Holland   (Page-2)
Ekseption,Trace
Ekseption / Ekseption
 (Universal 981 492-2)

 オランダのクラシカル・ロックの雄,エクセプションの1stアルバム('69年)。ベートーベンで始まり,ハチャトリアン,バッハ,ファリャ,ガーシュイン,サン・サーンスのクラシック曲と,ジェスロ・タル,ジミ・ヘンドリックスの曲で構成されたカバー曲集です(少しオリジナル曲もあり)。ブカブカ・ブラスとバタバタ・ドラムス,でも,キーボードは超絶技巧いう不思議なバンドですが,「取りあえず楽しくやっちまおう」的な緩〜い発想がダサくて最高です(^-^)
Ekseption / Beggar Juria's Time Trip
 
(Universal 981 492-2)
 乞食のジュリアの時間旅行をテーマにした最高傑作と名高い2ndアルバム('69年)。ボーカル曲を入れるなどオリジナル曲も増えてますが,やっぱり聞き所はバッハやチャイコフスキーのクラシック・カバー。中でも「アルビノーニのアダージョ」は見事に演奏がはまって感動的な仕上がり。アルバム全体の流れもスムーズでドラマチック。そして,やっぱりポップで親しみやすいエクセプションらしさもあります(^^)
 
Ekseption / Ekseption 3
 (Universal 981 492-2)

 '70年リリースの3rdアルバム。本作もバッハ,ラフマニノフ,ベートーベンのクラシック・カバーが半数を占めますが,リックのオリジナル本格クラシック・オーケストラ曲やダッチ・ポップス風のボーカル曲,ブラス隊が活躍するジャズ・フレーバーの曲があったりと音楽性の広がり,高まりが感じられます。当時のオランダはダッチ・ポップ一色で,エクセプションのようなクラシカル・インストバンドはゼロだった。そういう意味では先鋭的なバンドだったと言えますね。
 
Ekseption / Ekseption 00.04
 (Universal 981 492-2)

 '71年リリースの4thアルバム。B面に13分を超えるオーケストラとの共演曲を収録する等,オリジナル曲が増え,よりプログレッシブな音を聞かせる代表作です。ブラス隊による派手なブラス・ロック風味とテクニカルに疾走するリックのキーボード群との掛け合いも絶好調。B面の大曲もジャズ&クラシックでところどころ民族派的な雰囲気もある大らかで不思議な感覚で,とても魅力的。いきなりバンドが上手くなっているのにも驚き。
 
Trace
Trace / Trace
 (Arcangelo ARC-7011)

 エクセプションを脱退したリック・ヴァン・ダー・リンデンが元Focusのピエール・ヴァン・ダー・リンデンと結成したキーボード・トリオTRACEの1stアルバム('74年)。端正でクラシカルなフレーズを超絶テクニカルに、ぶっとんで演奏!はじけまくったリックのキーボードにピエールのドカドカ・ドラムが被さり、意外と「ロックな仕上がり」がかっこいい!鳴り響くメロトロンも良し!
Trace / Birds
 
(Arcangelo ARC-7012)
 ドラマーが元Wolfのイアン・モズレイに変わって、リリースされた最高傑作2ndアルバム('75年)。とにかく息を呑むようにスリリングな冒頭の2曲から圧倒的!旧A面はそのままダイル・ウェイのヴァイオリンをフィーチャーし後半へ。そして旧B面の大曲「鳥人王国」は優雅で可憐なメロディーが、一転して高速テクニカルへと緩急自在に変幻するめくるめく組曲。親しみやすいボーカル・パートも良いぞ!!とにかく圧倒的な名作です。
 
