Gong   (Page-1)
Gong 紙ジャケ Remaster
  2000年、GongがとうとうRemasterされました。20BitK2でしかも紙ジャケ仕様。Flying
 Teapotはビニール・コーティング仕様のうえに、Angel's Eggはオリジナルについていた
 Bookletのミニチュアまで同封されています。ビクター・エンターテイメント!あなたは
 ほんま偉い!!(^^)


Gong / Magick Brother (Victor VICP-61170)
  Gongの記念すべき1stアルバム('69年)。次作とのリリース間隔は空きますが、スペ
 ース・ウィスパーも登場して、この時点で既にGongの音として完成しています。全体
 的にはフォーキーで、開放的、少々脱力(笑)なのが特徴かな?アレンの歌の生々し
 さが良いですねぇ。以前のBYG盤は音質、盤質ともに悪かったので今回のRemasterで
 ようやく本来の音で聴けるようになったと言うことなのでしょうか。予想外に完成度
 高し!なお、ジャケはA式。







←2009年SHM-CD (Victor VICP-70070)
  ジャケがE式に。






←Charly盤ジャケ違いCD(CD Charly 31)
  このジャケも結構好きだったりします。

Gong / Camembert Electrique (Victor VICP-61171)
  '72年リリースの2ndアルバム。私の大好きなアルバムです。しかし参った!音が凄く
 良くなってるぅ!今まで聴いていたのは一体何だったんだぁと言う感じです。
  ディディエ・マルレブ、ピプ・パイル等の参加により音の厚みが増し、曲構成も複雑
 多彩になっていて、まさにRadio Gnome3部作前夜と言った感じ。"You can't kill me"
 他名曲!個人的にはMagick Brother,Camembert Electrique,Flying Teapotの3枚で何か
 共通するものがあると思っているのですが、その中でもこのアルバムの多彩さは際だっ
 ているように思います。なお、ジャケはA式。





←2009年SHM-CD (Victor VICP-70071)
  ジャケがE式に。


Gong / Flying Teapot (Victor VICP-61172)
  '73年リリースの3rdアルバム。ラジオ・ノーム3部作第一弾です。3部作の中でこの
 アルバムだけBYGレーベルからのリリースだったためか、音の広がりとかエコーの効
 かせ方がVirgin時代よりこぢんまりとしているように思います。どちらかと言えば前作
 に近いかな?ただ、何でもありのGongの音はまさにこのアルバムから始まっていて、タ
 イトに締まったリズム・セクションをバックに、予想もつかないスペーシーで白熱の展
 開を繰り広げます。一本、芯が通ってドラマチック!と言ったところか。
  あと、アレンもジリ・スミスも最近は「変なおじいさん、おばあさん」的なイメー
 ジが強いのですが、このアルバムでの2人は若々しくて格好良く、色っぽい!極めつけ
 は"I am your Pussy"!!




←2006年K2HD (Victor VICP-63274)
  ここまでジャケがA式。






←2009年SHM-CD (Victor VICP-70072)
  ジャケがE式に。



Gong / Angel's Egg (Victor VICP-61173)
  '73年リリース4thアルバム。Virginに移籍しての3部作第2弾です。音の拡がり、
 透明感がグンと増しています。アレン主体だった前作に比べ、参加ミュージシャンも
 いよいよ本領発揮。良い意味で曲がバラけていて、なんとも摩訶不思議で、楽しくエ
 ロチックなアルバムに仕上がりました。個人的にはOily Way〜Outer Temple〜Inner
 Templeの浮遊感ある流れが大好きだったりします。






←2006年K2HD (Victor VICP-63275)
  ここまでジャケがA式。






←2009年SHM-CD (Victor VICP-70073)
  ジャケがE式に。そして、シールが!!中低域に膨らみのあるリマスタリングが特徴
 です。







←2011年Virgin Remaster (Arcangelo ARC-7348)
  SHMCDと比べてフラットで自然なリマスタリング。ただし、ジャケのシールは
 
無い(笑)Bonus4曲入りで、シングルverとかテイク違いが主だが、「ウービー・
 スクービー〜デヴィッド・アレンのトップ40宣言?(=D.D.T. Blues(Live E.T.C.
 
