British Neo Progressive  (Page-1)
Pallas
Pallas / The Sentinel
 
(Insideout IOMCD 058)
 満を持してリリースされたEMIからのメジャーデビューアルバム('84年)。CDではLP収録曲に加え、シングルのみに収録された曲が3曲追加収録され、さらに曲順が大幅に変更になっていますが、これが本来のアルバムの流れとのこと。前半部に名曲"Shock Treatment","Alive Arrive"等の乗りの良い曲を配し、後半部にこのアルバムのメイン・コンセプトの"Atlantis組曲”を配置する構成により,壮大な曲想がより明確化されています。Yesをより透明にしたようなシンフォニックなアレンジとハードなドライヴィング、若さほとばしる美しさがかっこいいです。(Euan Lowsonの姿が拝めるヴィデオ・クリップ入り。をぉ、とてもシンフォニック!)


Pallas / The Wedge
 (Insideout IOMCD 059)

 Pallasのメジャーからの2ndアルバム('86年)。メタリックでモダンなMixは80年代の産業ロック風の印象が強まったようなイメージを持ちますが、彼ら独特のロマンチックなメロディ感覚は健在で、演奏の力強さとの微妙なバランスがとても良いです。リリース当時は今一ピンと来ないアルバムでしたが、あらためて聴くとなかなか聞き所十分ですね。CDはBonusとしてMiniアルバム"The Knightmoves"の曲が収録されていますが、こちらは"The Sentinel"からの路線ですがややハード・ロック色が強くなっています。(ヴィデオ・クリップ付きです。こちらも良し)



→オリジナルLPジャケはこちら






→Mini Album"The Knightmoves"
Pallas / Knightmoves to Wedge
 (Centaur CENCD 002)

 92年にリリースされたThe KnightmovesとThe Wedgeのカップリング盤。両アルバムの曲がシャッフルされており、オリジナルを聴いて来たファンとしてはビックリしましたネ。前半にポップな曲で段々メロディアスになって、シンフォニックに締めると言った感じかな?意外な程統一感のある曲順です
  曲順ですが...
 M-1...Knightmoves B-1
 M-2...The Wedge M-4
 M-3...The Wedge M-2
 M-4...The Wedge M-3
 M-5...The Wedge M-5
 M-6...The Wedge M-6
 M-7...Knightmoves A-1
 M-8...The Wedge M-7
 M-9...The Wedge M-1
 M-10...Knightmoves B-2
Pallas / Beat the Drum
 
(Pallas)
 '99年リリース復活作3rdアルバム。プログレ的な展開を控えめにして、幾分ストレートな音になっていますが、美しいメロディーを力強くドラマチックに演じる様は颯爽として凛々しいですね。ロマンチックなPallas節も健在で、高らかに復活を告げる名作に仕上がりました、タイトル曲の高揚感は最高!
Pallas / Live Our Lives
 "Beat the Drum"リリース後の2000年のヨーロッパ・ツアーを収録したファン・クラブ限定2CD Liveアルバム。前半は"Beat the Drum"の曲を中心に、旧曲もボトムの据わったタイトな感覚で聞かせます。美しく広がりのあるPallasサウンドは不変ですが、こういう骨太な感覚も新鮮で良いですね。後半はLiveでのハイライト「アトランティス組曲」。お馴染みの大作もメリハリの効いた演奏で、よりロック色が増し、かえって曲の構成が良く見えるようになりました。ファンへの嬉しい贈り物です。
Pallas / The Cross & the Crucible
 
(InsideOut IOMLTDCD 079)

 Pallasの2年ぶりの新譜(2001年)。えらくインターバルが短いなぁと思っていたら今回はTransatlanticでお馴染みInsideOutからのリリース。こりゃ、彼ら本気だなぁ。
 内容的にもびっくりするような仕上がりぶりで、とことん分厚いオーケストレーションはある程度予想が付いていましたが、ある種の荘厳さまでが加わったアレンジの妙に、感心することしきり。とことんプロフェッショナルな出来で「これがほんまにPallas?」と思わず疑ってしまうぐらいですが、メロディーの癖はやはり彼らなんですね。大成長の最高作です(^^)。
Pallas / Blinding Darkness (DVD+CD)
 (Insideout IOMLTDDVD 003)

 Pallasの"The Cross & the Crucible"TourのDVDとCDのセット。DVDとCDの内容は同じ物です。Pallasの映像をジックリと見たのは初めてなのでなんか感無量なのですが、みんな年取ったなぁ〜...(^^;)と言うのは置いといて、いつまでも元気なAlan君の姿が見れて一安心。内容的にはやっぱり"The Cross & the Crucible"からの曲が圧倒的だナァ、と言った感じ。ドラマチックさが他のアルバムの曲と違います。他にはやはりAtlantis組曲が一押しかな?チョイと借り物風のメロデイーが愛嬌ですが(^^;)、コンセプト・アルバムとしての"The Sentinel"での彼らの狙いが良くわかります。最後にゲストで出てきたのは初代Vocal Euan Lowson!今何やっているのかわかりませんが、この人かなりの奇人でビックリ!!。凄い迫力と存在感です(体もでかいし)。いやぁ、これなら直にでもカムバック出来まっせ(^^;;;)。あとDVDで気になったのが、映像はキーボード左、ギター右やのに、音は逆さなんですね。これは違和感有り過ぎ。どうにかして欲しいぞ(^^;)。
Pallas / The Dreams of Men
 
