Progres 2
Progres 2 / Dailog s Vesmirem (Moniter 010213-2331)
  '78年にライブ録音された幻の1stアルバム。「移住」をテーマにしたため、当局のチェ
 ックにかかり発禁処分となってしまったいわくつきの作品です。本当は16曲入り76分
 と言う2枚組クラスの大作となる予定でしたが、2年後の80年に曲をカット&変更して
 リリースされ直しました(それがデビュー・アルバム)。デビュー・アルバムはプログレ
 ス2独特のダークでストイックな持ち味が良く出ている佳作に仕上がっていますが、こち
 らは、ライブと言うこともあり、より躍動感と自由な感覚のある作品となっています。こ
 ちらが完全版ということもあって曲目も多いしね。
Progres 2 / Dialog s Vesmirem (Bonton BON 492931 2)
  という訳で、幻のデビュー・アルバムを録音し直したProgres 2の1stアルバム('80)。実
 は旧チェコ・スロヴァキアで私が一番好きなのはプログレス2なんですよねぇ。1st,2ndア
 ルバムとも同傾向のサウンドなのですが、このスペイシーでダークなサウンドがとてもかっ
 こよいのですよ。個人的には1stの方が伸び伸びとしていて好みだったりします。東欧
 独特のくすんだようなメロディーも良いですが、ジャケもまた素晴らしいですね(^^)。


Progres 2 / Treti Kniha Dzungli
- The Third Book of the Jungle
(Bonton BON 501677 2)

  旧チェコ・スロヴァキアのプログレス2の2ndアルバム('82年)が待望だったRemaster化を
 されました。おまけに英語Version"The Third Book of the Jungle"も同時収録!まさに完
 全版をいう仕上がりです。
  内容的には、地中の砂漠化、環境汚染等をコンセプトにしたトータル・アルバムとなっ
 ており、そのテーマからか1stアルバム以上にソリッドでヘヴィな出来となっています。共
 産圏独特のくすんだような暗さと一種独特のスペーシーな感覚の中で畳みかけてくるフレー
 ズが、なんともまたかっこいいのです。(これがオリジナル・ジャケだそうです。 私もジャ
 ケ間違えてました(^_^;))


→英語盤"The Third Book of the Jungle"のジャケ







→以前、1CDでもリリースされていました。
(BOB Production 0001-2 311)
Progres 2 / Mozek + Zmena (Bonton 495273 2)
  旧チェコ・スロヴァキアのプログレス2の3rd('84年)と4th('88年)のカップリングCD。
 80年代半ばから後半にかけてのこの時期は、東欧のバンドが軒並みエレポップ&テクノ路
 線に移行した時期だけに少し恐い物が?あったのですが、3rdの"Mozek"は全然そんなところ
 が無くて一安心。確かに1st,2ndに比べるとスペイシーな面が後退して、ハードでポップな面
 が出てきていますが、東欧らしい独特の暗いメロディー感とプログレス2節とも言うべきフ
 レージングは健在。特に後半の畳みかけは見事!かっこいい。で、一転4thはこれがいきな
 りエレポップ。ピコピコのブシュブシュでっせ。参った!2,3らしさが出ている曲もあり
 ましたが、ここまで変わるかぁ??と別な意味で唸ってしまいました。うーむ??
Progres 2 / Progres Story 1968-2008 (FT0100-2)
  2008106,7日に行われたチェコのプログレス2の40周年記念ライブ。前身の
 Progress Organization
Barnodajのメンバーを加え、オールタイムベストな選曲で
 聞かせてくれます。Progres2 3rd→Barnodaj→Progress 2nd→Progres Organization
 →Progress 2 1st
と言う、重厚プログレ⇔勢いのあるオルガンロックを行き来する構
 成がニクイですね。それにしても、暗&叙情のProgres 2 1st,2ndの曲は圧倒的!ラス
 トは1st アルバムのメドレーで大団円です
The Progress Organization,Barnodaj
The Progress Organization / Barnadaj (FT0087-2)
  後にProgress 2となるProgress Organizationの唯一のアルバム('71年)。ビート・
 ポップ感の残る演奏はこの当時のチェコのバンドらしい音ですが,くら〜い曲想と節
 回し,深いエコーのかかったオルガンと陰鬱なオーケストラを聞くと,やっぱり「ら
 しいな(笑)」と思ってしまいます(笑)。ハープシコードや少女コーラス隊,ブラス隊
 を入れて凝ったアレンジを聞かせるも,やはりどこか暗いですね。この感覚、後の
 Progress 2とは違うけど,なんか「一味違います」。後半のビートルズ等のカバーは
 ソウルフルな正統派サウンドで,かえって「らしくねぇ」と思ってしまいました(笑)
Barnodaj / Maugli (FT0088-2)
  Progress Organizationのアルバム・タイトルをバンド名にした後身バンドの唯一
 のアルバム('71年)。英国人作家、ラドヤード・キップリングのジャングル・ブック
 をもとにしたトータル・アルバムとなっていますが(後にプログレス2も2ndで同じ
 テーマに挑戦),全体的にはProgress Organizationを一歩進めたアート・ロック感覚
 の作品です。持ち前の暗〜い感覚のメロディとクラシカル&ヘヴィなオルガンはいか
 にもと言った感じですが,シタールやらアフリカン・パーカッションやら優雅なオー
 ケストラやらを導入し,変にカラフルでヴァラエティに富んだ仕上がりになっていま
 す。彼らの歴史の中でも珍しいなんか妙な音ですが,個人的にはこういう一つネジが
 はずれた感覚大好きです(^_^)。プログレス2の深〜いスペイシーな音とは随分違い
 ますが,この後メンバーの大半はプログレス2へと移行します。