British Neo Progressive  (Page-1)
Pallas
Pallas / The Sentinel (Insideout IOMCD 058)
  満を持してリリースされたEMIからのメジャーデビューアルバム('84年)。CDではLP収録
 曲に加え、シングルのみに収録された曲が3曲追加収録され、さらに曲順が大幅に変更にな
 っていますが、これが本来のアルバムの流れとのこと。前半部に名曲"Shock Treatment",
 "Alive Arrive"等の乗りの良い曲を配し、後半部にこのアルバムのメイン・コンセプトの
 "Atlantis組曲”を配置する構成により,壮大な曲想がより明確化されています。Yesをより
 透明にしたようなシンフォニックなアレンジとハードなドライヴィング、若さほとばしる美
 しさがかっこいいです。(Euan Lowsonの姿が拝めるヴィデオ・クリップ入り。をぉ、とても
 シンフォニック!)


Pallas / The Wedge (Insideout IOMCD 059)
  Pallasのメジャーからの2ndアルバム('86年)。メタリックでモダンなMixは80年代の産業
 ロック風の印象が強まったようなイメージを持ちますが、彼ら独特のロマンチックなメロディ
 感覚は健在で、演奏の力強さとの微妙なバランスがとても良いです。リリース当時は今一ピ
 ンと来ないアルバムでしたが、あらためて聴くとなかなか聞き所十分ですね。

  CDはBonusとしてMiniアルバム"The Knightmoves"の曲が収録されていますが、こちらは
 "The Sentinel"からの路線ですがややハード・ロック色が強くなっています。(ヴィデオ・
 クリップ付きです。こちらも良し)



→オリジナルLPジャケはこちら








→Mini Album"The Knightmoves"
Pallas / Knightmoves to Wedge (Centaur CENCD 002)
  92年にリリースされたThe KnightmovesとThe Wedgeのカップリング盤。両アルバムの
 曲がシャッフルされており、オリジナルを聴いて来たファンとしてはビックリしましたネ。
 感じとしては前半にポップな曲で段々メロディアスになって、シンフォニックに締めると言
 った感じかな?意外な程統一感のある曲順です
  曲順ですが...
 M-1...Knightmoves B-1
 M-2...The Wedge M-4
 M-3...The Wedge M-2
 M-4...The Wedge M-3
 M-5...The Wedge M-5
 M-6...The Wedge M-6
 M-7...Knightmoves A-1
 M-8...The Wedge M-7
 M-9...The Wedge M-1
 M-10...Knightmoves B-2
Pallas / Beat the Drum (Pallas)
  '99年リリース復活作3rdアルバム。プログレ的な展開を控えめにして、幾分スト
 レートな音になっていますが、美しいメロディーを力強くドラマチックに演じる様
 は颯爽として凛々しいですね。ロマンチックなPallas節も健在で、高らかに復活を
 告げる名作に仕上がりました、タイトル曲の高揚感は最高!
Pallas / Live Our Lives
  "Beat the Drum"リリース後の2000年のヨーロッパ・ツアーを収録したファン・
 クラブ限定2CD Liveアルバム。前半は"Beat the Drum"の曲を中心に、旧曲もボト
 ムの据わったタイトな感覚で聞かせます。美しく広がりのあるPallasサウンドは
 不変ですが、こういう骨太な感覚も新鮮で良いですね。後半はLiveでのハイライト
 「アトランティス組曲」。お馴染みの大作もメリハリの効いた演奏で、よりロッ
 ク色が増し、かえって曲の構成が良く見えるようになりました。ファンへの嬉しい
 贈り物です。
Pallas / The Cross & the Crucible
             
(InsideOut IOMLTDCD 079)

  Pallasの2年ぶりの新譜(2001年)。えらくインターバルが短いなぁと思ってい
 たら今回はTransatlanticでお馴染みInsideOutからのリリース。こりゃ、彼ら本
 気だなぁ。
  内容的にもびっくりするような仕上がりぶりで、とことん分厚いオーケストレ
 ーションはある程度予想が付いていましたが、ある種の荘厳さまでが加わったア
 レンジの妙に、感心することしきり。とことんプロフェッショナルな出来で「こ
 れがほんまにPallas?」と思わず疑ってしまうぐらいですが、メロディーの癖は
 やはり彼らなんですね。大成長の最高作です(^^)。
Twelfth Night

