Estonia  (Page-1)
Ruja
  エストニアン・プログレッシブを代表するバンドRujaMy Favoriteで特集しています。
 
こちらをクリックしてください。海難事故で亡くなったウルマス・アレンダーの歌が圧倒的な
 迫力で迫ります。
In Spe
In Spe / In Spe (Eesti Raadio ERCD 028)
  エストニアの雄In Speの1stアルバム。とうとう再発CD化されました。
 透明感溢れるメロディーは東欧と言うより北欧風で、ロック的なグルーブも
 感じられる中、癒し系の感覚も多数。どことなくアカデミックな感じもあっ
 て部屋の中に透き通るような感覚が充満します。良いですよ(^^)/
In Spe / Typewriter Concerto in D (Musea 4118.AR)
  In Speの名作2ndアルバム('82)。リーダーでエストニアを代表する作曲家のAlo
 Mattiisenの一大大作です。特にタイプライターとの協奏曲と名づけられた旧A面
 はロック・バンドの体裁を保ちながら、シリアスで複雑なスコアを指揮者を見なが
 ら演奏をしているようなアカデミックな内容で、計算され尽くした完璧なロック協
 奏曲になっています。タイプライターの使い方もセンス良いしね(本当に使ってるぅ)
 他の曲も、流れるようなギターソロもあったりと全体的にロック的なグルーブが感
 じられるところが良いですね。CDはBonus1曲入り。
Alo Mattiisen
Alo Mattiisen / Roheline Muna & Naarmed (Klap 2)
  In Speの中心人物&コンポーザーAlo Mattiisenのソロ・アルバム。99年リリース
 のRoheline Muna、86年リリースのNaarmedとも合唱を中心としたロック・オラトリ
 オ的な同傾向の作品。特にRoheline Munaは演奏にAlo Mattiisenは参加していないも
 のの、カラフルなアレンジのビッグ・バンド構成を前面に出しており、実に多彩な出
 来です。ストイックなイメージの強かったIn Spe以上に聞き易い作品に仕上がってい
 ます。NaarmedもAloのキーボードを中心にカチッとまとまっています。個人的にはは
 まりまくりで、凄く気に入りました。(^^)
Sven Grunberg , Mess
Mess / Mess (Bella Musica BM-CD 31.4199)
  Sven Grunberg率いるMessの'75年〜'76年の未発表マテリアル。多分、デモに近い
 ものだとは思いますが、その内容が凄い!ブンブン来るリズムの上を舞うSvenのキ
 ラキラと透明なキーボードをフィーチャーした正統派シンフォニック・ロックで、
 エキゾチックなメロディー感が最高です。キラキラ、フワフワと不思議な感覚のSven
 のキーボードは、どこにも無い彼だけの音ですね。唯一無二のエストニアン・シン
 フォの傑作!
Mess / Kusi Eneselt (Strangiato 2001.6)
  以前、未発表曲集としてリリースされていた'75〜'76年の作品がきちんとリマ
 スター&ジェケ変更(豪華!)され再リリースされました。以前のCDではなん
 となく荒さが目立ちましたが、リマスターでよりプログレッシブ・ロック色が強
 まりました。特にダイナミックスの拡大により、フレーズの一つ一つが鋭さを増
 して、その切り込みのシャープさはかっこいいの一言。Svenばかりが目立った前
 のCDと比べるとバンドMessの実力、一体感が良くわかる内容となっています。
 あぁ、これが本当の彼らの音だったんですね。ギターなんかまるで全盛期のフォ
 ーカスみたいで、こっちもかっこいい!Bonusの'76年のタリンでもLiveはフワフ
 ワとした宇宙空間を浮遊するようなSvenのキーボードを堪能できますが、なんと
 言ってもロックしていてかっこいい当時の映像が、必見!
Sven Grunberg / Hingus (Boheme CDBMR 009168)
  エストニアを代表するシンセサイザー奏者と言うか、プログレ・ファンには元Messの
 キーボーダーとしての方が有名かもしれないSven Grunbergの1stソロ・アルバム('81年)。
 荘厳で神聖な感覚のシンセサイザー・ミュージックですが、エストニアらしい清清しさと
 透明感が感じられるところが魅力です。ちょっぴりエキゾチックな味付けがあるのもの良
 いですね。このアルバムは、彼の代表作であり、当時我が国にも結構入荷していました。
Sven Grunberg / OM (Boheme CDBMR 009167)
  '88年リリースの2ndアルバム。前作"Hingus"の延長線上にある荘厳で冷ややか、透明な
 シンセサイザー・ミュージックです。ただし、このアルバムでは、何も無い空間から一気
 に音が噴出するようなダイナミックな展開が全編で聞かれ、息を呑むようなそのアレンジ
 のセンスは素晴らしいものがあります。タイトル曲での不思議な仏教色もおもろいカナ?
 (^^;)。ちなみにOMとはあのオームと意味は同じです。
Sven Grunberg / Prana Symphony (Erdenklang 50862)
  エストニアを代表するシンセ奏者Sven Grunbergの名作"Hingus('81)" "Om('88)"か
 ら選曲されたオムニバス・アルバム。イーラ・クレイグでお馴染みのErdenklangから
 のリリースです('95年リリース)。"Hingus"からの曲は、空間に光の粒子が飛び交う
 ような、あまりメロディー感の無い独特の音作りが印象的。 "Om"からの曲は少し東
 洋的ですが、Bookletに書かれているほど顕著な東洋からの影響はあまり感じさせま
 せんね。ちなみにPranaとは「気」と言う意味だそうです。
VSP Projekt
VSP Projekt / VSP Projekt (VSP-CD-001)
  Sven Grunbergもゲスト参加しているエストニアのジャズ・ロック・バンドの88
 年のアルバム。もう内容はジャズロックの王道そのもので、激しいフレージングの
 ギターに絡む冷ややかなキーボードがいかにもエストニア。後半はクリアなイメー
 ジが強くなりますが、ブランドXがバルト海に飛び込んだようなとてもかっこいい
 ジャズ・ロックです(^^)
Kaseke

