Hungary   (Page-2)
Skorpio
Skorpio / A Rohanas (Hungaroton HCD17470)
  元Locomotiv GTのベーシストが結成したスコルピオの記念すべきデビュー・アルバム
 ('75年)。シャープ&スピーディーに迫るタイトル曲がとってもかっこ良く、ビシッと決
 まって最高です。他の曲はハンガリーらしい明るい乗りのハード・ロックで、パープルが
 少しドグサレたような感じかな。ブルージーな泣きの2曲目、哀愁の5曲目等のバラッド
 も良いですね。ただし、ガーシュインのテーマを使用した3曲目の"Fantasia"はとっても
 変なアレンジで、これには??? でもこんな摩訶不思議さが東欧の魅力だったりします。
Skorpio / Kelj Fel! (Pepita SLPX 17512)
  ハンガリーを代表するハード・ロック・バンド、スコルピオの'77年の3rdアルバム。
 典型的なハンガリー風メロディアス・ハードですが、重厚なリフと広がりのあるスペイ
 シーなキーボードが印象的です。バラッド・ナンバーになるとオメガ風になるのもまた
 良し(^^;)。幾分キャッチーな面もありますね。
Skorpio / A Show Megy Tovabb (Hungaroton HCD 37526)
  Skorpioの93年のアルバム(新譜)。フレディー・マーキュリーに捧げられた曲も
 入ってますが、内容は結構ファンキーなメタル。叙情的な曲もあるけど、このアル
 バムはプログレ・ファンにはきついかな?タイトルはひょっとして"Show Must Go
 On"と言う意味か?
Skorpio / 1973-1993 (Hungaroton HCD 37689)
  ハンガリーのハード・ロック・バンドSkorpioのベスト。音的にはやはりハード&
 メタルなんですが、オルガンを始めとするキーボード(Eastにも加入するPalvolgyi
 Geza)がかっこいい初期の曲がグッド。メロディーはOmegaタイプながら硬質な演奏
 が良い。後期はあまりキーボードは出てこなくて、こちらは普通のメタルです。
East

East / Jatekok (GONG HCD 17679)
  ハンガリーを代表するシンフォニック・ロック・バンドEastの記念すべきデビュー
 アルバム('81年)。Camel的ソフト・シンフォにフロイド的なブルース・フィーリング
 を乗せ、溶けゆくような幻想性とスペイシーな広がりを感じさせる音宇宙を聞かせて
 くれます。Gezaのセンスの良いシンセ、Janosの泣きのギター...メロディアスなフレ
 ーズの中にも予想を超えた展開があり、彼らの飛びぬけたセンスを感じることが出来
 ます。次作に比べると若干こざっぱりとした出来ですが、完成度はハンガリーの中で
 も飛びぬけていました。





→紙ジャケSHM-CDもゲット(>_<)/  (Belle 101714)



East / Huseg (King KICP 2004)
  エキゾチックなオープニングが印象的な2ndアルバム('82年)。1stアルバムと双子の
 ような音楽性のアルバムですが、より鮮やかに、よりダイナミックな音を聞かせてくれ
 ます。共産圏特有のSF的な陰りを感じさせながら、極上の色彩感をもった音宇宙は彼
 らの最高峰と言えます。叙情シンフォ・バラッドからスペース・フュージョンまで聞か
 せる音楽性の幅の広さも魅力ですね。







→紙ジャケSHM-CDもゲット(>_<)/  (Belle 101715)

East / Resek a Falon (GONG HCD 17815)
  よりテクノ的な音へと接近した3rdアルバム('83年)。もともとSF的な展開の中に
 若干のテクノ色があったためか、それ程違和感を感じないのですが、前作までの音を
 引きずりながら「暗めのシンフォ・テクノ」になっているのが独特です(と言うか、
 とても共産圏らしいですナ)。数曲、前作までのファンも唸らせるシンフォ・チュー
 ンも収録、ご安心を!