Twelfth Night / Live at Target (UGUM UGU 00189)
  自主制作でリリースされたTwelfth Nightのデビュー・アルバム。'81年1月15、
 16日のレディング、ターゲット・クラブでのライブで、Vocalist不在時の4人編成
 でのオール・インスト4曲と言う内容。メロウなギターとレゾナンスの効いたアナロ
 グ・シンセを中心に紡がれるサウンドはハケット、キャメル系の幾分ミステリアスな
 感覚があるメロウ・ロック。荒削りだけど若々しい勢いがあって、無名のインディー
 ズ・バンドのデビュー作としては、当時意外と評判になりました。旧B面全てを使っ
 た20分を超える大作"Sequences"を「えいっ」とばかりに収録(^_^)収録。


→2011年リマスター(Thee Difinite Edition) (F2 201112)
  2011年リマスター&Bonus Disk付"The Difinitive Edition"。リマスターにより
 音に芯が出来、30年以上前の自主制作ライブ盤とは思えないほど、しっかりとし
 た音になりました。Bonus曲は'79年〜'81年のシングル、ライブ、未発表曲を9曲
 73分収録。どの曲も本編と同傾向で、未発表曲であっても意外としっかりとした
 出来。長尺曲では少々冗長なパートもありますが、4人編成時インスト12th Night
 の全てがわかります(^_^)
Twelfth Night/ Smiling at Grief
          (The Difinite Edition)
(F2 200903)
  VocalにGeoff Mannを迎え、カセット・リリースされた2ndアルバム('82年)。後のアル
 バムにも再録される曲もあったりと、幾分ラフな音づくりなので、デモ的な作品かもし
 れません。音的には前作とは全く違い、Geoffの影響か、当時のインディーズNew Wave的
 な方向性に転換。まるでFactoryレーベルのバンドがメロウになって演劇性を増したよう
 です。私は当時、彼らのことをガレージ・シアトリカルなんて呼んでましたが、ほんま
 そんな音ですなぁ。2009年リマスターは、収録曲の別テイクに加え、バンド・サイトで
 のみ発売されていた"Smiling at Grief Live('81年12月)"をまるまるDisk1枚収録。ライ
 ブでの少しパンキッシュな演奏を楽しめます。

Twelfth Night / Fact and Fiction (Cyclops CYCL 113)
  自主制作ながらようやくリリースされたスタジオ・フル・アルバム('82年)。"Smiling
 at Grief"で聞かせた音を丁寧にブラッシュ・アップさせ("This City"、"Creepshow"は
 再録)、組曲風の大曲からメロディアスな小品まで、彼らの魅力を充分に伝える佳作に仕
 上がりました。シアトリカルなGeoff MannのVocalを中心に、シンフォニックな世界がい
 きなりガレージなNew Waveへと場面展開する感覚は他のバンドでは聞かれない唯一無二
 の音ですね(^^)。Cuclops盤は7曲のボーナス入りで、NW寄りのエレポップな試みもあり、
 いかにも80'sしていて、意外と新鮮に聞けます。


UGUM UGU 00691
  CDは2種類リリースされていますが、最初のUGUM盤はジャケのネガポジが反転して
 いるのが残念(>_<)
Twelfth Night / Live and let live (Cyclops CYCL 050)
  Geoff Mann在籍時最後のステージとなった'83年11月4,5日マーキー・クラブでのライブ。
 "Fact and Fiction"からの曲を中心に、メロディアスかつよりパワフルな演奏を聞かせて
 くれます、特にGeoffのVocalはシアトリカルでありながら、時にはパンキッシュでさえあ
 って、彼のほとばしるエネルギーを全編で聴くことができます。なお、アルバムタイトル
 は007シリーズの"Live and let Die(死ぬのは奴らだ)"のもじり。また、当初は自主制
 作でしたが、2ndプレスからはメタル系レーベルMusic For Nationsからのディストリビュ
 ートとなりました。
Pendragon