Trace / White Ladies
 
(Arcangelo ARC-7013)
 前作リリース後、リック以外のメンバーが全員脱退。多くのゲストを迎え制作されたラスト3rdアルバム('76年9。オランダに伝わる古い寓話を元にしたコンセプト・アルバムで、前2作とは音楽性が少し異なり、より優雅さと美しさを前面に出した仕上がりと鳴りました。ベートーベンのカバーも2曲含み、感覚的にはブラス抜きエクセプションの進化版と言った感じです。オーケストラとの共演も良い出来ですが、スリリングさを求めるファンには今一評判が悪い作品となりました。
Finch
Finch / Glory of the Inner Force
 (Pseudonym CDP 1011 DD)
 オランダを代表する名バンドFinchの1stアルバム('74年)。Joop.V.Nimvegenの滑らかなギターを中心とするインスト・バンドで、フォーカス&キャメル風の美しくも流れるようなサウンドが魅力。この1stは彼らのアルバムの中では一番情熱的で、良い意味での勢い一発のラフさがスリリングです。そしてここぞとばかりに流れるメロトロンは反則(笑)しかもCDにボーナス収録のシングル曲はメロトロンが唸っていてもっと反則。
Finch / Beyond Expression
(Pseudonym CDP 1015 DD)
 Finchの2ndアルバム('76年)。1stアルバムのラフさは整理されて、スリリングさとメロディアスなところがバランスした名作となっています。フォーカスほどクラシカルでもはたまたハードでは無く、人懐こいメロディーを活かした中庸さが彼らの魅力かな?6つのパートに分かれた20分を超えるA面の大曲が聞きもの!
Finch / Galleons of Passion
 (Belle 071305)
 '77年リリースの3rdアルバム。キーボード奏者が交替し、ギターとキーボードが良く馴染んだ、柔らかいファンタジックなサウンドになっています。一部、クロスオーバー風のところもありますが、垢抜けたセンスは彼らのアルバムの中で一番親しみやすい作品です。メロウなファンタジック・ジャズ・ロックは、ところどころMoonmadness期のCamelをも思い起こさせます。なお、紙ジャケットはBonus曲を3曲追加。
Golden Earring
Golden Earring / Moontan
 (Red Bullet RB 66.206)

 "Rader Love"のヒットで有名なの6thアルバム('73年)。いきなりストーンズか?と思うようなロックンロール・ナンバーが出てきてビックリしますが、ロックンロール&ブルース乗りからジャズ・ロック的なインタープレイに突入すると言うところが彼らならではの個性。こういうポップなメロデイーから、強引にジャズ・ロックに持っていくような展開ってなんとなく初期のCaravanにもアプローチが似ているような気がしますね。最後の曲はキーボードを入れてスペイシーに迫りますが、このような方向性が次作以降へと繋がっていきます。
Golden Earring / Switch
 (Red Bullet RB.66.207)
 Supersisterのキーボード奏者が加入してリリースされた7thアルバム('74年)。いきなりのキーボード・シンフォ全開で驚きますが、横に揺れるロックンロールに、人懐こいメロディーが乗ったカヤックmeetsローリング・ストーンズな音づくりは本作も絶好調。後半優雅&叙情ドラマチックに展開するところはとてもプログレッシブ。
Flairck

Flairck / Variaties op een Dame
(Polydor 825 071-2)

 フラレックの記念すべき1stアルバム。当時(78年)、確か日本盤も出ていたように思います。そういえば、日本盤はセミ・クラシックと言うかイージー・リスニング風の売られ方をしていました。確かに、アコースティック楽器を使用した美しいイメージはジャケからも伺えますが、彼らの場合、リフの作り方やグルーブの出し方にロック的なものがあって、それが後々ロック・ファンまでも魅了することになります。しかも、超絶技巧なんですよん。名曲"Voorspel in Sofia(Prelude in Sofia)"収録。旧B面の20分を超すタイトル曲も良い出来です。