(InsideOut SPV 48550 DCD)
 1999年の復活後、順調な活動を続けるPallasの5thアルバム(2006年)。"The Sentinel"以来の壮大なファンタジー・シンフォは更にパワーアップしていて、映画を思わせるような一大スペクタクルが目の前で繰り広げられます。さらに深く!さらに重く!決して超絶技巧ではありませんが、聞き手を壁のような音絵巻が包み込みます。あまりの完成度の「これがPallas?」と思わないでも無いですが、アラン君の歌声や独特の節回しは健在。いつものメロディーが心地良く響きます。
Pallas / Moment to Moment
 (Metal Mind MMP DVD 0136)
 "The Dream of Men"リリース後の20071031日ポーランドKatowice公演を収録したライブ・アルバム。"The Dream of Men"からの5曲他,再活動後の楽曲を中心に,メジャー・デビュー・アルバム"The Sentinel"からも2曲,更に現メンバーでの収録が喜ばしい往年の名曲"Queen of the Deep"まで全12曲。ミステリアスで英国的な陰りのあるパワフルかつファンタスティックなシンフォニック・ロックを聞かせてくれます。時にHM的になったりしながらも,豊かな音色のギター,キーボードのPallasワールドが良いですね。初期のストレートなプログレ色から,近年のコンプレックスな感覚まで,このライブで一気に味わうことができます。
Twelfth Night

Twelfth Night / Live at Target (UGUM UGU 00189)
  自主制作でリリースされたTwelfth Nightのデビュー・アルバム。'81年1月15、
 16日のレディング、ターゲット・クラブでのライブで、Vocalist不在時の4人編成
 でのオール・インスト4曲と言う内容。メロウなギターとレゾナンスの効いたアナロ
 グ・シンセを中心に紡がれるサウンドはハケット、キャメル系の幾分ミステリアスな
 感覚があるメロウ・ロック。荒削りだけど若々しい勢いがあって、無名のインディー
 ズ・バンドのデビュー作としては、当時意外と評判になりました。旧B面全てを使っ
 た20分を超える大作"Sequences"を「えいっ」とばかりに収録(^_^)収録。


→2011年リマスター(Thee Difinite Edition) (F2 201112)
  2011年リマスター&Bonus Disk付"The Difinitive Edition"。リマスターにより
 音に芯が出来、30年以上前の自主制作ライブ盤とは思えないほど、しっかりとし
 た音になりました。Bonus曲は'79年〜'81年のシングル、ライブ、未発表曲を9曲
 73分収録。どの曲も本編と同傾向で、未発表曲であっても意外としっかりとした
 出来。長尺曲では少々冗長なパートもありますが、4人編成時インスト12th Night
 の全てがわかります(^_^)
Twelfth Night/ Smiling at Grief
          (The Difinite Edition)
(F2 200903)
  VocalにGeoff Mannを迎え、カセット・リリースされた2ndアルバム('82年)。後のアル
 バムにも再録される曲もあったりと、幾分ラフな音づくりなので、デモ的な作品かもし
 れません。音的には前作とは全く違い、Geoffの影響か、当時のインディーズNew Wave的
 な方向性に転換。まるでFactoryレーベルのバンドがメロウになって演劇性を増したよう
 です。私は当時、彼らのことをガレージ・シアトリカルなんて呼んでましたが、ほんま
 そんな音ですなぁ。2009年リマスターは、収録曲の別テイクに加え、バンド・サイトで
 のみ発売されていた"Smiling at Grief Live('81年12月)"をまるまるDisc1枚収録。ライ
 ブでの少しパンキッシュな演奏を楽しめます。


Twelfth Night / Fact and Fiction (Cyclops CYCL 113)
  自主制作ながらようやくリリースされたスタジオ・フル・アルバム('82年)。"Smiling
 at Grief"で聞かせた音を丁寧にブラッシュ・アップさせ("This City"、"Creepshow"は
 再録)、組曲風の大曲からメロディアスな小品まで、彼らの魅力を充分に伝える佳作に仕
 上がりました。シアトリカルなGeoff MannのVocalを中心に、シンフォニックな世界がい
 きなりガレージなNew Waveへと場面展開する感覚は他のバンドでは聞かれない唯一無二
 の音ですね(^^)。Cuclops盤は7曲のボーナス入りで、NW寄りのエレポップな試みもあり、
 いかにも80'sしていて、意外と新鮮に聞けます。


UGUM UGU 00691
  CDは2種類リリースされていますが、最初のUGUM盤はジャケのネガポジが反転して
 いるのが残念(>_<)






→2018年リマスター(The Difinite Edition) (F2 201805)
  2018年リマスター3CD"The Difinitive Edition"。Disc 1は1982年のオリジナル
 ・アルバムとシングル曲のリマスター。音圧を上げ過ぎない、綺麗な音に仕上がって
 います。Disc 2は1983年から2012年までのライブ音源をアルバムの曲順に構成したも
 のとデモ音源。ジェフ・マンがいた80年代と21世紀がそのまま繋がるライブはファ
 ンへの最高のプレゼントです。1982年のデモはエレ・ポップ風だったりと、こちらは
 なかなか面白い。Disc3はGalahadのDean Bakerと現在のTwelfth Nightのキー・マンで
 あるマルチ・プレイヤーのMark Spencerを中心としたカバー集で、Galahadにも通じる
 21世紀のポンプ・ロックになっています。その中でもペンドラゴンによる"Human Being"
 がとても「らしい」出来。あと、Markの"We Are Sane"の一人多重録音はさすがに驚きました!

