Belgium Belgium   (Page-1)
Machiavel
Machiavel / Machiavel (EMI 0777 7891622 2)
  Machiavelの1stアルバム('76)。冒頭の包み込むようなシンセの壁(イメージは
 Watcher Of the Skies?)に導かれると、すぐに近未来的で陰りのあるメロディー
 が印象的なMachiavelの世界に入っていきます。2nd,3rdでの入り組んだアレンジ
 と比較すると幾分ストレートな感じですが、既に独特の音世界は完成しています。
 静かなバラッド中心の旧A面、2ndへと繋がる複雑な展開を見せる旧B面。ここか
 らが始まりです。
Machiavel / Jester (EMI 0777 7891632 1)
  Machiavelの2ndアルバム('77)。オランダのKayakにも共通する人懐こいメロディ
 ーに、ややハスキーでソウルフルなVocalが絡んで、かなりポップな印象があります。
 ただし、ジェネシスを思わせるフレージングの絡ませ方と場面展開のセンスが抜群で、
 こういうプログレ・ファンの心を掴んで離さないアレンジの妙に思わずにやりとさせ
 られます。ジャケのような近未来SF的なイメージも音楽に溶け込んでいて、これも
 グッド!

Machiavel / Mechanical Moonbeams (EMI 0777 7891642 1)
  Machiavelの3rdアルバム('78)。名作"Jester"の延長線上にありますが、よりメロ
 ディアスに、よりアルバム全体のバランスが取れたまさに最高傑作に仕上がりました。
 前作で見られた「そのまんまジェネシス」的なアレンジは、オリジナリティーにあふれ
 たものへと昇華しており、彼らのセンスの良さを感じさせます。とにかく、メロディー
 が良いので何回聴いても飽きないのですよん。私の大の愛聴盤です。(近未来SFイメ
 ージも継続中)





→全世界リリースの別ジャケット
  EMIから別ジャケットで、全世界へディストリビュートされました(^_^)。
Machiavel / Urban Games (Spalax 14258)
  ポップ路線へと方向転換したマキアベルの4thアルバム('79年)。確かに軽快なニッ
 チ・ポップになっていますが、前作と同じメンバーのため、キーボードの音色やフレ
 ーズの展開等にプログレ風の隠し味が残っており、意外と良いアルバムです。4曲目
 なんかまるでメカニカル・ムーンビーム風ポップだもんね。マキアベルは3rdアルバ
 ムまでと言うファンも多いのですが、例えばストレンジ・デイズ誌の愛読者だったら、
 4th、5thアルバムも実はお勧めだったりします。
Machiavel / New Lines (Socadisc 14257)
  とってもポップになった5thアルバム('80)。1曲目のご機嫌なギターはXT
 Cやし、2曲目はポリス風レゲエと言った内容で、全くプログレ・ファン向け
 ではありません。でも独特のハイトーンを聞かせるMario Guccioには、わたしゃ
 デビュー・アルバム以来はまってますんで、どんな音になっても許せたりしま
 す。あの声でスティング風のメロディーを歌うってのがまた良いのです。全体
 的にかっこ良く、センスの良い曲が多いので、私のお気に入りです。Bonusの
 イタリア語Versionむちゃかっこいいです。Liveになるといきなり7分近くなっ
 てプログレ風味が出てくるのも微笑ましいです。
Machiavel / Virtual Sun (Musea FGBG 4305.AR)
  再結成Machiavelの新作。残念ながら独特のキーボード・ワークを聞かせていた
 Albert Letecheurは参加しておらず、音的にもギターを前面に出した暗めでブルー
 ジーな要素が増えています。曲によってはゴシック的なところもあって、かなり
 以前とは違った感じです。数曲、もろにZeppelinと言った雰囲気,Vocalの曲があっ
 てびっくりします。
Machiavel / Live (EMI 7243 5 21776 2 2)
  復活Machiavelの1999年のLiveアルバム。Disc 1はファン待望の2nd,3rdからの
 選曲が中心で、特に3rdからはほとんどの曲が収録されているうえに(B面全曲収
 録!)、あの人懐こいメロディーが昔と変わリなく再現されていてもう最高!若
 手メンバーを迎えてパワーアップしているのが良いですね。Disc 2は新作からが
 中心で、若干レイドバックした、ハードな演奏を聞かせてくれます。こちらはプ
 ログレ・ファン向けではありませんが、演奏の勢いについつい聞き入ってしまい
 ます。
Machiavel / Welcome to Paradise (CNR Music 2 2 208242)
  復活後の2作目となる2003年新譜。前作で見せたLed Zeppelinを思わせる
 ような激しいサウンドはあまり目立たなくなっており、美しいバラードや心
 地良いグルーブの曲等、曲調に幅が出ています。が、いかんせん昔のような
 独特の個性が無く、充実した演奏の割には凡庸な出来になっているのが残念。
Isopoda