2007年リリースのリマスターBOXセットでのジャケット。ジャケの色合いや構成が、若干変わっています。
Flairck / Gevecht met de Engel
 '80年リリースの2ndアルバム。前作の延長線上にある音ですが、よりメリハリのはっきりした、緊張感のある音となっています。また、ケルトからアラブ、スペインまで、今で言うワールド・ミュージック的なアプローチを行っているところも、年代を考えると、とても斬新!美しく、心癒される音ですが、その先進性は並のプログレ・バンドを遙かに超えます。特に超絶技巧なスパニッシュ・ギターが印象的な旧B面全体を使ったタイトル曲が、最高の出来です(^^)。
Flairck / De Gouden Eeuw
 フラレックの96年リリースのアルバム。彼らのアルバムとしては異色作だと思います。彼ら独特のアコースティック楽器をテクニカルに演奏すると言う曲も当然ありますが、中心となるのは女性ボーカルを中心とした「歌」で、それがとても美しくドラマチックです(^^)。曲自体はクラシカルでアカデミックな感じがしますが、それが全然親しみ難く無いのは、新メンバーの女性ボーカリストが良い意味でポピュラー的な歌い方もできるからだと思います。アルバム後半部のクライマックスの作り方も見事!
Coda
Coda / Sounds of Passion
 (Belle 071306~7)
 '86年に突如オランダから登場したコーダの1stアルバム。ファンタジー&シンフォニックを絵に書いたような典型的キーボード・ロックで、クラシカルでカラフルなサウンドで大評判になりました。オランダらしい柔らかい音色のギターを交えたアンサンブルは「オランダのThe Enid」とも言えるほどでした。Vocalナンバーの人懐こさも良し。Bonus Discは'83〜'84年のデモ。2ndアルバム"What a Symphony"の原曲が入っている事にも驚かされますが、全体的にハードで、ロック色が強い仕上がりで、デモながらも意外と聞き応えがあります。
 
Coda / What a Symphony
 (Transmission TM-004)
 10年ぶりにリリースされた2ndアルバム('96年)。全体的にはデジタルな響きを強めていて、オランダのSI Musicのような派手な音響処理が特徴です。キーボード多重からバンド形態の曲まで、歌唱力のある女性Vocalを交えた90年代ELP的な仕上がりは見事なものです。ただし、しっとり感が無くなって、当時は賛否もありました。Bonus DiscはMaxi Singleの"Love Poem"。こちらはキラキラ・キーボードの歌ものでした。
Others
Flyte
Flyte / Dawn Dancer
 
(Musea FGBG 4096)

 鳴り響くメロトロンをバックにむせび泣く演歌調ギターで有名なオランダのFlyteの唯一のアルバム('79年)。全体的にはMirageの頃のCamelにオランダ的なキャッチーさを加えたような感じで、メロウなフレーズが段々と渋めでテクニカルに展開していく...そういう感覚がとてもオランダ的でまた初期Camel的です。良い意味で素人臭さがあるのも魅力ですね。ただし、普通の兄ちゃん声のVocalistは個人的にはバツなのが残念。CDは曲順に変更あり。旧B1の"BRAIN DAMAGE"と旧B4の"AIM AT THE HEAD"が入れ代わってます。
Taurus
Taurus / Illusion of a Night
 
(Multi CD MTI 89001)

 オランダのタウラスの1stアルバム('81年)。いきなりのコーラス・メロトロンがまんまブロードウェイだったりしますが、内容的にはジェネシス的要素を巧く組み替えて清涼感溢れる乗りの良いシンフォニック・ポップスになっています。ハケット風ギター、アープ系の音色のシンセ、硬めのスネア、こういう音が組合わさって、出てくるのがいかにもオランダ風の人懐っこいメロディーに溢れたポップ・ソングってのが良いです。最初聴いたときは「こんなアプローチも有りなんだなぁ」とビックリした記憶があります。 Vocalistの独特の澄んだ歌も、また良いんだよなぁ。
 
Mirror,Lethe
Mirror / Daybreak
 
(Paisley Press PP 109)
 '76年リリースのオランダの超レア作。濃厚サックスとアナログ・シンセで、ブリティッシュ・アンダーグラウンドな渋い音を聴かせる前半、Paula嬢のボーカルを活かして洒落たシンフォニックな音を聴かせる後半、といかにもマニア好みの音が心に沁みます。渋い音の中にもオランダらしい人懐こさがあるのが良いですね(^^)
Lethe / Lethe
 
