Ruja
Ruja / Ruja (Melodia C62-12797-8)
  エストニアのYESとしてマニアをパニックにさせた4曲入りEP。最初から
 いきなり海洋地形学〜究極期のYESのようなサウンドが出てきてびっくりしま
 すが、なんとなくコミカルな仕上がりは初心者には少し「?」か?実はこの頃の
 未発表曲にはもっともっと凄い曲があって何故、この4曲がリリースされたかは
 若干の疑問があるのですが、妙に辺境的なこの感覚に慣れてくると、これがまた
 病みつきになるのですよ。
Ruja / Kivi Veereb (Melodia C60 26417 005)
  後期Rujaの最高作と名高い2ndアルバム。例のBox Setに1曲を除いて全曲収録され
 ているのにも関わらず、ゲットしてしまいました。全体的にはNew Wave風の軽快なシ
 ンフォニック・ロックと言った感じですが、華麗なテクニックを聞かせるIgor Garsnek
 のキーボードや初期Rujaを思わせるJaanus NogistoのYes風のギターを中心に、なか
 なか凝ったアンサンブルを聞かせてくれます。そして何と言ってもウルマス・アレン
 ダーの唯一無二の歌に痺れます。後期Eastにも共通するPops性とシンフォ性のバラン
 スのとれた傑作。特にBox Setにも収録されていたタイトル曲(A-1)と名バラッド(A-2)
 が最高!
Ruja / Pust' budet vsyo (Melodia C60 28191 005)
  '89年リリースの3rdアルバム。次作"Must Lind"が編集(追悼)盤と言うことを考え
 ると、実質的なラスト・アルバムと言えるでしょう。1曲目でいきなりYMOのよう
 な軽快なテクノ&フージョン・サウンドが出てきてビックリしますが、全体的にはフュ
 ージョン&クロスオーバー色のある軽快でお洒落なポップ・サウンド。その中でも数曲
 収録されている哀愁のメロディーが聴かれる極上のバラッド・ナンバーが、やはり一押
 し!ちなみにこのアルバムは全てロシア語で歌われていますが、エストニア語Version
 はBest Boxに収録されています。タイトルは"Let ItBe"と言う意味。




Ruja / Must Lind (Forte FD 0014/2)
  Rujaの4th AlbumにしてLast Album、エストニア号の事故で亡くなったウルマス・アレ
 ンダーの追悼盤です。Must Lindとは白鳥の事でBoxのブックレットを見ていてわかった
 んだけど、ようするに「ウルマスは白鳥になった」と言うことなんですね。
  とにかく1曲目のMust Lindの鎮魂歌の如き静寂感が素晴らしく、ここでもウルマス
 のボーカルの存在感が圧倒的です。CD全体でみるとUnrelease物ながら70年代後半
 から80年代後半まで満遍なく選ばれていて、同じくUnrelease満載の5CD Boxの抜粋盤
 としても聞けます。曲が粒ぞろいの分だけBoxよりも良いかもね(^^)。また重く寂寥感
 の漂う選曲は、入門編としても最適だと思います。彼らの4枚のアルバムの中では最高
 作では無いかと個人的には思います(^^)

 各曲の時期を整理すると以下のとおり...
1) 1981(Pop Ruja 期) (名曲!!)
2) 1986(Late Ruja期) <3rd Album"Pust'budet vsyo"から>
3) 1985(Late Ruja期) <3rd Album"Pust'budet vsyo"から>
4) 1986(Late Ruja期)
5) 1978(Prog Ruja期)
6) 1978(Prog Ruja期)
7) 1982(Pop Ruja 期)
8) 1982(Pop Ruja 期)
9) 1978(Prog Ruja期)
10) 1985(Late Ruja期)
11) 1977(Prog Ruja期) <EP"Ruja"から>
12) 1978(Prog Ruja期)
13) 1981(Pop Ruja 期) <1st Album"Ruja"から>
14) 1986(Late Ruja期) <2nd Album"Veerev Kivi"から>
15) 1986(Late Ruja期) <2nd Album"Veerev Kivi"から>
16) 1985(Late Ruja期) <3rd Album"Pust'budet vsyo"から>
17) 1977(Prog Ruja期)
18) 1987(Late Ruja期) <3rd Album"Pust'budet vsyo"から>
19) 1971(Early Ruja期)
 Boxは無理でも、こちらなら大丈夫かも?まだ入手されてない方は是非!