Isopoda / Acrostichon (Musea FGBG 4140.AR)
  Isopodaの1stアルバム。ゴリゴリとしたベースが印象的でどことなくYesからの
 影響を思わせるが、演奏力はアマチュアに毛が生えた程度なのが辛いところ。
  ただし、アコースティックな印象のアレンジで展開されるノスタルジックなメロ
 ディーは聞いて行くうちについつい引き込まれていくのも確か。マニア向けだけれ
 ども、なかなか味があるアルバムと言えます。






 →CDのジャケット。それなりに良いジャケだけど音楽の印象とはかけ離れています(笑)
Isopoda / Taking Root (Musea FGBG 4282.AR)
  イソポダの2ndアルバム。1stでのアコースティックな印象に比べて、今回はグッと
 ロック色を増し、結果としてかなりYes度が増えています。イソポダ独特のメロディー
 も健在で、ファンにとっては喜ばしい変化かな?ただ、全体的な楽器の録音バランス
 の悪さは一体何?と言った感じで、ドラムがやたら前に出てくるし、シンセもむき出し
 で少し聞くのが辛いなぁ。CD化の際にRemixしてくれたら良かったのに...
Dragon
Dragon / Dragon (Musea FGBG 4010.AR)
  ファンタジックなジャケットに包まれたDragonの1stアルバム。柔らかく広がりのある
 キーボードとブルージーなギター(結構どぐされ系?)の対比が魅力的なバンドです。人
 懐こいメロディーもまた良い。ただし、全体的には少しまとまりと集中力に欠けるかな?
 4曲目のポップ・チューンはサビのメロトロンに泣けますネ。個人的にはこの曲だけでも
 お気に入りの1枚(^_^;)
Dragon / Kalahen/Plus (Mellow MMP 129)
  アルバム1枚のみをリリースして解散したDragonの2ndアルバム用のデモ音源。ただし、
 内容的にはデモ音源とは信じられないぐらいレベルが高く、立派に2ndアルバムとして通用
 するものです。1stアルバムの散漫さが無くなり、よりハードかつブルース&ジャズ的な要
 素が増えています。ただし、1stアルバムの持つ暖かさ的なものが後退しており、この当た
 りが好みを分けるかな?(このアルバムはLPとしては90年にリリースされましたが、後
 にイタリアのMellowレーベルからさらにBonusトラックをプラスしてCD化されました(と
 言っても大したBonusでは無いけど(笑))
Waterloo,Pazop
Waterloo / First Battle (Musea FGBG 4281.AR)
  ベルギー70年のオルガン・ロック。まるで初期キャラバンをクラシカルにしたような
 サウンドでノスタルジックなVocalがとても心地よいです。かすれた
ような音色のフルー
 トもまた良い。70年と言えばFocusもまだ結成されていなかった頃なんで
すが、こんなバ
 ンドがいたなんて....ちょいとビックリしました(^_^)
Pazop / Psychillis of a Lunatic Genius (Musea FGBG 4191.AR)
  Waterlooのメンバーが結成したPazopの'72年と'73年の音源集。'72年の音源はヴァイオ
 リンを導入したスピーディーな曲からオランダのSupersisterのようなインテリジェンス
 を感じる玩具箱をひっくり返したようなジャズ・ロックまで多彩で楽しい音楽性が魅力。
 それが'73年になると、これがほとんどベルギーのSamla状態。冗談で攻めて真面目にジャ
 ズ・ロック、フルートも綺麗なんだなぁ....などという良くわからない、ぶっとんだ音楽
 性を聞かせてくれます。良いですよん。
Univers Zero

