Switzerland (Page-1)
Circus
Circus / Movin' On (decorder 38701)
  スイスのCircusの2ndアルバム。Vo&Sax、Sax&Flute,Bass,Drumsと言う変則
 的な編成ながら、メロウでテクニカルに迫ります。結構Crimsonの影響が強いバンド
 なのですが、ゴリゴリとしたBass、シャープで切れ味抜群のDrumsに乗せて伸びや
 かに歌うVocalとSaxは独特の個性を持っています。特に旧B面全体を使って展開す
 る大曲Movin' Onは迫力抜群です。
Circus / Fearless,Tearless & Even Less (Illuminatus 001)
  Sax奏者が抜け新たにKeyboard奏者が加わって制作された4thアルバム。新加入の
 Keyboard奏者の弾くハモンドC-3の響きがバンドに新たな個性を醸し出しています。
 全体的に今まで以上にタイトでスピーディーな楽曲で構成されており、畳みかけてく
 るA-1,A-2はUK風ですらあります。逆に現代音楽風の展開を見せるラストの曲はこ
 の後のBlue MotionあるいはDrumsのフリッツ・ハウザーのソロに繋がるものがあり
 ます。
S.F.F.
S.F.F. / Symphonic Pictures (Laser's Edge LE 1017/18)
  名作との誉れ高いS.F.Fの1stアルバム('76)。キーボード、ギター&キーボー
 ド、ドラムスのやや変則的なトリオ編成で、変拍子やブレークをビシビシに決め
 るテクニカルでシャープな音作りは他に並ぶものが無いぐらい個性的です。フレ
 ーズの感覚が妙に無調でシリアスな印象を与えながら、パッと温かみのあるメロ
 ディーを挟むセンスもまた独特。シンセとメロトロンのフレーズの絡み合いもユ
 ニーク極まりなくて、ほんま目から鱗が落ちるような作品です。
S.F.F. / Sunburst (Laser's Edge LE 1017/18)
  ギターとキーボードの快速フレーズがかっこいい名曲"Wizzard"で始まる2ndアル
 バム('77年)。旧A面の他の曲は前作からの延長線上にあるやや前衛的なシリアス・
 シンフォですが、なんと言っても聞きものは名曲"Troja"で始まる旧B面!ドライブ
 するギターを包む漣のようなキーボード。そして、鮮やかな場面展開で一気に畳み
 込んでいく快感。いやはや前作の一歩引いた様なインテリジェンスが嘘のようです
 な。ほとんど「これSFFなの?SBBじゃなくて?」状態です(笑)
S.F.F. / Ticket to Everywhere (Laser's Edge LE 1017/18)
  雄大でスペイシーな分厚いシンセが印象的な3rdアルバム('78年)。SFFっぽいシ
 リアス&アヴァンギャルド風味は後退して、わかり易いロック的なエネルギーが凝縮
 されています。切れ味と重厚さが両立されていて、一番プログレっぽい作品となって
 います。このアルバムの前にリリースされたF&Fの1stアルバムはセミ・クラシック
 的な作品でしたが、シャープなドラミングの"S"chickeが加わるとここまでテンショ
 ンが上がるんですねぇ。凄いマジックです。
Flame Dream
Flame Dream / Out in the Dark (Vertigo 6367 016)
  Flame Dreamの3rdアルバム。前2作はスイス国内のみでのリリースでしたが、この
 アルバムからはドイツでもリリースされるようになりました。テクニック抜群のキーボ
 ードを中心として、ジェネシス&Yes系のサウンドを聴かせていた彼らですが、本作で
 は新たにギタリストを迎え5人編成となっており、前2作以上にタイトでスリリングな
 楽曲で構成されています。どちらかと言えばDuke時のジェネシスにKayak系ポップ色を
 まぶし、プログレ色を強くしたような感じかな?アクの強いVocalは相変わらずですが、
 個人的にはこの3rdが彼らの最高作だと思います。
Others
Demon Thor / Written in the Sky (Spalax 14270)
  旧A面全部を使った大曲が有名な2ndアルバム('74年)。とにかく左右から湧き上
 がってくるメロトロンが素晴らしく、ストリング・メロトロンで包み込み、ブラス
 ・メロトロンで勢いを付けるその迫力に圧倒されます。ジャーマン・ロック的な憂
 いを帯びたメロディーに、ここぞと走り出すリズムも最高。歌が入ると若干ファン
 キーになりますが、女性ボーカルはジュリアン・ジェイ・サバリン風に聞けてこれ
 もグッド。B面は2曲目のバラッドを除けば、とっちらかってしまっているのが残
 念。
Welcome / Welcome (Black Rills BRR 006)
  スイスのYes。3RDの頃のYESが「こわれもの」をやったような感じで
 ゴリゴリとした感じがかっこいい。変に綺麗にまとまらずロックっぽさを
 前面に出しながら、YES直系の派手な展開があるのがとても良い!
Rumple Stiltzken Comune / Wrong from the Beginning
                
(Black Rills BRR 011)