Pendragon / The Jewel (Toff Pend 2 CD)
  ミニアルバム、リリース後、本格的な1stアルバムとして制作された'85年作。プロ
 グレの様式のみを取り出してポップ化させてような音作りは当時のマリリオンと並ん
 で典型的なバンドでもありました。それでもメロディーの良さとしっかりしたアレン
 ジで聞き所も多く、「いつか手放そう(笑)」と思いながらいつの間にか愛聴盤にな
 ってしまったそういうアルバムなんですよね(^_^)






→2005年リマスター盤 (PEND12CD)
  1stアルバム"The Jewel"の2005年リマスター盤。ボトムがしっかりとし、音に広が
 りが出ています。もともとのペラペラとした「ポンプ風味」が無くなってしまったの
 で残念(笑)と言えば残念ですが、完成度は格段にアップしています。
Pendragon/ 9:15 Live (Pony Canyon PCCY-00655)
  1stアルバム"Jewel"リリース後の'86724,25,26日マーキー・クラブでのライ
 ブ・アルバム。"Jewel"のポンプ色を引きずってはいるものの,ライブではパワーも
 メロディアスさも倍増!スタジオ盤の「薄い感じ」が無くなり,どの曲もオーディエ
 ンスの心を惹きつけます。ニックのギターも好調ですが,新加入クライブ・ノーラン
 のキーボードがセンス抜群で効果的。全8曲中1stから5曲,シングル1曲,ミニ・
 アルバム1曲,未発表曲1曲と言う内容です。その他Bonusとしてミニ・アルバムの
 B面2曲+"The Mask”の'86verを収録。
Pendragon/ Kowtow(TOFF PEND 1 CD)
  '88年リリースの2ndアルバム。最もポップな作品として知られている作品ですが、
 都会的でエレガントな、しっとりとしたプログ・ポップに仕上がっていて、ニッチ・
 ポップ的な魅力も充分の好作品です。なってたって、キーボードがクライブ・ノーラ
 ンだもんね。考えてみれば、ポンプ・ロックの一つの到達点として、このポップ・サ
 イドの音もありなのでは無かったかと思う、今日この頃です(笑)
Pendragon/ The Rest of Pendragon (Pony Canyon PCCY-00657)
  '90年リリースのミニ・コンピレーション・アルバム。1stアルバム以前のミニ・ア
 ルバム"Fly High,Fall Far('83年)"、シングル"Red Shoes('87年)"、シングル"Saved
 by You"を中心とした全13曲を収録。デビュー前のプログレ然としたポンプ・ロック
 からポップ路線へと向かう音楽性の変遷が良くわかるります。そして、90年のシング
 ルにはニック・バレットの流れるようなギターを堪能できるハケット風シンフォも収録
 されていたりと、その後のシンフォニック路線への転換までもも聞き取ることができ
 初期Pendragonの過去〜現在〜未来が詰まったアルバムです。
IQ
IQ/ Tales From the Luth Attic (Samurai SAMRCD 1001)
  ポンプ・ロック勢の中でも一際英国的な香りを持つIQのデビュー・アルバム
 ('83年)。ジェネシス風フレーズのパターン化が特徴のポンプ勢の中で、「霧のロ
 ンドン」を描いた最初のバンドであり、アルバムです。そういう意味ではネオ・プ
 ログが生まれた瞬間なのかもしれません。旧A面全てを使った大曲"The Last Human
 Gateway"のリフレイン"I Still Alive"の歌詞は、「プログレはまだ生きてるんだ」
 とも聞こえ、冬の80年代にとても励まされたものでした。
IQ / The Wake (MSI CDMS 1028)
  '84年リリースの2ndアルバム。相変わらずジェネシスからの影響が強いのです
 が、'70年代のテイストが強かった1stと比較して、ディジタル機材やゲートエコー
 の導入等、'80年代の音に意識的にアップデイトさせています。当時、こういう
 感覚が古手のプログレファンには不評でしたが(私もその一人)、今聞くとメロ