Univers Zero / 1313 (Cuneiform Rune 20CD)
  Cuneiformレーベルからジャケ違いでリリースされたCD(テイクは84年ミッ
 クスを採用)。ヴァイオリンやバズーンが入ったヘンリー・カウ影響下のチェン
 バー・ロック・サウンドですが,ドラマーのDaniel Denisがリーダーと言うこと
 もあり,「ストレートなロック色」が感じられるところが良いですね。私が最初
 に受けたイメージは「聞いたことの無い得体のしれない音楽だけど、ドラムが入
 るとやけにかっこいい」と言うものでしたが,それはいつ聞いても変わっていま
 せん。



(Belle 132043)
  2013年SHM-CD紙ジャケ(テイクは2007年ミックス)。ボトムが効いて重厚な
 音になるとともに,楽器に輪郭がシャープになっています。音空間も前後左右
 に大きく広がり,まさに決定版となりました。初回AtemレーベルのLPのチー
 プな音もRIO特有で捨てがたいのですが,これを聞いたら後戻りはできないで
 しょう。


Univers Zero / Heresie (Cuneiform Rune 29)
  2ndアルバム。CDはジャケがLPとは変わっています。旧A面を占める25
 分にもわたる大作"La Faulx"では前作の中世&暗黒の世界をより徹底的に展開
 した作品となっており、こういう方向性ではまさに極北と言った感じです。旧
 B面の2曲は現PresentのRoger Trigauxの色がかなり出ていて、Presentにも通
 じるロック色の濃いチェンバーサウンドとなっています。(Roger Trigauxはこ
 の後Presentを結成します)



(Cuneiform RUNE 313)
  2010年リマスター。「え?こんな曲だったっけ?」というぐらい,音のバランスが
 変わっています。オリジナルはもごもごとした暗い音の塊が襲ってくるような感じで
 したが,こちらはすっきりとシャープになり,突き刺すように暗黒が迫ってくるよう
 な感覚になりました。ただしB面は音が綺麗になり過ぎたかもね。古くからのファン
 に賛否があるのがなんとなくわかります。Bonus曲はロジャーさんの75年の曲。こち
 らは「これはPresentでしょう」と言うような音。貴重なフォト満載のブックレットも
 嬉しいですね(^^)


(Belle 132044)
  2013年SHM-CD紙ジャケ。音源は2007年CDと同内容。オリジナル・ジャケはやっぱり
 良いですわ(^^)。

Univers Zero / Ceux du Dehors (Cuneiform Rune 39)
  最高傑作と名高い3rdアルバム('81年)。このアルバムもCDジャケがLPとは変わって
 います(わかりにくいけど)。1stで確立したアコースティック・セットをベースとした
 暗黒チェンバー・ロックの完成形とも言え、デュニのドラムスを軸に複雑に絡み合う漆黒
 の音塊に圧倒されます。より暗黒感を増しながらも、楽曲はさらに緻密になり、一つ一つ
 の音に高い必然性を感じます。そして、何よりもそのかっこ良さに惹かれますね。名曲
 "Dense""Combat"収録!