  イタリアのビリエット・ペル・リンフェルノの変名バンドでは無いかと噂さ
 れていたスイスのバンド(後に間違いと判明)。確かにイタリアB級を思わせ
 るクラシカルでダークな雰囲気の曲調とバタバタした展開は、いかにもそれ風
 なのですが、強引に畳みかけようとしても演奏力がついて行かないのは微笑ま
 しい感じがします(^^;)。でもね、イタリアのバンドはそれでも体力でねじ伏せ
 たんだけどなぁ...限定250枚(私のは201番)。B級ファン向けです。
Galaxy / Nature's Clear Well (Spalax CD 14893)
  実はスイスのバンドらしいけど、一般的にはドイツのバンドとして知られる
 Wernyetulaの前身バンド。内容的には暖かいメロディーに絡むドラマチックか
 つスペイシーなサウンドで個人的にはWernyetulaの10倍ぐらい気に入ってま
 す。グイグイとを聞き手を引っ張っていくノリの良い展開も最高。ジャケが今一
 で損していますが、久々にカタルシスを味わいました(^^) 
Chil / Rhubarby Feeling (Black Rills BRR-CD 004)
  Chilと言うKeyboard奏者が70年に2チャンネル録音で制作したアルバム。
 ゲストがいろいろと参加していますが、基本的には1人多重録音となってい
 ます。浮遊感のあるオルガンの上をバックにした、ポップ・ソングと言った
 作品で、一言で言えば「チープなSeventh Wave」と言ったところか?ただし
 内容はチープながらメロディー・ライン等のセンスは結構良くて、それなりに
 聴けます。
Neo Progressive
Sisyphos
Sisyphos / Moments (Moon C 027)
  スイスから突如現れたテクニカル・ヘヴィ・シンフォニック新人!'97年のデ
 ビュー作です。終始、ドカドカと迫力に満ちたテクニカルなヘヴィ・シンフォ
 ニック・ロックを聞かせ、どこまでも激しく聞き手を捕まえて離さないパワー
 と切り返してからの叙情が魅力的です。メロトロンの使い方も効果的で、これ
 がまた痺れます。
Sisyphos / Moments Live (Moon C 033)
  デビューアルバム"Moments"が衝撃的だったSisyphosの2nd。Moments Liveとな
 っていますが全10曲中"Momentsからは4曲のみであとは新曲。Momentsの流れ
 を汲むややダークな曲調をバカテク・疾走感全開で演奏していきます。Moments
 でもお馴染みのあのパターンですがLiveだけあって乗りはこちらが上ね。とにか
 く凄いバンドです!
Sisyphos / Paraphernalia (Moon C 039)
  2004年リリースの2ndアルバム。1stアルバムの延長線上にありますが、中盤以
 降ではストリングスを導入し、よりエモーショナルでゴシックな感覚まで見せて
 くれます。メランコリックな音の塊の中にヨーロッパ的な深さを感じさせるとこ
 ろは、ある意味サイケデリックでもあります。勢い一直線だった1stと比べると、
 大人になったような感じでしょうか?個人的にはGG的なラビリンスを聞かせて
 くれる前半が好み。
Sisyphos/ Retromania (Moon C 050)
  スイスのSisyphosの3rdアルバム(2009年)。タイトルどおりのレトロでヴィンテ
 ージで時としてブルージーな感覚と、アヴァンでクールな音をハイブリッドに混
 ぜ合わせた音がとても印象的。スカッと抜けたグルーブがまた気持ちよく、ここぞ
 と鳴り響くメロトロンもまた快感ですね。ハイパー21世紀型ですが、意外に聞き
 やすいのもグッド!
7 Pines
7 Pines / Exit (Moon c068)
  SisyphosのPeter Scheideggerが結成したキーボード・トリオのデビュー作(2012年)
 Sisyphosの3rdアルバムからブルージーさを抜いて、キーボード・オリエンテッドにし
 たような、と書くと文字通りですが(笑)、本当にそんな音。キーボード&メロトロン
 弾きまくりなんだけど、アプローチが直球過ぎて色気が無いのが残念。あと、フレーズ
 をもろにパクルのは無しだよ(少し手を加えないとね)
Clepsydra
Clepsydra / More Grains of Sand
            (Belle Antique BELLE 96230)

  スイスのクレプシドラの2ndアルバム('94)。ペンドラゴンと言うか英国ポンプ
 ロックの影響を受けながらも、よりエモーショナルな音作りで評判になったアル
 バムです。確かにポンプ・ロックから強い影響を受けていますが、よりヨーロッ
 パ的でウェットな感覚があって、それが私の心の琴線に響きます。あとVocalist
 のやや高い声も印象的な響きがあって良し。テクニック的には今一歩と言った感
 じですが、それを補って余りある曲とフレーズの良さがあります。なお、このジ
 ャケットは日本盤のもの。
Shakary
Shakary / Alya (SHK 30324)
  クレプシドラのギターが中心となって出来たバンドの1stアルバム。なんと
 いきなりの2枚組!同じくクレプシドラのVocalや元PFMのWalter Calloniも
 参加したいわゆるスーパー・バンドと言えるかも知れません。
  内容はかなり大がかりのコンセプトアルバムのようで、クレプシドラ以上に
 深く多彩な音となっています。それでも90年代的なあか抜けたロック色の強い
 部分もあります。
Schizophonia
Schizophonia / Quaternaire(Kendo Ken 01)
  スイスの新人。狂気〜炎の頃のフロイドのメロディー感とスペイシー感を
 持っていて、それがフランス語のコッテリとしたイメージとともに迫ってき
 ます。録音レベルもアレンジ力もメジャー級で無茶ビックリしました。聴き
 応え抜群です。