Czecho Slovakia  (Page-2)
Fermata
Fermata / Fermata (Opus 91 2808-2)
  Fermataの記念すべき1stアルバム('75年)。1曲目からFrantisek Griglak
 のハード・ドライヴィンなギター全開で、予想外に無骨な感覚に驚き。全体
 的には後期ソフト・マシーン風のインテリジェンスなジャズ・ロックですが、
 本能に負けたかのように強引に突っ走るところがかっこいい!
Fermata / Piesen Z Hol (Opus 91 2808-2)
  2ndアルバム('76年)。ハード・ドライヴィングなジャズ・ロックは相変わ
 らずですが、より浮遊感を増した感覚が独特。やっぱりSoft Machineの
 "Softs"の頃に似ているかな?Frantisekさんは相変わらずですが、ゴリゴリ
 ベースを軸とした骨太なリズム隊も強烈!フェンダー・ローズの軽快な響き
 も心地よいよね。
Fermata / Huascaran (Opus 91 2809-2)
  持ち味の軽快なジャズ・ロックに、美しいシンフォニック色を加味した最
 高傑作3rdアルバム('77年)。冷たいキーボードをバックに、"Moonmadness"
 の頃のCamelを思わせるような伸びやかに流れるギターがとても心地良い。さ
 らにお馴染みのゴリゴリ・ベ−スに乗ってスピーディーに繰り広げられるイ
 ンタープレイもまた絶品。IとII合わせて25分にも及ぶタイトル曲での、
 チェロとピアノのクラシカルで幻想的な情景も良いですネ。かっこ良さと美
 しさが兼ね備えられた旧チェコ・スロヴァキアを代表する名作です。ペルー
 最高峰ワスカラン山に挑むチェコ山岳隊をモチーフにしたコンセプト・アル
 バムとのこと。
Fermata / Dunajska Legenda (Open OP 0048 2 311)
  フュージョン系の音にシフトした'78年リリースの4thアルバム。従来のシ
 ンフォ・ジャズ・ロック的なサウンドはさらに軽快になりました。それでも、
 ミステリアスな感覚の中に、切り込んで来るギターは、やっぱりがかっこい
 いですね。ベースのゴリゴリ感もこのアルバムでも健在で、この独特の乗り
 がFermataなんですよネ。
Fermata / Biela Planeta (Opus 91 2810-2)
  いきなりのレゲエ・ジャズ・ロックに驚かされる5thアルバム('80年)。全
 体的には前作の延長線上にありますが、よりファンキーになったリズムの上
 を、スピーディーで切れのあるギター・キーボードが全開で駆け抜けて行く
 ところが最高ですね。シンフォ色がほとんど無くなったのが残念ですが、ミ
 ステリアスで沈んだ東欧独特のメロディーと不思議なコード感覚がまた印象
 的なのです。

Fermata / Generation (Opus 91 2810-2)
  81年リリースの6thアルバム。当時のフュージョン&クロスオーバー・シ
 ーンからの影響をまともに受けた音で、あまりにもそのものと言った演奏は
 プログレ・ファンには辛いかも。ただし、タイトで重厚な演奏に絡む、影の
 あるフレーズはいかにも東欧的で、問答無用の疾走感の2、3曲目は最高の
 出来。特にスペインのImanをド迫力にしたようなイスラム風の2曲目は凄い
 っすね。幻想的に締めるラスト曲での、サックスとギターの泣きも良し。





→(Open OP 0072 2 331)
  99年再発CD。ジャケが変わっていますが、こちらのジャケの方が断然良
 いと思います。


Fermata / Ad Libitum (Opus 91 2811-2)
  84年リリースの第一期Fermataのラストアルバム(7th)。初のVocal入りで
 、1曲目なんかソウルフルで少しポップ。前作までのイメージと大きく違
 っていますが、それでもタイトでヘヴィ&スピーディーな演奏はやはりFermata
 ですね。豪快な演奏に叙情的でエキゾチックな歌が加わるとことなんか「超
 かっこいい」でっせ。ところどころ一瞬プログレス2か?と思わせたり、
 Fermataらしく無いアルバムですが、個人的には無茶気に入ってます。最高
 傑作と言ってしまいたいな、うん!





→(Open OP 0070 2 331)
  99年再発CD。このアルバムもジャケが変わっていますが、やっぱりこち
 らのジャケの方が断然良い!