のアナログ盤のみ収録))が入っているのが大きい!

なんとBookletのミニチュアまで付録について
来ました。感謝感激です。        
その上、日本語版まで同封
卒倒しそうです     



Gong / You (Victor VICP-61174)
  最強Gongの3部作の大トリ('74年)。もう待望。これだけ音数が多くて空間的な拡
 がりがあるサウンドは、やっぱりリマスターしてもらわなくてはいけません。もう音
 のリアルさに感涙状態です(;_;)。こうやって聞いてみるとGongと言うのはミュージ
 シャンの梁山泊的なところがあって、これだけ方向性も音楽性も違うメンバーが良く
 集まったなと思います。しかも、全員が自分の音を出し切れていると言う....ソリッ
 ドでスペイシーな無二の瞬間がここにあります。それだからこそ、この場にはもう戻
 れないことは参加メンバー全員がわかっていたのでしょう....でも、Moerlen's Gong
 も21世紀GongもSyetem 7もここからは遠くないぞ!全ての要素がアマルガムのように
 溶け込み未来へと繋がって行く、永遠の名作です。




←2006年K2HD (Victor VICP-63276)
  ここまでジャケがA式。







←2009年SHM-CD (Victor VICP-70074)
  ジャケがE式に。中低域に膨らみのあるリマスタリングが特徴です。






←2011年Virgin Remaster (Arcangelo ARC-7349)
 エンジェルス・エッグと同傾向のリマスタリング。ポスターが付いてるのが売りですが、
 これアレン脱退後のメンバーやんけ。まぁヒレッジが残った時のレアなものなので貴重
 ではありますが。Bonus曲は別verが1曲。どうせ入れるのなら"Where Have All the
 Flowers Gone?"(You
セッションのアウトテイク。Live E.T.C.収録)を入れて欲しかった。


Planet Gong / Floating Anarchy 1977 (Victor VICP-61175)
  パンクの熱狂に触発されたアレンとジリ・スマイスがロンドンに戻りヒッピー・パ
 ンク・バンドHere&Nowと結成したPlanet Gongの77年のLive。アナーキーじゃパンク
 じゃと言いながら、内容的にはTim Blake風のシンセもあるし、ヒレッジ風のギター
 (ステファン・シャープストリングス!)も出てくるし、もう3部作の頃のGongをその
 まま(Flying Tea Potの頃に近いかな?)。ブンブン唸るベースがパンクっほいです
 が、これがまたかっこいい!なお、ジャケはA式。






←2009年SHM-CD (Victor VICP-70075)
  ジャケがE式に。






Planet Gong&New York Gong (Century 29ED6034)
  以前、国内盤で出ていたCD。このジャケでいきなりNew York Gongが始まると言う
 凄いCDです(^_^:::)(Planet Gongは後の方に入ってます)。で、こちらのジャケ
 は色付きです。ずっと色付きジャケの方がオリジナルと思っていたけど、本当は今回
 CD化の白ジャケの方がオリジナルだそうです。

New York Gong / About Time (Victor VICP-61176)
  こちらはアレンがスマイスと別れてNew Yorkへ渡り録音したアルバム('79年)。
 バックが後のマテリアルのメンバーのためか、これまでのアレンの「ほんわか」と
 したイメージが薄くなっており、硬派なアヴァン&オルタナ系の音になっています。
 やはり、この音はマテリアルから後のNew York シーンに繋がる音でしょう。アヴァ
 ン&ソフィストケイト!なお、ジャケはA式。