Twelfth Night / Live and let live (Cyclops CYCL 050)
  Geoff Mann在籍時最後のステージとなった'83年11月4,5日マーキー・クラブでのライブ。
 "Fact and Fiction"からの曲を中心に、メロディアスかつよりパワフルな演奏を聞かせて
 くれます、特にGeoffのVocalはシアトリカルでありながら、時にはパンキッシュでさえあ
 って、彼のほとばしるエネルギーを全編で聴くことができます。なお、アルバムタイトル
 は007シリーズの"Live and let Die(死ぬのは奴らだ)"のもじり。また、当初は自主制
 作でしたが、2ndプレスからはメタル系レーベルMusic For Nationsからのディストリビュ
 ートとなりました。




→2012年リマスター(The Difinite Edition) (F2 201209)
  2012年リマスター&Bonus Disk付"The Difinitive Edition"。オリジナル・アルバムに
 収録された6曲にプラスして、マーキー・クラブがバンドへのプレゼントとして録音して
 いた2チャンネル録音のアンコール曲5曲(3曲は初CD化時にBonus曲として収録)、
 ビデオ起こしの本編4曲を加えた完全盤としてのリリースです。曲によって音質にバラツ
 キがあるのは仕方がありませんが、Geoff Mann在籍時の全盛期!の音にどっぷりと浸れま
 す(^_^)

Twelfth Night / Art & Illusion (Cyclops CYCL 132)
  Geoff Mannの後任としてAndy Searsが加入してリリースされたミニ・アルバム('84)。
 前作までのシアトリカルな曲調をストレートにドラマチックな展開したような内容で、
 とにかくAndy Searsの気合が爆発した旧A面の2曲の出来が素晴らしい。この勢い、こ
 の若々しさ!このアルバムの後に一気にメジャーへと駆け上がって行ったのもうなづけ
 る内容です。旧B面は若干エネルギーが落ちていますがこちらもなかなかの出来。CD
 は本編25分に対し、Bonusが45分(次作のプリプロ入り)も入っています(オイ(^^;))





→2010年リマスター(The Difinite Edition) (F2 201003)
  2010年リマスター&Bonus Disk付"The Difinitive Edition"。初CD化時のBonus
 曲はそのままに、'84年10〜11月の"Art & Illusion Tour"から12曲(1stから1曲、2nd-
 1曲、3rd-4曲、"Live and let live"-1曲、"Art & Illusion"-3曲、次作収録曲-2曲)を
 Diskまるまる1枚に収録。Geoffに負けじとAndyも大熱演!(ただし、シアトリカル路線
 は似合わないような気がします(笑))
Pendragon

Pendragon / The Jewel (Toff Pend 2 CD)
  ミニアルバム、リリース後、本格的な1stアルバムとして制作された'85年作。プロ
 グレの様式のみを取り出してポップ化させてような音作りは当時のマリリオンと並ん
 で典型的なバンドでもありました。それでもメロディーの良さとしっかりしたアレン
 ジで聞き所も多く、「いつか手放そう(笑)」と思いながらいつの間にか愛聴盤にな
 ってしまったそういうアルバムなんですよね(^_^)






→2005年リマスター盤 (PEND12CD)
  1stアルバム"The Jewel"の2005年リマスター盤。ボトムがしっかりとし、音に広が
 りが出ています。もともとのペラペラとした「ポンプ風味」が無くなってしまったの
 で残念(笑)と言えば残念ですが、完成度は格段にアップしています。
Pendragon/ 9:15 Live (Pony Canyon PCCY-00655)
  1stアルバム"Jewel"リリース後の'86724,25,26日マーキー・クラブでのライ
 ブ・アルバム。"Jewel"のポンプ色を引きずってはいるものの,ライブではパワーも
 メロディアスさも倍増!スタジオ盤の「薄い感じ」が無くなり,どの曲もオーディエ
 ンスの心を惹きつけます。ニックのギターも好調ですが,新加入クライブ・ノーラン
 のキーボードがセンス抜群で効果的。全8曲中1stから5曲,シングル1曲,ミニ・
 アルバム1曲,未発表曲1曲と言う内容です。その他Bonusとしてミニ・アルバムの
 B面2曲+"The Mask”の'86verを収録。
Pendragon/ Kowtow(TOFF PEND 1 CD)
  '88年リリースの2ndアルバム。最もポップな作品として知られている作品ですが、
 都会的でエレガントな、しっとりとしたプログ・ポップに仕上がっていて、ニッチ・
 ポップ的な魅力も充分の好作品です。なってたって、キーボードがクライブ・ノーラ
 ンだもんね。考えてみれば、ポンプ・ロックの一つの到達点として、このポップ・サ
 イドの音もありなのでは無かったかと思う、今日この頃です(笑)
Pendragon/ The Rest of Pendragon (Pony Canyon PCCY-00657)
  '90年リリースのミニ・コンピレーション・アルバム。1stアルバム以前のミニ・ア
 ルバム"Fly High,Fall Far('83年)"、シングル"Red Shoes('87年)"、シングル"Saved
 by You"を中心とした全13曲を収録。デビュー前のプログレ然としたポンプ・ロック
 からポップ路線へと向かう音楽性の変遷が良くわかるります。そして、90年のシング
 ルにはニック・バレットの流れるようなギターを堪能できるハケット風シンフォも収録
 されていたりと、その後のシンフォニック路線への転換までもも聞き取ることができ
 初期Pendragonの過去〜現在〜未来が詰まったアルバムです。
Pendragon / The World (Belle 111858)
  ファンタジックなシンフォニック路線に音楽性の焦点を合わせた真のスタートとも言え
 る3rdアルバム('91年)。ジェネシス、キャメルのファンタジックな要素に、少しフロイド
 風のブルージーさを合わせた、ある意味開き直ったような王道路線です。それでもメロウ
 なだけでは無く、静動、緩急の対比をロックのグルーブの中で聞かせます。後半に向けて
 スピードが乗る充実感も最高です。
Pendragon / Live in Lille (Toff MOB1CD)
  '92年4月12日、フランスのLilleでのライブ・アルバム。"The World"をリリース
 し、よりシンフォニックなサウンドへと舵を切った彼らの充実のライブです。収録
 曲は1stミニアルバムから1曲、"Kow Tow"から2曲、"The World"から2曲。初期の
 曲はキャッチーさを残しながらもより厚みのある音へ。そしてハイライトは20分
 を超える"The World"からの"Queen of Hearts"。メロディアスでヒロイックなペン
 ドラゴンですが、ライブならでは若さと勢いを感じさせるのが良いですね。
Pendragon / The Window of Life (Belle 111859)
  '93年リリースの4thアルバム。前作で確立したファンタジック・シンフォニック路線第2
 弾です。いきなりオープニングから「炎」で、そのまま「ウォッチャー・オブ・ザ・スカイ
 ズ」になって、メロウなギターで締めると言う流れでカマしてくれますが、2曲目以降は
 王道のメロウ・ロックが炸裂です。ちょっとポンプなVocalと親しみやすくポップな乗りが
 あるのがペンドラゴンらしいところ。それにしても"The Last Man on Earth"の畳み込みは
 素晴らしい!
Pendragon / The Masquerade Overture(Belle 111860)
  ペンドラゴン最大のヒット作となった5thアルバム('96年)。これまでの音楽性の延長線上
 にあるものの、アルバム全体のトータル性は更にアップ。美しくも親しみやすいメロディー
 の連なりで聴き手を強引に彼らの世界に連れて行きます。特に後半の大曲3連発の勢いと色
 彩感が素晴らしい!また、オープニングではオペラチックなコーラスを聞かせたりと相変わ
 らずの仕掛で驚かせます。
IQ