Ruja / Need ei vaata tagasi… (Hyper Elwood 474-0447-10162-0)
  エストニアのRujaの5CD BOXです。ほんまウルマスの素晴らしい歌唱力と
 東欧のくぐもった感じのメロディー。良いですねぇ(^^)

Ruja / Need ei vaata tagasi... Osa 1
☆Parandamatu (CD1)
  1971-75のEarly Ruja(Varajane Ruja)期を収めたCD(3曲ほど'79,'81,'82の
 曲も収録)。とにかくウルマスの存在感が凄い。哀愁のこもったメロディーを伸び伸び
 と歌い上げていきます。70年代後半には完全にプログレッシブ・スタイルになる彼
 らですが、この時期もクラシカルなキーボードを軸にサイケ、アート・ロック、プロ
 グレ..etc、同時期のブリティッシュ・ロックからの影響をもろに受けた演奏をして
 います。あと、心にこもるバラード・ナンバーに印象的な曲が多いですね。

☆Ule Muuri (CD2)
  1976-1980のProg Ruja(Proge-Ruja)期のCD。これがBOXの目玉か?新加入のキ
 ーボーダーがバリバリにクラシカルなタイプなのに加え、ギターのJaanus Nogistoが
 いきなりスティーブ・ハウに変身してしまってます。もう1曲目から全開(^^)。
  CD1のサイケ、アート・ロック&プログレ サウンドから様式美系シンフォへと
 変化していった1枚と言えるでしょうか?
  曲は結構ばらけていて、全曲凄いとは言えませんが、CD1と合わせて抜粋 
 Versionを作ったら国内盤もいけるかもね?ほんまに良い!

Ruja / Need ei vaata tagasi... Osa 2
☆Pop Ruja (CD3)
  1980-84のPop-Ruja期を集めたCD。プログレ期を経たポップ期と言うことでAsia
 かGTRみたいだったら許そう(笑)と思ってましたが、なんとロックンロールと
 R&Bのオンパレードでした(;_;)
  それでもこの時期に発売された1stアルバムからの曲はそれなりにキーボードも頑
 張っていて聞けます。ギターのJaanus Nogistoは今度はPoliceになっているし(^^;)
 丁度同時期のAngeやBanco,Itoizの変化に似ているかも。
  曲単位ではTo Mr.Lennonのような曲もあってあながち捨て切れませんがこの変化は
 やはり?かな(そう言えば名曲Must Lindはこの時期の曲だ←CD1収録:何故?)

☆Sildade Poletajad (CD4)
  1985-88のLate Ruja(Hiline Ruja)期を集めたCD。2nd,3rdがこの時期に当たって
 いることからもわかるように、初期のプログレッシブな演奏とNew Wave、エレポップ
 的な感性が調和し東欧のメロディーに解け合った音空間を作っています。前半の3rd
 の曲も8曲目からの2nd「Veerev Kivi」もウルマスの歌唱力とバックの泣きの演奏の
 バランスも良い。後期East的なサウンドと言えるかも知れません(ギターのJaanus
 君、ようやく自分のスタイルを確立したか?(^^;))
  個人的にはCD2のもろプログレ的な演奏も良いとは思うのですが、バンドのバラン
 スと曲の出来から言うとやはりこの時期が全盛期だと思います。

☆Tundmatu Tuja (CD5)
  70年代から80年代後半までに曲を収めたCD(Unknown Rujaと言うのは隔離室の情
 報)。未発表テイク集かなと思いましたが、そもそもこの5CD BOXがまんま未
 発表曲の塊なのでどういう編集なのでしょうか(^^;)。
  内容的にはプログレ時代の曲が変にポップだったり、ポップ期の曲が凄く良かった
 りと「ほんま年代、あっとるんか?」と思ったりしましたが、真ん中へんのレゲエ
 (^^;)以外はどれもグッド。特に20曲目〜21曲目の流れは胸にジンと来ますが、
 そう言えばこの2曲そのまんまMust Lindに入っていたのでした。