→(Belle 132045)
  2013年SHM-CD紙ジャケ。似てるけど、こちらがオリジナル・ジャケットです。
Univers Zero/ Crawling Wind (Cuneiform Rune 155)
  '83年にRecomended Recordsから日本のみでリリースされた12inchシングル。旧A面
 2曲はスタジオ録音で,雄大で煌びやかな1曲目と意表をついて音響系の2曲目,全く
 違うタイプの曲で面白い。旧B面は82年のライブ。フリーミュージック系の暗黒チェ
 ンバーな大作です。Bonus曲はリコメン・サンプラー収録曲やライブ,未発表曲などの
 貴重曲。特に"Triomphe des Mouches"の'84年のライブが無茶かっこええ!!なお,
 Bonus曲は国内盤のみ1曲追加です。
Univers Zero/ Uzed (Belle 132046)
  12inchシングルをはさんでリリースされた4thアルバム('84年)。ヴァイオリン
 奏者が抜け,ピアノとシンセがフィーチャーされたその音は美しくドラマチックで
 、華麗で暗黒(笑)。チェンバー(室内楽)・ロックの枠を飛び越え、よりプログレ
 ッシブ・ロック的でダイナミックな音になっています。ビシバシ決まるアンサンブ
 ルは、かっこ良過ぎて快感!大転換作ながら3rdアルバムと並ぶ名作です。名曲
 "Presage"、"Parade"収録。
Univers Zero / The Hard Quest
(Cuneiform Rune 120)

  ユニヴェル・ゼロ待望の復活第一作(1999年)。チェンバー・ロックの要とし
 ての音楽性は昔と
同じですが、アカデミックで意外な程美しい作品に仕上がっ
 ていてびっくり!個人的にはロック色がかなり薄まっているのが気になります(@_@;)
Present
Present / Triskaidekaphonie (Cuneiform Rune 382)
  Univers Zeroを脱退したRoger Trigauxが結成したPresentの1stアルバム('80年)。
 UZ直系のチェンバー・ロックですが、いわゆるチェンバー系の楽器(ヴァイオリン、
 ヴィオラ、チェロ等)は無し。ロックな編成ながら、まごうこと無いような正統派チェ
 ンバー・ロックを聞かせてくれます。そうUZから「ロック的な要素のみを抽出」した
 ような,そんな音です。ドラムにゲストでUZのDaniel Denisさんが参加。シンプルな
 編成のPresentの方がDenisさんのドラムがかっこよく活きると思うのは私だけ?Bonus曲
 は1981年2月28日、ブリュッセルでのライブを2曲。UZのDenseでのRogerさんのフリッ
 プ・トーンに痺れます。
Present / Le Poison Qui Rend Fou
              (Cuneiform Rune 383/384)

  最高傑作と名高い2ndアルバム('83年)。まずジャケットの髑髏に驚かされますが、よ
 りスリリングでハイテンションになった楽曲も凄い。1stアルバムの延長線上にありな
 がらも、細かいキメの多用とシャープなフレーズの切れ味は快感。Rogerさんのギターも
 うなりまくり、より暗黒感が増しています。2014年版CDは82年1月23日フランスで
 のライブをBonusCDとして収録。1stと2ndの代表曲を80分近い圧巻のボリュームで
 聴かせてくれます。
Present / C.O.D.Performance (Lowlands LOW 001)
  Presentの3rdアルバム('93年)。とうとうRoger Trigaux,Reginald Trigaux親子の2人
 だけになってしまい、家内製手工業的チェンバー・ロックと言うような、手作り感覚の
 アルバムになりました。いやぁ、ほんまチェンバー(室内楽)という言葉そのものの音
 楽です。ただし、その分音が薄い!ゴージャズにしてくれとは言わないけど、なんか貧
 乏な音(爆)なんですよね(^^;)
Present / N6 (Belle 142287)
  '99年リリースの6thアルバム。5UU'Sのデイブ・カーマンを迎え,再びハイ
 ・テンションなロック・サイドの音を聞かせてくれます。ビシバシ決まるリズ
 ムにフリップナイズされた激しいロングトーン・ギター,そして迫りくる不協
 和音の音塊。私がチャンバー・ロックに望むすべてがここにあります。ボーナ
 ス曲として2006年,2007年の「足を引き摺って歩く少女」「地に潜む者」のラ
 イブを収録。
Present / High Infidelity (Belle 142288)
  2001年リリースの7thアルバム。前作のハイテンションさを更に発展させ,鋭
 角の切れ味の突き刺さるようなチェンバー・ロックを聞かせてくれます。新メ
 ンバーのサックス,トランペットによる派手なブラス隊により音が分厚くなっ
 ているのも聞きどころ。Present史上最長27分を超える"Souls for Sale"も最
 高。ボーナス曲は2007年RIOフェスでの"SFS"のライブ。アコースティック・セ
 ットながらロックを感じさせる演奏はさすが!
Cos