IQ/ Tales From the Luth Attic (Samurai SAMRCD 1001)
  ポンプ・ロック勢の中でも一際英国的な香りを持つIQのデビュー・アルバム
 ('83年)。ジェネシス風フレーズのパターン化が特徴のポンプ勢の中で、「霧のロ
 ンドン」を描いた最初のバンドであり、アルバムです。そういう意味ではネオ・プ
 ログが生まれた瞬間なのかもしれません。旧A面全てを使った大曲"The Last Human
 Gateway"のリフレイン"I Still Alive"の歌詞は、「プログレはまだ生きてるんだ」
 とも聞こえ、冬の80年代にとても励まされたものでした。




→2013 Remix(GEPCDDVD2002)
  30th記念 2013年リミックスCD+DVDセット。CDはリミックスにより音の分離が良
 くなり,ボトムが効いたパワーが充満した音に。ギターやキーボードに深みが加わり、あら
 ためて曲の良さを実感します。DVDは2011年10月23日オランダでの1stアルバムライブの映像
 とオリジナル83年ミックス音源(mp3)、カセット・リリース
されていた"Seven Stories into
 Eight"の音源(mp3)にフォトギャラリー等々。リミックスでより迫力が増し、ライブはさらに
 強力と、かなり満腹です(笑)。特に"The Enemy Smacks"のシアトリカルなパフォーマンスが
 圧巻ですね。

IQ / The Wake (MSI CDMS 1028)
  '84年リリースの2ndアルバム。相変わらずジェネシスからの影響が強いのです
 が、'70年代のテイストが強かった1stと比較して、ディジタル機材やゲートエコー
 の導入等、'80年代の音に意識的にアップデイトさせています。当時、こういう
 感覚が古手のプログレファンには不評でしたが(私もその一人)、今聞くとメロ
 ディーも良く意外に良いアルバムだなぁと思った次第。良くも悪くも時代を感じ
 させるアルバムです。Bonusで12inchオンリーでリリースされたハケット風ギター
 が印象的な"Dans le Parc du Chateau Noir"を収録。