Kaseke / Poletus/Sonum (Boheme CDBMR 008154)
  エストニアの名盤とうとうCD化になりました。しかも、LPとEP合わせての CD化。
 嬉しいですね(^^)。

  内容的にはProgressive Fusionと言うことで、In SpeやRujaのメンバーもゲストに迎えて
 ますが、予想以上にFusion色が強くて、流れるように曲が進んでいきます。それでも、とこ
 ろどころ変なブレイクが入ったり、Yes的なハードな部分もあったりとさすがエストニアの
 トップバンドただでは起きない出来です。もちろん演奏テクはバッチリ。

  でもね、何に似てるって言ってやっぱKensoでしょう。特に3rdの頃の曲調にかなり共通す
 る部分があります。アレンジは凝っているけど心地良いって感じでしょうか。ひんやりとし
 た感じがする音作りも良いです(^^)


---->こちらはアナログ盤
Kaseke / Poletus
(Melodia C60 19829 008)
  Kasekeの唯一のアルバム。先般CD化されたジャケはEPのジャケだったのですが、やっぱ
 りこのLPのジャケの方が辺境らしい妖しさがあって良いです(^_^;)。内容は日本のKenso
 にも通じるような軽やかなジャズロックですが、アナログ盤はちょいと音が悪いですね。籠
 り気味です。と言うわけで、コレクターで無い方はCDをゲットしましょう(^_^;;)

Others
Jaak Jurisson
Jaak Jurisson / ПОЕТ ЯАК ЮРИССОН
              (Melodia C62 21283 002)
  エストニアの髭おじさん(笑)の意外な程シンフォなソロEP('84)。丁度Rujaの
 EPと2ndアルバムを足して2で割ったような、軽快なシンフォ・ポップで、柔ら
 かいシンセとギターのアンサンブルが展開していくところはなかなかのものです。
 Rujaのウルマス・アレンダーを優しくしたような髭おじさん...もといJaak Jurisson
 の歌も味があって良いですよ。
Pantokrator
Pantokrator / Jai Servi Seisma (PKCD 002)
  '88-'92年の作品集、2000年にリリースされました。エストニア、フィンランド、
 ラップランドのトラッドをベースに流れるようなシンフォニック・ロックを演じて
 います。どちらかと言うと変形トラッドなんだけど、変に未消化なのが妙な個性に
 なっていて微笑ましいですネ(笑)。温かみと憂いを持ったメロディーと独特のイン
 トネーションの歌がとても魅力的で、美しいギターと冷ややかなキーボードが絡む
 様はこれぞエストニアン・シンフォと言えます。
Pantokraator / Tormidesoojad (PKCD 003)
  エストニアのPantokraatorの18年ぶりとなる2ndアルバム(2009年)。厚塗りのキー
 ボードとグルーヴィーなリズムによる21世紀型パワー・シンフォニックを聴かせ
 てくれます。が、押しの強いボーカルによるトラディショナルな節回しの歌が、な
 んともエストニアらしい!東欧、北欧好きには、これはたまりませんなぁ。
Ultima Thule
Ultima Thule / Ultima Thule (Elwood 0156 0011)
  '98年のアルバムのCD化。アコギ&ヴァイオリン等アコースティック技巧ジャズ・
 ロックに力強いVocalが絡むというジャケのとおりの音。端正でテクニカルなバック
 に野太い歌声ってのはなかなか面白いけど、ちょいとVocalの人、下品すぎやしませ
 んか?(^^;)メロディアスな曲はRujaを思わせて良いですね。
Rosta Aknad
Rosta Aknad / Rosta Aknad (Volk 2)
  ボーカリスト Peeter Volkonski率いるRosta Aknadの'87年のアルバム。当時はリリ
 ースされず'97年にようやくCDになったものです。全体的にいかにもエストニアと言
 うような冷たくダークな空間の中をメロディアスなギターが鳴り響くと言うサウンドで、
 エキゾチックなメロディー感は流石バルト3国です。で、何よりも素晴らしいのは
 Peeter Volonskiの歌で、その存在感と迫力はウルマス・アレンダー クラス。Peeter
 の方が若干、男臭いですけどね。他にもアコーディオンを使ったメランコリーな曲や
 いきなりカラフルになるキーボード・アレンジ等、やっぱりどこか感覚が違います。6
 曲目ではAngeのフランシス・デカンを彷彿とさせる熱唱が聞けます。
Luarvik Luarvik
Luarvik Luarvik / Tabamata Ime (MKDK 44)
  エストニアのアヴァンギャルド系シンフォ、2000年のアルバムです。分厚いシンセに
 ハードなギターで迫るなんとなくコミカルなところもあるアヴァン系〜エレピをメイン
 に浮遊感のあるジャズ・ロックとつながる前半部に、激しいアヴァン・シンフォ・ロッ
 クを聞かせる後半部と、なんとなく不思議な感性が魅力です。ブンブンうなるベース・
 シンセも独特ですね。
BF
BF / 1999
 