East / Az Aldozat (Hungaroton PDKCD0051)
  '84年リリースの4作目。舞台音楽のために書かれたインスト作としてリリース
 されました。キーボードのPalvolgyi Gezaが不参加のためか、Varga Janosのギター
 を前面に出したシンフォ作となっています。ミステリアス調からキャメル・タイプ
 までJanosのギターが縦横に舞うさまは、シンフォ・ファンにはど真ん中なのですが
 前作までのEastらしさが余り感じられないのも確か。全体のイメージはJanos Varga
 Projectに近いかなぁと言ったところかな。




---->East / Az Aldozat (Krem SLPX 17880)
  なかなかCD化されないので、ついアナログ原盤を買ってしまいましたww
East / East 1986 (Start SLPM 17972)
  こちらもテクノになったとかでファンの間で評判が悪いEastの5thアルバム('85)。と
 ころがなかなかどうして、3人編成になって、リズムも打ち込みですが、リーダーの
 Janos Vargaは健在で、あのくぐもったような独特の節回しはやっぱりEastです。キラ
 キラと飛び交う音の粒子が心地良く、ドラマチックなB面なんかなかなかのものです。
 リズムが打ち込みなので、テクノ風にも聞こえますが、聞き様によっては「垢抜けない
 ソラリス」みたいで結構良かったりします。
East / A Szerelem Sivataga (3T 527084-2)
  ギターのVarga Janosが抜け,キーボードのPalvolgyi Gezaを中心に再出発をした
 6thアルバム('88年)。前作ではテクノ調の音作りを取り入れていましたが,本作はテ
 クノと言うよりも,ジャーマン・ロック的な冷ややかなキーボードを印象的に使い,
 妙にポップにならず、あくまでも落ち着いた「歌」を前面に出しています。シンプル
 ながらしっとりとした叙情性が胸に染みます。打ち込みを含めたキーボード・アレン
 ジが,音数が少ないのに不思議と効果的なのが面白い。
East / Taking the Wheel (MMC CD 69535)
  前作のリミックス英語版をベースに制作された7thアルバム('92年)。前作の"David
 Bowie Szeme"を始め,タイトル曲等核となる曲は全て英語ヴァージョンになっており,
 それに新曲が加えられた構成になっています。ただし,前作では落ち着いた感覚だっ
 たのに対し,本作はリズム面を強調し、少し派手目に産業ロック的な色合いが強くな
 っています。英語詞と言うこともあってか,インターナショナル市場を意識したのか
 な?あの少ない音数で「しっとりと落ち着く感覚」が薄くなったのは残念ですが,楽
 曲本来のメロディーの良さはかえって良くわかるようになりました。こんな感じもな
 かなか良いですね。
Color
Color / Color (Hungaroton HCD 17567)
  ハンガリーのColorの1stアルバム。完全にプログレッシブ・ロック系の音で、キー
 ボードとチェロも効果的に使われています。オメガ程前面には出ていませんが、ハン
 ガリー独特の節回しも隠し味的に効いていてグッド!その中でも特に最後の14分の
 大曲は荘厳な雰囲気まで漂わせた名曲。Eastと同年代のバンドですが、なんで今まで
 評判にならなかったのか不思議なぐらいです。
Color / Uj Szinek (Hungaroton HCD 37973)
  2ndアルバム。チェロもいなくなってかなりコンパクトにタイトになっています。
 ポップになったとも言えるかな?それでもColor独特のキーボード・ワークは健在な
 ので個人的には思ったほど違和感はありませんでした。バラッド・ナンバーも良いし
 ね。また、Bonusが8曲入っていますがこれは多分3rdアルバムからだと思います。こ
 ちらは相当ポップになっています。
Kft.
Kft. / Macska az Uton (Hungaroton HCD 17697)
  今だ現役で活躍するKft.のデビュー・アルバム('82年)。ポリスとバグルスを足
 して,マジャールの哀愁を混ぜたような音で,スペイシー&エレポップ(ちょっとシン
 フォ)なキーボードと、独特としか言いようが無い変なリズム感覚が魅力。いわばスト
 レンジ・デイズ・タイプです。プログレでもシンフォでもありませんが,個人的には大
 好きなバンドです。
Kormoran
Kormoran / Folk & Roll (GONG HCD 17852)
  もう既に70作以上の作品を発表しているKormoranの記念すべき1stアルバム('84)。
 エキゾチックなトラッド風のメロデイーをかっこいいロック乗りで突っ走ります。バ
 クパイプやヴァイオリンの哀愁のメロデイーがカットんで行きます。気持ち良い〜、
 かっこいい〜、最高!
Kormoran / Szerelmes Enekek (Hungaroton HCD 14073)
  '87年リリースのトータル・アルバム。ナレーションも入って、何かの物語を作品化
 したもののようですが、ハンガリー語がさっぱりなためわかりません(^^;)。全体的に
 は今風のキーボードをバックにした温かみのあるコンパクトな歌ものと言った感じで、
 トラディショナルな歌からハンガリアン歌謡、はたまた打ち込みテクノまで、普通の
 トラッド・ロックと思ったら大間違い!最後は泣きのギター&シンセで締めくくります。
Kormoran / Rockuiem (Hungaroton HCD 37381)
  中世ヨーロッパを思わせるジャケットにそそられるKormoranの'89年の作品。"Rockuiem"
 のタイトルどおり、しっとりと雄大な歌をメインに心に染みるメロディーを聞かせてく
 れます。ゲート・エコーが効きすぎたDrumsが時代を感じさせ、結構ポップなところも
 あるアルバムですが、それがまたメリハリに繋がって飽きさせません。彼ら独特の軽
 快なロック乗りは控えめですが、ジックリとその歌心に浸れます。後半のエキゾチッ
 クな感覚も良いですね。
Kormoran / Hungarian Rhapsody (PAN 132CD)
  Kormoranの11枚目のアルバム('89)。Folk Rockとジャケにあるとおり、ハンガリア
 ン・トラッドを現代的に演奏していきます。と言うかギンギンのギターにエレドラま
 で導入して、かなりロックよりの出来です。安定したテクニックで軽快な乗りのトラ
 ッド・ロック、いやFolk Rockをやっています。哀愁のトラッド・メロデイーとモダ
 ンなイメージのバランスが最高です!
Kormoran / A Betlehemi Csillag Uzenete
                 
