XTC
XTC / Black Sea (Toshiba EMI TOCP-65714)
  '80年リリースの大名作4thアルバム。スティーブ・リリーホワイトのプロデュー
 スで、Peter Gabrielの3rdアルバムと並ぶ「あのゲート・リヴァーブ」の代名詞と
 も言える作品に仕上げています。ライブ感を強調したような音作りが、楽曲の勢い
 を加速。アフリカン・ビートとビートルズをごちゃまぜにしたような感覚が楽しい
 ですね。冒頭からの"Respectable Street"〜"Generals & Majors"〜と無敵の名曲で
 ぶっ飛びます。
XTC / English Settlement (Toshiba EMI TOCP-65715)
  2枚組全15曲の大作となった5thアルバム('82年)。エンジニアだったヒュー・
 パジャムをプロデューサーに起用。ライブでは再現できないような、アコースティ
 ックな感覚や、キーボードによる音響効果を前面に出した凝った作品に仕上がって
 います。全体的にはじっくりをメロディーを聞かせる落ち着いた曲が多く、前作と
 対照的なジェントルな肌触りの名作です。なお、1枚組10曲入りヴァージョンも
 リリースされており、M-1,2,3,4,15,8,5,6,14,7を収録しています。
XTC / Mummer (Toshiba EMI TOCP-65716)
  大ヒットした前作の後を受けてリリースされた6thアルバム('83年)。ライブ活動
 の休止,ドラムスのテリー・チェンバースの脱退,Virginレーベルの方針変更に,
 プロデューサーが3人も変わるという苦難の中での難産となりました。音的には,
 ライブ活動を停止したこともあってか「ロック・バンド色」が薄くなり,牧歌的で
 落ち着いたものに。個人的には旧A面に顕著な凝ったサイケ色が好きですね。コリ
 ンの名曲"Wonderland"収録!
XTC / Big Express (Toshiba EMI TOCP-65717)
  '84年リリース,機関車の車輪を模した変形ジャケが有名な7thアルバム。デビッ
 ド・ロードのスタジオでたっぷり時間をかけて作られたその音は一言で言うとXTC版
 ウォール・オブ・サウンド。力強いロック・サウンドが復活していますが,とこと
 ん厚塗りに仕上げ,ひねり過ぎの過剰な音。こういう傾いた感覚はある意味ポップ
 スの神髄かもしれませんが,ちょっと疲れる音ではあります(笑)
XTC / Skylarking (Toshiba EMI TOCP-65718)
  プロデューサーにトッド・ラングレンを迎え,アンディとの激しい衝突の末完成
 させた大傑作8thアルバム('86年)。ポップな中にあった実験性を薄め,持ち前のメ
 ロディーの魅力をストレートに打ち出した音は,毒が無くなったとも言われました
 が,極上ポップスを14曲も並べられたらひれ伏するしかありません。日本盤紙ジ
 ャケットCDはボーナスとして超名曲"Dear God"入り。
XTC / Oranges & Lemons (Toshiba EMI TOCP-65719)
  Skylarkingのヒットで勢いが付き,とうとうLAで録音してしまった9thアルバ
 ム('89年)。にも関わらず内容は,とても青い空のカリフォルニアで録音されたと
 は思えないような、こってり詰め込みのド派手カラフル・ポップス。ロック色も
 強まっていますが,「熱い」というよりも「厚い」音です。ドラムスはなんとク
 リムゾン加入前のパット・マステロで,彼のドラムスもまた賑やか(^^)/