Argentin   (Page-2)
Invisible,Spinetta
Invisible
Invisible / Durazno Sangrando (Columbia 2-493867)
  Invisibleの2ndアルバム('75)。予想外にヘヴィでブルージーなサウンドで、
 スピネッタの繊細なVocalもこのアルバムではどちらかと高音シャウト系?アコ
 ースティックな曲に次作への流れを感じますが、今の彼からは少し意外なサウン
 ドではあります。南米系ハード・サイケの流れのアルバムと考えた方がシックリ
 くるかもね。
Invisible / El Jardin de Presentes
                   (Columbia 2-493868)

  Invisibleの3rdアルバムにて最終作('76)。このアルバムからギタリストにTomas
 Gubitschが参加しており、より軽やかなクロスオーバー風サウンドへと変化してい
 ます。スピネッタはギターをTomasへとまかせほぼVocalに専念しており、今までの
 アルバムに比べ、彼の繊細な声を活かしたよりメロディアスでドラマチックなサウ
 ンドとなっています。優しく1歩引いたようなメロディーとバックのクロスオーバ
 ー風演奏のミスマッチな感覚が妙に新鮮です。スピネッタはこのアルバムで自分の
 方向性を掴んだような気がします。
Spinetta
Spinetta / a 18'del sol (Columbia 2-470326)
  '77年リリースの2ndソロ・アルバム。Invisibleの3rdの叙情性をそのままソロで昇
 華させたような出来。バックは当時流行のクロスオーバー的な音ですが、インテリジェ
 ンスを感じさせる音はどことなくカンタベリー系?それよりも繊細なスピネッタの歌が
 もう涙が出そうなほどアルゼンチンです。Invisibleと一緒にどうぞ!
Tomas Gubitsch
Tomas Gubitsch / Sans Cesse (PAN Music PMC 1128)
  InvisibleにいたTomas Gubitschが渡仏後リリースしたアルバム(97年作)。
 ミュージカル?のための音楽として制作されており、クラシカル、チェンバー、
 ロック的な要素を劇伴風に作り上げたようなイメージです。ただし、この手の
 作品にありがちな頭でっかちな感じはあまりしなくて、自由に音を重ねていくよう
 なところあるのが良いですね。
Arco Iris,Soluna
Arco Iris

Arco Iris / Tiempo de Resurrecion (Music Hall 246543)
  '72年リリースの2ndアルバム。まだこの頃はブルージーでメロディアスな、所謂
 南米系サイケロックをやっています。ドグサレ系の音がマニアの心をくすぐります
 が、時折見せるアルゼンチン独特の叙情が良いです。全体的にはInvisibleなんかに
 近いですね。次作以降のプログレッシブな展開はありませんが、辺境色たっぷりで
 攻めてきます。アルバム全体のまとまりもとても良い!






→CDのジャケット...なんかイメージ違う?
Arco Iris / Sudamerica (Music Hall MH 10076/7-2)
  '72年リリースの超大作ロック・オペラとなった3rdアルバム。前作までのサイケ・
 サウンドをベースに、何でもありのサウンドで攻めてきます。全体的にはクラシカル
 と言うよりムーディーなサウンドで、フォークからプログレ、ロックンロールにブル
 ースとてんこ盛りですが、もう何が出てくるか解らないようサウンドはまさに私好み。
 アルゼンチン・ロック史上に残る超大作と言っても過言ではありません。ただ、シン
 フォ一直線の人には若干辛いかな〜。冒頭からのドラマティックな展開には圧倒されま
 っせ、
Arco Iris / Agitor Lucens V (Music Hall 60-14147)
  第一期Arco Irisのラストアルバム(5th:'75)にして最高傑作。名作"Sudamerica"と並
 ぶ2枚組の大作で、インカ風フォルクローレからジャズ・ロック、サイケ・ブルース等
 持ち前のサイケで雑多な感性は相変わらずですが、幻想性と複雑な展開を見せるシン
 フォニック・チューンを聞かせたりと、よりプログレッシブ色を前面に出し洗練された
 音となっています。アルゼンチン特有の優しいメロディー感覚も良いですね。このアル
 バムの後Arco Irisは、メロディアスさを継承したSolunaと、活動をアメリカに移し
 フュージョン・バンドとなった第二期Arco Irisに分裂します。
Soluna

Soluna / Soluna (S・C-10033)
  Arco Irisのメンバーがより洗練されたサウンドを求めて結成したSolunaの1stアル
 バム('77)。アルゼンチン独特の優しいメロディーをあるときは情熱的に、ある時は
 叙情的に展開していきます。ヴァイオリンの調べも美しく、コーラスも決まっていま
 すが、そういう中にも適度なポップさがあって、それがこのアルバム全体を占める親
 しみやすさに繋がっているように思います。





→最初のCDのジャケット...これじゃ、ドグサレ系(^_^;)
 Soluna / Energia Natural
(EMI 8 29962 2)
Aquelarre
Aquelarre / Brumas (Microfon C-71)
  アルゼンチンのAquelarreの3rd。あまり話題にならないバンドですが、アルゼンチン
 特有のあの優しいメロディーをキーボード主体のきっちりしたアレンジで聞かせます。
 全体にコンパクトな感じですが、テクニカルなイメージも強くてなかなかのバンドです。
Aquelarre / Siesta (Microfon C-11142)
  でこちらが4th(最終作)。3rdをさらに発展させ、キーボードをメインに長尺のイン
 ストを聞かせるパートが出てきています。で、メロディーはやはりあの優しいアルゼン
 チン・メロディー。彼らで一番プログレッシブな作品ですが、全体的に少し冗長かな?
 もう1作出して欲しかった。
Others
Pastoral / Humanos (M2U-0002)
  もう、待望、待望!待望のPastoralの3rdのCD化。韓国のM2Uレーベルから
 24Bit Remasterでのリリースです。基本的にはフォーク・ロック風のユニット
 なのですが、美しいジャケのイメージにも通じるカラフルなアレンジと爽やか
 かつ妖しいメロディーラインがいかにもアルゼンチンしています(^^)。久しぶ
 りにタップリとアルゼンチンを聴いたような気分になりました(^^)/
Ave Rock / Ave Rock (PRW 029)
  AVE ROCKの1stアルバム。アルゼンチン名盤の一つですが、感じとしてはCRUCISの1ST
 に近いやや
渋めのオルガン・メインの作品です。「うーん70年代!渋いねぇ、良いねぇ」
 と言う感じで
、アルゼンチン独特のたおやかなVOCALメロディーとあいまって渋い魅力が
 あります。
Raul Porchetto / Cristo Rock (Microfon 2-478897)
  アルゼンチン・ロック黎明期の名作。確かに音が古く70年代初期と言うかプログレ
 がプログレに成る前のアート・ロックからハード・ロック、ブルース、プログレッシブ
 となるあの頃の音です。
  アルバム全体で1つの組曲をなす大曲で、ハード・ロックから切々と歌う叙情的な
 曲(フォーク、シンフォニックと言うよりロッカバラードだろう)まで年代を考える
 とかなりの出来。
Vivencia / Vivencia (Columbia 2-470139)
  アルゼンチンのフォーク・デュオ。こちらは75年の4thの旧譜再発。もうアル
 ゼンチン特有のあの甘いヴォーカルが全編に響き渡っていて、中南米ファンはたまり
 ません。ただ、彼らはあくまでもフォーク・バンド。アルバム通してずっとその調子
 なので、「展開」を期待する生粋のプログレファンには少し退屈かも。あとラスト曲
 は9分を越える大曲で結構起伏があり。プログレ・ファンこの曲だけで十分かもね?

前ページへ