(Periferic BGCD-014)
  多彩なゲストを迎えたカンタータを聞かせる'98年の作品。セバスチャン・マルタを
 はじめとした男女8人の迫力のある歌をメインに、太い音圧のリズムをバックにベツレ
 ヘムの地に響く聖歌を聞かせます。清らかな少年コーラスに天使のようなマルタの歌声
 がまた素晴らしいのですが、何故かラップ調の歌があったかと思えば、いきなりテクノ
 になったりと、ゲストの個性を活かした多彩な楽曲で迫ります。ラストは総キャストで
 の大合唱で大団円!
Kormoran / Huzd A Harangot (Hungaroton HCD 37927)
  トランシルヴァニア地方の村を襲った悲劇を歌ったコンセプト・アルバム('98)。全
 体的にしっとりとした「歌」を聞かせる曲が多く、他のアルバムに無い叙情性が魅力
 的です。後半にかけてのスピードアップする持ち味もかっこいいですね。2曲目で重
 厚なコーラスを聞かせ、いきなりの大団円は反則(^_^;)
Kormoran / 1848 (Hungaroton HCD 37916)
  1848年当時のハンガリー音楽の名作を復活させたこれまたコンセプト・アルバム。
 そのコンセプトのためかトラッド色はあまり感じられず、メロディアスで人懐こい、
 当時の「歌」の魅力をきちんと再現した作品に仕上がっています。どことなく初期の
 Omegaとか後期のEastとかにも共通する、ハンガリアン歌謡的なニュアンスのあるメ
 ロディーがとても魅力的です。重厚な演奏はさすがコルモラン!
Kormoran / Godolloi Koncert (Hungaroton HCD 71098)
  ハンガリーのコルモランの25周年記念Live(2001年)。いきなりハードなギター・
 リフが出てきて「確かトラッド・バンドだったよなぁ?」と驚くことしきり。全編躍
 動感溢れるグルーブに包まれていて、一気にその演奏に引きずり込まれます。楽器編
 成はトラッドのそれですが、ロック的な乗りがあって良い意味でポップで親しみ易く、
 心が弾むような溌剌とした楽しさがあります。これは名盤。
Kormoran/ Tiltott Dalok Tiltott Hangszereken
  多数のアルバムをリリースするKormoranの2001年リリースのオリジナル・アルバム。
 パーカッシブでエレクトロなオープニングにびっくりしますが、すぐにいつもの
 Kormoranの音が出て来て一安心。スラブ民謡ロックが激しく炸裂し、哀愁のスラブ風
 バラッドの美旋律に涙します。比較的オーソドックスな音づくりですが、パワーの根
 底に「ロック」を感じさせてくれる名作です。
Kormoran / Magyar Passio (Szabad Ter 2001)
  マジャール受難劇と名付けられたロック・オペラ作(2001年)。語りとコーラス主
 体でいつものKormoranとはちょいと違いますが、美しくも荘厳なメロディーを男女
 Vocalがドラマチックに歌っていくところは圧巻です。全体的に歌物的な雰囲気があ
 って、どこと無くオメガにも似ているような感覚もあります。後半の盛り上がりと
 大団円はさすが受難劇!と言った感じですね。
Kormoran / Taltosok Fiai (Hungaroton HCD 71159)
  Kormoranの全精力をそぞぎ込んだ2002年の傑作。ほとんどDrum'n'Bassと言っ
 ても良いような、細分化された重厚なリズムに乗って、テンション・バリバリの
 女性コーラスが歌う様はほとんどガルマルナかヴァルティナか?押し寄せるパッ
 ションに、厳しい緊張感「こりゃラジカル・トラッドでんな」と思わず言ってし
 まいたくなるような強烈な乗りとエネルギーの放射が凄い。やりすぎのような気
 もしますが、さすがの1作。
Sebestyen Marta
Sebestyen Marta / Jeles Napok (Gong HCD 17888)
  斬新なシンセ・アレンジで話題になった'84年作。全編ハンガリーのクリスマス・ソ
 ングで、それをアレンジ&シンセのCseropes Karolyが、エキゾチックでポコポコ音が
 神秘的な不思議感覚へと昇華させています。実はマルタが歌っているのは全10曲中5
 曲のみですが、彼女独特の節回しと存在感は一味違いますね。
Sebestyen Marta / Szerelmeslemez
 セヴァスチャン・マルタの最高作と言われているCseropes Karolyとのコラボ第2弾
 ('85年)。浮遊感とおどろおどろしさが混じったシンセに絡む東欧風のメロディーの濃
 さは絶品。今回もマルタ(6曲のみの参加だけど凄いのだよ)もカローリさんも絶好調
 です。疑似民族音楽調の音楽なれど、一つ一つの音にはっきりと東欧を感じます。
  ちなみにRycodiscからワールド・ワイドに「Apocrypha」と言うコンピが出ています