Cos / Postaeolian Train Robbery (Belle 101700)
  ダニエル・シェルとパスカル・サンのユニットとして74年に自主制作された
 1stアルバム。ベルギーのハットフィールズと言われているとおり、インテリジェ
 ンスを感じさせる醒めた感覚のお洒落カンタベリー風ジャズ・ロックが心地よい
 です。ブンブン・ベースとグルービーなリズムで迫る前半がかなりマグマ色が強
 いのが意外!ボーナス曲は前身のClassroom時代の曲でアンニュイなフレンチ・
 ジャズ・ロック風です。




→再発CDジャケ(Musea FGBG 4028.AR)
Cos / Viva Boma (Belle 101701)
  アクサク・マブールを結成するマーク・オランデルが加入した最高傑作2ndア
 ルバム('76年)。ちょっと捻くれたユーモアと黄昏たハイソな感覚のあるジャズ・
 ロックを聞かせてくれます。旧A面はエレクトロからワールド・ミュージックま
 でオランデルが設立するクラムド・ディスクにも通じる音。旧B面はまさに「ベ
 ルギーのハットフィールズ」と言った感じで、ひたすらフィル・ミラーするシェ
 ルのギターが冴えます。最後はサンのコケティッシュな歌を活かしたポップ・バ
 ラッドで締め。4曲のボーナス曲も超強力!!
Cos / Babel (Belle 101702)
  '78年リリースの3rdアルバム。1stのマグマ風ジャズ・ロックと2ndのハイソな
 黄昏ジャズ・ロックを合わせたような初期COSの集大成アルバムです。濃厚な
 ジャズロックから、お洒落フレンチ風になる旧A面。キュート・ヴォイス・ナン
 バーから黄昏ジャズ・ロックで締める旧B面。どこまでもCOSしか出せない音
 が魅力。より強力かつファンキーになったリズム隊も印象的です。ボーナスは7
 曲で、4曲が3rdから4th期、3曲が5th期直前と言うミッシング・リンクを埋める
 貴重なトラックです。
Cos/ Swis Chalet (Musea FGBG 4551)
  ニューウェーブ色を出した問題作4thアルバム('79年)。ダニエル・シェ
 ルによって書かれた小説をもとにしたロック・オペラ作で、サンのキュート
 なヴォイスを前面に出した奇妙でポスト・パンクなサウンドです。ただし、
 繰り返されるリフレインの不思議ユーロピアンな感覚はやはりCos。リズム
 がレゲエでもCosはCosなんですね。少し無国籍でお洒落なイメージは後の、
 クレプスキュール、クラムド・ディスクへとつながります。
Julverne
Julverne/ Coulonneux (Belle 091528)
  作家ジュルベルヌの名をグループ名としたベルギーのチェンバー・ロック・バンド
 の1stアルバム('79年)。「伝書鳩飼育家」と言うタイトルがユーモラスですが,この
 "Coulouaeuxは前のグルーブ名とのこと。この1stはフルート,ヴァイオリン,ピアノ,
 ギターのカルテット編成で,チェンバー・ロックと言うよりもフラレック風のトラッ
 ド&セミ・クラシック・ロックと言った感じ。リズム・セクションはいないけど,ロ
 ック的なリフレインも聞かせ,親しみやすい仕上がりとなっています。
Julverne / A Neuf (Belle 091529)
  UZのMichel Berckmansを迎え,9人編成にバンドを拡大し制作された2ndアルバ
 ム('80年)。ダイナミックスが広がると同時に音色も多彩になり,よりプロフェッシ
 ョナルな仕上がりとなっています。優雅でユーモラス,そして若干暗黒チェンバー
 風味のあるジュルベルヌの音楽性が確立した名作ですね。このアルバムは,当時
 Recommended レコーズを通じて,世界中にディストリビュートされました。
Julverne / Emballade... (Belle 091530)
  ライブでのレパートリーを増やすため企画されたカバー曲集3rdアルバム('83年)。