  しかしまぁ全部で100曲以上、6時間近くもあるんですねぇ。それでもまったく飽
 きないのはどうしてでしょう(^^)


<収録曲対照表>
CD1
 18) CD"MUST LIND" 1曲目
CD2
 2) CD"MUST LIND" 5曲目
 5) EP"Ruja"B-1
 7) EP"Ruja"A-1
 9) CD"MUST LIND" 6曲目
 12) CD"MUST LIND"12曲目
 13) EP"Ruja"A-2
 17) CD"MUST LIND"17曲目
 18) EP"Ruja"B-2 CD"MUST LIND"11曲目
CD3
 7) 1stLP"RUJA"B-3
 8) 1stLP"RUJA"A-1
 9) 1stLP"RUJA"A-4
 10) 1stLP"RUJA"A-2
 21) CD"MUST LIND" 8曲目
 23) CD"MUST LIND" 7曲目
CD4
 2) 3rdLP"Pust' budet vsyo"B-1のエストニア語version
 3) CD"MUST LIND3曲目
   &3rdLP"Pust' budet vsyo"A-1のエストニア語version
 4) CD"MUST LIND"16曲目
   &3rdLP"Pust' budet vsyo"A-2のエストニア語version
 6) 3rdLP"Pust' budet vsyo"A-4のエストニア語version
 7) CD"MUST LIND"2曲目
   &3rdLP"Pust' budet vsyo"B-4のエストニア語version
 8) 2ndLP"Veerev kivi"A-2,CD"MUST LIND"14曲目
   &3rdLP"Pust' budet vsyo"B-2のエストニア語version
 9) 2ndLP"Veerev kivi"A-1,CD"MUST LIND"15曲目
 10) 2ndLP"Veerev kivi"B-3
 11) 2ndLP"Veerev kivi"B-2
 12) 2ndLP"Veerev kivi"A-4
 13) 2ndLP"Veerev kivi"A-3
 14) 2ndLP"Veerev kivi"B-1,
 16) 2ndLP"Veerev kivi"A-5
 17) CD"MUST LIND"4曲目
 18) CD"MUST LIND"10曲目
 20) 2ndLP"Veerev kivi"B-4
CD5
 2) 3rdLP"Pust' budet vsyo"A-5のエストニア語version
 17)3rdLP"Pust' budet vsyo"A-3のエストニア語version
 20) CD"MUST LIND"-18
  &3rdLP"Pust' budet vsyo"B-5のエストニア語version
 21) CD"MUST LIND"-19
*3rdLP"Pust' budet vsyo"はロシア語で歌われており、収録曲のエストニア語
 VersionはこのBoxに初めて収録されました。
Ulmas Alender
Urmas Alender / Kohtumine Albertiga (Alender 001/002)
  手を触れるのがもったいないような豪華な保存盤仕様で出たソロ・アルバム
 (2004年)。オーケストラをまじえた熱唱のバラードやRujaを思わすドラマチッ
 クな曲に、ハード・ロックやロックン・ロール乗りの曲までかなり多彩な内容
 ですが、全てがウルマスの歌唱力と哀愁のメロディーに彩られ、彼の圧倒的な
 実力を窺い知ることができます。Bonusとして付けられたDisc 2はよりプライヴ
 ェイトなデモ集?ですが、ギター引き語りからラグタイムにシンフォ系まで、
 シンプルなだけに余計、彼の個性を感じることができます。惜しい人を亡くし
 ました。合掌...
Igor Garsnek
Igor Garsnek & Nevil Blumberg / Synopsis
                
(Boheme CDBMR 009172)

  エストニアのSynopsisの86年のアルバム(名義はIgor Garsnek & Nevil
 Blumbergです)。やはり80年代の後半のアルバムと言うことで、打ち込みもかな
 り入ったモダンな出来となっています。エストニアらしいエキゾチックな透明感溢
 れるメロディーが印象的ですが(In Speなんかもこんなイメージがありますね)、
 ややムードに流れ過ぎているきらいがあるかな?ロックっぽい曲はなかなかの出来
 ですが。
Igor Garsnek - Ansambel Data / Loomade Farm
               
