Ukraina  (Page-1)
Er.J.Orchestra
Er. J. Orchestra / Gabrielius (Boheme CDBMR 902038)
  例のロシアのBoheme Musicからリリースされたウクライナのジャズロックバンド
 の98年の作品(実はこちらは出直しで別ジャケのオリジナルが存在します)。
  非常にメロディアスでエモーショナルなジャズロックで、そのスピリチュアルな
 雰囲気は後期Magmaと言うかOfferingに近い部分があるかもしれません。
Er. J. Orchestra / On the Hill Again ()
  ウクライナのEr. J. Orchestraの2002年作2ndアルバム。パット・メセニー等を思わせるよ
 うな軽快でセンスの良いジャズ・ロックで、ところどころに入るエキゾチックなフレーズが良
 い。ジプシー的であったり、ワールドミュージック風であったりと、幅の広い音楽性を持っ
 ていますが、どこかお洒落なところもあってジックリ聞かせてくれます。
Er.J.Orchestra / The Unicorn (44Records-0001)
  パット・メセニーが引き合いに出されるぐらいに、洗練されたレベルの高いサウ
 ンドを聞かせるウクライナのEr.J.Orchestraの3rdアルバム(2004年)。ヴァイオリ
 ンやアコーディオン、ヴァイブ等多彩な楽器群が織りなすセンスの良いアレンジは
 相変わらずで、美しく清々しいジャズロックを聞かせてくれます。たおやかな民俗
 音楽風だったり、モダンなジャズ風だったり、懐の拾い変幻自在なサウンドがしっ
 とりじっくりと心に染み入ります。名盤
Karfagen,Hoggwash,Sunchild
Karfagen / Continium (Unicorn UNCR-5030)
  ウクライナの爽やかジャズ・ロックKarfagenの1stアルバム(2006年)。テクニカルなんだ
 けど、透明で清清しくて爽やか!そして、雄大な空間は、まさにウクライナの大地を思い起
 こさせます。そういう中にエキゾチックなメロディーが広がるところが最高!。美しいフル
 ート、安定したリズムセクションも良いですけど、いきなり出てくるメロトロンにはビック
 リ!!。ここまでやったら反則でっせ(笑)
Karfagen / The Space Between Us (Unicorn UNCR-5041)
  短い間隔でリリースされた2ndアルバム(2007年)。1stでの透明な感覚は残しながらも、
 テクニカルで押しの強い音になっています。中間部からはエキゾチックさと力強さが増し、
 よりヘヴィになって畳み掛けてきますね。1stとは少し方向性が違いますが、Brand Xや
 Novaとも肩を並べるぐらいの一級のジャズロックです。アコーディオン等の隠し味も良い
 センス!
Karfagen / Solitary Sandpiper Journey
               
(Caerllysi Music CM 10005)
  Hoggwash,Sunchildと2つのシンフォニック・ロック・プロジェクトを間にはさみリリ
 ースされた本家Karfagenの3rdアルバム(2010年)。シンフォニックど真ん中だった先のサ
 イド・プロジェクトと比較して、こちらはAntonyの柔らかい音色のキーボードを駆使した
 ジャズロック寄りの作品。エキゾチックなメロディーを奏でながら,透明感のあるメロ
 ディーを聞かせてくれます。なんとなくアイン・ソフにも通じるような洗練された感覚
 もあります。
Karfagen / Lost Symphony(Caerllysi Music CM 11008)
  今やSunchildと同時進行となった本家Karfagenの4thアルバム(2011年)。Sunchildがシンフォ
 ニック・ロック・プロジェクトならば,こちらはエキゾチックなジャズ・ロックと言う訳です
 が,それでも持ち前の透明感と広がるキーボードでシンフォ・ファンへのアピール度も大。
 生ストリングスやオーボエを加え幅を広げながらも,持ち前のスリリングな演奏もさらにパワー
 アップしています。
Hoggwash
Hoggwash / The Last Horizon (Caerllysi Music CM07001)
  ウクライナのKarfagenのキーボード奏者Antony Kaluginとイギリス人Will Mackieとの
 コラボレーション2007年作。ウクライナ人ミュージシャンによる演奏ですが,Willが作曲
 しているためか英国風のジェントリーなシンフォ・サウンドを見事なまでに聞かせてくれ
 ます。夕暮れ時の黄昏にそこはかとなくジェネシス色が混じったような感覚に,ウクライ
 ナの透明感が少しばかり隠し味として加わっています。うん、ジェントリー&ジェントリー
Sunchild
Sunchild / The Gnomon (Caerllysi Music CM08002)
  Karfagen,HoggwashのAntony Kaluginの新プロジェクトの1stアルバム(2008年)。
 Karfagenの透明感、Hoggwashのジェントリーさを持ちながらも21世紀型プログレッ
 シブのハイパーでタイトな音楽性をあわせ持つ、Antonyの総力を結集した2枚組90
 分超えの大作です。20分以上の大曲を2曲含み、メタル&音響系まで音楽性を広げ
 ながらも、その音はあくまでも親しみやすく豊かなメロディーに包まれています。あ
 と、Vocalがフラキン風なのもグッド!これはクルナー!!(^^)大傑作!
Sunchild / The Invisible Line (Caerllysi Music CM09003)
  Sunchildの2ndアルバム(2009年)。前作では21世紀的なハイパー感覚もありました
 が、本作はそれを抑え目にして、持ち前のジェントリーな感覚に少しポップな親しみや
 すいメロディーを中心に置いた「ウクライナのフラキン」とも言える音になっていま
 す。豊かな音色のシンフォニック・ロックが素晴らしい(^^)
Sunchild / As Far as the Eye Can See
                      (Caerllysi Music CM11007)
  本家Karfagenよりもリリースが順調な分家Sunchildの4thアルバム(2011年)。豊饒な
 シンフォニック・ロックは本作でも全開,特に,ケイト・ブッシュを思わせるヴィク
 トリア嬢の少しシアトリカルな歌が素晴らしく,フラキンのようなファンタジックな
 音の玉手箱路線と相まって、ため息が出るような音宇宙を聞かせてくれます。
Paris to Kiev
Paris to Kyiv / Variances (Olesia AKBCD 03)
  ウクライナのParis to Kievのn2dアルバム。カンテレに良く似た響きの楽器と美
 しい女性Vocalでエキゾチックな叙情を聞かせてくれます。全体的に冷たい感覚が
 感じられますが、こういう感覚はウクライナと言うよりもNiekkuのような北欧のト
 ラッド系のバンドに近いですね。楽器名がわからないところが辛い(笑)