(Paisley Press PP116)
 Mirrorのサックス、ギター、ドラムスが結成したLetheの唯一のアルバム('81年)。Mirrorから5年、サウンドはさらに洗練され、ライト感覚のシンフォニック・ジャズ・ロックになっています。ミニマル〜セミクラシカルなところや、ニューエイジ前夜風のところもあって、やはり80年代の音だなぁ〜と思わせます。
Cirkel
Cirkel / The First Goodbye
 (Musea FGBG 4080.AR)
 オランダのCirkelの唯一のアルバム('84年)。パラス,ペンドラゴン・タイプのポンプ系の音で,スカスカの作りながらメロディーがしっかりとしていて,オランダらしい親しみやすさとしっとり感があるのが良い。また,キーボードのセンスがお隣りベルギーのマキャベリ風でこれも魅力(^^)
 
Differences
Differences / The Voyage (SI Simply Four)
  オランダのDifferencesの1stアルバム('82年?)。一言で言えば「爽やか系ジェネ
 シス」なんだけど,丹念に音を紡いでいく感覚とオランダ特有の人懐こいメロディー
 がとても印象的。「こんなに良かったっけ?」と驚くばかりです。アレンジのところ
 どころで聞かせるジェネシス的要素の楽曲へのはめ込み方も新鮮ですねぇ。透明なシ
 ンセとギターが飛翔する大曲"The Melody"等佳曲が多いですね。非ポンプ系の秀作で
 す(^_^)。
Ywis
Ywis / Ywis (SI Simply Thirtyfour)
  '83年にオランダでリリースされていたYwisの1stアルバム。内容的にはソリッドな
 ギターを中心とした軽快なハード・ポンプで、前へ前へと進んでいく勢いのある演奏
 を活かしたヒロイックなサウンドが持ち味です。丁度Pallasの"The Sentinel"とかメ
 タル系で言うとProphetとか...あぁ言う音作りに近いですね。ペラペラとしたキーボ
 ードやゲート・エコー、ビシバシのDrumsが時代を感じさせますが、これは、まぁご愛
 嬌と言うことで良いのでは無いでしょうか(^_^)、わたしゃ結構好きなアルバム
 です
Flamborough Head,Tlion
Flamborough Head / Unspoken Whisper
 (Oskar 1066CD)

 オランダのジェネシス系シンフォ、Flamborough Headのデビュー・アルバム('98年)。少し素人ぽさがあり、アラも目立ちますが、フレーズの紡ぎ方が丁寧でセンス良し!初々しさがある分、近年作よりも好みかな?栴檀は双葉のころからナントカだ(^^)。近年珍しいポンプ・ロック直系のバンドでもあります。
Flamborough Head / Defining the Legacy
 
(Cyclops CYCL 096)
 オランダ新人2000年の2ndアルバム。Genesis風の癖のあるリフにCamel風のメロウなギターが乗っかると言う典型的なシンフォニック・ロックなのですが、丁寧なアレンジとオランダらしい人懐こいメロディーがなかなか良く、一気に最後まで聞き込んでしまいます。メロウに押しながら、パッと引いて細かいアレンジを聞かせる、そんな技がまた魅力です。
Flamborough Head / One for the Crow
 (Cyclops CYCL 108)

 オランダのNeo Prog.系バンドの3rdアルバム(2002年)。女性Vocalメインのジェネシス系の音と言う意味では、ギリシャのLa Tulipe Noireを思い出しますが、こちらの方はなんとなくさらりとした優しさがあります。結構とっつきやすい印象でやっぱりオランダのバンドだなぁと言った感じですね。ギター・ソロも美しいと言うより心地良いと言った感じです。
Trion / Tortoise
 (Cyclops Cycl 135)

 Flamborough HeadのキーボードとLeap Dayのメンバーが結成したTrionの1stアルバム(2003年)。バンド名は「メロトロン・トリオ(笑)」と言う意味だそうで、Flamborough Headを平板にしてメロトロンでごまかしたようなインスト・バンドです。展開らしい展開も無く、だらだらと流れるメロトロンがアレだ(^^;)。アコースティックな「引きの叙情」を聞かせる後半が聴きもの、、、か?

前頁へ