 Scott JoplinやTed Snyder等1920年代のサロン風の歌曲がジュルベルヌの手により
 優雅に蘇ります。優雅でノスタルジックな、モノクロの映画のバックに流れていた
 ような音楽が、再び生命を得て瑞々しく私の心に染込んで行きます。女性ボーカル
 に癒されるなぁ〜。私の永遠の愛聴盤ですネ(^^)。
Julverne / Ne Parlons Pas de Malheur! (Belle 091531)
  ベルギーのチェンバー・ロック・バンドJulverneの4thアルバム('86年)。前作
 "Emballade"がサロン風歌曲を取り上げた企画アルバムだったので、チェンバー・
 ロック・スタイルとしては、久々の作品となります。Michel Berckmansに加え,
 UZからDirk Descheemaerkerも参加。より大編成でオーケストラル,そしてゆっ
 たりと優雅なチェンバー・ロックを聞かせてくれます。タイトルは「マーラーの
 話は10年早い」のモジリ。マーラー的なオープニングやグラモフォン風のジャ
 ケットも楽しい。時おり暗黒ジャズロックになったり,バルカン風変拍子も聞か
 せてくれます。
X-Legged Sally
X-Legged Sally / Slow-Up (Belle 152338)
  疾走するレコメン系X-Legged Sallyの1stアルバム('93年)。3本のサックスを擁した
 チェンバー・ロックからの出自ながら、タテノリのストレートな抜けの良いグルーブが
 超かっこいい。ブル・ラズウェルのプロデュースと言うことで、ヨーロッパ的なエレガ
 ントさを持ちながらもNew Yorkのニッティング・ファクトリー周辺の都会的なとんがり
 具合があるのも魅力。この跳び抜け具合は、まさに90年代の風雲児でした。
X-Legged Sally / Killed by Charity (Belle 152339)
  いきなりのコケコッコーでずっこける2ndアルバム('94年)。メンバー・チェンジによ
 り、サックス3本が、サックス、トランペット、クラリネットになっていますが、疾走
 するレコメン系の音は相変わらず。それどころかアレンジは更に屈折しつつもメロディ
 ーはキャッチーで、ときおりお茶目だったりと、もう捻じれすぎて堪りません。前作は
 ミクスチャー・ロック系として話題になりましたが、本作から我が国のプログレ・ファ
 ンの間にも評判が広がりだしました。
X-Legged Sally/ Eggs and Ashes (Belle 152340)
  Wim Vandekeybusの舞台音楽のための作品を再構築してリリースされた3rdアルバム
 ('94年)。のっけから牧歌的な歌ものがアヴァンに崩壊する楽曲で始まり、打ち込みを
 用いたオルタナ・ファンクから鋭角なジャズ・ロックまで、これまでに無い多彩さで攻
 めてきます。ビシバシ来るアンサンブルの刺激がたまりまへん。ただし、ビル・ラズ
 ウェルのプロデュースで無くなったためか、少し生真面目になり過ぎたきらいも。体力
 いるよ〜(笑)
X-Legged Sally     / Bereft of a Blissful Union
 - The Smith Quartet        
(King KICP 554)
  結局、ラストアルバムになったX-Legged SallyのThe Smith Quartetとの競演作('97
 年)。とにかくこのアルバムは2曲目に尽きる...としか言いようがありません。24
 分近い曲の中をビッグ・バンドジャズからチンドン系チェンバーまで、展開の連続で
 息つく暇も無い。The Smith QuartetのストリングスもX-Legged Sallyのリズムセク
 ションをバックに跳ね飛んでいます。ほんま素晴らしい!(^^)

  他の曲は4曲目を除けばマンネリかな?そこら辺に転がっている退屈なチェンバー
 ミュージック(室内楽ね)でした。それでも2曲目だけで大傑作アルバムだと断言し
 ます!