→25th Anniversary Deluxe Edition(GEPBOX2)
  2010年リリース25周年記念3CD+DVDボックスセット。本編のリマスター
 と120分に及ぶデモ、そして'84年10月24日Watfordでの未発表映像と言う内容。
 本編のリマスターは、キーボードが広がり、重低音が唸るまさに決定版。印象が全
 然変わりました。当時、こういう音でリリースしたかったんだろうなぁ〜。デモは
 あくまでもデモですが、Vocalが入って時点で楽曲の印象が一変します。あらためて
 ピーター・ニコルスの魅力を再確認できます。DVDは画質がブート並。ニコルス
 君以外のメンバーは何やってるかわかりません(苦笑)。かなりの熱演なだけに残念
 ちなみに"Dans le Parc du Chateau Noir"は未収録となりました(^_^;)
IQ / Nine In a Pond is Here (MSI CDMS 1049)
  2ndアルバムのリリース後、ブートレッグのような体裁で出回った不思議な作品
 ('85年)。1stから2曲、2ndから2曲、デビュー以前の未発表曲3曲に、何故か
 「グレン・ミラー・メドレー(笑)」と言う内容で、(多分)スタジオ・ライブと
 思われる演奏はかなり勢いに乗ったもの。当時、このアルバムを聴いて1st,2ndが
 小粒に思え「IQってこんなに良かったっけ?」と評判になりました。
IQ / Live from London (Iguana IPDVD007)
  2ndアルバム"The Wake"リリース後の1985年ロンドンはCamden Palaceでのライブ映像。
 音的にはCD"Living Proof"と同じものです。メンバーの若く(良い意味で)青臭い乗り
 と勢いがとても新鮮です。その中で普通の公務員にしか見えないキーボードのマーティン
 オッフォードのキーボードを小まめに変えながら、丹念にフレーズを紡いでいく様が印象
 的で、こういうところに同時期の他のバンドとの違いを感じさせます。メロトロンの上の
 アープ・オデッセイとかほんまトニー・バンクスが好きなんですね>マーティン。狭いラ
 イブハウスにそこそこの客の入りだけど、「今から上に上がっていくぞ」と言う当時の熱
 気が眩しいぐらいです。当時、英国でも日本でも同じ夢を追いかけていたのでした。
IQ / Living Proof (GEPCD 1004)
  2005年に"Live from London"としてリリースされた'85年5月13日のステージを
 収録したLiveアルバム(リリースは'87年)。収録曲の大半は"The Wake"からで(6曲)
 コンパクトな楽曲を力強く演奏しています。スタジオ盤では作られたような印象が
 あったのですが、躍動感溢れる若い演奏を聞いていると、どの曲もLiveで聞いて
 こそ良さがわかるような気がします。複雑な展開に対するメリハリの付け方もセン
 スを感じさせます。
IQ / Nomzamo (Mercury 832 141-2)
  '87年リリースの4thアルバム。このアルバムで彼らは待望のメジャー・デビュ
 ーを果たしました(結局、売れませんでしたが(^^;))。Asia,GTRに通じるような
 キャッチーなフレーズが耳に着きますが、そういう産業ロック的な部分と従来の
 IQの持ち味を昇華・洗練させた部分のバランスがとても良くて聞けば聞くほど
 味のある仕上がりになっています。昔は「ポップ化した」などと思って敬遠して
 いましたが、今聞くとなかなか良いですね。
IQ / Are You Sitting Comfortably? (Squawk 836 429-2)
  '89年5thメジャー2作目。プロデュースはRushでお馴染みTerry Brown!。幾分
 シンプルで洗練されているが、これまで以上にメロディーの美しさを前面に出し
 た力強いサウンドになっています。ハケットのソロのようなA-3から初期Genesis
 の音楽性そのまま'90年代に映したような鮮やかな展開をみせるA-4の流れが秀逸。
 ポリス風と言うか'80年代Rush風の曲も単純にかっこ良い。全体的にシンプルだけ
 ど、切れ味良くキメるところはキメるかっこよさがある。
IQ / J'ai Pollette D'arne
 
(GEPCD 1001)
 メジャーから2枚のアルバムをリリースした後、自主制作に戻りリリースされた未発表作品&ライブ・アルバム('91年)。前半4曲はスタジオ録音で、最初の3曲はデビュー前の楽曲を含み、Paul MenelのVocalながら予想以上にプログレ色が強い!4曲目はお馴染みの"Dans le Parc du Chateau Noir"。後半4曲は'89年のライブで1st,2ndの楽曲のメドレーとメジャー2作から3曲と言う内容。こちらも予想以上にプログレ色が強いけど、メジャー・ポンプ系のアプローチも聞かれるのが面白いところ。
IQ / Ever
 
(Zero XRCN-1123)
 メジャー・リリース後4年間音沙汰が無くなっていたIQがオリジナル・メンバーのピーター・ニコルスを向かえ再出発した6thアルバム('93)。全体的には前作のイメージを残したシンプルな曲調で、幾分重厚さを増したような出来。ただし、ピーター・ニコルスが歌うだけで、初期IQのあのジェネシス直系の感覚が蘇るんですねぇ。やっぱりこれです。
IQ / Forever Live
 
(GEPCD 1016)
 '93年6月12日"Ever"Tourからの2CDライブ。"Ever"の曲を中心に1st,2ndや、"Nomzamo"、"Are You Sitting Comfortabry?の曲も(意外ですが)違和感無く演奏。濃いポンプ色の1st,2nd、It Bitesにも通じるメジャー2作に、それを合わせたような"Ever"とそれぞれのアルバムの曲の魅力を一遍に味わえると同時に、ピーター・ニコルスがそれを同色に塗り替える、そのパワーを聴けるのも魅力。特にDisc2の"The Enemy Smacks"〜"Headlong"〜"The Last Human Gateway"の盛り上がりがサイコー
IQ / Subterranea
 
(GEPCD 1021)
 ピーター・ニコルス復帰後第二作目にして,2枚組100分超の大作となった7thアルバム('97)。前作からの流れではあるものの,全体的には「暗い幻想性」と言った感覚が支配的。抑え気味の展開により却って音楽の深みを増しているように思います。エモーショナルに心に沁みる感覚はマリリオンで言えば"Brave"かな?ラストの20分超えの大作"The Narrow Margin"はプログ・バンドIQらしさ爆発!
IQ/ Seven Stories into Ninety Eight
 (MIMP00000002)

 '82年リリースのカセット・アルバム"Seven Stories into Eight"'98年に再録した作品(だからタイトルは"Seven Stories into Ninety Eight"())。オリジナルverとのカップリングで限定リリースです。まず,オリジナルverは音がペラペラで所謂ド・ポンプど真ん中。ライブの重要レパートリーにもなる魅力的な曲もありますが,いかにもイモい出来。'98verは同じ曲かと思うぐらいのびのびとした正統派シンフォ。ポンプ風味が良い味付けとなってまさに完成形。'84年に変なシンフォ・レゲエとなってシングル・リリースされた"Barbell isin"がこんなに見事な王道シンフォ曲になるなんて驚き!
IQ / The Lost Attic
 (GEPCD 1024)

