Samla Mammas Manna
Samla Mammas Manna / Samla Mammas Manna
               (Arcangelo ARC-3009)

  コステ・アペトリア加入以前のパーカッション2人を加えた4人編成で
 のデビュー・アルバム('70年)。トラディショナルなメロディーと摩訶不思
 議なアレンジ,そしてサーカスのようにテクニカルに展開する音楽性は既
 に確立。ホルマーさんのオルガン使用率が高く意外とプログレ風な旧A面。
 サイケ・ジャム風でごった煮的な旧B面と,他のアルバムには無い魅力の
 ある1枚。
Samla Mammas Manna / Maltid (Arcangelo ARC-3010)
  技巧派ギタリスト,コステ・アペトリアが加入して一気にジャズ・ロッ
 ク色が強まった2ndアルバム('73年)。前作の「哀愁メロディー+北欧ダン
 ス・トラッド+摩訶不思議ユーモア」路線にテクニカルなジャズ・ロック
 色が加わって,切れ味抜群のサムラ・ミュージックが完成しました。予想
 もつかない展開とへんてこ変拍子が最高です!しかも、いきなり出てくる
 メロトロンは反則だぁ。それにしても,ハッセのドラムス凄いなぁ,キリ
 コ並みやね(^^)
Samla Mammas Manna/ Klossa Knapitatet
              
(Arcangelo ARC-3011)
  変なメロディーとリズムをより超絶に聞かせる3rdアルバム('74年)。全
 体的には前作の延長線上にありますが,哀愁はより深く、拍子は変に,イ
 ンプロは冴えて,アンサンブルは緻密になった「Sのサムラ}の到達点と
 も言える作品です。フランク・ザッパからの影響が大きいブラック・ユー
 モアも絶好調です。ライナーで伊藤さんも書いておられますが,途中に出
 てくるドタバタはほんまドリフやなぁ(^^)
Gregory Allan Fitzpatrick/Samla Mammas Manna
    / Snorungarnas Synfoni
(Arcangelo ARC-3015)
  グレゴリー・アラン・フィッツパトリックのオーケストラ向けスコア
 をサムラが演奏した企画アルバム('76年)。サムラの正規アルバムと違い,
 よりシンフォニックでファンタジックな内容となっています。涼やかな
 メロデイーにサムラ流のサーカス的な展開が混ざり合い,美しくも楽し
 い作品となりました。コステさんのギターなんかFocusかFinchかってな
 感じだぞぉ!巷で言われているように,確かに初級者向けの親しみやす
 い作品ですね。
Zamla Mammaz Manna

Zamla Mammaz Manna / Schlagern Mystik
           
(Arcangelo ARC-3012)
  コステがバンドを去り,エイノ・ハーパラを迎えてリリースされた
 5thアルバム('78年)。バンド名を「S」から「Z」に変え音楽の幅を
 広げる実験の結果を2枚組の大作に結実させました。とは言え,1枚
 ごとにタイトルがついた2in1と言う考え方の作品で,こちらはユー
 モアとおふざけの歌ものと,Samla時代を継承する哀愁テーマと超絶イ
 ンプロのジャズロック大曲を収録。



→ For Aldre Nybegynnare (Arcangelo ARC-3013)
  '77年に行われたインプロヴィゼイション・ツアーの記録集('78年)
 フリーでシリアスな内容ですがユーモアやサムラ流哀愁メロデイーも
 しっかり感じられます。昔は「これはRIO」やなぁと思いましたが,
 今聞くと「やっぱりサムラだなぁ」と思うのが不思議。クリス・カト
 ラーの耳に止まったのはこの音なんやろうね。切れ味抜群のハッセの
 ドラムスとハーパラさんの重いロング・トーンギターが素敵。