Fermata / Silime... (Opus 91 2811-3)
  ギターのFrantisek Griglakによって再結成されたFermataの8thアルバ
 ム('91年)。従来にも増して、分厚いキーボードが前面に出ており、その
 中をFrantisekのギターが駆け巡ります。いなたいフュージョン色も無く
 なり、エキゾチックなシンフォ・ギター・ロックとでも言うような音に
 なっていて、ますますパワーアップと言ったところ。特に重厚なギター
 &キーボード・アレンジに圧倒される1曲目は名曲ですね(巷ではBrand
 X meets Tony Banksと言われてます!!!)
Fermata/ Real Time (ENA ER 0008 2331)
  '94年リリース。新生Fermataの第二弾(9thアルバム)。前作からのシン
 フォ色は残しながらも、豪快なギターを前面に出したとても勢いのある
 作品となっています。パワフルかつビューティフル!!あのいなたいFermata
 とは思えないのが残念ですが(笑)、無茶かっこいいアルバムです。前作
 からインディーズからのリリースとなったため、入手に難あり。再発を
 望む!
Fermata / X (BMG 74321 71083 2)
  91年にギタリストFero Griglakの中心に再結成されたフェルマータ
 の再結成後3作目。通算10作目になります(だからタイトルはX)。
 昔は共産圏特有の暗めの重いフュージョンと言う感じでしたが、このア
 ルバムは思い切り元気。伸び伸びと歌うギターに重厚なキーボード、疾
 走するリズムセクションは、明るいと言うのを通りこしてキャッチーな
 ぐらいです。2曲目の"Part 1”は彼らの全ての曲の中にあっても最高の
 ナンバー。ほんまこいつらムチャ巧い!
Fermata / Next (Griglak Fero 2005)
  再結成フェルマータの11thアルバム(2005年)。再結成後のシャープな
 かっこ良い明るいジャズ・ロック路線の音を聞かせてくれます。と言う
 かかなりキャッチー&ファンキーさでもあります。Fero Griglakはいつ
 もの如く「これでもか!」ってな具合にギター弾きまくり(^^)。意外な
 センスのキーボード・オーケストレーションが面白いですな。叙情ナン
 バーの爽やかさは想定外でした(^^)
Flamengo
Flamengo / Kure v Hodinkach (Bonton BON 461053 2)
  旧チェコ・スロヴァキアの名作として名高いFlamengoの2ndアルバム
 ('72年)。第一期クリムゾンやVdGGをメロウにしてブラス・メイン
 にしたような独特のエネルギーを感じさせます。熱唱して歌いこむVocal
 も迫力ありますね。もちろん、フルートをフィーチャーした引きの叙情
 も忘れず聞かせてくれます(^^)。旧チェコ・スロヴァキアのエネルギー
 を一つに集めたような名作。叙情性と勢いがともに増す旧B面が特にお
 勧め。
Olympic
Olympic / Zelva (Supraphon SU 5534-2)
  '67年リリースの1stアルバム(多分?)。時は「プラハの春」の真っ只
 中と言うこともあって、「ラバー・ソウル」から「夜明けの口笛吹き」
 あたりのサイケなスウィンギング・ロンドンの影響が顕著です。本質は
 若い兄ちゃんがやるビート・ポップスなんですが、カラフルな演奏がと
 ってもおサイケです。
Olympic / Marathon (Supraphon 10 2119-2 311)
  '78年リリースの6thアルバム。オリンピックの花形競技はマラソンだ
 ぁぁと言うタイトルですが、内容とあまり関係ありません(笑)。暗く沈
 みこむ演奏が初期の彼らの特徴ですが、ほのぼのとした歌物やファンキー
 な曲など結構ヴァラエティーに富んだ仕上がりです。チェコらしい冷たい
 シンセの音が独特なA−1が特に良いですね。
Olympic / Prazdniny Na Zemi (Supraphon 10 2600-2 311)
  チェコのオリンピックのトータル・コンセプト・アルバム・トリロジ
 ーの第一弾7thアルバム('80年)。いきなりフロイドのアストロノミー・
 ドミネを思い浮かばせるような出だしで始まるようなスペイシーなトー
 タル・アルバムで、オメガがストイックになったようなと言うか、オメ
 ガとプログレス2的なタイトさ、暗さを足したような作品でした。私の
 好みにピッタシと言うか、まるで私のために作ってくれたような1枚で
 す!(^^)
Olympic / Ulice (Supraphon 10 2950-2 311)
  Prazdniny Na Zemiの続編となる第2弾9thアルバム('81年)!今回はSEやギミッ