 '83年から'99年までの未発表曲,アウトテイクを集めたRaritiesアルバム('99)'83年〜84年の未発表曲3曲に,'84年のシングル"Barbel is in"、BBCライブ3曲,ケルティックなメロディーが意外なPaul Menel在籍時のFan Club向け2曲('87)Twelfth Nightのジェフ・マンのトリビュート曲('94)SI Musicのコンピ用1曲('93),この時点での最新作"Subterranea"のアウトテイク2曲('99),そして'84年に急遽ライブ会場用に作られたレア曲"Horrow Afternoon”の'99年新録verとレア曲満載。どの時代もIQはどこまでもIQだけど,初期,Paul Menel在籍時,Peter Nicolls復帰後の微妙な音楽性の違いがわかるのが、なかなか面白い。
IQ / Subterranea:The Concert
 (GEPCD 1027)

 大作"Subterranea"1999年4月4日オランダでの完全再現ライブ。まるでジェネシスのブロードウェイ完全再現ライブみたいですが,IQも同じ試みに挑戦です。暗い幻想性を湛えたオリジナルの楽曲群でしたが,このライブではよりパワー感を待ち,リアルで臨場感のある音を聞かせてくれます。まさに充実の音。ブックレットを見ると演劇的なステージでもあるようなので,同時リリースのDVD映像も見てみたいなぁと思ったのでした。
IQ / The Seventh House
 
(GEPCD 1028)
 2001年リリース、スタジオ第7作。大作"Subterranea"リリース後の初作品と言うことで、音楽性の変化が気になりましたが、良い意味で変化無し。思わずホッとしましたです。重量感を持ちながらも切れ味の良いサウンドは、従来のままですが、まるでデビューした頃に戻ったかのように、自在に変化するアレンジが意外に新鮮で、なんとなく明るい曲調と相まって、とても聞きやすく充実したアルバムになっています。少しずつ音楽性を変化させてきた彼らですが、パワーアップを繰り返しながら、IQ本来の魅力を保つことに成功しています。名作。特に前半が良いよ。
IQ/ The Archive Collection
 (AC001)

 アーカイブ・コレクション・シリーズの第一弾としてリリースされた"Seventh House"リリース後の20周年記念Tour2002年2月16日ドイツ公演のライブ。"Seventh House"からの4曲を中心に,大曲"The Lost Human Gateway(完全版)"、"The Narrow Margin(抜粋)"を含む全13曲(1st2曲,2nd2曲,"Ever"2曲,"Subteranea"3曲)を収録。余裕のある演奏力で,もはやスタンダードとなった楽曲群を迫力と集中力で,最後までオーディエンスを釘付けにします。曲間の語りやちょっとしたミスタッチも含めて,ライブならではリアルな感覚が楽しいですね。"Happy Birthday IQ"
Galahad
Galahad / Nothing is Written
 (Pony Canyon PCCY-00357)

 Galahadの1stアルバム('91年)。90年代初期のポンプ系のバンドの中では、完成度が高く、発売当時はちょっとした話題になりました。変にポップに展開せず、丹念に音を紡いでいくところが、頭一つ抜けていました。ただし、プロデュース面の問題なのか、録音もテクニックも今一素人臭さがあって、甘いのが残念。
 
Galahad / Sleepers
 
(OSKAR 1065 CD)
 当時、国内盤もリリースされた2ndフル・アルバム('95年)。癖の強いボーカルを中心にいなたいフレーズとリズムで迫る正統派ポンプ・ロックです。それでもメランコリックなメロディーとトータル・コンセプト・アルバムとしての完成度の高さは抜きんでいました。そして、ここぞとばかりのギターの弾きまくりに、若気の至り感が出ていて、これはとても微笑ましい(^^)
Galahad / Empires Never Last
 (Avalon GHRMCD9)

 2010年代に入って、最高潮を迎えるGalahadの、その始まりとなった5thアルバム(2007年)。壮大でヒロイックなイメージの、映像的なシンフォを聴かせながらも、ボーカルの個性等に、しっかりとポンプ・ロックらしい「うさん臭さ」を残しているのが良いですね。自然体で展開すれば良いのにコーラス・メロトロンをかましてきたりと、聴きどころもたっぷりです(^^)
 
Galahad / Battle Scars
 
(Avalon GHCD10)
 前作の延長戦上にある雄大なシンフォを聞かせる6thアルバム(2012年)。ソリッドなリフと広大な音響系キーボードにより、ポンプ・ロックの「21世紀の姿」を見事に聞かせてくれます。マリリオンの"Brave"やDream Theaterの"Metropolis"をも想起させる高い完成度が見事です。
 
Jadis
Jadis / More Than Meets The Eye
 (Zero XRCN-1146)
 名作と名高いJadisの記念すべき1stアルバム('92年)。ゲイリー・チャンドラーの甘く明るいトーンのギターをフィーチャーし、カラフルなのに淡い色彩感のサウンドとキャッチーな歌をバランス良く聞かせてくれます。90年代に入って一段レベルアップしたポンプ・ロックと言った感じですっきりとした聞き心地が良いですね。
Jadis / Across the River
 (Giant Electric Pea GEPCD 1009)

 1stアルバムが好評だったJadisが順調にリリースした2ndアルバム('94年)。1stアルバムの延長線上にありながらも、歌とギターを前面に出したキャッチーで、わかりやすいサウンドになっています。詩情よりもモダンさが感じられるデジタルに洗練された90年代シンフォですね。
Jadis / Somersault
 (Avalon MICY-1017)

 '97年リリースの3rdアルバム。ゲイリー以外のメンバーを一新し、シンフォニックなエモーショナルさを後退させ、キャッチーでよりメリハリの効いたロックっぽいサウンドへ変化しています。ポップになった分、ポンプ・ロック風な感覚が強くなったのは、ちょっと不思議な感じです。
 