(Boheme CDBMR 010173)

  元RujaのキーボードIgor Garsnekが90年にリリースしたアルバム。全体的に打ち込
 みをベースにかなり新しめの感覚の作品ですが、縦横に走るキーボード群がなかなかか
 っこよく、Rujaのウルマス・アレンダーもRuja以上に熱唱を聞かせています。結構後期
 Rujaに似た作品ですが、Rujaのどの作品よりもプログレッシブに聞かせます。Must Lind
 に似たバラードナンバーもまた良し。
Rein Rannap
Rein Rannap / Varajased Laulud (Hyper.Records)
  Ruja等で活躍したキーボード奏者Rein Rannapの作品を集めた4CDBoxセット。
 内容的にはDisc 3と4に尽きるのですが、エストニアの知られざる凄いバンドの曲
 も入っていて、まさにエストニア・シーンをダイジェストで聞くことができるアル
 バムです。
Disc 1
  まずはDisc1。基本的には70年代のエストニア歌謡風の曲を集めたもので、古
 臭い曲調は若干聞くのが辛いのも事実。ただし、クラシカルな曲調の女性Vocal
 を活かしたバラッド・ナンバーは、ゾクゾクとするような哀愁を感じさせてくれ
 て、なかなかのもの。特に3曲目、6曲目が良い。Jaak Jurisson!1曲収録。
Disc 2
  81年〜82年の作品が中心。ロックンロールやR&B風の曲など、かなりポップ
 な内容。ポリス風の曲もあったりとNew Waveからの影響も大。後半は1stアルバ
 ムの頃のRujaの未発表曲ですが、1stアルバムと同傾向のド・ポップな内容でした。
Disc 3
  このBoxの真価は、ここからです。まず、ヴァイオリン入りのエキゾチックなト
 ラッド色が印象的なHolmの80年の作品が5曲。カラフルで豊かなオーケストレー
 ションが最高です。
  初期Ruja('71)は2曲入り。可憐なクラシカル色のある力強い演奏が良い。やっ
 ぱりRujaはこうでなくては!
  テクニカルでダイナミックなシンフォニック・ロックを聞かせるNoor Eestiは
 76年の作品を4曲。このBoxセット最高の演奏を聞かせてくれます。似ては無い
 けどYesやGG系の構築型サウンドに、意表を付きまくる展開が最高。チェンバー色
 もあって、正統的ながら摩訶不思議なサウンドを聞かせてくれます。
  キーボードをたっぷりフィーチャーしたTajo Kadajasもおとなしめの演奏ながら
 なかなかの出来。
Disc 4
  で、圧倒的なクライマックスとなるDisc 4はRujaのウルマス・アレンダー+Kaseke
 と言うとんでもない布陣で演奏された20分を越す2曲の大曲のLiveがメイン。こ
 のBoxの目玉中の目玉です。混声合唱を大々的にフィーチャーした圧倒的なプログレ
 ッシブ絵巻で、ゴリゴリ・ベースに弾きまくりキーボード、そして圧倒的な存在感
 を見せるウルマス・アレンダーのVocal、とRuja,Kasekeをも凌ぐ内容です。凄いと
 しか言いようの無い作品です。
  あと、ヴァイオリンをフィーチャーしたメロディアス&エキゾチックなAndres Ots
 もなかなかの出来。
Indrek Patte
Indrek Patte / Celebration (STRANGIATO 2005)
  ウルマス・アレンダー亡き後のRujaVocalも務めたIndrek Patteのソロ・アル
 バム(2011)。自身の歌とキーボードを中心に多くのゲストを迎え,少しガブリエ
 ル調の歌を中心に、月影からGG風はたまた新世紀型超絶テクニック・プログまで,
 幅い広い音楽性の中にも、一貫してバルト海の冷風を感じさせるファンタジックな
 音世界を作り出しています。歌メロの親しみやすさもポイント高し。あと,ゲスト
 のギタリストが無茶ウマでびっくり。