞があってと、こういうのがCDに無い魅力だなぁ、美しいメロディーがまた格
  別です。
Prefab Sprout / A Life of Surprises:The Best of Prefab Sprout
                  (Sony ESCA 5576)
  だ〜い好きなPrefab Sproutの'92年リリースのベスト・アルバム。"Swoon"か
 ら"Jordan"までの5枚のアルバムから選曲されていて、この時点での新曲2曲
 も入っています。彼らにはもう1枚、2枚組のベストアルバム"38カラット"が
 ありますが、時系列的に構成された"38カラット"に比べ、アルバム全体の流れ
 を意識した構成となっており、一つのオリジナル・アルバムとしてもじっくり
 聞けます。まぁ、1CDじゃ、少々物足りなさもありますが、この素敵なメロ
 ディーを聞くと、本当に「幸せサウンドだなぁ」と思いますね。
Prefab Sprout / Andromeda Heights (Sony EICP 1279)
  大好きなプレファブ・スプラウトの6thアルバム('97)。今回はサウンド面で
 のパートナー トーマス・ドルビーから離れてセルフ・プロデュースとなって
 います。音的には前作「ヨルダン・ザ・カンバック」と同傾向ですが、隠し味
 的だったシンセが壁のような響きになっていたり、逆にメロディーはより落ち
 着いた雰囲気になっていたりと、バンド的だったサウンドが、宅録風の印象に
 なっています。が、爽やかな風のような彼らのサウンドどこまでも普遍。和め
 ます(^^)
Prefab Sprout / 38 Carat Collection (Sony ESCA 7817~8)
  Prefab SproutのBestアルバム。以前にも1CDのBestが出ていましたが、
 今回はグンとボリュームアップした決定盤となっています。Disc 1がシングル
 集、Disc 2がアルバム・トラック集となっており、年代順に並べられた楽曲群
 は入門編としても最適。アルバムの最初から最後まで青春の光に満ちた甘酸っ
 ぱくもシャープなサウンドに溢れています。私の大の愛聴盤!(^−^)
Prefab Sprout / The Gunman and Other Stories
               
(Victor VICP-61605)
  Prefab Sproutの久しぶりの新譜。アレンジャーが長年の盟友トーマス・ドル
 ビーからなんとトニー・ヴィスコンティに替わっていて、一聴して全然らしく
 ないと言うか普通すぎるアレンジに「??マーク」が一杯ついてしまいますが、
 しばらく聞いていくとお馴染みのメロディーラインはどこをとってもPrefab節
 で一安心(^_^;)。カントリー風味もあって、聴けば聴くほど心休まる出来です。
Paddy McAloon
Paddy McAloon / I Trawl the MEGAHERTZ (EMI 7243 5 83910 2 2)
  2003年にリリースされたPrefab Sproutのリーダー(と言うかPrefab Sprout
 そのもの)Paddy McAloonのソロ・アルバム。Paddy=Prefab Sproutなのは万人
 が認めるところなので、「なんでソロ名義なの?」との疑問はありますが、
 聞いて納得。全編オーケストラを大々的にフィーチャーしたサントラのような
 インスト・アルバムで、確かにこれをPrefab Sprout名義で出すと暴動が起き
 ますね(^_^;)。内容的にはクラシカルと言うよりもサントラあるいはミュージ
 カル的で、Prefabとは全然違うもののあの美しいメロディーは健在で、包み込む
 ようなストリングスの音色に癒されます。1曲目は21分の大作で女性のナレー
 ション付き。甘い音色のトランペットもまた格別。