 ディーも良く意外に良いアルバムだなぁと思った次第。良くも悪くも時代を感じ
 させるアルバムです。Bonusで12inchオンリーでリリースされたハケット風ギター
 が印象的な"Dans le Parc du Chateau Noir"を収録。
IQ / Nine In a Pond is Here (MSI CDMS 1049)
  2ndアルバムのリリース後、ブートレッグのような体裁で出回った不思議な作品
 ('85年)。1stから2曲、2ndから2曲、デビュー以前の未発表曲3曲に、何故か
 「グレン・ミラー・メドレー(笑)」と言う内容で、(多分)スタジオ・ライブと
 思われる演奏はかなり勢いに乗ったもの。当時、このアルバムを聴いて1st,2ndが
 小粒に思え「IQってこんなに良かったっけ?」と評判になりました。
IQ / Living Proof (GEPCD 1004)
  2005年に"Live from London"としてリリースされた'85年5月13日のステージを
 収録したLiveアルバム(リリースは'87年)。収録曲の大半は"The Wake"からで(6曲)
 コンパクトな楽曲を力強く演奏しています。スタジオ盤では作られたような印象が
 あったのですが、躍動感溢れる若い演奏を聞いていると、どの曲もLiveで聞いて
 こそ良さがわかるような気がします。複雑な展開に対するメリハリの付け方もセン
 スを感じさせます。
IQ / Nomzamo (Mercury 832 141-2)
  '87年リリースの4thアルバム。このアルバムで彼らは待望のメジャー・デビュ
 ーを果たしました(結局、売れませんでしたが(^^;))。Asia,GTRに通じるような
 キャッチーなフレーズが耳に着きますが、そういう産業ロック的な部分と従来の
 IQの持ち味を昇華・洗練させた部分のバランスがとても良くて聞けば聞くほど
 味のある仕上がりになっています。昔は「ポップ化した」などと思って敬遠して
 いましたが、今聞くとなかなか良いですね。
IQ / Are You Sitting Comfortably? (Squawk 836 429-2)
  '89年5thメジャー2作目。プロデュースはRushでお馴染みTerry Brown!。幾分
 シンプルで洗練されているが、これまで以上にメロディーの美しさを前面に出し
 た力強いサウンドになっています。ハケットのソロのようなA-3から初期Genesis
 の音楽性そのまま'90年代に映したような鮮やかな展開をみせるA-4の流れが秀逸。
 ポリス風と言うか'80年代Rush風の曲も単純にかっこ良い。全体的にシンプルだけ
 ど、切れ味良くキメるところはキメるかっこよさがある。
Magenta
Magenta / Revolutions (F2 Music 200105)
  いきなり20分近くの大曲4曲を含む2枚組でリリースされたデビュー・アルバム
 (2001年)。VocalのChristinaとマルチ・プレイヤーのRob Reedの2人組ユニットです
 が、ゲストを向かえしっかりとしたバンド乗りの音を聞かせてくれます。音的には
 「小気味良いジェネシス」+「美声女性Vocal」と言った感じで、瑞々しい感性と親し
 みやすさで最後まで一気に聞けました。ところどころ、聴いたことがあるような、無
 いような(^^;)フレーズが出てきて思わずニンマリ。全体的に初々しさがあるのも良い
 ですね。
Magenta / Seven (200403)
  ユニット的だった前作に比べよりバンド的なまとまりで聞かせる最高傑作2nd(2004年)
 いきなり まんま ディシプリン・クリムゾン〜YES〜ジェネシス風に展開する1曲目
 に呆然としますが、きちんと先人へのリスペクトが感じられ、美しいメロディーを活か
 した若さと躍動感溢れる演奏が素晴らしいですね。ハウとハケットの間を行き来しつつ
 も、自らの個性を爆発させるRob Reedの曲作りなんかGTRよりもよっぽど「らしい」
 し、幻想性とはじけた女の子乗りのどちらも聞かせられるChristinaも最高です。なんか
