2004年 個人的Bestアルバム 最終結果 <Best10>

1 Metamorfosi / Paradiso (Progressivamente GMP 003)
  信じられないような気持ちですが、本当に本当のMetamorfosiの新譜がリリース
 されました!!Davideさん(Jimmyさん?)の声も変わらず、濃い音のシンセも変わ
 らず、どこをどう切ってもあのMetamorifosiの音に仕上がっているのが嬉しいと
 言うか、ある意味凄い!!
2 La Barca / La Barca ()
  Pablo el EnterradorのギタリストJose M.Blancが結成したLa Barcaのデビュー作
 Joseは何故かキーボードに専念していますが、今日的にアップデイトされ洗練された
 空間に、アルゼンチン独特の「引きの叙情」が木霊します。一瞬ニ瞬とあのフレーズ、
 あのメロディーを思い起こさせる展開もあって、大のパブロ好きの私にはほんま涙物
 の1枚です(^_^)。
3
4
5
6
7
8
9
10

【ノミネート】

Riverside / Out of Myself (AP 515174 2)
  ポーランドの新人2004年新譜。最近のポーランドのバンドに共通したCamel風のメロ
 ウな音ながら、暗く重い陰りのある音は、まさに黄昏のシンフォニックとでも言える
 よう。
Malaavia / Danze D'incenso (MRC 002)
  イタリア新人バリバリの新譜(2004年)。キーボードとベース&Vocal2人の
 ユニットで、端正なシンフォニック風味ながら、トラッドの香り漂うしっとり
 とした歌メロが印象的です。吹きすさぶフルートや心に染み入るヴァイオリン
 等70年代風のヴィンテージな感覚を聞かせながらも、ワールド・ミュージッ
 ク等の新しい感覚が漂っているのが印象的。切れの良いリズムも心地良いです
 ね。Osanna,NCCP,La Torre dell'Alchimista等多彩なメンバーがゲスト参加し
 ていることからも彼らの音楽性の幅が窺えます。
Matraz / Gritare (Mylodon Mylo CD017)
  チリのドリシア・フォロワー、2004年リリースの3rdアルバム。ドリシア云々と書き
 ましたが、フレーズ、曲構成そして何よりもかっこ良さが似ていると言うかエッセンス
 を引き継いでいます。全体的にはもっとメロディアスで冷ややかな感覚があるところが
 特徴かな?チャーリー・ガルシアやルイス・スピネッタを思わせるナイーブなVocalも
 最高です(^^)。1曲目なんかキーボードがいきなりパブロ風になったりして、この
 方向性で攻めたら「チャーリー・ガルシアmeetsドリーム・シアター&パブロ・エル・
 エントラドール」なんて呼ばれるかもね(1曲目は今でももろにそうです)
Angulart / Donde RENACEN las Horas (Mylodon Mylo CD019)
  これまたチリのMylodonレーベルの新人バンド(2004年)。チリ特有のテクニカル・ヘ
 ヴィ・シンフォで、ずしりと重いリフから一転してテクニカルに畳み掛けるフレーズ
 へとなだれ込むところが爽快の一言。スペイン語歌われる味のある歌やダーク・メロ
 ディアスな叙情もまた良し。インディオ風フルートやアコーディオンなど南米風の隠
 し味もちらりと見せてくれます。しかし、EntranceやMar de Roblesにしろ、この
 Angulartにしろ、本当に今のチリの新人バンドは凄い!!
Ovni / Humanos pero no Terrestres
  今、話題のエル・サルバドルのOvniの4thアルバム(2004年)。ようやくゲットしました。
 内容ですが、意外な程洗練された垢抜けた音で、ほんのりと中米色を感じる陰りのある印
 象的なメロディーと、圧倒的なドラマチックさにビックリ!!計算されたフレーズとフレ
 ーズの絡み合いや、大掛かりなアレンジに、それをビシビシ決めるテクニック。ほんま超
 一流のバンドです。1曲目なんかドリシアからメタル色「だけ」を除いたと言っても良い
 ぐらいの、痺れるテクニカル大曲だぞ。はっきり言ってFlower Kings,Spock's Beardクラ
 ス。これは凄い!
Amagrama / Ciclotimia (Record Runner RR 0390)
  全員がTeenagerと言うビックリするようなアルゼンチンの新人バンド。2004年
 作。70年代のバンドからFlower Kings,Dream Theater等のテクニカルな最近の
 バンドの影響を受け、タイトなリズムセクションの上に流れるような圧倒的な音
 宇宙を作り上げています。CrucisやMaquina等の自国の大先輩からの影響も多大に
 受けていて、Charly Garcia風の繊細な叙情を感じさせるVocalと壮絶シンフォの
 バランスがとっても新鮮です(でも、Vocal曲が何故か少ないのですよ〜(^^;))。
 Bonus曲はCrucisの1stから、これははっきり言ってCrucisよりも素晴らしい出来!
Franco Battiato / Dieci Stratagemmi (Columbia COL 518565 2)
  バッティアート2004年新譜!最近は親しみやすいシンフォ・ポップス路線にな
 っていたバッティアートですが、そういうシンフォ・ポップス路線はそのままに、
 なんか凄くブットンダ内容に仕上がっています。流れるようなシンフォポップス
 がシリアスになり、落ち着いたアレンジがドラマチックに盛り上がる、これぞバ
 ッティアートの世界ですね。2曲目の三味線の音を模した日本風の曲もセンス良
 し。後半は90年代のお得意だったシリアス・オーケストラ風味から、パワーテ
 クノへと展開していきます。
IQ / Dark Matter(GEPCD 1034)
  2004年新作。会心のアルバムです。バンクス風のオルガン、メロトロンに典型的
 な変拍子パターン、そしてGabrielやFishを可愛くしたようなPeter NichollsのVocal
 と従来のIQとなんら変わるところの無いアルバムですが、より円やかによりドラ
 マチックになったサウンドは完成度抜群。後半に配置された大作を含め、あの1stア
 ルバムの拡大VersionUp版ともいえる様な出来です。円熟し完成度が高くなるに従い
 サウンドを変質させていくバンドが多い中で、「そのまま」グレードアップすると言
 うのはファンにとっては本当に嬉しい限りです。プロフェッショナルな音作りの中に、
 時折見せる「青臭さ」がまた喜ばしいです(^_^)。文句無しの最高作!!!!!
Greenwall / From the Treasure Box
                (Rock Revelation RR 003 CD)