←2009年SHM-CD (Victor VICP-70076)
  ジャケがE式に。
Gong / Live E.T.C. (Virgin Japan VJCP-2528)
  アレン脱退後にリリースされたVirgin時代のLive集。73年〜74年のLiveはカマンベ
 ール〜Angels Eggまでの充実のLive。変幻自在の音空間が楽しめます。74年のBBCでは
 DrumsがピエールではなくてRob Tateと言う変わった布陣。ただし、ここでのオイリー
 ウェイからの流れは白眉。75年のLiveはシャマールのメンバー+ヒレッジと言う貴重な
 テイクで、Youの曲もアレン抜きでジャズ・ロック寄りになっていますが、曲の肌触り
 と言う点からいえばTim Blakeの脱退が一番大きいような。
  と言うように、まとまりはありませんが音の広がり、音質の良さ、そして演奏の充実
 度では70年代のLiveの中では最高のLiveアルバムと言えます。タイトで劇的な展開をす
 るスタジオ曲(Youのアウトテイク?)もまた良いんだぁ〜
Gong / The Peel Sessions (Strange Fruits SFR CD 137)
  '71年から'74年のBBC The Peel Sessionsを収録したアルバム。Virginからの"Live
 E.T.C."と結構ダブっていて、それの完全版とも言える内容です。'71年の3曲はケヴィ
 ン・エアーズとの競演でエアーズの曲も演奏。比較的スタジオ盤に忠実です。'73年の
 4曲はFlying TeapotからのZero the Heroを中心としたお馴染みのテイクの完全版。全
 盛期のバンドの圧倒的な演奏を愉しめます。'74年のテイクはこれまたお馴染みのピエー
 ル・モエルランお休み中のもの。"Angels Egg"リリース直後の変幻自在で、エロティッ
 クな演奏が素晴らしいです。選曲の希少価値はあまりありませんが、なかなか痒い所に
 手が届くアルバムです。
Gong / Live Au Bataclan 1973 (Mantra 025)
  1973年パリBataclan劇場でのLive。"Flying Teapot"リリース直後のLiveでGilliのス
 ペース・ウィスパーとTimのモヤモヤ&ピュルピュル・シンセが大活躍です。キッチリ
 とアレンジされた"You"の頃と違って、浮遊感のある空間に不定形に展開するところが
 魅力です。アレンのヒッピー乗りでなんとなくダラダラと展開していきますが、それが
 魅力になるのがGongですよね。
Gong / Live At Sheffield 1974 (Mantra 042)
  1974年SheffieldでのLive。時期的には"Angels Egg"の頃ですが、何故か選曲は"Flying
 Teapot"からが主体。と言う訳で上のBataclan 1973とついつい比べてしまうのですが、
 1年が過ぎてみるとよりバンドらしくビシッとまとまっていて、いよいよ3部作Gongの
 本領発揮か!と言ったところ。特にピエールのタイトさが良いですね。変幻自在な演奏
 の中に、"You"への道がチラホラとのぞいています

Gong / The History & the Mystery of the Planet Gong
                    
(NMC Pilto 67)

  89年に突如リリースされたGongの未発表曲集。このアルバムのリリースが90年代の
 Gong再編のきっかけとなった記念すべきアルバムです。内容的には64年のアレンの音源
 やソフトマシ−ンやケヴィン・エアーズとのセッションから88年のLiveまで様々の年代
 の多彩な音源を網羅したもの。全編を通してヒッピーの親玉たるアレンの個性が出ていて、
 25年も離れているのに不思議な統一感があります。その分3部作的なタイトさはあまり
 聞けないんですけどね。後半になるとワールド・ミュージック系の要素が出てくるのが面
 白いです。


 → こちらはオリジナル盤のジャケ
(Demi Monde CDTL 010)
Gong / Family Jewels (GAS AGASCD008)
  Gong 周辺のミュージシャンの音源を集めたコンピレーション。アレンやスミス
 ブルームディドさんはわかるけど、ピエール・モーレンズ・ゴングまで収録され
 ているのには驚き。ところが内容は意外な程統一感があって、Thinky Discと名づ
 けられたDisc 1に至ってはかつての3部作の頃のような多彩さとタイトさが感じら
 れます。結局、全員があの頃のGongの横糸と縦糸だったんだなぁと思った次第。
 Feely Discと名づけられたDisc 2はもう少しエモーショナルな作品集で、最近の
 アレンやスミスの感覚に近いかな?個人的にはSystem 7が入っていたら申し分が
 無かったんだけどなぁ...こういうコンピなら全然違和感が無かったと思います。

次ページへ