Magenta
Magenta / Revolutions
 
(F2 Music 200105)
 いきなり20分近くの大曲4曲を含む2枚組でリリースされたデビュー・アルバム(2001年)。VocalのChristinaとマルチ・プレイヤーのRob Reedの2人組ユニットですが、ゲストを向かえしっかりとしたバンド乗りの音を聞かせてくれます。音的には「小気味良いジェネシス」+「美声女性Vocal」と言った感じで、瑞々しい感性と親しみやすさで最後まで一気に聞けました。ところどころ、聴いたことがあるような、無いような(^^;)フレーズが出てきて思わずニンマリ。全体的に初々しさがあるのも良いですね。
Magenta / Seven
 (F2 Music 200403)
 ユニット的だった前作に比べよりバンド的なまとまりで聞かせる最高傑作2nd(2004年)。いきなり まんま ディシプリン・クリムゾン〜YES〜ジェネシス風に展開する1曲目に呆然としますが、きちんと先人へのリスペクトが感じられ、美しいメロディーを活かした若さと躍動感溢れる演奏が素晴らしいですね。ハウとハケットの間を行き来しつつも、自らの個性を爆発させるRob Reedの曲作りなんかGTRよりもよっぽど「らしい」し、幻想性とはじけた女の子乗りのどちらも聞かせられるChristinaも最高です。なんかイメージ的に癒し系女性Vocalものと勘違いされがちなMagentaですが、スカッと抜けの良い気持ちの良いシンフォニック・ロックです。個人的には現在のUK若手No.1(^_^)
Big Big Train
Big Big Train / The Underfall Yard
 (EERCD005)

 ジェネシス直系ながら穏やかで気品あふれる英国シンフォ・サウンドを聴かせるBBTの2009年作。元スポックス・ベアードのNick D'Virgilioをドラムスに迎え、タイトななリズムの上をメロトロンが包み込み、雄大な広がりを持った作品に仕上がりました。23分及ぶタイトル曲はXTCのデイブ・グレゴリーIt Bitesのフランシス・ダナリー、Frost*のジェム・ゴドフリーをゲスト参加、たっぷりとソロを聞かせてくれます。
 
Big Big Train / Far Skies Deep Time
 (EERCD009)

 アンソニー・フィリップスのカバー(デビュー前のジェネシス曲)で始まる2010年ミニ・アルバム。穏やかなアンソニーの曲に導かれるとおり、本作は気品のある優しいジェネシス風。ミニ・アルバムなので、コンパクトでややキャッチーな曲が並んでいるのが特徴。デイブ・グレゴリーの芯のあるギター・ソロが良いですね。元IQのマーチン・オッフォードもゲスト参加。
Thieves' Kitchen
Thieves' Kitchen / Head
 (TKCD 001)
 Thieves' Kitchenのデビュー・アルバム(2000年)。ジェネシス風のフレーズをこってりこってりと詰め込んだ、いかにも21世紀シンフォな英国新人です。この詰め込み方は、一番近いのはメキシコのCastかな?惜しむらくは叙情フレーズの連発なのに、どこか無機質で情が薄いところ。不思議な個性のバンドです。
Thieves' Kitchen / Shibboleth
 
(TKCD 003)
 Thieves' Kitchenの3rdアルバム(2003年)。音楽性は更に複雑化し、かなり入り組んだ構成のシンフォニック・ロックになっています。ホールズワースがメロディアスになったようなフレーズのギターを中心に、テクニカルに展開し、シニカル&シリアスな女性ボーカルに意表を付くメロトロンの導入等、まるでジェントル・ジャイアントかFinneus Gaugeか?ってな感じですね。アマチュアっぽい音の薄さはご愛嬌(笑)
Thieves' Kitchen / The Clockwork Universe
 (TKCD006)
 ますます充実した6thアルバム(2016年)。Amy嬢の美声、Anglagard直伝のメロトロンは今回も絶好調。従来の延長線上にある音ですが、メロディーは濃厚に、展開には勢いが出ています。そしてGG度もアップ(笑)。それでいて「引き」の叙情もばっちり。後半では北欧風の薄暗さまで感じさせる傑作アルバムです(^^)
IO Earth
IO Earth / IO Earth
 2人組マルチ・ミュージシャンによるユニットの1stアルバム(2009年)。Water、Earth、Airの3パートに分かれた2枚組大作で、幾重にもなった壮大なキーボードと泣きわたるギターによるファンタジック&シンフォニック・ロックです。女性Vocalを始めとする多彩なゲストを招き、バンド感のあるリアルな音を聴かせてくれるのも良いですね。オーストリアのガンダルフに近い感じかなぁ〜
Others
Le Mat
Le Mat / The Waltz of the Fool
 