 が、実はこの「Szerelmeslemez」と「Jeles Napok」、「Negy Dal(未CD化、傑作)」
 からの選曲だったりします。このアルバムは入手しやす
いので、こちらを入手すると
 いう手もあるかもね(^^)
Sebestyen Marta / Muzsikas (Video Arts VACK-5382)
  Rykoからの世界デビュー・アルバム('87年)。はっきり言ってジャケ買いです。一聴
 してマルタとわかる個性はさすがですが、声が若くて可愛い(*^_^*)。ルーマニアのト
 ランシルバニア地方やモルダビアの民謡や踊りを中心にスラブ系、ギリシャ系、トルコ
 系の色合いも出しながら、彼女の新しい感性で歌っています。バックはムジカーシュ。
 ブズーキ、タンブール、ハーディ・ガーディ等様々な民族楽器が楽しめます(^^)
Sebestyen Marta / Dudoltam en (Gong HCD-18118)
  セバスチャン・マルタの'87年リリースのデビュー・アルバム。'93年に若干曲順を変え
 て"Muszikas"と言うタイトルでRycoより全世界にリリースされました。こちらはハンガリー
 盤ですが、ジャケットの若きマルタの美しい姿を拝見できるのが何とも最高です(^^;)
 ただし、音質的にはRyco盤が上!せっかくオリジナルCDを入手したのですが、これは少々
 残念。

前ページへ