(MKDK CD 0003)
 Beggars Farm改めBFの1999年の作品。2000年にCD-Rで再リリースされました。Tikas兄弟を中心としたスリーピースのバンドで、その音はずばり6th〜7thの頃のソフト・マシーン。フェンダー・ローズにラトリッジさんのオルガン風のシンセの音、この浮遊感のあるジャズ・ロック・サウンドはまさにマシーン。最初の4曲はフィルムのサントラで、若干こじんまりとした出来ですが、冷たくストイックな感覚がエストニアならでは、後半のLiveになるとマシーン風ジャズ・ロックが爆発です。
Vitamin
Vitamin / Vitamin
 
(Melodia C60 19587 005)
 青リンゴのジャケットが印象的な、キーボード奏者Peeter Vahi率いるエストニアのVitaminの1stアルバム('83年)。旧ソ連に多いダンサブルなフュージョン・エレ・ポップで、男性Vocalの曲は中途半端なディスコ・チューンが多く正直言ってダサい。聞きものは女性Vocalのエキゾチックなフュージョン・バラッドとA面ラストのCamel風の泣きのシンセのインストかな?
 
Vitamin/ Vitamin(2)
 
(Melodia C60 20631 008)
 トマトのジャケットになった、エストニアのVitaminの2ndアルバム('84年)。ガチャガチャとした親父ロックとニュートン・ファミリー風の女性Vocalディスコがメインですが、B面のオメガ風スペース・シンフォからの荘厳なオルガン・ロックへの流れはなかなかの聴きもの。
X-Panda
X-Panda / Flight of Fancy
 エストニアの新人2011年デビュー・アルバム。メタル・テイストのギターを中心としたテクニカル・シンフォ系の21世紀プログレッシブですが、東欧の深い哀愁を湛えたクラシカルな詩情が素晴らしい作品です。それでも、ところどころに旧ソ連風の不思議フレーズも散りばめられ、なかなか一筋縄でいかないところも魅力。ポイントで入るクワイアのセンスもサイコーっす(^^)
Fragile
Fragile / Manifest
 エストニアのギター、ドラムス、テープの3人組Fragileのデビュー・アルバム('98年)。ずばりディシプリン・クリムゾンの影響下にありますが、こちらはもう少し音響系、あるいは雰囲気系かな?エスニックなムード、冷たい感性、そして最後に技巧と言う曲想で、鍛練よりもムード優先の作品です。
Fragile / Ounapuu Osakas
 (Klap 3)

 2000年リリースの2ndアルバム。前作を更に音響系にしたようなサウンドで、まさに「2000年型ディシプリン」。シェルタリング・スカイの発展形と言えばイメージしやすいかもしれませんが、そこにエルドンの溶鉱炉のような音塊に、アコースティック・ミニマルな感覚まで混ざり合って、不思議なサウンドを作り上げています。
 
Progress
Progress / Pillipuhujad
 エストニアのProgressのデビュー・アルバム(2014年)。ロッキンな歌心のあるパワープログレで、ギターとオルガンがグルーヴィーかつ不思議なキメで迫ってきます。ハイパーに幅広な音楽性を聞かせた2ndアルバムよりも、まとまりのあるこのデビュー作の方がとっつきやすいかも?ゴリゴリとソリッドに畳み掛ける「ロック魂」がかっこいいですよ−−(^^)
Phlox
Phlox / Rebimine + Voltimin
 (MKDKCD0019)
 自ら”パワージャズ”と名乗るエストニアのPhloxの3rdアルバム(2007年)。骨太バシバシ・リズムのうえを,サックス,ギター,エレピが駆け抜ける最高にイカシタジャズロックです。特に熱狂から一転してクールに締めるかっこよさは鳥肌もの。この強引さは「理不尽なソフト・マシーン」と言いたいぐらいです。
 
Phlox / Talu
 (MKDKCD0029)
 絶好調Phloxの4thアルバム(2010年)。骨太だったリズムは,よりキレキレになっており,洗練度と抜けの良さがさらにアップ。カール・ジェンキンス風のリフの上を,サックス,ギター,エレピが爆走しつつも,音空間のどこかでクールな音が鳴っている,そんなセンスが最高にいかす!!飛び抜けた1枚です(^^)