(Whaam BIG 6)
 サウスエンドの伝説的なバンドLe Mat。元々はネオ・モッズ系バンドThe Leepersとして活動していたが、「より芸術的なロックを目指し」サイケデリックな方向性へと変化、ヴァイオリンもこなすキーボード奏者を加え、バンド名を変えたのがLe Matだ。この”The Waltz of the Fool”は1983年リリースの唯一作。ザラザラとしたギターをバックに、メランコリックなメロディーが鳴る、耽美でシアトリカルな音。後の時代から見れば、ネオ・サイケであり、少しニュー・ロマンティクスであるが、何よりもPomp Rockな音である。とにかく、未来を目指すバンドのエネルギーが溢れた1枚だ。アルバムの完成度で言えば、同時代のPallasやTwelfth Nightを超えているのではないか?
Castanarc
Castanarc / Jouney to the East
 (Kinetic KDCD 1001)
 '84年リリースCastanarc1stアルバム。ポンプ・ロックの範疇で語られるバンドですが,流れるようなメロディーとジェントルな感覚はとても英国風で,BJH+ペンドラゴンとでも形容できそうな内容。全体的にアマチュアが背伸びしたような完成度ですが,ジャケットのようなメルヘンを感じさせる世界観が心地よいです。美しくも誠実な()ギター・ソロも良いですよ。
Multi Story
Multi Story/ East West
 (Kinetic KDCD 1002)
 Pallas似のポンプ・ロックを聞かせるMulti Storyの唯一のアルバム('85年)。チープな音作りで演奏面での未成熟さもありますが,優しい歌声とメロディーを活かしたコンパクトなシンフォニック・ロックは独特の味わいがあります。凄いアルバムではありませんが,センスの良い曲作りでCastanarcと並ぶ愛すべき英国ポンプです。
Edge
Edge / Suction 8
 (Ugum UGU 00190)
 女性Vocalをフィーチャーしたイギリスのネオ・プログ・バンドの唯一の作品('86年)。アマチュアっぽさを残したメロディアスなジェネシス系サウンドは少々食傷気味ですが、透明な感覚がとても美しく、スッとその世界に入っていけます。手作りっぽいガレージ風味がTwelfth Nightを思わせ、個人的にはとても微笑ましいです。そして何といっても女性Vocal&フルートの組み合わせが良い味を出しています。
Circus
Circus / Flashback
 (President PCOM 1125)
 90年代のBJHか?と思わせるような音楽性の、ヒロイックなネオ・プログレを聞かせるCircusの1stアルバム(‘92年)。若々しい歌声と、シンプルだけど勢いと繊細さが両立した演奏は、私の大のお気に入り。70年代英国風のノスタルジックなメロディーも良いですね。このアルバムは、まだまだ散漫なところがある秀作ですが、「コンパクトになったPallas風」のサウンドはとても魅力的です。
Circus / Surface Tention
 (President PCOM 1127)
 ブリストル出身Circusの、より完成度を高めた2ndアルバム(‘93年)。ノスタルジックなメロディーと若々しい歌声を、勢いのある演奏に乗せて聞かせるのがたまりません。メロディアスなバイオリンや、トラッド色の導入、更にテクニカルなキーボード・ラビリンスまで聞かせ、幅が広いがまとまりのある名作となっています。この後、彼らは人知れず解散。この名作があまり知られていないのは残念だなぁ。
Abel Ganz
Abel Ganz / The Dangers of Strangers
 Abel Ganzの3rdアルバム(‘88年)の、20周年記念2008年リマスター盤。Pallasにも似た、ヒロイックでファンタジックな、爽やかネオ・プログレですが、リマスターにより、さらに重厚で現代的な音になっています。今のAbel Ganzは優しいサウンドが持ち味ですが、初期は、よりダイナミックで広がりのある音作りです。うん、これは良い。
Pilgrym
Pilgrym / Pilgrimage
 (Transubstans TRANS 002)
 Pilgrymの2004年の作品。Asiaタイプのキャッチーな歌メロを主体にしたバンドですが、展開をすると、クラシカルなキーボードを活かしたタイトなシンフォニック・ロックへと鮮やかに切り替わるところが魅力です。こういうバンド、ありそうで無いよなぁと言うのが素直な感想。適度なポップさと王道路線のクラシカル・シンフォ、どちらもしっかりと来ていて良いですよぉ。メロトロン鳴りっぱなしのBonus曲"Reborn"のLiveがこれまた良い。
Credo
Credo / Rhetoric
 (FZ 200509)
 イギリスの新人2005年デビュー・アルバム。メロディー・ラインの癖はなんとなくマリリオン、フィッシュ・タイプですが(バンド名もそれ風)、全体的には新人ばなれをした素晴らしいシンフォニック・ロックで、艶かしいギターに包み込むキーボ−ドを活かしながらしっとりとドラマチックに攻めてきます。演奏もしっかりしていてスタイル云々よりも音楽の力を感じる、そんなバンドです。作品の傾向で言うと、イギリスと言うより最近のポーランド風かな?QuidamやRiversideに匹敵しています。何回聴いても飽きが来ない名作です。
Combination Head
Combination Head / Progress?
 
(SAM 004)
 英国新人Combination Headの2ndアルバム(2008年)。スタイリッシュで近未来感のある空間に、優しい歌声が響く、ハート・ウオームで穏やかなシンフォです。軽快なギターとエマーソン風の華やかシンセ&オルガンのコンビネーションも良い感じです(^^)
Magic Bus
Magic Bus/ Magic Bus
 正統派カンタベリー系ロックを聞かせてくれる英国新人デビュー・アルバム(2010年)。オルガン,ギター,フルートが織りなす,1st〜3rdの頃のキャラバンのような曇り空のジェントル・サウンドににやり。特にリチャードさん似のベルヴェット・ヴォイスは反則です。途中で出てくるメロトロンも反則!。その他,オープニングのブルージー・サイケや後半の「ゴングですか?」と聞きたくなるような不思議な展開等,引き出しの多さも魅力。
Magic Bus / Transmission from Socmore's Carden
 キャラバン直系のピンクとグレイの音を聞かせる英国新人2ndアルバム(2014年)。今回は更にキャラバン度があがり,パイとリチャードを合わせたような歌声に,デイブさん風のオルガン,ジミーさん風のフルートが加わり,ジェントルなメロディー・ラインを聞かせると言う痺れるような音です。21世紀のバンドらしく、少し広がりのあるプログレ色を加えているのも良いですね。