 イメージ的に癒し系女性Vocalものと勘違いされがちなMagentaですが、スカッと抜けの
 良い気持ちの良いシンフォニック・ロックです。個人的には現在のUK若手No.1(^_^)
Thieves' Kitchen
Thieves' Kitchen / Head (TKCD 001)
  Thieves' Kitchenのデビュー・アルバム(2000年)。ジェネシス風のフレーズをこって
 りこってりと詰め込んだ、いかにも21世紀シンフォな英国新人です。この詰め込み方
 は、一番近いのはメキシコのCastかな?惜しむらくは叙情フレーズの連発なのに、どこ
 か無機質で情が薄いところ。不思議な個性のバンドです。
Thieves' Kitchen / Shibboleth (TKCD 003)
  Thieves' Kitchenの3rdアルバム(2003年)。音楽性は更に複雑化し、かなり入り組んだ
 構成のシンフォニック・ロックになっています。ホールズワースがメロディアスになっ
 たようなフレーズのギターを中心に、テクニカルに展開し、シニカル&シリアスな女性
 ボーカルに意表を付くメロトロンの導入等、まるでジェントル・ジャイアントかFinneus
 Gaugeか?ってな感じですね。アマチュアっぽい音の薄さはご愛嬌(笑)
Thieves' Kitchen / The Clockwork Universe (TKCD006)
  ますます充実した6thアルバム(2016年)。Amy嬢の美声、Anglagard直伝のメロトロ
 ンは今回も絶好調。従来の延長線上にある音ですが、メロディーは濃厚に、展開には
 勢いが出ています。そしてGG度もアップ(笑)。それでいて「引き」の叙情もばっ
 ちり。後半では北欧風の薄暗さまで感じさせる傑作アルバムです(^^)
Others
Castanarc
Castanarc / Jouney to the East (Kinetic KDCD 1001)
  '84年リリースCastanarc1stアルバム。ポンプ・ロックの範疇で語られるバン
 ドですが,流れるようなメロディーとジェントルな感覚はとても英国風で,BJH+
 ペンドラゴンとでも形容できそうな内容。全体的にアマチュアが背伸びしたような完
 成度ですが,ジャケットのようなメルヘンを感じさせる世界観が心地よいです。美し
 くも誠実な()ギター・ソロも良いですよ。
Multi Story
Multi Story/ East West (Kinetic KDCD 1002)
  Pallas似のポンプ・ロックを聞かせるMulti Storyの唯一のアルバム('85年)。チ
 ープな音作りで演奏面での未成熟さもありますが,優しい歌声とメロディーを活か
 したコンパクトなシンフォニック・ロックは独特の味わいがあります。凄いアルバ
 ムではありませんが,センスの良い曲作りでCastanarcと並ぶ愛すべき英国ポンプで
 す。
Edge
Edge / Suction 8 (Ugum UGU 00190)
  女性Vocalをフィーチャーしたイギリスのネオ・プログ・バンドの唯一の作品('86年)。
 アマチュアっぽさを残したメロディアスなジェネシス系サウンドは少々食傷気味ですが、
 透明な感覚がとても美しく、スッとその世界に入っていけます。手作りっぽいガレージ
 風味がTwelfth Nightを思わせ、個人的にはとても微笑ましいです。そして何といっても
 女性Vocal&フルートの組み合わせが良い味を出しています。
Pilgrym
Pilgrym / Pilgrimage (Transubstans TRANS 002)
  Pilgrymの2004年の作品。Asiaタイプのキャッチーな歌メロを主体にしたバンドですが、
 展開をすると、クラシカルなキーボードを活かしたタイトなシンフォニック・ロックへと
 鮮やかに切り替わるところが魅力です。こういうバンド、ありそうで無いよなぁと言うの
 が素直な感想。適度なポップさと王道路線のクラシカル・シンフォ、どちらもしっかりと
 出来ていて良いですよぉ。メロトロン鳴りっぱなしのBonus曲"Reborn"のLiveがこれまた
 良い。