 クは控えめになってよりVocal中心の出来になっています。オメガ度が上がったと言
 うべきか?(^_^;)。トータル・アルバムになっていて、曲がメドレー形式で続いてい
 くのがなんとも心地よいですね。
Olympic / Laborator (Supraphon 10 3443-2 311)
  で、"Ulice"からの続編第3弾11thアルバム('84年)!(^^;)。結局、同傾向のアル
 バムなんやけど、80年代も半ばに入ってきたためか、エレポップ風の感覚が出てき
 ています。極端な変化はありませんが、こういう80年代感覚は旧チェコ・スロヴァ
 キアのバンドに合うんだよね(^^)
Olympic / Davno (Best I.A. J1 0037 2 311)
  チェコのオリンピックの18枚目になる'94年のアルバム。最近のオメガにも通じる
 ような、年季の入った泣きのシンフォとエキゾチックなメロディック・ハード&メタ
 ルを聞かせ、演歌っぽいコブシの効いた歌とメロディーで迫ります。この感じチェコ
 には珍しいなぁ、とお隣のハンガリーのバンドを思い出しました(マジャール系で
 すな(笑))。唐突にロックンロールが出てきたりしますが、この垢抜けない感覚もや
 っぱりハンガリー的というか、オメガ的です(^^:)
Energit
Energit / Energit (MAM 626-2)
  ジャズQ、インパルスと並ぶ旧チェコ・スロヴァキアを代表するジャズ・ロック・
 バンドEnergitの1stアルバム('75年)。いきなり「これはニュークリアスだぁ!」と言
 うような浮遊感のあるキーボード・リフに乗ってギター、サックス、シンセがある時
 は熱く、ある時はクールにソロを展開していきます。特に17分以上にも及ぶ"Rano
 (Part1)"が聞き物!
Energit / Piknik (MAM 626-2)
  チェコのEnergitの2ndアルバム('78年)。1stアルバムの延長線上にある音ですが、
 全体的にスッキリと洗練され、かなりクロスオーバー寄りのファンキー・ポップ路
 線になっています。その中にあって、プログレ的なロングトーンで存在感を示すギ
 タリストはかなり異色。ポップになってもこういう異分子がいるところが、魅力で
 すね。旧B面でのくすんだカンタベリー風ジャズ・ロックも良い味しています。Bonus
 曲5曲はライブですが、本編とは全然違う暑苦しいぐらいのブルース・ロックでち
 ょっとビックリ!
Ag Flek
Ag Flek / Blazni Umiraji Nadvakrat
  チェコのフォーク・ロック・バンドの83年の作品。ジェーン・ソレンティ(サン
 ジュストの彼女ね)にも似たかなり個性の強い女性ボーカリストをフィーチャーし、
 アコースティックながらかなりドラマチックな演奏を聞かせます。2曲目なんか
 Itoizの3rdをアコースティックにしたような感じでドラマチック。
  フォーク系のバンドながら、全体的に小綺麗にまとめず、良い意味で70年代的な
 ゴツゴツした古くささが感じられます。良い
Ag Flek / Dohrala Hudba (Venkow Rec 533 579-2)
  チェコのAg Flekの2ndアルバム('89)。前作の女性Vocalは抜けてしまったみた
 いです。哀愁のこもったメロディーが印象的なコンテンポラリー・トラッド&フ
 ォークですが、ところどころシンフォニックなアレンジがあって楽しめます。エ
 キゾチックさもあるのですが、それ以上に垢抜けたお洒落な感覚が良いです。
Ag Flek / Tramtarie (FT Records FT 0014-2331)
  Ag Flekの3rdアルバム('91)。キラキラとしたアコギが印象的な明るく溌剌と
 したフォーク・ロックを聞かせてくれます。ハンガリーのコルモランのような
 ロック乗りのエキゾチックさやじっくりと心に染みるロッカ・バラッドの美し
 さが最高です。ドラマチックに盛り上がる後半も良いですね。
V.A.
V.A. / Ceskoslovensky Jazz Rock 1970-1976 (Bonton 491476 2)
  Modry Efekt,Jazz Q Praha等の旧チェコ・スロヴァキアの70年代のジャズ・ロック
 系のバンドを集めたオムニバスアルバム。Modry EfektやFermata等のお馴染みのバンド
 は既CDの曲ですが、Energit,Ch.a.s.a.,Impuls,Mahagon,Bohemia,etc...,Jazzrockova
 dilna 1975など未CD化のバンドが多数。これは貴重です。内容的にはかなり骨太のジャ
 ズ・ロックで、新しいエレクトリック・ジャズ・ロックをベースにしながらも、サック
 スを前面に出したオーソドックスなジャズ色も残っているのが、却って新鮮だったりし
 ます。

前ページへ