  びっくりするぐらい良くなったGreenwallの3rdアルバム(2004)。女性Vocalを擁した
 端正なシンフォニック・ロックで、モダンさの中にも淡い水彩画のような叙情を感じ
 させてくれます。決して派手なところはありませんが、一つ一つのフレーズが心に染
 み入ります。曲毎に若干メンバーが変わったり、Liveが混ざったりしていますが、そ
 ういうことを感じさせないまとまりの良さがありますね。どの曲も良いけど、じわじわ
 と大団円に向けて盛り上がる26分の大曲が聞きもの
Almora / Shehrazad
  2004年リリース、トルコの美旋律メロディック・メタル。激しいリフに
 絡む、オリエンタルな旋律、そして美声女性Vocal!もうエキゾチックさ全
 開です。ギターのフレーズに絡むフルートやヴァイオリンのセンスもなか
 なかのもの。バンド編成は結構際物的なのですが出てくる音はかなり正統
 派、そこにトルコらしさが加わるから、これが良いのです。しいて言えば
 (嘘のようだけど)日本のシェラザード〜オリジナル・ノヴェラにメロディ
 ー感が似ているかな?掘り出し物です!
Le Orme / L'infinito (Crisler CCD 3065)
  3部作の最後を飾る復活後第4作目(2004年)。内容的には"Il Fiume"からの音楽性
 を受け継ぐもので、確かな演奏力を持ったツイン・キーボードをバックに、アルド
 独特の歌声を聴くことが出来ます。若干暗い曲調はフェローナ&ソローナを、透明
 感のあるアレンジはコントラプンティを思わせるのは、ファンにはたまらないです
 ね。ある意味良いとこどりです(^^)。前半、後半にあるクライマックスの盛り上げ
 方もさすが。